« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月25日 (月)

マカダミアナッツ…世界一硬い木の実

KALDI にマカダミアナッツがあって〜

これも木の実だから、木の実コレクターとして買おうかどうしようか迷っていたんですが…
マカダミアナッツは「世界一硬い木の実」なので、割って食べるには「マカダミアナッツクラッカー」が要るんです〜
↓マカダミアナッツクラッカー

マカダミアナッツ ¥630 に対して、マカダミアナッツクラッカー ¥1,500 なんですよ〜 ちょっと考えちゃいますよね(^^?
でも、マカダミアナッツクラッカーをマカダミアナッツを割る以外にも使えるかも?と思いついたので、買ってしまいました〜(^o^)
(マカダミアナッツクラッカーの別の使い方はそのうち… 今回はマカダミアナッツの方ね)

↓マカダミアナッツ 大きさは2cm〜3cm

↓マカダミアナッツクラッカーに挟んで、締め付けて硬い殻を割ります。

かなり力が要ります。ぎゅ〜っと締め付けていくと… バキッと音がして殻が割れ、中の種子(食用部分)がコロリと出てきます。

あ〜!殻の内側は白・黒 2色に分かれてますよ〜!

↑これは殻がきれいに真っ二つ(^^)v

クラッカーで殻を割って(力仕事をした後の)マカダミアナッツは… おいし〜(^o^)


ところで、この状態のマカダミアナッツは、実の核ですよね? この周りに果肉があって、「核果」と言われる果実ですよね?
木になっているときはどんな実なの?
Wikipedia「マカダミアに出てました。ふ〜ん、こういう果実なんだ〜
『マカダミアとはヤマモガシ科の常緑樹である。』
あ〜!ヤマモガシ科といえば〜バンクシアもヤマモガシ科でしたね〜

ところで、マカダミアが発芽するとき、この硬い殻をどのように突き破って発芽してくるんでしょう?
こちら→マカダミアナッツの発芽。めっちの果樹栽培 の写真を見ますと、殻が二つに割れてるみたいですね〜

※関連記事:バンクシア(Banksia)の実…スライス


2013年2月24日 (日)

ハンカチノキの実の核を切ってみました〜


ハンカチノキの実を切ってみました〜で、果肉付きの実を自分で切っていますが、今度は核だけ木工のプロ(お友達)に切ってもらいました〜(^^)v
断面をきれいに研磨しているので、核の中の種子も良く見て取れます。
これを切ってもらったお友達には〜
ヒマラヤスギの実を半分に切ってみました〜!
松ぼっくりを半分に切ってみました〜! も切ってもらってます。
あ、そうだ、センダンの実の核も切ってもらってるんですが、まだブログに載せてませんでした。

2013年2月23日 (土)

ふくろうとんぼ玉


昨日3つ、今日2つ。やっと手が慣れてきたような気がします。頭の中にはこんなふくろうあんなふくろうってアイデアだけはあるのですが、作れる時間が限られるのでなかなかついていけません〜
あ〜これから洗濯物干さなきゃって〜チョー現実的。でも毎日作らなきゃ、前に進まないから。

2013年2月22日 (金)

ムクロジの実が…まだ落ちない

1/19に「ムクロジ拾いは…もうちょっと先」と書いて、
2/8に「ムクロジ拾いは…まだもうちょっと先」と書いて、
あ〜!あれから2週間も過ぎてる。もう落ちて誰かに拾われちゃってるかも… と、ムクロジの木に行ったら…

まだ落ちてない・・・
あれ?まだ落ちないの?いつ落ちるの? もう3回も足を運んでいるのに〜(^^;
一週間後にまた行きま〜す


※ムクロジ拾いの記事
2013/01/19 ムクロジ拾いは…もうちょっと先
2013/02/08 ムクロジ拾いは…まだもうちょっと先
2013/02/22 ムクロジの実が…まだ落ちない
2013/03/02 ムクロジの実が、ま〜だ落ちない
2013/03/14 ムクロジの実…大収穫〜(^o^)
2013/03/19 ムクロジの実…3心皮がすべて発達した実を発見!
2013/03/20 ムクロジの実を観察
2013/03/21 ムクロジの実 三兄弟

2013年2月21日 (木)

ふくろうとんぼ玉

今年初〜ふくろうとんぼ玉を作りました〜(^_^)/~
が 何とひどい出来上がり(´∩`。)
やはりコンスタントに作らなくては駄目ってことなのね、と反省。
と言うわけでこれから一時間ほど、も少しましなふくろうさんを…。
百羽を目指して頑張りましょうか。

※ふくろうとんぼ玉 いろいろ → ふくろうとんぼ玉

2013年2月14日 (木)

キササゲのサヤが割れて種子が出てきました〜

↓キササゲのサヤ

細長〜い 30cmくらい。

↓キササゲのサヤが割れて出てきた種子

綿毛も含めると長さ2cm、幅2mmぐらい。

↓キササゲの種子・綿毛をアップで観察

非常に軽くて綿毛がありますから、キササゲの種子は風散布なんですね〜
だからこれも「飛ぶ種」(^_^)

※キササゲとは…
こちらのページがコンパクトで分かりやすかったです。→キササゲ:岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科 のページです。

※このキササゲの実は、東京学芸大学(小金井市)のキャンパスで、2012/9/9 青少年のための科学の祭典 東京大会in小金井 に行ったときに…
なに?なに!あの細長い豆のサヤが木になってるのは〜w(゚o゚)wって、採取してきました〜(^_^)


そうだ、キササゲって実がササゲみたいだから「木のササゲ」で「キササゲ」となったそうですが、ササゲの種子が豆なのに、キササゲの種子がこんなに軽い飛ぶ種だったなんて〜 豆が出てくるのを待ってたのに〜 意外な結果(この驚きが木の実コレクションの楽しみなんです〜(^o^)

2013年2月10日 (日)

ふくろうは「ホーホー」と鳴くのか?

私のふくろうグッスコレクションの中に「ふくろうキーホルダー」があって、そのキーホルダーはボタンを押すとフクロウの鳴き声がするんですが、その鳴き声が「ホーホー」じゃなくて「ニャー」みたいな猫みたいな鳴き声。え〜!この鳴き声 変だよ〜
「フクロウ 鳴き声」で検索してみると、YouTubeにフクロウの鳴き声が投稿されている。
で、その動画を見ると…
「ニャーゥ」って鳴いた!
え〜!ふくろうさんて「ホーホー」って鳴くんじゃないの? 衝撃の事実!
でも「フクロウはホーホー鳴く」って小さい頃から頭に刷り込まれてますよね。
「ホーホー」鳴くフクロウもいるはずですよね。
検索しまくって調べてみました〜



フクロウ(ミミズク)の鳴き声

4秒のところで「ニャーゥ」と鳴く
25秒あたりのアップがカワイイ〜
このふくろうさんは何でしょう?
富士花鳥園の「世界のフクロウ・ミミズク 39種」で似ているふくろうさんを探すと…
サバクミミズク(サバクコノハズク)」かな?
あ〜富士花鳥園のこのサバクミミズク、クリクリまん丸お目々が可愛すぎます〜
※このふくろうさんは「アフリカオオコノハズク」ですよ~と、ご教示いただきました。
「アフリカオオコノハズク」で画像検索すると、顔の左右の黒い縁取りや、(耳のように見えるけど耳じゃない)羽角(うかく)の形が一致しますね。

フクロウの鳴き声って猫に似てる

8, 23秒のところで「ニャーゥ」と鳴く
22秒あたりのクリクリまなこがカワイイ〜
このふくろうさんは何でしょう?
再び富士花鳥園の「世界のフクロウ・ミミズク 39種」で似ているふくろうさんを探すと…
アカアシモリフクロウ」かな?
おなかの羽の様子は似てますね。

呼べば返事をして走ってくる・・・アナホリフクロウ

5, 7,10秒のところで「クーゥ クックー」と鳴く
アナホリフクロウって、その名の通り穴を掘って地下に巣を作るんですよね。
以前NHK「ダーウィンが来た!」で見たことある〜
こちらに動画がありました→ダーウィンが来た!フクロウ一家 びっくり地下生活 (NHKのページって、いつの間にかなくなってることが多い。ネットに公開した情報を安易に削除しないでほしいな~ 公共放送機関としてどうなのよ?)
巣穴から頭を出してるところが面白い〜(^o^)
こちらも面白かった→表情豊かな百面相、穴を掘って地下で暮らす小型のフクロウ「アナホリフクロウ」|カラパイア

ワシミミズクの鳴き声

2, 25, 46秒のところで「ホー ホー」と鳴く

フクロウの声(voice of Spotted Eagle Owl)

1, 8, 16, 23, 28秒のところで「ホー ホー」と鳴く
あ〜「ワシミミズクの鳴き声」と同じ鳴き声だ〜と思ったら、投稿者が同じsasuke0623さんでした。

NATIONAL GEOGRAPHIC アメリカワシミミズク
[なき声を聞く]をクリック… 「ホホー ホー ホー ホッホホー」と鳴いている
この鳴き声が表情豊かで深みがあって一番素敵でした(^_^)

NATIONAL GEOGRAPHIC シロフクロウ
[なき声を聞く]をクリック… 「キキーー」と鳴いている

Snowy Owl - Dublin Zoo

7, 20, 31, 49秒のところで「キィーー」と鳴く
シロフクロウって、英語では Snowy Owl(雪フクロウ)って名前なんですね〜

結論
多くのふくろうは「ホーホー」とは鳴かない。ワシミミズクは「ホーホー」と鳴く。
ん〜考えてみれば、そりゃそうですよね。鳥は鳴き声でオスとメスが出会ってペアになるんでしょうから、ふくろうが皆同じ「ホーホー」と鳴いたら、同じ種のオスとメスが出会えませんよね。種ごとに違う鳴き声なのは必然ですね。
こちら→「世界のフクロウの仲間」によりますと『フクロウの仲間(フクロウ目フクロウ科とメンフクロウ科の鳥)は世界中に206種類もいるそうです。』ですって。


ふくろうの鳴き声を調べていて思いました… 私ってふくろうグッズをいっぱいコレクションしてますけど、生きているフクロウのことをあんまり知らないな〜と。いっぱしのふくろうグッズコレクターになるために、もっと生きているフクロウのことも知らなくちゃ(^_^)


(2013/04/14追記)
その後「ホーホー」と鳴くふくろうが他にもいないのか?検索したら…
アオバズクが「ホッホー、ホッホー」と鳴くってことが分かりました。「ホーホー」ではありませんけど、近い(^^)
201105061840 アオバズク 鳴き声とシルエット - YouTube


(2013/08/14追記)
あ、もう一つフクロウの鳴き声で思い出しました。
「ブッポウソウと鳴くのはコノハズク」なんですよね~ ←知ってビックリでした。
ブッポウソウ - Wikipedia ブッポウソウ科 「ゲッゲッゲッ」と鳴く
コノハズク - Wikipedia フクロウ科 「ブッ・ポウ・ソウ」と鳴く
鳴き声」の話が面白かったです。


(2020/05/11追記)
YouTubeで「フクロウ 鳴き声」を検索すると、今ではたくさんの動画が投稿されているんですね。
そのトップに出てきた ↓ この動画
『自然の音で眠りにつこう♫フクロウ鳴く田舎の夜♫安眠BGM 1時間30分 高音質』

カエルさん♬ゲコゲコ♬大合唱と、小川のせせらぎの音と共に、♪ホッホー ホッホ ホホ♪とフクロウさんの鳴き声が~ いい!(=^ェ^=)
♪ホッホー ホッホ ホホ♪という鳴き声は「アオバズク」でしょうか?⇒YouTube「アオバズク 鳴き声」で検索
アオバズク - Wikipedia
『フクロウ目フクロウ科アオバズク属』
『鳴き声は基本的に「ホッ、ホッ」と二回ずつで規則正しく分かりやすい。』
夏鳥(なつどり)で、『和名は青葉が芽生える季節に飛来することが由来。』



↑「ホーホー」じゃなくて「ニャー」みたいな猫みたいな鳴き声のフクロウ キーホルダー
でもこの鳴き声は間違いではなかった~


※他にも、あまり知られていないふくろうさんの真実…
ふくろうの足の爪は前後に2本ずつなんです

2013年2月 9日 (土)

アメリカワシミミズク…中河原のペットショップ BlackPanther

京王線 中河原駅の近くのペットショップ「BlackPanther」にアメリカワシミミズクがいました〜(^o^)

おなかの羽がふわふわで…なでてみた〜い(^^)

このペットショップのふくろうさんはお店の中にいるんじゃなくて、お店の横の(車の通れない)狭い路地の脇に止まり木があって、そこに「ちょこん」といるんです〜。つまり屋外にいるの。だから、その路地を通る人は誰でもふくろうさんを見ることができます。
…って、ここまで「モリフクロウ…中河原のペットショップ BlackPanther」に書いたのとおんなじことを書いてます(^^;

ムクロジ拾いは…まだもうちょっと先」で、ちょっと遠出したときに、あ〜ここまできたら「ふくろうさんを見ていかなきゃ」と、ふくろうウォッチングしてきました。

※ペットショップ BlackPanther のふくろうさん、通りかかるたびに違うふくろうさんがいるんですが…
つまり、売れたって事ですよね。
いいな〜ふくろうさんを自宅で飼える人がいるんだ〜
私は、ふくろうさんを飼える住環境ではないもので…(涙)

※ふくろうさんと暮すといえば… これ↓すごいな〜w(^o^)w
【ナニコレ珍百景】野生のフクロウとおばあちゃん(2012.6.20)

2013年2月 8日 (金)

ムクロジ拾いは…まだもうちょっと先

1/19に「ムクロジ拾いは…もうちょっと先」と書いて、2月になったからそろそろ落ちてるよね〜?
インフルエンザで1週間引きこもっていたから、出遅れてたりしてないか心配…
ムクロジの木はあうるの森の外れにあるので、ちょっと遠いんですが、もう落ちてるよね〜と行ったら…
落ちてなかった(^^;

まだシッカリ枝に付いてました。
1/19の写真と比べると、ムクロジの実の果皮が透明度を増し、中の黒い種が透けて見えるようになって来たような〜気がする。
もうそろそろ落ちてきそうなので、1週間後にまた見に来なくちゃ。

「ムクロジ拾いは冬」ぐらいのアバウトな記憶力なので、今年いつ拾ったかをブログに記録しておいて、来年は「落ちてるかな〜?」「もう落ちてるよね?」と何度も足を運ばなくても済むようにしよ(^_^)


※ムクロジ拾いの記事
2013/01/19 ムクロジ拾いは…もうちょっと先
2013/02/08 ムクロジ拾いは…まだもうちょっと先
2013/02/22 ムクロジの実が…まだ落ちない
2013/03/02 ムクロジの実が、ま〜だ落ちない
2013/03/14 ムクロジの実…大収穫〜(^o^)
2013/03/19 ムクロジの実…3心皮がすべて発達した実を発見!
2013/03/20 ムクロジの実を観察
2013/03/21 ムクロジの実 三兄弟

2013年2月 7日 (木)

ハンカチノキの実を切ってみました〜

ハンカチの木の実…新宿御苑にて拾ってきたハンカチノキの実

この実の中の(核の中の)種子を見てみた〜い!のでノコギリで切ってみました〜(^o^)


中心部に種子の断面が見て取れますね。
縦方向にも切ってみました〜


意外と縦長の種子ですね。長さ2cmぐらいです。

ハンカチノキの実をノコギリで切ったのですが、大変でした〜(*_*)
ハンカチノキの実は4cmぐらいの大きさなので、手で押さえてノコギリで切れたんですが…
ハンカチノキの実、果肉も固いんです〜 こんなに固い果肉をムクドリさんよく食べてたな〜
果肉の中の核はもっと固いですから、ノコギリを何回も・何回も…ギコギコ…
ノコギリを持つ右手より、実を押さえている左手の方により力が入り、左手をつりそうになっちゃいました(^^;
でも切れました〜(^_^)v
ノコギリで切った実の断面を紙ヤスリで磨いてツルツルに
断面に爪を立ててみると、核の部分が木のように固いのは当然なんでしょうが、果肉の部分も相当固い。果肉に爪を立ててもあんまりへこみません。

さて、ハンカチノキの実を切って、種子の断面は見られましたが、種子の外形をまだ見ていません。
この固い核を、ノコギリで切るんじゃなくて、何かの方法で割れば、種子がポロッと出てくるんでしょうけど・・・思案中(^^)


※木の実の断面シリーズ
ラフィアの実を割ってみました〜
ヒマラヤスギの実を半分に切ってみました〜!
松ぼっくりを半分に切ってみました〜!
ピアーナッツの実を半分に切ってみました〜!
バンクシア(Banksia)の実…スライス


※一週間ほど前から風邪をひいてしまいました…なかなか治らないな〜どちらかというと悪化してるんですけど〜 もしかしてインフルエンザじゃないよね? 病院に行ってみよ… インフルエンザでした〜(>_<)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus