貝殻拾い

2020年4月29日 (水)

ウニ殻コレクション【まとめ】

おうちでブログ!『ウニ殻コレクション』シリーズ
№1~№10はこれまで私が拾ったウニ殻を「ウニ殻ランプ」画像とともにご紹介
Unilamp10a
№11では【ウニ殻ランプ】撮影方法
№12【アリストテレスのランタン】
と、メイキング編・特典画像?も載せましたので、ここで一旦まとめます。
以下は各記事へのリンクです。

№1【コシダカウニ】
Uni01kosidaka

№2【サンショウウニ】
Uni02sanshou

№3【アカウニ/ヒラタウニ】
Uni03aka

№4【タワシウニ】
Uni04tawasi

№5【コデマリウニ】
Uni05kodemari

№6【ナガウニ】
Uni06naga

№7【タマゴウニ】
Uni07tamago

№8【タコノマクラ】
Uni08takomaku

№9【ムラサキウニ】
Uni09murasaki

№10【バフンウニ】
Uni10bafun

№11【ウニ殻ランプ】撮影方法
Uni11lamp

№12【アリストテレスのランタン】
Uni12lantern



※ここに載せたウニ殻以外にカシパン系も拾っているのですが、カシパン系はウニ殻ランプしても光をあんまり透過しないから「うわぁ~」とならなくて(^^;
ブンブクは、オカメブンブク(やや欠け)を1個拾い、オオブンブクはトレードしたもの、ネズミブンブクは買ったものなので、まだコレクションとして紹介するレベルにないのです。
なので、カシパン、ブンブクはこれまでの記事へのリンクを張るにとどめておきます。

2013/04/11 貝殻拾い…千葉・富津岬…その他編

2015/07/14 ウニ殻拾い【ナミベリハスノハカシパン】?材木座海岸~由比ヶ浜
Namiberi150605c

2018/04/07 ウニ殻拾い【ヨツアナカシパン】 じゃなくて…モドキ?
Yotuanakasipan180313b

2018/05/29 憧れのウニ殻【スカシカシパン】を拾った~!…千葉・館山・沖ノ島
Astriclypeus180529a

2018/01/22 ウニ殻拾い【オカメブンブク】…三戸浜(三浦半島)
Bunbuku180103b

2019/05/26 【ネズミブンブク】博物バザール in 渋谷区ふれあい植物センター
Nezumibunbuku190526n

2019/10/20 「マクラガイがドングリのようだ~!」漂着物学会 柏崎大会 高浜海岸ビーチコーミング
Beachcom191020h

2020年4月28日 (火)

ウニ殻コレクション【アリストテレスのランタン】

おうちでブログ!『ウニ殻コレクション』シリーズ№12
昨日【ウニ殻ランプ】の撮影方法を書いていて…
ウニ殻でランプと言ったら、
アリストテレスのランタン提灯)ですよね~(^o^)
と思ったので、ランタンに明かりを灯してみました~
Alantern01
ランタンは↑こっち向き?(生きてるときはこっち向き)
それとも↓こっち向き?(置きやすいのはこっち向き)
Alantern02
「ランタン」で画像検索すると、上が広いタイプと、下が広いタイプ、両方ある。
それより「アリストテレスのランタン」で画像検索すると出てくるコレ!
ウサギノネドコ アリストテレスのランタン
時を感じる天井の梁からランタン(照明)が吊り下げられていますよ~ 素敵~(*゚o゚*)

さて、照明のランタンではなく、普通の状態のランタンを観察しましょう。
Alantern05
これはたぶんムラサキウニのランタン。
ビーチコーミングに行って、単独で拾ったランタンの数々↓
Alantern10
これらは「正形類」のウニのランタン
不正形類のウニ:タコノマクラのランタンは↓こんなの。
Takonomakura171023i

三浦半島で打ち上げられる普通に拾えるウニ殻は、バフンウニとムラサキウニ
殻の大きさは一般にバフンウニは小さくてムラサキウニは大きいから、上段の大きめのランタンはムラサキウニ、下段の小さめのランタンはバフンウニかな~と推測
右下のはコシダカウニの殻からこぼれ出てきたランタンだったかな。
何れにしろ正形類のランタンの構造は同じようなので、大きめのランタンを一つ観察…
Alantern11Alantern15

ランタンの構造については UNI CLUB さんが画像つきで非常に分かりやすく説明しているページがありますので、そちらをご覧ください。
アリストテレスの提灯|UNI CLUB

ウニはこのランタン(咀嚼器)で餌を食べているのですが、どんな風に動くのでしょうね?
その動画がありました~!
(10秒~ 倍速Ver)ムラサキウニの食事風景!?いのこ家海水水槽飼育日記

ランタンの上部には「二叉骨」というのがついてます。
Alantern16Alantern17
ランタンだけ打ち上げられた状態ではたいてい無くなってますけど、この「二叉骨」付ランタンは、中身入り状態で打ち上げられたコシダカウニから出てきたものだったかな。

ランタン集合~
Alantern18
あ、左上のランタンには歯の周りに何か付いてますね。
Alantern19
これは周口部とランタンをつないでいる「周口膜」がくっついていたとこですね。
Bafununi2004j

では最後にもう一度、明かり灯るランタンを観賞して、おしまい。
Akaunilantern01
これはアカウニのランタン。二叉骨が一つ残っていて、歯が2本突き出ているのは他の歯が抜け落ちてたから(^^;
ランタンに明かりを灯すには…
Unilamp06
↑この上にランタンを置いて撮影してます(^^)v



※「アリストテレスのランタン(提灯)」の記事
2014/07/22 タコノマクラの口器「アリストテレスの提灯」が美しい~!
2014/07/24 ウニの口器『アリストテレスの提灯』
2014/08/06 タコノマクラのアリストテレスの提灯はパズルだった~!
2018/01/27 ウニ殻観察【タコノマクラ】の★ランタン
2017/01/22 冬の貝殻拾いで色々キラキラ~☆…和田長浜海岸・三戸浜・黒崎の鼻
Wadanagahama170121f2
Wadanagahama170121f3
↑これはランタンと殻を筋肉で連結していた耳状骨(じじょうこつ)です。
ウニハンドブックに「耳状骨」と記されていたのですが、どこが耳の形に似てるのでしょう?
「耳状骨 ウニ」で検索しても 5件しか出てこない。しかも内1件は「あうるの森」(^^;
ウニ|コトバンク の一番下の方に並んでいる図の一つ『ウニの体制模式図』では「耳状骨」でなく「周顎骨」となっている。
「周顎骨 ウニ」で検索しても歯の病気に関するページばかりだし
「耳状骨」or「周顎骨」はマイナーすぎるようです(^^;


「アカウニ ランタン」で画像検索してたら
『五放射相称 Instagram posts - Gramho.com』←この画像が素晴らしい~!(*゚o゚*)
↑このサイト、Instagramかと思ったら違いますね~
「Gramho」って何?⇒「gramhoとは何」で検索
インスタグラムを「見るだけ」閲覧のみで登録やログインしないで見る方法|アプリ村
以前はアカウントなしでもインスタの投稿を見ることができたけど、2019年10月からログイン画面が強制的に表示されるようになり「見るだけ」ができなくなった。そうなんですか~

2020年4月27日 (月)

ウニ殻コレクション【ウニ殻ランプ】撮影方法

おうちでブログ!『ウニ殻コレクション』シリーズは今回で№11になりますが、
昨日№10の【バフンウニ】で「トリを務める」と言っときながら №11があるのは~
実は「大トリ」がいる!わけではなく、
シリーズ各回の目玉『ウニ殻ランプ~』の撮影方法を記しておきます。
まぁ、BD/DVDの特典映像・メイキング編みたいなものです(^^)

ウニ殻ランプ撮影に必要なものは、ウニ殻、カメラ、(百均の)LEDライトです。
簡単にできそうでしょ。あなたもやってみる?
簡単そうで、やってみるとなかなか思うように撮れなかったりするので、
「ウニ殻ランプ撮影するゾ!」ってモチベーションをあげるために、画像を貼っとくね(^^)
Unilamp10a

では、ウニ殻ランプ撮影方法を説明します。
Unilamp01
百均でLEDライトを買ってきます。私が使ったのは径25mmぐらい

Unilamp02
↑LEDライトにウニ殻を載せ…
↓LEDライトを点けます。
Unilamp03
え? ライト点いてるの?
はい、ライト点いてるんですけど、明るい所だとよく分かんないの(^^;
なので、暗い所か暗いとき(夜)にウニ殻ランプ撮影をします。
そうすれば…
Unilamp04
こういう写真が撮れるかというと、そうでもない。
撮影した画像が暗かったり、漏れ出たライトの光で明るすぎたり、ピントが合ってなかったり。。。
私はナイトショット機能のついたコンパクトデジカメで撮影しています。
暗い場所でシャッターボタンを押すと、パシャシャシャ…と連写して、それらを合成して明るい画像にしてくれるのがナイトショット。
私が今使っているスマホのカメラにはナイトショットまたはナイトモードはないので、スマホでパシャと撮ったらダメでした(^^;
でも最近のスマホのカメラにはナイトモードあるのかな?
「ナイトモード」で検索すると iPhone 11 の記事ばかり出てきますね。
Androidでは?
無料 夜景を綺麗に撮影するカメラ おすすめアプリランキングTOP6
アプリを使えばナイトモードの撮影ができるようです。

ナイトモードの撮影ができても、遠くの夜景を撮るのではなく、すぐそこにある小さなウニ殻を撮るので、なかなかピントが合いません。それと、ちょっとした光の加減で撮影結果が全然違います。何度も何度も撮影して、その中からベストショットを選ぶんです。

さて、上の画像のムラサキウニはLEDライトの径より十分大きいので、LEDライトの上にウニ殻を置くだけでよかったのですが、
コデマリウニなどの小さなウニ殻の場合は…
Unilamp05
LEDライトの径よりウニ殻の方が小さくて、真っ白(´Д`)
ん~ LEDライトの光をウニ殻より小さく絞る必要がありますね。
そこで…
Unilamp06
黒画用紙を小さく切って、真ん中にパンチ穴(径5mm)を開けて、LEDライトにかぶせてみた。
この上にコデマリウニの殻を置いてみると~
Unilamp07
いい具合(^o^)v
暗い所で撮影し…
Unilamp08
大きな画像で見ると~
Unilamp09
ん~ ピントがちょっとズレてる(^^;
カメラとウニ殻の距離をちょっと変え、角度をちょっと変え、何度も何度も撮影するとその中に~
コデマリウニは小さすぎて、納得できる画が撮れなかった(^^;

でも↓このコシダカウニを
Koshidakauni2004a
ウニ殻ランプ~してみたら・・・
 
珠玉の1枚が撮れた~w(*゚o゚*)w
Unilamp_kosidaka02

はぁ~ こんなの撮れちゃうと、もっと色んなウニ殻で撮りた~い!拾いたい! となるけど、今はおうちで。。。
ウニ殻ランプ撮影してみたいけどウニ殻ないよ~という人は、落ち着いてから海に行ってね。
あ~でも、海に行ったらウニ殻拾えるってものでもないから~ 百均でウニ殻を買うという手もある。でも、ウニ殻は季節もので、夏になると百均や雑貨屋さんに出てくるみたい。
あ、ネットで買えるのか!

「ウニ殻 販売」の画像検索結果が楽しい(=^ェ^=)
あ!これは…⇒店内の様子|ミセ|ウサギノネドコ
はぁ~ ウサギノネドコの京都のミセに行ってみたい。



※関連記事
2015/08/01 自然の造形美展2にウニ殻の美を鑑賞しに行ってきました~
Unizoukeibi150801g

2020年4月26日 (日)

ウニ殻コレクション【バフンウニ】

おうちでブログ!『ウニ殻コレクション』シリーズ№10! トリを務めるのは
ウニ殻拾いで(三浦半島では)一番よく拾えるバフンウニオオバフンウニ科)です。

では、いつもの…
バフンウニ殻ランプ~
Unilamp_bafun11
↑↓同じバフンウニ殻なんですけど、カメラの気まぐれか?こんなに表情が違うのです。
Unilamp_bafun12
↓バフンウニの孔対が4個ずつ配列しているのがよく分かる1枚
Unilamp_bafun01
殻板のつなぎ目のギザギザも見えますね。
あ!そうだ、この画像に「歩帯」と「間歩帯」を書き加えてみたらどう?
Unilamp_bafun01a
孔対から光が漏れて明るく光っているところが「歩帯」
孔対は「管足」が出てくる孔です。
「間歩帯」には孔対はないので、ウニ殻ランプすると暗い帯。
歩帯には歩帯板、間歩帯には間歩帯板がそれぞれ2列ずつ並ぶ。
歩帯板、間歩帯板どうしは交互に並び、そのつなぎ目はキザキザ模様となって見える。
ウニ(棘皮動物)は「五放射相称」で、歩帯(5つ)に歩帯板(2列)、間歩帯(5つ)に間歩帯板(2列)ずつ並ぶので、全部で20列の殻板の列がある。

はい、ウニ殻ライトでの観察はこれくらいにして、次は通常モードでの観察
私が拾ったあまたのバフンウニ殻の中から、頂上系が残ってる一品を…
Bafununi2004k
↓バフンウニの頂上系
Bafununi2004k2
昨日、ムラサキウニの頂上系を「自宅学習」したので、その復習…
5つの孔が「生殖孔」
生殖孔のある板が「生殖板」
5つの生殖板の内ひときわ大きい1つが「多孔板」
5つの生殖板の間には5つの「終板」がある。
でも上の画像では終板がどれか分かりづらいですね~
終板からは2列の歩帯板が伸び、歩帯板には孔対があるので、孔対の列の始まりのところが「終板」ですね。
…と書いていて、あれ?
終板のところから新たな歩帯板が生まれてウニ殻は大きくなっていくんですよね?
だったら「終板」じゃなくて「始板」じゃないの?
(終板の名前の由来を知りたくなったけど、それは置いといて~)
生殖板と終板に囲まれた中が肛門。肛門の中の小さな板が「囲肛板」
あれ?「囲肛板」は肛門を囲む板だから、肛門は囲肛板に囲まれた穴の部分かな?
そうでした。こちらの図を参照⇒試験研究は今 No.31「ウニとアワビの年齢について」(1990年5月25日)|マリンネット北海道
あれ? この図では「終板」ではなく「眼板」と記されてますよ!
終板には「終板孔」が1つあるのですが、この図では「眼点孔」となっています。
終板孔からは発生初期の管足が生えてるらしいのですが、ということは… この図(出典不明、ちょっと古そう)を描いた人は管足の機能を「眼」と捉えていたの?
「ウニ 眼板」で検索すると…
ウニは全身が“眼”だった|ナショナルジオグラフィック日本版サイト
『ムラサキウニの1400本以上ある管足の付け根と先端に、それぞれ異なる光受容細胞が密集していることが明らかになった。』
ウニの管足は移動のためだけじゃなく「眼」の役割もあるんですね~!
※ところで、ウニ - Wikipedianの「形態」を読み直していて、またtypoに気づいた。
『歩帯には、管束が伸びる2つの穴を空けた歩帯板が連なっており、』
『終板にも管束があり終管束と呼ばれ、これは1本ずつ生える[7]。』
↑これ「管束」じゃなくて「管足」ですよね~
参考文献が 本川達雄編 『ウニ学』 東海大学出版会、2009年。となっているから、図書館が再開したら確認しておこうかな。(まだ『ウニ学』を常備するほどのウニマニアにはなってないので(^^;)

この頂上系の残っていたバフンウニ殻にはランタンも残っていて…
Bafununi2004j
ランタンとウニ殻の間の隙間はどうなってるの?と思っていたんですが、膜が張られていたんですね~
この膜は何て言うの?
ウニハンドブックによりますと…『周口部は周口膜という柔軟性のある膜によって覆われており、その中央に口が開口する。口からはランタンの先端にある5本の歯が突き出ており、これを開閉することで咀嚼する。』…たいへんよく分かりました。(^^)

また今日もウニの自宅学習モードになってしまった。(^o^;
これまでの「バフンウニ」の記事にリンクを張って、今日はおしまい。



2013/12/17 和田長浜海岸でウニ殻大収穫~!
Uni2

2015/08/27 夏の終わりの貝殻拾い/ウニ殻拾い~【バフンウニ】
Wadanagahama150827b

あら、バフンウニは普通に拾えるウニ殻なので「大収穫~!」のときしかブログに載せてなかったようです(^^;


あ~そうだ、バフンウニ君に代って「バフンウニ」という名前について異議申し立てをしておかなくては!
Bafununi150827b
バフンウニとう名前は、棘が付いている状態の様子から名付けられたと思うのですが、「馬糞」って… あんまりだ~(´Д`)
棘がとれたバフンウニの殻は緑色で、五放射相称の模様が美しい~と思うのですが。
私が拾ったバフンウニ殻の中には棘付きでも美しい逸品がありまして~
Bafununi2004b
馬糞には見えませよね。。。
って、馬糞って見たことある?
恐る恐る…「馬糞」で画像検索
…バフンウニは馬糞には見えません!
でも、いまさら「バフンウニ」という名前を変えるわけにはいかないしね~
そうだ、馬糞をイメージアップすればいいんだ!
馬ふん(馬糞)堆肥で土をふかふかに!鶏ふんや牛ふんとの違いも|AGRI PICK
『動物性堆肥の中でも繊維質が多い馬ふんは、土をふかふかにする土壌改良効果が抜群!ミミズや微生物を土壌に呼び込むことで、土を団粒構造にして空気層を作り出し、根にとって理想的な生育環境を作ります。』
農業や園芸をしてる人にとっては馬糞たい肥は優れもののようです。

2020年4月25日 (土)

ウニ殻コレクション【ムラサキウニ】

おうちでブログ!『ウニ殻コレクション』シリーズは№9になりまして、そろそろ終盤(「しゅうばん」を変換したら「終板」が出てきた(^o^;)
ウニ殻拾いに行くと(貝殻拾いに行って運よくウニ殻が拾えると)よく拾えるのは「バフンウニ」と「ムラサキウニ」で、
今回は ムラサキウニナガウニ科)です。

ムラサキウニ殻ランプ~
Unilamp_murasaki04
ウニハンドブックによりますと「孔対は弧状に6-8個ずつ配列」ということで、孔対を数えてみると… 8個、8個、6個、7個、… なるほど、6個~8個ずつですね。そして、ご覧のように「弧状」に並んでいます。

このムラサキウニ殻の大きさは…
Murasakiuni2004a
8cm 私が拾ったウニ殻の中では最大です!(^_^)v
Murasakiuni2004d
このウニ殻を撮影して、実物の2倍ぐらいの大きさにすると… 孔対見えます?
近寄ってじっと見ると、見えてきますよ。
見えないときは、さらに拡大…
Murasakiuni2004d2

ん~「ウニ殻ランプ」は観賞用だけでなく、観察用にもイイですね(^^)v
Unilamp_murasaki02

このムラサキウニ殻には頂上系が残っていて、多孔板、生殖板、終板が観察できます。
Murasakiuni2004g2
ウニハンドブック および ウニ - Wikipedia によりますと…
大きな孔5つが生殖孔で、生殖孔があるのが生殖板。生殖孔は精子や卵が放出される孔で、生殖巣はここにつながる(寿司ネタとして食べているウニは生殖巣)。生殖板の5枚のうちひときわ大きい1枚は水管系に海水を通すための複数の孔(水孔)をもち、多孔板とも呼ばれる。
ん~ 文章による説明と、自分が拾ったウニ殻の画像とを突き合わせて見てると「ここは?」ってなるとこがあるから、画像の上に生殖板と終板を色違いの枠線で囲って確認してみましょう。
Murasakiuni2004g2a
こうなってるのか~ 生殖板と対等に並んでる終板もあれば、生殖板(特に多孔板)に押しやられた感じの終板もあるんですね。←ここんとこが「終板はどれ?」って分からなかったとこ。
それと『終板から、無数の歩体板の列がそれぞれ伸びて歩帯をなす。』とのことですが、
(あれ Wikipediaの「歩体板」↑はtypoですよね)
それって ↓こういう状況のことかな。
Murasakiuni2004g3a
あれ? ということなら、「生殖板からは間歩帯板の列が伸びて間歩帯をなす」のでしょうか?
Murasakiuni2004g3b
あ!赤矢印のとこに小さな棘疣の殻板があるのですが、これ新たな間歩帯板が生まれたところかな?
Murasakiuni2004g3c

ところで、多孔板の多数の水孔は、拡大した画像でも見えませんよね。水を通す孔だから、非常に細いのでしょうね。
頂上系をウニ殻ランプして見ると~
Murasakiuni2004j
多孔板は他の生殖板や終板より明るいです。これは、多孔板の多数の孔が光を通しているからでしょうね。
それと、生殖板・終板に囲まれた中が肛門なんですが、そこはだだの穴ではなく、何か詰まってます。これ何?
囲肛板」というらしい。
頂上系の各部位の詳しい画像がこちらにありました。
試験研究は今 No.31「ウニとアワビの年齢について」(1990年5月25日)|マリンネット北海道

あ~ また今回も「自宅学習」モードになってしまい、生殖板と終板を囲む画を描いていたら1日かかってしまいました。(^^;
でもウニの「自宅学習」楽しいよ(^o^)

あ!「頂上系 ウニ」で画像検索したら…
ウニ殻の「頂上」~守りたい、この構造~ って出てきた~!
なに?なに!このウニ愛全開のツイートは w(^o^)w

あ、「棘皮屋」さんの、2018年の博物ふぇすてぃばる!のツイートでしたか。
『棘皮屋で販売するウニの基準の第一はこの頂上系がなるべく残っていることです。』←そういうこだわりか~
打ち上げられたウニ殻拾ってる私としては、頂上系が残ってるウニ殻はレアものとは言わないが、上物(じょうもの)ですね。



※これまでのムラサキウニの記事
2013/05/09 貝殻拾い【バフンウニ】じゃなくて【ムラサキウニ】一色海岸(葉山町)

2013/06/14 貝殻拾い【ウニの殻】を光に透かして見る

2013/07/01 まっくろくろすけウニ~

貝殻拾い1年生の私は「わ!まっくろくろすけだ~w(*゚o゚*)w」と書いて、「ムラサキウニ」とはどこにも書いてない(^^;

2013/12/18 ウニ殻拾い【コシダカウニ】【ムラサキウニ】…和田長浜海岸(三浦半島)
Uni7

2016/04/30 GWの貝殻拾い…和田長浜海岸(三浦半島)
Wadanagahama160430c

2018/12/10 貝殻拾い…千葉南房総【岩井海岸】と【原岡海岸】…このコースは3回目だけど…
Iwai181210c

2019/05/06 連休最後の貝殻拾い…大潮の長者ヶ崎~逗子海岸
Chyojagasaki190506f

2020年4月24日 (金)

ウニ殻コレクション【タコノマクラ】

おうちにいよう
おうちで何する?
おうちでブログしよ! と、『ウニ殻コレクション』シリーズを始めたんですが、
貝殻拾いまだまだ初心者のころ、何度か同定ミスして(^^; 投稿する前に十分に調査・検索しとかなくちゃね!
と、同定結果だけでなく、ブログに書くあれやこれや全てに検索する習慣がついて…
シリーズ№7【タマゴウニ】ではブログ書きながら「自宅学習」モードになり、1本の記事に1日かかってしまいました。(^^;
これはちょっと時間かけすぎ~ と思うので、あまり検索しなくて済む内容で…(^o^;

『ウニ殻コレクション』シリーズ№8は タコノマクラタコノマクラ科)です。
Takomaku2004d
これまで「最後に」していた『ウニ殻ランプ観賞』を最初にするね。これが一番楽しいから(=^ェ^=)

タコマクランプ~
Takomakulight2004a
タコノマクラは大きくて、LEDライトの光が全体に届かないので、花紋の部分だけをトリミング。
※「タコマク」はタコノマクラの愛称?で、ビーチコーマーさんご愛用⇒「タコマク」で検索
あ~そうそう「タコマク」と言えば「漂白」です。
タコノマクラを保存・観賞するには、タコノマクラを漂白します。
そして、タコマクのビューポイント「花紋」は真上から見るより、やや斜めから…
Takomakulight2004b
Takomakulight2004c
タコマクの棘疣は殻表全体にびっしりとランダムに並んでますが、
Takomakulight2004c2
花紋の中の棘疣は規則正しく並んでいるんですね~

ウニ殻ランプは単純にキレイ~だからやってたんですが、タコマクランプして観察上の利点があることが分かりました。
漂白したタコマクの花紋を普通に撮影して見ると…
Takomaku2004b
孔対の並びはよく分かるのですが、棘疣は識別しづらい。
でもタコマクライトで見ると…
Takomaku2004c
ね!クッキリ(^o^)v
はぁ~ タコマクライト楽しかった(=^ェ^=)
あとは、これまでのタコマク記事にリンクを張って、おしまい。



2013/10/27 【タコノマクラ】千葉・館山…貝殻拾いの旅
Takonomakura01 Takonomakura02
貝殻拾い1年生のころはタコマクが「不気味」だった(^^;

2014/07/21 タコノマクラの殻を漂白したら…美しい迷宮を発見!
Takonomakuraw03
貝殻拾い2年生でタコマク漂白するとキレイ~と知る。

2014/07/22 タコノマクラの口器「アリストテレスの提灯」が美しい~!
Takonomakuraw12

2014/07/23 タコノマクラの殻を漂白(2回目)
Takonomakura20140712b Takonomakura20140712a

2014/08/06 タコノマクラのアリストテレスの提灯はパズルだった~!
Takonomakuraw35 Takonomakuraw33b

2017/10/23 台風一過の貝殻拾いで拾えたもの【タコノマクラ】…三戸浜(三浦半島)
Takomaku171023f

2018/01/26 ウニ殻観察【タコノマクラ】の殻を水平に切ってみました~
Takonomakura171023h Takonomakura171023i

2019/08/17 真夏の貝殻拾い…台風一過の和田長浜海岸で色々拾えた~
Nahama190817d3 Nahama190817d4

※最初は「不気味~」と言ってたのに、漂白して「タコノマクラの造形美」を知ってからは、タコマク好き!(^o^)

2020年4月23日 (木)

ウニ殻コレクション【タマゴウニ】

おうちでブログしよ!
『ウニ殻コレクション』シリーズ№7は タマゴウニタマゴウニ科)です。

このタマゴウニは去年(2019/12/10~)奄美大島 貝殻拾いの旅に行ったとき拾ったもの。
昨日の【ナガウニ】に引き続き、奄美で拾ったウニ殻シリーズ(その2)でもあります。

まずはタマゴウニを色んなアングルで観察…
Tanagouni2004dTanagouni2004h
Tanagouni2004iTanagouni2004g
このふっくら丸い形状から「タマゴウニ」なんでしょうね。
もっと大きな画像で見ると~(スマホでご覧の方はピンチアウトで拡大してご覧ください。)
Tanagouni2004f
殻の中央にある4つの孔は、頂上系の生殖孔なのでしょうね。
そして中央から5方向に孔対の列が伸びてます。
ウニハンドブックの

正形類・不正形類簡易分類表によりますと、不正形類には
タマゴウニ目、タコノマクラ目、カシパン目、ブンブク目があり、
タマゴウニ目は「孔対が花紋を形成しない」が、他は花紋を形成するんだそうです。
ちょっと画像を並べて花紋を見てみましょう。
タマゴウニ:Tanagouni2004d
タコノマクラ:Takomaku2004a
スカシカシパン:Sukasikasipan2004a
ネズミブンブク:Nezumibunbuku190526b
ちょっと解りにくい画像ですけど、タマゴウニは「孔対が花紋を形成しない」で、孔対が口側まで回り込んでいるのですね。

ウニハンドブックの「正形類と不正形類」に次の記述がありました。
『なお、「不正形類」は単一の祖先に由来する単系統であり、不正形類下綱という分類学的名称が存在する。』
ふ~ん。ウニハンドブックを買ったとき一通り全部読んでいたのですが、こんなとこが書いてあったという覚えがない。
実際にウニ殻を見ながらウニハンドブックを読むと「そうなんだ~!」って、理解のレベルが違いますね。
「ウニ殻片手にウニハンドブック」お薦めです(^_^)
ところで、「不正形類下綱」を検索したんですが、その用語を含むページが出てこないよ!?
タマゴウニは不正形類下綱に含まれるのでしょうから、BISMaLタマゴウニの分類ツリーを見てみると…
Bismalirregularia
“Infraclass Irregularia Latreille”が「不正形類下綱」にあたるのですね。
“Infraclass”(インフラ クラス)が「下綱」
“Irregularia Latreille”(イレギュラリア ラトレイユ?)が「不正形類」?
“Irregularia Latreille”で画像検索すると不正形類ウニの画像がいっぱい出てくる。
このスカシカシパンのなかまの画像なんてスゴイ!w(*゚o゚*)w
Irregularia - Wikipedia
329pxencope_emarginata_leske_1778_deriva
↑これ英語版のWikipediaのページですが、見出しは“Irregularia”だけですね。
では“Latreille”は何? あ、なんか人名みたい。
あ~ 分類ツリーの中で、例えば…
“Order Echinomeoida H. L. Clark, 1925”というのは、
「Echinomeoida目 は H. L. Clark さんが 1925年に命名しました」ということ?
あと、分類ツリーで和名が記載されているものは、私のようなモノリンガルには分かりやすいのですが、学名しか記載されてないのが多くて… これは学名に対する標準和名がまだ定まっていないということ?

貝殻やウニ殻を拾うとまず知りたいのはその名前(種名)ですよね。で、名前の調べ方(同定の仕方)が分かってくると、次第に「科名も知っておいた方がいいよね~」となる。「これとこれ、同じ科なんだ~」と知ると、そこから共通する特徴を見つけて、脳内ネットワークができると覚えやすくなるから(^^)v
で、科名を調べるならココだね!と最近利用しているのが BISMaL
で、科名を知りたいだけの私は「~科」のとこだけ見て、他を見てない(^^; “Family”が「科」なのね。“Species”が「種」っていうのは分かるから、その間の“Genus”は「属」かな。でも“Family”の上の“Order”って何? オーダー:注文 じゃないよね(^^;
生物の分類 - Wikipedia の「階級」で勉強しておきましょ(^^;
それと「単系統」って何? これもお勉強しておきましょう。
単系統、側系統、多系統|きまぐれ生物学  作成:仲田崇志

ん~今日はおうちでブログしながら「自宅学習」したね~(^o^)

あ~しかし、タマゴウニの観察が途中で止まってるじゃないか~(^^;
タマゴウニの一番へんなところは、周口部の形です。
Tanagouni2004iTanagouni2004k
「周口部は左に偏った三角形」です!
何でこんな形してるの? 周口部がこんな形だと、ランタンもへんな形なの?
周口部と囲肛部が同じくらいなんですけど、普通は口より肛門の方が小さいよね。…と思ったら、ブンブクも周口部と囲肛部が同じくらいの大きさでした。でも、なぜ? ウニの謎は尽きませんね~
タマゴウニの口側をもっとアップで…
Tanagouni2004j
このタマゴウニの周口部には何か蓋みたいなものが付いてるんですが、これ何?
囲肛部にチョンとある出っ張りは何?
それと、画像の右下、殻の丸い凹みは何?
疑問ばかりじゃなくて、この画像から分かったこと→「孔対が花紋を形成しない」で、孔対が頂上系から周口部にまで続いているのですね。

ふ~ タマゴウニ観察と自宅学習で疲れたので、最後はウニ殻ランプ観賞~(=^ェ^=)
Unilamp_tamago05
Unilamp_tamago03
ウニ殻ランプすると、タマゴウニ殻の棘疣プツプツ・・・がよく見えますね。
Unilamp_tamago03a



私が奄美で拾ったタマゴウニは…
Tanagouni2004a
9個、でもだいぶ割れてる。
Tanagouni2004bTanagouni2004c
撮影にはこの中の状態の良いもの(反口側の撮影と、口側の撮影でそれぞれ別)をセレクトしました(^^)v

2020年4月22日 (水)

ウニ殻コレクション【ナガウニ】

おうちでブログしよ!
『ウニ殻コレクション』シリーズ№6は ナガウニナガウニ科)です。

このナガウニは去年(2019/12/10~)奄美大島 貝殻拾いの旅に行ったとき拾ったもの。
この時の拾い物でまだブログに載せてないものがいくつかあるので、順次(同定できたら)載せていこうと思ってます。(ナガウニは拾った時に「ナガウニみっけ!」と分かってるから、単に載せ忘れていただけ(^o^;)

では、ナガウニを色んなアングルで観察~
Nagauni2004fNagauni2004g
Nagauni2004hNagauni2004i
Nagauni2004j
ナガウニは周口部が大きいので、殻の中を覗きこみやすく、ランタンと筋肉で連結していた耳状骨(じじょうこつ)がよく見えます。
Nagauni2004ja
え~っと、

ウニハンドブックで「耳状骨」という名前を知ったので、ちょっと使ってみたかっただけです(^^;

あ~!ウニハンドブックでナガウニを見ると…
ホンナガウニ
ツマジロナガウニ
リュウキュウナガウニ
ヒメクロナガウニ
…と4種もある~! そして…
『長らく、日本近海のナガウニ属(Echinometra)は本種一種とされてきたが、形態とDNAを用いた解析の両方から、後述の3種が含まれることが明らかにされた。』とのこと。
では私が拾ったのはどれ?
ウニハンドブックの説明を読むが『孔対はやや弧状に4個(稀に3、5)ずつ配列』と記されてるのは4種とも同じ(^^;
じゃぁ他に殻の形態で見分けるポイントは?
ホンナガウニ…『多孔板上の小疣数が10以上』
他の3種は…『多孔板上の小疣数が5以下』
では、そこを見てみましょ~
あれ?「多孔板」て頂上系にあるんだよね。そして打ち上げられたウニ殻のほとんどは頂上系が抜け落ちてる。
私が拾ったナガウニの殻は3つとも頂上系は無い。だから多孔板上の小疣数は確認しようがない(´Д`)
それに多孔板上の小疣数ではホンナガウニとそれ以外しか区別できないじゃん。
まぁ、私はまだナガウニに関しては初心者なので、まとめて「ナガウニ」ってことで(^o^;
それに、最近私が科名の確認に参照しているBISMaL(海洋生物の多様性と分布情報のデータベース)でもナガウニ科ナガウニ属の下は(まだ)ナガウニ一種だけだし~

UNI CLUB の「4種のナガウニ」という記事に見分け方が詳しく書いてありました。それによりますと…
『まー簡単に要約すると・・・
肛門周りの殻(多孔板)が残ってる殻標本からなら、ホンナガは見極められるが、
それ以上のことは殻だけで種を確定するまでには至らない!』…やっぱりそうなのね(^^;

はい、ナガウニ調査はこのくらいにして、最後は
●~ナガウニ殻ランプ~●
Unilamp_nagauni01
ナガウニは周口部が大きく開いているのでLEDライトの光がよく入り、明るく撮れてなかなかよい具合(^o^)
Unilamp_nagauni02
棘疣の乳頭部から周溝へのグラデーションと、孔対の明るく輝く点列と、殻板の網目模様に、はぁ~((^_^))
Unilamp_nagauni05
孔対が「やや弧状に4個ずつ配列」しているのがよく分かりますね。
もっとアップで…
Unilamp_nagauni05a
これまでのウニ殻ランプの中ではナガウニが一番ですね。(=^ェ^=)

奄美で拾ったナガウニは ↓ この3個
Nagauni2004a
撮影には一番大きなナガウニを使ってます。このナガウニは、てっぺんに薄っすら緑色がかろうじて見えるぐらいなのですが、LEDライトの光を透過させると緑色がはっきり見えるのが不思議~
あ、UNI CLUB のトップページのナガウニの殻はしっかり緑色が見えますね。



※ナガウニを拾ってる記事
2018/11/21 沖縄 貝殻拾いの旅(読谷村・残波岬~)
Yomitan181121h
Yomitan181121h2a Yomitan181121h4a
あ、このとき拾ったナガウニは、頂上系とランタンが残ってたんだ~
コレクションの堆積の中から探し出して、頂上系の多孔板を観察しなくちゃ!

2018/12/24 沖縄 貝殻拾いの旅(ラソール ガーデン・アリビラ クリスティア教会)ニライビーチ
Nirai181122f
割れてるので「耳状骨」がよく観察できます。(^^)v

※ナガウニの生息域は紀伊半島以南なので、沖縄や奄美で拾えます。(私が貝殻拾いに行った紀伊半島以南は沖縄と奄美だけ。)

ナガウニは正形類か不正形類か?
円形の殻をもつのが正形類だとすると、ナガウニは縦長/楕円形だからタコノマクラみたいに不正形類?
でも、ナガウニ科にはムラサキウニとか、パイプウニとかいて、これらは正形類の代表選手ですよね。
ナガウニは円形ではないけど正形類なんですが、ウニハンドブックによりますと…『なお「正形類」は後述の不正形類以外を指す便宜的な分類であり、分類学的名称としては存在しない。』…あ、そうなんですか。

2020年4月21日 (火)

ウニ殻コレクション【コデマリウニ】

おうちでブログしよう!
私の『ウニ殻コレクション』シリーズ№5は コデマリウニサンショウウニ科)です。
Kodemariuni2004a
これまでに拾ったコデマリウニを集めて撮ってみたのですが、穀雨(こくう)のこの時期、窓辺の光が足りないので、思うような画が撮れません。
私の貝殻/ウニ殻撮影は晴れた日の窓辺が基本。でも晴れた日は他にすることあるし~ 洗濯とか(^^;
だから今はできるだけ拾ったその場で撮るようにしてます。
なので、コデマリウニ殻コレクションは、これまでの記事の画像を並べておきます。

●2017/04/21 【コデマリウニ】 手毬のような可愛いウニ殻
Kodemariuni170408b2
Kodemariuni170408e
Kodemariuni170408h
ウニハンドブック によりますと…
「殻板の縁に明確な窪みがある」
「(棘疣に)周溝は刻まれない」
…とのことなのですが、どこがそれなの? ん~

●2017/06/11 貝殻拾い…赤いコデマリウニ~,シボリダカラ,カモンダカラ,ネジガイ…黒崎の鼻~三戸浜
Kodemariuni170610
残念なことに割れてます。

●2018/03/19 ウニ殻拾い【コデマリウニ】…千葉・南房総・岩井海岸
Kodemariuni180313g3 Kodemariuni180313f
Kodemariuni180313a
今度の赤いコデマリウニは割れてません\(^o^)/
でも、その赤いコデマリウニ、どこ行っちゃったんだろう? 行方不明(≧σ≦)
ウニハンドブック によりますと…「赤色の色彩を持つものは別種 T.rubrum(Döderlein,1885) とされるが、色彩変異ではないかと思われるため今後検証が必要」…とのこと。

●2020/03/16 コメツブウニ殻拾い…由比ヶ浜~逗子海岸
Yuigahama200316cYuigahama200316d2
Yuigahama200316d

では最後に、
●コデマリウニ殻ランプ~
Unilamp_kodemari11
小さいからなかなかピントが合わなくて、やっと撮れた1枚
孔対は水平方向へのずれはなく、縦一列に並んでますね。

Unilamp_kodemari10
今は行方不明の赤いコデマリウニを2018年にウニ殻ランプしたもの。
ピントが合わずにこんなんです(^^;



※『ウニ殻コレクション』シリーズ
№1 【コシダカウニ】
Koshidakauni1802_
№2 【サンショウウニ】
Sansyouni1802f5
№3 【アカウニ】
Akauni_hotai_kanhotai
№4 【タワシウニ】
Tawasiuni1802d

2020年4月20日 (月)

ウニ殻コレクション【タワシウニ】

おうちでブログしよう!
私の『ウニ殻コレクション』シリーズ№4は タワシウニナガウニ科)です。
Tawasiuni1802bTawasiuni1802a
タワシウニ殻は小さくて、私が拾った大きいものでも2cmほど。
その特徴は、殻の色が鮮やかな緑色ってこと。バフンウニ殻の緑色とは全然違う。
そして、横から見たときの形
Tawasiuni1802c
環境省_串本海域公園|串本海中図鑑|串本産棘皮動物図鑑|タワシウニによりますと…『棘は背面のものが非常に長く、側面や底面の棘が短いのが特長です。これは穴に収まるのに都合のよい形状なのです。タワシウニは岩盤上に自分で掘った穴に収まっています。』…ということで、上が広く下にすぼまった試験管のコルク栓みたいな形してます。
ところで、この形で何で「タワシ」ウニなんでしょうね?「亀の子たわし」には似てないし。亀の子束子誕生秘話によりますと、西尾正左衛門さんが明治の中頃に考案したもの。タワシウニって名前はもっと前からそう呼ばれていたんでしょうから…
「たわし 江戸時代」で画像検索してみると… あ~こういう形のなら、これから「タワシウニ」って名前を連想できますね。

では、タワシウニ殻を撮影して大きな画像で観賞しましょう(^_^)
Tawasiuni1802d
ウニ殻の鑑賞ポイントは、棘疣(とげいぼ)と孔対(こうつい)ですね~
Tawasiuni1802d2
ウニハンドブック』では「棘疣は水平に4個ずつ配列」とあり、そうなってますね。
そして、孔対をより分かりやすく観察できるのがウニ殻ランプです。
タワシウニでもウニ殻ランプしてみました~
Unilamp_tawasi01
Unilamp_tawasi03

タワシウニの口側
Tawasiuni1802f
この穴の中にウニのランタンアリストテレスの提灯)があるんですが、打ち上げられたウニ殻にはほとんど付いてません。でも、この穴の縁を覗くと、ランタンと殻がここでつながってたんだろうな~ と考えられる突起があります。
Tawasiuni2004b
ウニハンドブック』によりますと「ランタンは殻内部に収まっており、ランタンから生える複数の筋肉が、周口部付近の歩帯の殻内部にある耳状骨(じじょうこつ)という突起に連結している。」

ウニは下に口があり、上に肛門があります。
口の周りが周口部(しゅうこうぶ)、肛門の周りを囲肛部(いこうぶ)と言い、打ち上げられたウニ殻はたいてい周口部と囲肛部が抜け落ちて穴が開いてます。でも、まれに囲肛部が残ってるウニ殻が打ち上げられていることがあり、囲肛部が残ってるタワシウニ殻を拾ったことがあります。
Tawasiuni2004aTawasiuni2004a2
囲肛部・肛門の周りには、5枚の生殖板と、5枚の終板があり、それらで頂上系を構成するとのことなんですが、この画像で、生殖板と終板はどれだ? カメラのレンズをもっと近づけて大きな画像を撮りたいのですが、これ以上寄るとピントが合わない(^^;
じゃぁ、囲肛部の付いてるタワシウニ殻ランプをして、観察・観賞はおしまい。
Unilamp_tawasi20
ありゃ💧囲肛部が光って識別不能(^^;

※ウニ殻の形態・用語については『ウニハンドブック』を参照してます。



※タワシウニを拾ってるブログ記事
2017/07/13 緑色鮮やかな【タワシウニ】の殻~千葉・館山・坂田海岸
Akauni170707a Akauni170707b

2018/01/07 貝殻拾い@千葉・館山・坂田→波左間→見物→塩見 海岸めぐり
Tateyama180107b Tateyama180107a

2018/01/20 緑色鮮やかな【タワシウニ】の殻~タワシウニって岩に穴を掘るウニなんですか~!
Tawasiuni180120e Tawasiuni180120f

2019/09/14 初秋の貝殻拾いの逸品は…【タワシウニ】【ウキダカラ】【小瓶】…和田長浜海岸
Nahama190914e2 Nahama190914f2

※私にとってはタワシウニはレアものなんですが、足摺宇和海国立公園 竜串海中公園 見残し海岸|竜串観光汽船を見ると、タワシウニ うじゃうじゃいます!
でも三浦半島や房総半島でめったに拾えないのは、そこが生息域の北限だからだそうです。

より以前の記事一覧

フォト
2020年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus