« 貝殻拾い【ケイトウガイ】…鶏のトサカのようだから「鶏頭貝」 | トップページ | 微小貝【ザクロガイ】を数十個集めると…ザクロの実~っぽい »

2018年5月24日 (木)

【シオヤガイ】を拾って『平瀬與一郎』を知る

5/5 GWの貝殻拾いは微小貝掘りになってしまいましたが!微小貝だけじゃなくて~と、拾ったものの中で「あうるの森」初登場だった…
シオヤガイ(塩屋貝:マルスダレガイ科)を観賞~(^o^)
Sioyagai180505c Sioyagai180505e
Sioyagai180505f Sioyagai180505g

三角形で厚みのある殻です。
殻の表面の放射肋の上には顆粒があります。
Sioyagai180505d Sioyagai180505d2

私が拾ったシオヤガイの大きさは… 2cmほど。
Sioyagai180505a

「シオヤガイ」で検索すると… 約 524 件 ←千件未満のレアものです(^o^)v

「シオヤガイ」=「塩屋貝」の由来は?
シオヤガイ | 軟体 | 市場魚貝類図鑑によりますと…
塩屋(兵庫県神戸市)周辺でたくさん見られたためか?
② 塩屋(塩水から塩を煮出すための小屋)に似て角張った形からくるためか?
ん~ 私は②の方に一票!
「塩屋」がどんな形か?
このページに出てるの塩屋かな⇒日本の塩造り|株式会社 日本海水

また、シオヤガイ | 軟体 | 市場魚貝類図鑑によりますと
『由来・語源 平瀬與一郎の命名。』
平瀬與一郎(ひらせ よいちろう)って、どなた?
平瀬與一郎 - Wikipedia
あ~!これは、ビーチコーマー、貝殻拾いヤーとしては、知っておかねば! メモ・メモ…
『それまで欧米の研究者に依っていた日本の貝類学に手をつけた最初の日本人の一人で、日本貝類学史における最重要人物の一人。』
『日本産貝類の基礎的な知識の多くの部分が明治後期-大正初期にかけての彼の活動によって築かれ、間接的には1928年に創立され現在に至る日本貝類学会の源流をも作ったとも言える。』
カイドウチグサには与一郎の号である「介堂」が用いられている』
へ~!そうだったんだ~

※「貝殻拾いヤー」と言うのは、まぁ「コスプレイヤー」みたいな、「~する人」=「~er」で、
「貝殻拾いer」です(^o^;
でも、こんな表現 誰もしていないので「貝殻収集家」と書いてみたんですが、ん~ちょっと違う。私は「収集」が楽しいんじゃなくて、「拾う」のが楽しいので、貝殻拾いヤー かな。(^o^)
ところで、「貝殻収集家」で検索したら、こんなページを見つけた…
【唐津】スゴすぎ!個人で60年をかけて収集した貝が約10000個展示されている場所を見に行ってきた|Y氏は暇人
ん~!これはスゴすぎますね w(*゚o゚*)w


シオヤガイ: 打ち上げ採取日記・ブログ版によりますと…『三浦半島で拾えるシオヤガイは縄文海進期のものだそうです。現在は紀伊半島以南にしか生息していない南の貝ということですが、材木座ではこの完新世の半化石の状態になったシオヤガイを時々拾うことができます。』 あ~!そうなんだ。私が拾ったシオヤガイの内側の画像を見ると… ちょっと化石っぽい状態ですね。
そういえば「ハイガイ」も化石なんですよね。

« 貝殻拾い【ケイトウガイ】…鶏のトサカのようだから「鶏頭貝」 | トップページ | 微小貝【ザクロガイ】を数十個集めると…ザクロの実~っぽい »

貝殻拾い」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
こちらのブログを今年2月頃から時々拝見している者です。(きいこさんのブログも…)

今年、正月明けに貝殻拾いに目覚めて、ビーチコーミングという言葉を知ったものの、
貝殻以外も拾ったりしているので「何か違うなあ」と感じていました。

まさに、「貝殻拾いヤー」が一番しっくりきます。

EVAさん、はじめまして。
「貝殻拾いヤー」賛同のコメント、ありがとうございます。(^o^)
ところで、『ビーチコーミング(Beach combing)とは、海岸などに打ち上げられた漂着物を収集の対象にしたり観察したりする行為。』by Wikipedia
なので、貝殻以外も拾ってたらビーチコーミングですよ。
貝殻だけ拾っていてもビーチコーミングですけど(^^;
「貝殻拾いヤー」は貝殻メインで拾ってる人みたいな感じかな。
だから、このブログの記事のタイトルは、貝殻拾ったときは『貝殻拾い』
貝殻以外を拾ったときは『ビーチコーミング』と使い分けています。

> 今年、正月明けに貝殻拾いに目覚めて
じゃぁ、「貝殻拾いピカピカの1年生」なんですね。
私は、2013年4月4日『貝殻拾い…富津公園 明治百年記念展望塔』
http://owlswoods.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-c229.html
これで貝殻拾いにハマってしまいました。「貝殻拾い6年生」です。

返信ありがとうございます。

なるほど、ちゃんと使い分けされていますね。

貝殻メイン(生きた貝はリリース)なので「「貝殻拾いヤー」の、ホンの1年生です。
海なし奈良県住まいなもので、海(大阪や和歌山)まで行くのが大変ですが。
これから暑くなるので、秋までお休みして同定待ちの貝殻の整理をしようと思っています。

ところで、東京・京橋のLIXILギャラリーで「ニッポン貝人列伝」という展示が5月26日まであるようです。
それを紹介する新聞記事に平瀬與一郎さんのお名前も出ていました。
記事の見出しが  人生懸けた「貝人」   でした。
東京は遠くて行けませんが…。大阪でもやらないかなと思ったのですが、もう終わってました。

EVAさん
「ニッポン貝人列伝」のコメントありがとうございました。
あ、そうだ!それ行かなくちゃ~ と、最終日に行ってきました。
なかなか良い企画・展示だったので、貝人列伝のブックレットも買ってきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 貝殻拾い【ケイトウガイ】…鶏のトサカのようだから「鶏頭貝」 | トップページ | 微小貝【ザクロガイ】を数十個集めると…ザクロの実~っぽい »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus