« 沖縄 貝殻拾いの旅(読谷村・残波岬~) | トップページ | 沖縄 木の実拾いの旅 »

2018年11月22日 (木)

沖縄 貝殻拾いの旅(恩納村・仲泊ビーチ~)

沖縄 貝殻拾いの旅
1日目は読谷村・残波岬~
でしたが
2日目は恩納村・仲泊ビーチ~です。
宿泊ホテルは日航アリビラで、バスで移動する私はホテルから読谷バスターミナルまで歩かなくてはなりません。ニライビーチのホテルから読谷バスターミナルまでは、なだらかな上り道、2.6km。ふ~ バスターミナルまでの歩きで汗ばんでしまう。でも、昨日の夕飯のバイキングと、今朝の朝食のバイキングで、燃焼させなければならないカロリーが貯まってるから、このくらいの歩きは序の口ですね(^^;
読谷バスターミナルからバスで時間をかけずに行ける範囲で、貝殻拾えそうなビーチを事前に調べた結果、恩納村のビーチがいいかな~? ということで、仲泊バス停で降りて、そこから西に海岸伝いに約12km歩いてホテルに帰り着くというのが、2日目の貝殻拾いプラン(^o^)v
これまでの貝殻拾いで1日10km歩くのは普通だから、12km歩けばどこかで何か拾えるでしょう。という行き当たりばったりなプラン(^o^;
そして、やってきました仲泊ビーチ
Nakadomari181122a
この日は大潮前日、干潮は12時頃。海岸に着いたのが11時過ぎだったので、潮は大きく引いています。天気は一日曇りで、たまにポツポツ雨が~という天気。風もあるからウインドブレーカーを着て貝殻拾い。
まず見つけたのは…
クサビライシ
Nakadomari181122b
早速クサビライシを見つけたのでテンションアップ(^o^)
でもその後…もう1個クサビライシ! またクサビライシ、またまたクサビライシ…
な~んだ、沖縄の海岸にはクサビライシが石ころの様に転がってるんだ~ というか、石ころの方が少ない。

カワラガイ?(ザルガイ科)
Nakadomari181122c
カワラガイ | 軟体 | 市場魚貝類図鑑によりますと…『放射肋(縦に走る畝状の筋)に赤みを帯びる棒状の結節があり丸瓦のように見えるからか。』…とのことで、その赤みを帯びる棒状の結節が少しだけ残っていたもの↓
Nakadomari181122c2 Nakadomari181122c4

オオカサマイマイ
Nakadomari181122d Nakadomari181122d2
この貝なんでしょう?
殻は薄くて、扁平で、小さな巻貝です。
なんかマイマイ系っぽいですよね。
「陸貝 沖縄 扁平」で検索して、
沖縄の陸産貝類 カタツムリ マイマイ 沖縄の動物・植物達 沖縄動植物WEB図鑑|沖縄カエル商会を見たら…「オオカサマイマイ」かも!
「オオカサマイマイ」で画像検索
オオカサマイマイ - Wikipedia …『カタツムリの1種。平らな傘状の殻を持ち、沖縄本島近辺に分布する』

▼この貝なんでしょう?①
Nakadomari181122e

▼この貝なんでしょう?② →チリメンイモフデでしょうか?
Nakadomari181122f
マクラガイ科の~ 何でしょう?

アラスジケマンガイ(マルスダレガイ科)
Nakadomari181122g Nakadomari181122g2

ハナビラダカラ
Nakadomari181122h Nakadomari181122o
沖縄で拾ったタカラガイは摩耗したものばかりなんですけど~ なんで?
沖縄の海岸がリーフに囲まれていることに関係するのでしょうか?
沖縄のビーチを歩いていると波が穏やかで、三浦や房総でのザッブーンという波が打ち寄せてこないのです。
白波は海岸からかなり遠くにたっていて、そこがリーフの端なんでしょうね。
リーフの中で貝が貝殻になっても、波が穏やかだから海岸の砂浜に打ち上げられるまでには… リーフの中でもまれ、もまれ… 摩耗しちゃうのかな?

イシダタミアマオブネ?(アマオブネガイ科)
Nakadomari181122i
アマオブネガイ科の巻貝は数多く打ち上げられていたんですが、
たいていヤドカリさんがお住まいで…
Nakadomari181122qa
ん~殻口にぴったりと収まっているヤドカリさんのハサミ(脚)が、ビッタリ過ぎて凄いw(*゚o゚*)w

ムラサキガイ?(シオサザナミ科)
Nakadomari181122j2 Nakadomari181122j

▼この貝なんでしょう?③
Nakadomari181122k

▼この貝なんでしょう?④
Nakadomari181122l Nakadomari181122l2

▼この貝なんでしょう?⑤ →トラダマでしょうか?
Nakadomari181122m Nakadomari181122m2
タマガイ科の~

イボダカラみっけ!
Nakadomari181122n Nakadomari181122n2
初めてイボダカラを拾った~(^o^)v
摩耗してイボが低くなってますけど、自分で拾うと感動!
イボダカラの良品はこちら→Twitterで【イボダカラ】をいただきました~!

サラサバテイ(ニシキウズ科)
Nakadomari181122p Nakadomari181122p2
沖縄では タカセガイ(高瀬貝)として知られ、食用とされている。美味しいらしい。
サラサバテイ (タカセガイ) | 市場魚貝類図鑑によりますと…『沖縄では年間50トン前後の漁獲量があるという。また味わいの良さから値も高いのだとのこと。』
『表面に赤い帯状の斜め斑紋がある。これがインド起源の織物「更紗(さらさ)」の模様を思わせるため』
サラサバテイの貝殻、仲泊ビーチにはかなり打ち上げられてました。でも状態の良いものは少なく、写真のはその中で一番赤色鮮やかだった逸品?

ニシキウズ?(ニシキウズ科)
Nakadomari181122qn

Nakadomari181122qo
上のサラサバテイと同じゾーンに同じくらい打ち上げられていました。
形は似てるんだけど、それぞれちょっとずつ模様が違って、初物同定するの難しいので… ニシキウズ
マーク付きは自信なしです(^^;

リュウキュウマスオ(シオサザナミ科)
Nakadomari181122q
↓合弁
Nakadomari181122w Nakadomari181122w2

シュリマイマイ
Nakadomari181122qb
ちょっと気分を変えて、葉っぱの上にのせて撮ってみました。
なぜかマイマイ系(カタツムリ)の殻がたくさん打ち上げられてるんですよ。
これは何マイマイかな~?と、先ほどの沖縄の陸産貝類|沖縄カエル商会を見たら…「シュリマイマイ」っぽい。
『沖縄本島の中南部では、平地の林や緑の多い公園などで普通にみられます。』とこのとで、それがビーチに多数打ち上げられているのは、リーフがあるから?

カイコガイ(ブドウガイ科)
Nakadomari181122qc Nakadomari181122qh
小さくて くりっと丸くて カワイイ~(^_^)
カイコガイ(ブドウガイ科)|月刊 沖縄と貝 with 光によりますと…『採集場所は沖縄の砂浜・ビーチならどこでもOK。』だそうです。
私は仲泊ビーチで10個ほど拾えました(^^)v

スジイモガイ?(イモガイ科)→じゃなくて、ロウソクガイ
Nakadomari181122qd
このイモガイ 綺麗~(*゚o゚*)
何イモガイ?
「イモガイ 横線」で画像検索したら… これかな?
オゴクダの貝 イモガイ科の「スジイモガイ」「沖縄県北名城産」
「スジイモガイ」で検索すると…約 110 件
なんか、すごくレアもの!?
じゃなくて、ロウソクガイのようです。検索結果は約 121,000 件と激増しました(^^;
え?そんなにメジャーなイモガイなの?
「ロウソクガイ」の画像検索結果には貝の画像が多数出てきますけど、下の方はロウソクの画像になるし…
ロウソクガイ(イモガイ科) | 月刊 沖縄と貝 with 光
…『この貝の和名はロウソクイモじゃないんですってよΣ(゚д゚;)。』
…あ、そうですよね!イモガイは普通「~イモ」なのに~
元祖ロウソクは⇒アカシマミナシ(イモガイ科)|月刊 沖縄と貝 with 光 ←こっちの方がロウソクらしく見えます! 殻頂にロウソクの芯が立ってる~(^o^)

シロシノマキガイ?(フジツガイ科)
Nakadomari181122qi
これも「この貝なんでしょう?」なので、
珊瑚礁の貝|西表島貝類館を見ていたら…「シロシノマキガイ」が一番似てる。
「シロシノマキガイ」で画像検索…貝殻の画像は僅かで、なぜかネイルの画像多数(^^;
「シロシノマキガイ 貝」で検索…約 6 件 ←超レア!というより、「フジツガイ科」の他の貝を当たった方がいいのかな?
でも⇒沖縄産の貝|フジツガイ科・ヤツシロガイ科の写真図鑑の画像を見ると「シロシノマキガイ」が一番近い。

ナガウニ(ナガウニ科)
Nakadomari181122r
ナガウニの殻めっけ! 昨日の2個に続き3個目です(^^)v

▼この貝なんでしょう?⑥ →オキナワヤマタニシでしょうか?
Nakadomari181122s Nakadomari181122s2

イトマキボラ(イトマキボラ科)
Nakadomari181122t
殻口の内側に細い筋がたくさんありますね~
イトマキボラ|鳥羽水族館オンラインショップの画像を見ると、内側に細い線がいっぱいあった~! そうだったんだ。
では、そこを観賞~
Nakadomari181122t2

オオベッコウガサ?(ヨメガカサガイ科)
Nakadomari181122u
かなりお疲れ状態ですが、磨けばきれいになるかな~?
「オオベッコウガサ」で画像検索

ニシキアマオブネ(アマオブネガイ科)
Nakadomari181122v
昨日拾ったニシキアマオブネとは模様が違うけど、色彩変化に富む貝で「錦(にしき)」だから、これもニシキアマオブネだよね。2個目(^^)v
↓1個目
Yomitan181121c2

ピース貝キイロイガレイシ(アッキガイ科レイシガイ亜科)
Nakadomari181122x2
最近ネットで見て知ったんですが、形がピースしているように見えるから「ピース貝」らしいです。
それを私も拾いました(^^)v

ふ~ 仲泊ビーチで意外と色んな貝殻が拾えたので長居してしまいました。仲泊ビーチの西の端から上がったのは午後3時過ぎ。お昼もまだ食べてないから恩納村 産直市場「おんなの駅 なかゆくい市場」で一休み。
Onnanoeki181122a
「おんなの駅」を出て再び歩き出したのが午後4時。12kmの予定の行程のまだ1kmしか進んでません(汗;)
ルネッサンスリゾート オキナワの西側のビーチ…潮も満ちて来ていたし、ここではあんまり貝殻拾えませんでした。その西の真栄田岬にも行く予定でしたが、午後5時過ぎてだんだん暗くなってきたよ~(汗;)
貝殻拾いは打ち切って、バスに乗って帰らなくちゃね。真栄田バス停に17:06に着き、次のハスは? 17:06 すぐ来る!ラッキーと思ったら、5分経ってもバス来ない。え、もうバスは行った後なの? 次のバスは 19:06 2時間後だよ(涙;)タクシー呼ぶしかないね~ とかしてたら、バスが来た!ヨカッタ~
無事ホテルに帰りつけました(=^ェ^=)

そしてこの日の貝殻拾いの成果は…
Okinawa181122a
いっぱい!なんですけど「色」がないね~


« 沖縄 貝殻拾いの旅(読谷村・残波岬~) | トップページ | 沖縄 木の実拾いの旅 »

貝殻拾い」カテゴリの記事

コメント

いいですねー沖縄。儀間ビーチ、仲泊ビーチですか。私の数少ない沖縄貝拾い経験では行ったことのない場所です。タカラガイひとすじだったので、ほかの可愛い貝に目を向けてなかったなぁ、と悔やまれます。
スレているのが多い、バスが来ない…ですよねー。
目当ての場所では見つからなくても、思いがけないところにコロッとあったりする楽しさもあります。
すぐにでも行きたーい!

沖縄での貝殻拾いは、私はこれが初めて。沖縄は2回目。1回目はかなり昔。その時は貝殻拾いしてこなかった。
今回の沖縄の旅は「貝殻拾いするならこのビーチ!」と事前に調査する余裕もなく、「このパックならなんとか予算内かな? えい!」と決めたので、決めた後でホテルの近辺をGoogleマップの航空写真でズームして見て、ここに白い砂浜あるね。ここ行ってみようか!というノリで行ってます(^o^;
沖縄に行って分かった… レンタカーでないとビーチ巡りは難しい。私は車を運転できないし~(´Д`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄 貝殻拾いの旅(読谷村・残波岬~) | トップページ | 沖縄 木の実拾いの旅 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus