貝殻拾い

2019年6月 6日 (木)

貝殻あんまり無いね~と思っても、何か拾える千葉・館山・坂田海岸~波左間海岸

6/5今年初の千葉・館山・坂田海岸~波左間海岸へ貝殻拾いに行ってきました。
行けば何か拾える坂田(ばんだ)というイメージがあったけど、この日は「あんまり無いね~」
でも、あんまり無くても、何か拾うたびに写真撮ってたら、意外と色々拾ってた。

▼ツルピカのコモンダカラ(タカラガイ科)
Banda190605a Banda190605a2 Banda190605a3
脇腹の斑紋もクッキリ

ミクリガイ(エゾバイ科 ミクリガイ属)
Banda190605b
ミクリガイ | 市場魚貝類図鑑によりますと…『地域による変異が大きい』そうで、6種類のミクリガイの画像が掲載されてます。参考になります。
市場に入ってくるのはフレッシュで蓋つきですね。←食用なんだからあたりまえか(^^;
私が拾ったのはかなり擦れてます。

ツツミガイ(タマガイ科)
Banda190605c
そうだ、最近ブログに載せる貝殻に科名を添えるのを忘れてた。科名を書かないと覚えないから、科名も調べて書くようにしよね。←自分に言い聞かせてます(^^;
ところで、ツツミガイってタマガイ科だったの~
こんな平たいのにタマガイ科とは!
タマガイ科の貝は「くりっと丸い」のに~

フロガイダマシ(タマガイ科)
Banda190605e Banda190605e2

ホウシュノタマ(タマガイ科)
Banda190605x

ヨフバイ(ムシロガイ科)
Banda190605t
ムシロガイの様に殻表にブツブツはないけど、ヨフバイはムシロガイ科なんだ~
「ムシロガイ」で画像検索したら…
なにこのネズミみたいなムシロガイは!
リュウキュウムシロガイ かわいい~w(*゚o゚*)w
このネズミの尻尾みたいに見えるもの、これは水管なのかな? だからこっちが前ですよね(^o^;

検索してたらこのページを見つけました。⇒タマクラゲとムシロガイ – きらら舎
ムシロガイに白い毛が生えてる~!
毛じゃなくて、タマクラゲのポリプがムシロガイの貝殻に付着しているんですって。
ところで、「きらら舎」と言えば「鉱物」ですよね? あら、「生物」も扱ってたんですか~「きらら舎のこと」によりますと…『最近ではカオス化に拍車がかかり、ヴンダーカンマーの色合いが濃厚となってきておりますが・・・』だそうです。(^o^)
そうだ、神保町ヴンダーカンマーはいつだっけ? 7/13~8/18ね。
…と、脇道に逸れてしまったので、貝殻拾に戻ります。(^^;

コロモガイ(コロモガイ科)
Banda190605f

チグサガイ(ニシキウズガイ科)
Banda190605s Banda190605s2
ん~やっぱり、三浦で拾うチグサガイは赤くて小さいのに、房総で拾うチグサガイは黄色系で大きい気がする。

ブンブク(ウニ綱ブンブク目)
Banda190605g Banda190605g2
割れちゃってるけど、ブンブクの殻です! 棘が白くて短いからネズミブンブクかな?

ベッコウガサ(ヨメガカサ科)
Banda190605p
坂田海岸の一角にいつも砂鉄が集積している所があって、その砂鉄の上で撮ったら、貝殻が映えますね~(^^)

ヒライボ(紅藻植物門 サンゴモ目 イシゴロモ科)
Banda190605r Banda190605r2
ヒライボは植物なんです。一見サンゴの様にも見えますが、サンゴは動物、ヒライボは植物です。
今年の夏もまた渋谷子ども科学センター・ハチラボでワークショップ 「海辺の教室」を行う予定なので、ヒライボを拾ってます。

▼陶片
Banda190605u
蛸唐草(たこからくさ)文様
Banda190605j
「二つ巴」

キイロダカラ(タカラガイ科)
Banda190605d Banda190605w
毎度のことですが、擦れて黄色じゃありません。

ハツユキダカラ 幼貝(タカラガイ科)
Banda190605n Banda190605n2

クロダカラ 幼貝(タカラガイ科)
Banda190605q Banda190605q2

オミナエシダカラ(タカラガイ科)
Banda190605k
目玉じゃありませんよ。殻が擦れて穴の開いたオミナエシダカラです。
タカラガイの殻は擦れるとたいてい紫色が出てきます。何で紫色なんでしょう?
Banda190605k2
この夏は、大和市おもしろ科学館で『タカラガイを磨いてストラップ作り』をするので、なぜタカラガイを磨くと紫色が出て来るのか?説明用(^o^)v


この日(6/5)は大潮で、館山の干潮時の水位は-2センチ
Banda190605m
こんなに潮が引いていた。
坂田海岸でちょっとお話した人が「今日は大潮だから波左間の方に海岸伝いに行けるよ。」と言うし、そのあと「こんにちは~」と挨拶しただけですけど夫婦二人が波左間の方に抜けて行った。じゃぁ、私も!
ちょっと険しく狭く滑りそうなところを何とか抜けて、波左間港の裏側に出られました(^^)v
Hasama190605u

つづきはこちら→ 貝殻拾い@千葉・館山・坂田→波左間で微小貝


ところで、地図を見ていて今更ながらに気づいたのですが、私が「坂田で貝殻拾える」と言ってたところは「波左間」なの?
Tateyamabanda
赤矢印のところですけど、地図では「坂田」じゃなくて「波左間」ですよね。
「B」のところが坂田バス停で、いつもそこから海岸に入るので坂田海岸だと思ってたんですけど~??

2019年6月 5日 (水)

貝殻拾い@千葉・館山・坂田→波左間で微小貝

千葉に貝殻拾いに行くときは、房総なのはな号で南房パラダイスまで行って、平砂浦…坂田…塩見あたりで貝殻拾いするのが定番ルートだったのですが、なのはな号が南房パラダイスまで行かなくなってしまったので、そっち方面に貝殻拾いに行けないよ~(´Д`)と涙してました。
なので、2018年の千葉での貝殻拾いは岩井海岸・原岡海岸にシフトしてました。
今年はまだ千葉に貝殻拾いに行ってないね~ 行きたいね~ 坂田(ばんだ)あたりに。
でも、バスはないし~…
あれ? 南房パラダイス直行便がなくなっただけで、館山駅まで行けば、そこから路線バスがあるよね?
検索・検索… あった~!
【千葉県 【平日】館山駅~城山公園前~西岬~洲の崎~伊戸~南房パラダイス】時刻表[PDF]

電車・バスで貝殻拾いに行く私は、いつも行く前にタイムテーブルを作ってます。
この日のタイムテーブルは…
07:50 バスタ新宿
09:37 館山駅着
09:50 館山駅発
10:16 坂田
~~ 貝殻拾い ~~
16:13 塩見
16:31 館山駅着
16:45 館山駅発
18:34 バスタ新宿

それと、その前に行ったブログを参考に…
2017/06/05 貝殻拾えた~!坂田海岸(千葉・館山)
2018/01/07 貝殻拾い@千葉・館山・坂田→波左間→見物→塩見 海岸めぐり
…坂田に行けば拾える!というイメージがあったので、坂田から。
でも、この日の坂田には貝殻あんまり無いね~(^^;
でも…

▼波左間で微小貝が拾えた~(^o^)v
Hasama190605l
イトカケ系(ネジガイ 等々)、イソマイマイクダタマガイコメツブウニも拾えたよ~

カメガイも拾えた~(^o^)w
Hasama190605k Hasama190605k2

▼ネジガイ/イトカケ系 観賞~
Hasama190605n Hasama190605m
Hasama190605i Hasama190605c
貝殻を青空にかざして見るのもイイですね~(^o^)

ヤツシロガイ(幼貝)
Hasama190605b

イタヤガイ(左殻)
Hasama190605d
あけぼの~!って、これを撮ったのは午後4時ですけど(^^;
Hasama190605d2
↑こちらは西日にかざして、海をバックに(=^ェ^=)

コモンダカラ
Hasama190605e Hasama190605e2

チグサガイ
Hasama190605f2
三浦のチグサガイは赤くて小さいのですが、房総のチグサガイは黄色で大きいのが多いような気がする。
そして↓これは?
Hasama190605g
これもチグサガイ(千種貝)ですよね?
チグサガイは変異が多くて悩ましい。
参考⇒ニシキウズ科(1)-3| 大島町貝の博物館「ぱれ・らめーる」

オオシイノミガイ
Hasama190605h

ナガニシ
Hasama190605o
「ナガニシ」で検索すると…⇒ナガニシ (ヨナキガイ) | 市場魚貝類図鑑
何で、ナガニシが「ヨナキガイ」なの?
『広島県では夜泣きの薬としたため。』だそうです。そして…
『多くの地域で細々と食用となっている巻き貝。
これが広島県、だけは例外となる。
広島県での呼び名「夜泣き貝」は食卓に欠かせないもので、県内産は非常に高値で取引されている。』
へ~、そうなんだ。じゃぁ、美味しいの?
よなき貝、夜鳴き貝、夜泣き貝、最高!(ナガニシ貝)|広島グルメんクエスト
ナガニシ<長螺>|サバイバル節約術

クロスジグルマ
Hasama190605q Hasama190605q2
三浦で拾ったことがないので、クロスジグルマを拾うと「房総だね~」と思う。
これを拾ったのは「休暇村 館山」前の海岸。

当初の予定では 坂田→波左間→見物→塩見と海岸めぐりするつもりだったのですが、
波左間で微小貝拾いにハマってしまい、休暇村館山前で時間切れ(^^;
16:10 休暇村館山前からバスに乗って帰ってきました。

ところで、館山に貝殻拾いに行ったときは、館山駅で高速バスから路線バス乗換の間に駅前のパン屋さん「モンフルニエ」で「半熟卵入りカレーパン」を買って、海岸で食べるのを楽しみにしてたのに…
パン屋さん「モンフルニエ」閉店しちゃったの? ブラインドが降りていて、中はからっぽ。。。
え~! そんな~ 海岸でのお昼はどうしたらいいの?
館山貝殻拾いバスルートを再発見したのに、ランチ難民になってしまう~(´Д`)

※関連記事
2018/01/07 貝殻拾い@千葉・館山・坂田→波左間→見物→塩見 海岸めぐり
2017/06/05 貝殻拾えた~!坂田海岸(千葉・館山)
2017/07/07 アオイガイの殻を拾った~! 千葉・館山・波佐間~休暇村館山前
2013/09/27 千葉・館山…貝殻拾いの旅…まとめ

2019年5月26日 (日)

【ネズミブンブク】博物バザール in 渋谷区ふれあい植物センター

5/26(日) 博物バザール[PDF]渋谷区ふれあい植物センターで開催されました。
出展者は…
道草 michikusa 苔テラリウム
うみねこ博物堂 昆虫・骨・ウニ殻などの標本
dubhe(ドゥーベ)博物図版
小林商会 世界の木の実

世界の木の実』と言えば『ジャムこばやし』・『小林商会』なんですが、小林商会さん最近は木の実だけじゃなくて、ウニ殻、貝殻、ダチョウの卵、蝶 にも手を広げていて、ウニ殻好きな私は「何か面白いウニ殻ないかな~?」と行ってきました。
そして、『植物園で宝物探し』で私が見つけたものは…
【ネズミブンブク】です!
Nezumibunbuku190526b Nezumibunbuku190526c
Nezumibunbuku190526d Nezumibunbuku190526dd 
ネズミブンブクは「ネズミ」という名前の通り小さなブンブクですけど、
「ネズミブンブク」で画像検索すると…白い毛(じゃない、棘)が もふもふ?(じゃないとは思いますが)カワイイ~(^o^)
1個 1,500円! ん~どうしようかな~と、しげしげと手に取って見ていたら「小さいのなら2個で 1,500円でいいよ。」と言うので、じゃ「これ(2つ)くださ~い」(^o^)v
Nezumibunbuku190526a
2つあると、背側と腹側を並べて見ることできるもんね。
小さくても、デジカメで撮影すれば大きく見えます!(^o^;
Nezumibunbuku190526e
Nezumibunbuku190526f
ネズミブンブクの花紋(管足孔の列)をアップで見ると…
Nezumibunbuku190526f2
それと、脇腹のところに見える↓この2つの丸い凹みは何でしょうね?
Nezumibunbuku190526f3
腹側(下側、口側)のも造形美ですよ~
Nezumibunbuku190526g

さらに、ウニ殻観賞するときは「ウニ殻ライト」してみましょう。
Nezumibunbuku190526i
Nezumibunbuku190526j
Nezumibunbuku190526h Nezumibunbuku190526k
あれ? 脇腹の丸い凹み、2個のと3個のがある。
Nezumibunbuku190526l Nezumibunbuku190526m
棘の根元のブツブツの並びをさらにアップで!
Nezumibunbuku190526n
ん~ネズミブンブク観賞を堪能しました(^o^)

※関連記事
2015/08/01 自然の造形美展2にウニ殻の美を鑑賞しに行ってきました~
2018/01/22 ウニ殻拾い【オカメブンブク】…三戸浜(三浦半島)
2018/01/26 ウニ殻観察【タコノマクラ】の殻を水平に切ってみました~
2018/01/26 ウニ殻観察【タコノマクラ】の★ランタン

2019年5月25日 (土)

貝殻拾い…巻貝(スガイ)の【蓋】…大潮の和田長浜海岸(三浦半島)

大潮の和田長浜海岸に貝殻拾いに行って、拾った逸品はニセサバダカラでしたが、
他に「いっぱい拾えた~!」ものがありまして、それが…
Futa190520b
…巻貝の蓋!
Futa190520a
和田長浜の矢作入口側の潮溜まりに…
Futa190520c
磯の巻貝の殻がごちゃっと溜まってた。
スガイ、クボガイ、イシダタミ、コシダカサザエなどの殻でした。
その一角を見ると…
Futa190520d  
巻貝の蓋がいっぱい!w(*゚o゚*)w
微小貝拾い用の竹ピンセットでひょいひょいつまみ上げたら、たちまち50個!
帰ってから検索してみたら、この蓋は「スガイの蓋」でした。
ここに溜まってた殻もスガイが一番多かったですし、クボガイやイシダタミの蓋はフィルム状の薄い蓋だから、この丸くて厚いモスグリーンのグラデーションの蓋はスガイの蓋ですね。


蓋だまりのとこだけで50個も拾えたんですが、貝だまりの中もかき回してみると、まだまだ蓋があるある!
さらに50個拾って、全部で100個も拾っちゃった(^o^)/ この蓋、何に使おうかな~


この貝だまりをかき回していたら、その中から…
ホウシュノタマ見っけ!
Hosyunotama190520a
蓋とは別の袋に入れるから、ちょっとここに置いといて… と蓋拾いを続けていたら、ホウシュノタマがポチャッと潮溜まりに落ちた。
あ~!ヤドカリさんがお住まいだったのですね。ホウシュノタマは3つほど見つけたんですが、どれもヤドカリさんがお住まいで。そして不思議なことにヤドカリさん人気物件だと思っていたイシダタミやスガイの殻はほとんど空室なのです。なんで?
そういえば、磯の石をひっくり返して見ると、そこには微小貝の殻に入ったヤドカリさんがびっしりいました。
Wadanagahama190520a
ということは~
ヤドカリさんたち、まだ小さいんですね。育ちの早い者でもホウシュノタマの大きさ程度。これから夏に向かって育ってくると、イシダタミやスガイの殻の人気が急上昇するのですね。


※「スガイ」や「蓋」を検索していて、面白い記事を見つけました。
へ~!巻貝を茹でて、その身を先端まで千切れずに取り出すと、美しい~ かも(^o^;
「磯もの」食べてアラレちゃん - 野食ハンマープライス
磯の巻貝|サバイバル節約術











※関連記事
2013/06/13 貝殻拾い【サザエの蓋】…歩くとき蓋はどうするの?
2015/09/24 アマオブネの蓋~
2018/04/11 ツメタガイ/オオネズミガイの蓋2つでハート型?
2015/05/13 貝殻拾い【ウラウズガイ】と【ウズイチモンジ】の違いがやっと分かるようになりました~




※貝殻で動物を作るとき、スガイの蓋を目にするという使い方があるらしい。


2019年5月20日 (月)

貝殻拾い【ニセサバダカラ】…大潮の和田長浜(三浦半島)

5/6に連休最後の貝殻拾い…大潮の長者ヶ崎~逗子海岸に行って、あんまり拾えなかったけど、その2週間後の5/20…また大潮で、11:50干潮で潮位は10cm。潮の引き具合にちょっと惹かれる~ 大潮だからって、貝殻がよく拾えるわけじゃありませんけど(^^; 貝殻拾いに行こうかな。
ここんとこ由比ヶ浜に行くのが多かったから、今回は和田長浜に行ってみよ!
そして…
やっぱり、貝殻ないね~
だったんですが、それでも何か拾えるのが和田長浜です。
潮が大きく引いた磯を歩いていたら…
サバ見っけ!
Saba190520a Saba190520b
これがサバダカラなのか、
ホンサバダカラなのか、
ニセサバダカラなのか?
「サバ系」を指折り数えるほどしか拾ってない私には、その場で即同定できません。
帰ってから検索して、サバ系の見分け方は⇒道草ネイチャーウォッチング: サバダカラの3種並べて特徴を記載した図を見て…ニセサバダカラは『ここにはっきりした白窓が出る』
▼その「白窓」
Saba190520f
だからこれは「ニセサバダカラ」ですね!
以前拾ったニセサバダカラはかなり擦れちゃってたから、今回拾ったのはちょっと状態いいです(^_^)v

※サバ系を拾った記事
2015/02/25 貝殻拾い【ホンサバダカラ】…三戸浜(三浦半島)
2015/03/25 貝殻拾い【サバダカラ】…三戸浜(三浦半島)
2018/06/28 梅雨明けの貝殻拾い【ニセサバダカラ】…和田長浜(三浦半島)

2019年5月 6日 (月)

連休最後の貝殻拾い…大潮の長者ヶ崎~逗子海岸

5/3に遅ればせながら令和最初の貝殻拾い…鎌倉・由比ヶ浜に行って、いまいちの成果だったので、連休中にもう一度(令和2回目の)貝殻拾いに行ってきました~
5/6の潮位表を見ると、干潮は 11:54 潮位 12cm わ~これだけ潮が引くと長者ヶ崎に楽々行けるよね!
ということで、逗子駅からバスで一色海岸バス停で降り、一色海岸→大浜海岸→長者ヶ崎→關根海岸→久留和海岸、久留和海岸バス停→逗子駅→逗子海岸… と歩いてきました。ふ~疲れた。
で、貝殻拾いの成果は… あんまりないね~ やっぱ、連休の最終日に海に行っても拾われちゃって無いよね(^^;

それでも何とか拾えたものを載せときます。
まずは、長者ヶ崎にて…
サンショウウニ
Chyojagasaki190506a Chyojagasaki190506b
サンショウウニは殻が山型に盛り上がってるので、
空にかざしてサンショウウニ~ UFO?
Chyojagasaki190506c
もう1個見つけたので…
Chyojagasaki190506d
サンショウウニお供え餅~(^o^;

▼掘り出したタカラガイ
長者ヶ崎でタカラガイを探すときは子砂利の浜をホリホリします。ここはスコップが必需品ですね。
掘り出したタカラガイは…
オミナエシダカラ、ハナマルユキ、カモンダカラ と普通のです。
Chyojagasaki190506g
Chyojagasaki190506g2

▼キイロダカラ
Chyojagasaki190506k
ちょっと大きめのキイロダカラです。
Chyojagasaki190506k2

▼磯の生き物観察~
大潮の干潮時に長者ヶ崎に行ったので(大潮の干潮時でないと歩いて行けませんが)
潮が引いた後の磯の石をひっくり返して、どんな生き物がいるかな~?って観察してみました。
そしたら、いるいる!

ニホンクモヒトデ
Chyojagasaki190506e
これまで打ち上げられたクモヒトデしか見たことないので、生きてる、腕足うにょうにょ~と動いてるのを見るのは初めて。私は「うにょうにょ」系はダメ(≧σ≦)と思ってたんですが、正体が分かってるから大丈夫でしたね。逆に動いてるのを見るの、面白かった(^o^)
観察した後は、ひっくり返した石をそっと元の位置に戻しておきます。
次の石をひっくり返すと~

ムラサキウニ
Chyojagasaki190506f

次の石をひっくり返すと…
▼クモヒトデ~
Chyojagasaki190506h
水の中の生き物を撮るの難しいですね。水面で光が反射するから。

次の石をひっくり返すと…
▼まっくろくろすけウニ~
Chyojagasaki190506i
ムラサキウニが集まってるの見ると「まっくろくろすけウニ~!」って思っちゃいます(^o^)
それと、ウニは石にくっついてるんですが、棘でくっつくわけないから、管足でくっついてるんですよね?

次の石をひっくり返すと…
▼ムラサキウニ と クモヒトデ
Chyojagasaki190506j
ん~ クモヒトデがこんなに普通にいるとは思いませんでした。
あ、それと、石をひっくり返すと「ナマコ」も普通にいたんですけど、ナマコはあんまりフォトジェニックじゃないので撮ってきませんでした(^^;

ウミガメの打ち上げ
Noimage
この日、大潮の長者ヶ崎には高校生物部?と思われる一団(生徒と先生)が来ていて、「うぉ!これスゲー!」と声がしたので見てみると…
ウミガメが打ち上げられていた~w(*゚o゚*)w 1メートルぐらいの大きいの!
腹側を上に、ひっくり返った状態で打ち上げられ死んでました。
生物部の皆さんは…「なかなか状態いいな」「持って帰れないかな?」「せめて足だけでも」…←生き物に対するその興味の持ち方、さすがです(^o^; 生物部の皆さん、ひっくり返っていたウミガメを甲羅が上になるようにひっくり返したら、甲羅は割れていて、「うぇ(≧σ≦) 腐敗臭がする」って。お持ち帰りは断念したようです。

私は長者ヶ崎の後、關根海岸→久留和海岸と歩き、「何にも無いね~ 疲れたから帰ろうか」と久留和海岸バス停からバスに乗り逗子駅へ。そしたら途中のバス停で先ほどの生物部御一行が乗ってきた~(^^)

逗子駅に2時半。まだ日も高いから、このまま帰るのもね~
逗子海岸では「逗子海岸映画祭」やってるから貝殻拾い向きじゃないんだけど、行ってみようか!
逗子海岸に行ったら…

▼ウィンドサーフィンのセイルがいっぱい!
Zushi190506a
そして人いっぱいの海岸を「貝殻無いよね~」と思いつつ歩いてみると…

▼キサガイ、ヤカドツノガイ、ちびネコガイ
Zushi190506b
キサガイを拾えるとは思ってなかったから、この日の逸品かな(^_^)

コメツブウニめっけ!
Zushi190506c Zushi190506d
逗子海岸でコメツブウニを拾えるとは!
逗子海岸にもいるんだね~

セキモリブドウガイ
Zushi190506e2
意外や意外! 人いっぱいで拾えないと思っていた逗子海岸で、ちょこっと逸品を色々拾えた~(=^ェ^=)

▼この日拾ったコメツブウニとイトカケ系(セキモリ、ネジガイ)
Zushi190506f
そして最後に…
ベニガイ
Zushi190506g
かなり色褪せてますけど、ベニガイです!

ん~逗子海岸に来てよかった。やっぱり貝殻拾いは「歩いてなんぼ」ですね~

2019年5月 1日 (水)

『日本の貝 629種』を手に取ったら「あとがき」を是非読んでください

Nipponnokai629
ネイチャーウォッチングガイドブック
温帯域・浅海で見られる種の生態写真+貝殻標本
日本の貝 629種
髙重博 解説&生態写真, 武井哲史 標本写真

ほぼすべての種について海中の生態写真と標本写真を掲載!というスゴイ本です。
貝殻拾いしてると時々「この貝、生きてるときはどんなんだろね~?」と思うことがあるのですが、それがこの本で見られるんです。そして、写真はどれも美しいです。
「うわぁ~スゴ~イ! 生きてるとときの姿はこんななんだ~」と楽しめます。

私が気になった1ページ…
Nipponnokai629a
「イイジマフクロウニヤドリニナ」が
「イイジマフクロウニヤドリニナ」と「フクロウ」に反応してしまい、
貝の名前に「フクロウ」がつくのあるんだ~! と思いましたが、
あ、「イイジマ フクロウニ ヤドリニナ」ね。フクロウじゃなかったのね(^^;
ところで、この後のページに…
 オーストンフクロウニヤドリニナ
 カシパンヤドリニナ
 ヤツヒトデヤドリニナ
 タコノマクラヤドリニナ
 ガンガゼヤドリニナ
…と続くのですが、「ヤドリニナ」って棘皮動物に寄生する貝なんですか~! この本を読んで知りました。
フクロウニ」は『硬い殻をもたず、上下に平たくて、いくらか変形可能な革袋状の殻をもつ』ウニなんだ~。それじゃウニ殻として拾えることはなさそうですね。と思ったら、漁労屑から拾ってる人がいた~
フクロウニ | hiroimono
え!フクロウには宇宙怪獣ゼブラにも寄生されてるんですか?
宇宙怪獣ゼブラ!? | hiroimono
このカニ面白~い(^o^)
ウニに潜む迷彩ガニ ゼブラガニ(ゴカクガニ科)Zebrida adamsii|長崎・五島列島 福江島の博物誌

あ、本「日本の貝」に戻りまして…
「シロハリゴウナ」の解説には…『水深10m以深の砂底に生息する。夜間に砂底で這っている姿が見られる。』…ということは、この生態写真を撮るために、夜間水深10m以深の砂底に潜って撮影したってことですよね!

日本の貝 629種の標本写真と生態写真を見て、解説を読んで、あ~面白かった(^_^)と
「あとがき」を読んだら…(一部抜粋)
『しかし再度、普通種の撮影を試みると、過去10年を振り返るだけでも、多くの貝類が激減している事に気が付きます。過去の撮影データを参考に、同シーズン同じ場所へ調査に行っても目的の貝は見つかりません。
 海の中で何が起きているのか? ・・・』
みなさま、この本を手に取ったら、是非「あとがき」を読んでくださいませ。
この本に出ている貝の生態写真が「過去のもの」となってしまわないようにするにはどうしたらいいのか? 考えさせられます。

※関連記事
サイエンスアゴラ2016『タカラガイのストラップを作って知る生物多様性』で出展してきました~
大和市・夏のおもしろ科学館2017でタカラガイのストラップを作った子…250人!
タカラガイ・ブック(改訂版)は緑・黒
『美しき貝の博物図鑑』…同じ種でもこんなにバリエーションがあるんだ~!

2019年4月30日 (火)

平成最後の貝殻拾いに(雨だから)行けない

2019/04/30 平成最期の日です。
「平成最後の貝殻拾い」はどこに行こうかな~ と思っていたのに… 雨です。
雨の日の貝殻拾いには何度か行ってますけど、そこで得た教訓…『雨の日に貝殻拾いに行くもんじゃない!
なので、平成最後の貝殻拾いには行きたいけど、それは断念して、ブログに載せてなかった画像を一つ…

4/9に材木座→由比ヶ浜→和田長浜に行ったときに拾った貝殻です。拾えたのは主に由比ヶ浜。

Yuigahama190409c
左側:クリンイトカケ、ネジガイセキモリ、オダマキ
上側:イソマイマイ
右側:コメツブウニ
その下の丸いのはハスノハカシパン
センター:ツツミガイ
その下の半透明なのは:ベッコウタマガイかな?

Yuigahama190409d
由比ヶ浜と言ったら桜貝(カバザクラ、オオモモノハナガイ)ですが、
最近はミゾガイの方が多いような気がする。
ミゾガイを拾ってると切りがないから、控え目に拾ってます。
上側にはカニの甲羅とカニ爪
両側に棘がでてるのはキンセンガニ
緑色は小さなバフンウニ殻。最近ウニ殻があんまり拾えません。
ウニ殻やカニ爪でアクセサリー作ろうと探してるんですけど。。。

Wadanagahama190409a
和田長浜では由比ヶ浜とはまた違ったものが拾えますね。
↑これ、和田長浜(三浦半島)じゃなくて、坂田(千葉・館山)で拾った貝殻の画像でした。
ブログに載せてなかった画像を引っ張り出してきたとき間違えた(^^; 3/20に行ったときのものです。
三浦ではあんまり拾えないハルシャガイ、フクロガイ、クロスジグルマがあって珍しいなと思っていたのですが、どーりで(^^;
左上:ハルシャガイ(2個)
その隣:フクロガイ そうか、この日はツツミガイとフクロガイが拾えて(^o^)vだったんだ。←拾った日も場所も違ってた。
右上:ユキネズミ これもレアもの(^o^)vだと思う。
右側:クチグロキヌタは擦れまくってますが、
その隣の茶色いの:ホンサバサバダカラ~レアものです。w(^o^)w
その上の白いのは…テンロクケボリ
その隣の白い点々模様は、シボリダカラ。かなりツルピカ
その隣のキンチャクガイは、黒地でなかなか渋い色。
その隣(左端):ベニハマグリ
下段左:チドリガサ これも検索件数ではレアもの。
その隣:イソチドリ
下段中:クダマキガイ科の~なんでしょう?
下段右:クロスジグルマ これまでに拾ったクロスジグルマは館山・南房総ばかりで、三浦で拾ったの初めてかな?←三浦じゃなかった。

ん~貝殻拾いに行って拾ったものを小まめにブログに記録しておかないと、「これ前に拾ったことある?」って調べられなくなっちゃいますね。
「令和最初の貝殻拾い」は、ちゃんとブログに記録しよう(^_^;

2019年4月29日 (月)

鶴岡八幡宮大鳥居(一ノ鳥居)は国宝なの?『鶴岡八幡宮國寶大鳥居重修の記』

由比ヶ浜に行くときは、以前は鎌倉散策などしながら、のんびり行ってたのですが、最近イトカケ系微小貝拾いにハマってからは、真っ直ぐ由比ヶ浜を目指します。他の人より早く浜に着かないとね(^^;
で、鎌倉駅から若宮大路を真っ直ぐ海に向かって歩いていくと、途中に鶴岡八幡宮大鳥居(一ノ鳥居)があります。
Ootorii190126a
車道の真ん中にポツンと取り残されたようにこの大鳥居があるので、車が来ないよねと注意して渡り、正面から大鳥居を撮影してきました。(早く海岸に行かなくちゃと思いつつ…)
そこに『鶴岡八幡宮國寶大鳥居重修の記』があったので撮影し、
Ootorii190126b1
Ootorii190126b2
Ootorii190126b3
撮影したら読んでみたくなったので、書き写します!

鶴岡八幡宮國寶大鳥居重修の記
此の大鳥居は一之鳥居ともいひ治承四年十二月源頼朝の創建にかゝり壽永元年夫人政子築造の段葛と共に若宮大路の偉観たり爾来武門武将により再建修理を行ふこと数次寛文八年徳川家綱祖母崇源院の大願を承け備前犬島産花崗岩を以て此の鳥居を始め第二第三の鳥居を再興せり就中この大鳥居は夙に我が國石鳥居の範と仰がれ明治丗七年八月國寶に指定せらる然るに大正十二年関東大震災の際柱下部を残して悉く顛落大破せり即ち文部省に請い復舊の速ならむことを計りしが昭和九年文部省技師阪谷良之進同嘱託大岡實に依り稍く重修の設計成り同十一年三月国庫補助並に東京上田ちた近田三郎両名の獻資を以て工を起し同年八月其の功を竣えたり本工事は神奈川縣知事半井清監督の下に施工し専ら古法を尊び舊材の再用を旨とし補足材は之を犬島に求め東西柱上部笠木及貫中部同東部西沓石北側の七個を加へたる外苟も舊觀の美を損せさらしむるに力めたり
昭和十一年九月一日 國幣中社鶴岡八幡宮宮司中島正國

おおむね記してあることは分かりますけど、旧字が多くて読みにくいですね。
これ何?がいっぱいある。まずは…
「國寶」って
「国賓」じゃないよね?
「国宝」なんだ~!「寶」は「宝」の旧字

この大鳥居は国宝なの?
鎌倉の「国宝」 【UNIQUELY鎌倉】の「鎌倉の国宝リスト」には大鳥居はありませんよ。
日本の国宝一覧 - Wikipedia にも出てないし~
「鶴岡八幡宮國寶大鳥居重修の記」の中には『明治丗七年八月國寶に指定せらる』とありますけど、『関東大震災の際柱下部を残して悉く顛落大破せり』だから…
関東大震災による鎌倉の歴史文化遺産被害と復興 - 立命館大学[PDF]によりますと…『被災前に国宝に指定されており、現在も引き続き指定を受けているのは、円覚寺舎利殿の1堂のみである。』
あ、関東大震災で大仏も動いたんですか~!『長谷の大仏(鎌倉大仏)は、台座から35.8cm前に動いた。』そうです。(写真も出てます)
鶴岡八幡宮 - Wikipedia の「文化財」を見ますと、大鳥居は重要文化財になっていますね。

さて、「鶴岡八幡宮國寶大鳥居重修の記」には「國寶」以外にも「何て読むの?」な字が多いので、順にピックアップ…
治承(じしょう)四年…1180年
壽永(じゅえい)元年…1182年
寛文(かんぶん)八年…1668年
●明治丗七年…「」十が三つ横に並んだ形で三十を表す会意文字。明治37年…1904年

段葛(だんかずら)…『神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮の参道、若宮大路のなかで、二の鳥居から鶴岡八幡宮までの車道より一段高い歩道をいう。』え!そうなんだ~!
『過去は一の鳥居からの参道であったが、横須賀線の建設により、一の鳥居から二の鳥居の間が撤去された。』
Wikipediaには他にも面白いトリビアがありますね~
『鎌倉幕府が攻め込まれるのを防ぐために、一の鳥居から鶴岡八幡宮に向かうにつれて、道幅が徐々に狭くなるようになっており、遠近法によって実際の距離より長く見えるようになっているが、この造りは改修が度々行われた行われた現在でも踏襲されている。』へ~!
段葛の沿革には、なぜ段葛が作られたのかが説明されており、これも へ~!
ところで、なんで「段葛」という名前なの? 「段」は分かるけど「」が分からない。葛(くず)が植えられていたわけではなさそうだし…
鎌倉史跡ー段葛 / 鎌倉ぶらぶらによりますと…『段葛は,道の中央に段2檀を築き緑石を兼ねる葛石を並べて一段と高い道と云うもので,段葛の名はこの段の葛石にちなんでいる。』
葛石(カズライシ)とは - コトバンク…『社寺・宮殿などの基壇の上端の縁にある、縁石(へりいし)を兼ねる長方形の石。』
ふ~「段葛」の「なんで?」は以上。

●爾来(じらい)…その後。それ以来。
●備前犬島産花崗岩⇒瀬戸内産花崗岩 犬島石(岡山市犬島)[PDF]
犬島(いぬじま)…『古くから銅の製錬業と採石業などで隆盛をきわめてきた歴史があり、現在も残る当時の遺構が独特の雰囲気と景観を醸し出している。』
こちらのページの写真が素敵です。
日々の出来事を写真と共に|自転車すらいらない。
●就中⇒就中(なかんずく)とは何? Weblio辞書『多くの物事の中から特に一つを取り立てるさま。とりわけ。中でも。特に。』
●夙に⇒夙に(ツトニ)とは - コトバンク『ずっと以前から。早くから。』
●悉く(ことごとく)
●顛落(てんらく)転落
●復舊(ふっきゅう)復旧
●稍く(ようやく)
●獻資(けんし)献資
●竣えたり(おえたり)…竣工したってことでしょうね。
●舊材(きゅうざい)旧材
笠木(かさぎ)…『鳥居・塀・門などの上に横にわたす木』
●沓石(くついし)…『礎石の上、柱や縁の束柱(つかばしら)の下に据える石。』
●苟も(いやしくも)
力めたり…努(つと)めたり
●國幣中社⇒『官社とは、祈年祭・新嘗祭に国から奉幣を受ける神社である。 官社は神祇官が祀る官幣社と、地方官(国司)が祀る国幣社に分けられ、律令制の社格に倣ってそれぞれに大・中・小の格があり、「昇格」が行われた。』近代社格制度 - Wikipedia『明治維新以降、『延喜式』に倣って、新たに神社を等級化した制度である。第二次世界大戦後に廃止された』へ~昔はそんなものがあったんだ~

は~疲れた(^^;
「鶴岡八幡宮國寶大鳥居重修の記」をテキストデータとしてWebに載せといたら誰か検索してくる人いるかな?と思って、自分で撮った画像から書き写し始めたんですが… ここまで4時間もかかりましたよ~
寺社仏閣 名所旧跡を辿る趣味は、私には向いてないな~と思いました。(^o^;

大鳥居より、大鳥居のところの歩道に植わってる木に「ヤドリギ」が付いてるんですよ~!
Yadorigi190409a
私、ヤドリギが好きなんです。なんか面白い植物だし(^o^)

2019年4月28日 (日)

大潮の貝殻拾い…逗子海岸

4/20大潮の由比ヶ浜材木座海岸を歩いて「あんまり無いね~」「ぜんぜん無いね~」だったので、このままでは帰れない!ので、いつものようにバスで逗子海岸へ~
で、貝殻拾えたかと言うと… あんまり無いね~(^^;
逗子海岸にはいつもの貝殻溜まりはあったけど、そこにあるのは、キサゴ、キサゴ… ツノガイ、ツノガイ… ばかり。この時期の逗子海岸はよくイベントやってて、この日も ZUSHI FREESTYLE FESTA 2019 ウィンドサーフィンの大会が行われてて、落ち着いて貝殻拾いできる状況じゃありませんでした(^^;

で、逗子海岸でのわずかな拾い物/見っけもの…
カニモリガイ(オニノツノガイ科)と ツクシタケ(タケノコガイ科)
Zushi190420a  

スカシカシパン
Zushi190420b
砂に潜った恥ずかしがり屋。残りの姿は… 想像してみてください。
完全体のスカシカシパンは→ 憧れのウニ殻【スカシカシパン】を拾った~!…千葉・館山・沖ノ島

コデマリウニ
Zushi190420c Zushi190420c2
わ~い(^o^)v
逗子海岸でコデマリウニを拾えるとは思ってもみませんでしたよ。この日の逸品かな。
でもそれだけ。
風も強く吹いてて、体が冷える~ ウィンドサーフィン日和で、貝殻拾い日和じゃないから帰りましょうか。

ヒメツルソバ
Zushi190420d
逗子海岸シンボルロードのとあるカフェ(umibe cafe)の脇に咲いてました。
ヒメツルソバ - Wikipedia によりますと…『花は集合花で小さい花が球状に集まった金平糖のような形をしている。開花直後はピンク色をしているが、徐々に色が抜けて白へと変化する。』
その金平糖のような花をアップで…
Zushi190420e2

※10連休の海はどこも人がいっぱいでしょうね~
「平成最後の貝殻拾い」はどこに行こうかな~(^o^)

より以前の記事一覧

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus