« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

貝殻拾い【イシダタミ】【クボガイ】【キサゴ】一色海岸(葉山町)

貝殻拾い…一色海岸(葉山町)に行って拾ってきました〜
イシダタミ だけじゃなくて クボガイキサゴ も混じってるようで…(^^;


イシダタミの解説はこちらをどうぞ…
イシダタミ|Wikipedia
イシダタミ|市場魚貝類図鑑
イシダタミ|身近な貝殻図鑑
イシダタミを鑑賞…

貝殻の模様が石畳に似ていることから「イシダタミ」っていう名前なんですね。
私の拾ってきたイシダタミはあまり石畳っぽくありませんが、上記でリンクしたページの画像はどれも石畳感のある模様です。
※2013/5/9追記
あ〜!これ「イシダタミ」じゃなくて、「クボガイ」のようです(汗)
貝の図鑑―採集と標本の作り方』を図書館から借りてきて見ていたら… あ、この貝だ!と目にとまったのが「クボガイ」 ネットで検索…
Chlorostoma argyrostoma lischkei [ クボガイ ]|微小貝データベース
「クボガイ」画像検索
…ん〜「私の拾ってきたイシダタミはあまり石畳っぽくありませんが」と思ってたんですが、やっぱり「イシダタミ」じゃなかったんだ〜。最近参考にしている『海で拾える貝ハンドブック』には「クボガイ」が載っていなかったもので(^^;


※2013/5/5追記
あ〜上の写真の2段目に並べた貝殻はイシダタミが摩耗したんだろうと思ってたんですが、ちょっと感じが違うな〜と思っていて… その後「海で拾える貝殻ハンドブック」を見ていて、これはもしかすると…
キサゴ」のようです。
貝殻拾いまだまだ初心者の私、拾った貝を分類・整理しながら精進中です(^^;


※2013/11/7追記
(正しい)イシダタミはこちらです→【イシダタミ】千葉・館山…貝殻拾いの旅


 

2013年4月29日 (月)

貝殻拾い【バテイラ】一色海岸(葉山町)

貝殻拾い…一色海岸(葉山町)に行って拾ってきました〜
バテイラ


海辺で拾える貝ハンドブック』で名前を調べて、これは「バテイラ」ですね。
※貝殻の名前を調べるときは… まずは『海辺で拾える貝ハンドブック』で調べて〜 帰ってからネットで画像検索…
「パテイラ」で画像検索
で、拾ってきた貝殻と同じ画像が多数出てくれば、当たり〜(^^)v
その貝についての解説は『身近な貝殻図鑑』や『市場魚貝類図鑑』がたいてい上位に出てくるので、それを読む。
…というように調べてます。
※ネットで何かを検索すると、Wikipediaがトップに出てくることが多いのですが、貝殻/貝についてはWikipediaはあまり出てきませんね〜
あ、バテイラに関してはWikipediaがトップに出てきました
バテイラ - Wikipedia
でも、Wikipediaにはバテイラの画像が出てきませんよ〜(解説は細かく書いてあるのですが…)この辺が「この貝なに?」って調べるときにWikipediaではちょっと物足りないところ(^^;

バテイラ|市場魚貝類図鑑 …市場魚貝類図鑑は、貝殻の写真じゃなくて、市場に入荷した状態の貝の写真が出ているので、へ〜生はこういうのか〜って参考になります。また「市場魚貝類」なので、食べ方についての情報がメインですね。で、バテイラは旨いようです(^^)

※「身近な貝殻図鑑」は貝殻拾い御用達サイトですね〜(^^) バテイラは載ってませんでしたけど…

え〜貝の名前検索方法の話から戻って…
バテイラを鑑賞しましょう。

バテイラは円錐形の端正な形をしてますね〜

下/底から見ると、細い渦巻き模様が何本も。
あ、真ん中に穴があいてますね〜。(他の巻き貝はどうなんだろう?)

「バテイラ」で検索していたら、このページを見つけました〜
サラサバテイラ(磨き・螺旋)|鳥羽水族館ショッピングサイト
へ〜磨くとキレイですね〜 私も磨いてみようかな(^^)
※ちょっとヤスリを取り出して試してみましたが、貝殻は硬くて~全然削れませんでした(^^;


2013年4月28日 (日)

タンポポの綿毛

貝殻拾い…一色海岸/大浜海岸/長者ヶ崎海岸(葉山町)に行くために朝6時に「あうるの森」を出て、自転車で最寄り駅まで… 途中で、朝日に輝くタンポポの綿毛がありました〜(^_^)

朝早いので太陽の光が横から差していて、綿毛が白く輝く〜 という写真を撮ったつもりなんですが… 普通の写真ですね(^^; 頭の中にイメージしたような写真を撮るのは難しい。

「タンポポの綿毛」で画像検索
ん、そうそう、こういうイメージ
あ、でも私の撮った写真も、そこそこタンポポの綿毛が輝いているかな(^^)

それより「タンポポの綿毛」の画像検索に出てくるこれは何?
たんぽぽ綿毛を封じ込めて|3匹目の猫、旅に出る
たんぽぽ綿毛のリース|ココロン55 PhotoDiary
わ〜!どっちもスゴ〜イ w(*゚o゚*)w


さらに「タンポポの綿毛」の画像検索を見ていたら、こんなものもありました〜
IKEAで買ったタンポポの綿毛。MASKROS設置完了。
IKEAでタンポポの綿毛のペンダントライトがあるのかな?
「MASKROS」で画像検索
IKEA PS MASKROS
ショッピングサイトのこの画像では、ライトを灯けたときのイメージが伝わってこないので…
こちらの画像が雰囲気出てます。
The Maskros at IKEA
あ〜!IKEA PS MASKROS にインスパイアーされて、紙コップでタンポポの綿毛のペンダントライトを作った人もいる〜!
MASKROS but not XL|IKEA Hackers
(^o^)

ところで、「MASKROS」って「タンポポ」のこと?
「MASKROS 意味」で検索→『 "maskros"(マスクロース)はスウェーデン語で「たんぽぽ」を意味します。』 へ〜
英語で「タンポポ」は何でしたっけ?
→“dandelion”(ダンデライオン)でしたね(^^;
たんぽぽを英語でダンデライオンですが、このダンデ(dande lion)ですね ...
え〜dandelionって「ライオンの歯」なんですか〜!
ライオンの歯って、タンポポのギザギザの葉に似てるんですか〜?
似てるかな?
「ライオンの歯」で画像検索
ライオンの画像より、タンポポの画像の方がいっぱい出てきますよ(^^;
猫が口大きく開けた画像も出てくる〜(^o^)


※「タンポポ」の記事
2014/04/05 シロバナタンポポ~ 多磨霊園で
2014/04/30 シロバナタンポポの綿毛
2014/05/05 茎の長いタンポポ … じゃなくて「ブタナ(豚菜)」 
2014/05/06 黄色~白グラデーションのタンポポ …野川公園で
2014/05/07 カントウタンポポの群生…野川公園


2013年4月27日 (土)

貝殻拾い【クチベニガイ】一色海岸(葉山町)

貝殻拾い…一色海岸(葉山町)に行って拾った〜
クチベニガイ



クチベニガイの解説はこちらをどうぞ⇒クチベニガイ属・クチベニガイ|Bivalvia
殻の内側の縁が赤紫/ピンク色なのでクチベニガイ(口紅貝)なんですね。
↓桜の花びら型に並べてみました〜(^o^)

↓殻の外側には波目模様がキレイです〜

先ほどのページの解説には…『殻の厚みは2ミリくらい。これはなんてことのない数字に見えますが大きさの割りには非常に分厚い殻を持つ二枚貝です。大きく成長するのに殻がぺらんぺらんでツメタガイに穴をあけられまくりなバカガイとは大違い。』と書いてありましたが、上の写真を見ると孔が開いてる殻がありますね〜(ツメタガイ恐るべし)

2013年4月26日 (金)

貝殻拾い…一色海岸/大浜海岸/長者ヶ崎海岸(葉山町)

4/16に貝殻拾い…一色海岸(葉山町)に行って、拾ってきた貝殻を整理して「連載中」なのですが、久々に二連休がとれて、二日間とも家事しているのでは悲しいので(^^; また貝殻拾いに行ってきました〜(^o^) そして、まずまずの収穫〜(^^)v

前回は一色海岸の北側半分だけ歩いたのですが、今回は一色海岸南側→大浜海岸→長者ヶ崎海岸→Uターンして→長者ヶ崎海岸→大浜海岸→一色海岸南側→一色海岸北側を往復
前回は強風波浪注意報が出ていた翌日に行って、一色海岸の北側だけで「まずますの収穫」でしたが、今回は海が荒れた後ではなかったので、前回の4倍歩いて、収穫は同じくらいでした。

天気もよく、昼前に干潮で、一色海岸と大浜海岸の間にある岩場は絶好の磯遊びポイント。そこに小学生の一団が来て、ワイワイ、キャーキャー磯遊びを楽しんでいました(^^)

「魚捕った〜!エビ捕った〜!」
どれどれ「ちょっと見せてね〜」

小学生の一団は、一団だけじゃなくて四団ぐらい来てまして、
↓砂浜で遊んでいた小学生が作った砂の城〜

お〜傑作だね〜(^_^)
あ!砂の城を飾っている貝殻のうち、とんがった細い貝殻は「ツノガイ」じゃありませんか〜! 私、まだ拾ったことがありませんよ〜。それなのにツノガイが10本ぐらい砂の城についてます。
「どこで拾ったの?」
「その辺に落ちてた〜」
え〜!小学生の視点と、私の視点が違うのでしょうか?
貝殻拾いまだまだ初心者の私は、まだまだ貝殻拾いに精進しないといけません。
またいつか(できれば海が荒れた後に)一色海岸に来て「ツノガイ」を拾うぞ〜(^o^)

※葉山の御用邸の上空では、トンビが「ピーヒョロロロロ…」って。
貝殻拾いに夢中になって下を見ている私の上を、陰がサッと通り過ぎ… 見上げるとトンビでした。

※貝殻拾いに行った後は、海鮮系の食事で締めたいのですが…「逗子 海鮮」で検索しても、あんまりヒットしません(^^; やっと見つけた「手打蕎麦 みなも 逗子店 鮪とろろ丼
食べてきました〜 貝殻拾い収穫の後の鮪とろろ丼は美味しかったです〜(^o^)



※関連記事:その後、逗子海岸でツノガイをいっぱい拾いました~
2013/05/25 貝殻拾い…逗子海岸

2013年4月25日 (木)

貝殻拾い【アマオブネ】一色海岸(葉山町)

貝殻拾い…一色海岸(葉山町)に行って拾った〜
アマオブネ


アマオブネの解説は以下をご覧ください。
アマオブネ|Wikipedia
アマオブネ|市場魚貝類図鑑
アマオブネなどの仲間|鳥羽水族館

『和名は半卵形の貝殻を漁師が使う小舟に見立てたものである。』ん〜そんな形してますね。
『この大きさの貝としては厚く堅い貝殻をもつ。』それでも、この貝に孔を開ける貝がいるんですね〜
上の写真の2段目左側2つの貝殻には、他の貝に開けられたのであろうと思われる孔が開いてます。

※アマオブネの貝殻を5枚花形に並べて見ました〜

2013年4月24日 (水)

貝殻拾い【マツムシ】一色海岸(葉山町)

貝殻拾い…一色海岸(葉山町)に行って拾った貝殻を分類して、順次載せてます〜
今日は マツムシ

海辺で拾える貝ハンドブック』に書いてある特徴と一致しますし、
以下のページの写真・特徴とも一致しましたので「マツムシ」でしょう(^^)
マツムシ|市場魚貝類図鑑
鎌倉の貝 こんなものが拾えたよ マツムシ

ところで、なんで「マツムシ」っていう名前なの?
マツムシ|市場魚貝類図鑑 によりますと…『「松虫」とは貝殻がマツムシを上から見たときの形に似ているから』と『貝の和名』(相模貝類同好会)に載っている。
へ〜
ところで、昆虫の「マツムシ」って上から見たとき、こんな形でしたっけ?
「マツムシ」で画像検索
ん〜似てなくもない(^^;

※拾ってきた貝殻を分類して、写真を撮って、名前を調べて…20数種類もあったので、なかなか大変。
貝殻を縦横に並べて写真を撮るのに飽きてきたので、ちょっとアレンジしてみました〜(^o^)

(中央の貝は、たぶん「イシダタミ」のちっこいの)


2013年4月23日 (火)

貝殻拾い【フトコロガイ】一色海岸(葉山町)

貝殻拾い…一色海岸(葉山町)に行って、ちっちゃな貝殻をいっぱい拾ってきました〜(^o^)
フトコロガイ

90個あまりもありました〜。浜辺の砂浜じゃなくて、子砂利の中から見つけて…小っちゃいから、小石と区別がつきにくいのですが、30分ぐらいしゃがんで子砂利の中を探していると、こんなにいっぱい(^o^) タカラガイの小っちゃいのも同じところで見つけました〜。
『海辺で拾える貝ハンドブック』を見て「イボフトコロガイ」だね!と思ったんですが… ネットで「イボフトコロガイ」を検索していたら、このページを見つけてしまいました。
イボはいらない|ホットチャンネル|古座民報
こちらのページに…『「海辺で拾える貝ハンドブック」という本で調べて、イボフトコロガイだと確信していたのですが、貝博士にみてもらったら「フトコロガイです。イボはいらない」と言われました。』って書いてあります。同じ「海辺で拾える貝ハンドブック」を見て、私も「イボフトコロガイ」だと確信したのですが…(^^;

フトコロガイ|微少貝データーベースによりますと…『模様変異が多く、肩の結節が大きいものをイボフトコロと呼ぶ。』
上の写真を見ると…「肩の結節が大きいもの」もありますが、そうでないものもあって…
貝殻拾いまだまだ初心者の私は「フトコロガイ」でひとくくりにしておきますね(^^;

フトコロガイ : 福井の打上げ貝 によりますと…『フトコロガイの由来は、タモトガイ同様に、殻口の狭いことを着物の懐に例えたものだろう。』
あ〜それで「フトコロガイ」っていうんですか〜(こういうワンポイント情報があると、名前を覚えやすくなるんですよね(^_^)


2013年4月22日 (月)

貝殻拾い【アシヤガイ】一色海岸(葉山町)

貝殻拾い…一色海岸(葉山町)に行って拾った貝殻を分類して、順次載せてます〜
今日は アシヤガイ(芦屋貝)

大きさは1.5cmほど。小っちゃいけど可愛い貝殻です。
↓もう少しアップで鑑賞しましょう(^_^)

アシヤガイの貝殻の螺旋と、表面の細かい模様が、なかなか味わいがあります。

アシヤガイの貝殻の内側は真珠光沢があってキレイです。

※アシヤガイについての解説はこちらをどうぞ…
アシヤガイ|身近な貝殻図鑑

2013年4月21日 (日)

貝殻拾い【マツバガイ,ウノアシ,ツタノハガイ】一色海岸(葉山町)

貝殻拾い…一色海岸(葉山町)に『海辺で拾える貝ハンドブック』を持って行きました〜
その場で貝殻の名前が調べられると、貝殻拾いが楽しくなります(^o^)
でも、見分けるのが難しい貝殻があるので、貝殻拾いまだまだ初心者の私は、ちょっとまとめて(^^;

上半分はマツバガイ
左下はウノアシ
下段右側はツタノハガイ だと思うのですが(^^?

外側を見て、これとこれは同じだよね〜と思っても、裏返して内側を見ると…同じだったり、違っていたり…
そんなときはネットで検索…
マツバガイ|Wikipedia
マツバガイ|身近な貝殻図鑑『似たような貝類がたくさんいて、見分けるのはとても困難です。』←ですよね〜
ウノアシガイ|身近な貝殻図鑑
⇒ツタノハガイ『海辺で拾える貝ハンドブック』を見て「ツタノハガイ」だね!と、検索すると… カサガイ|Wikipedia がでてくる。「ツタノハガイ」って「種」じゃなくて「科」なの?
「ヨメガカサ科」と「ツタノハガイ科」は同じもの?別もの?
それに、これらの貝は「巻き貝」なんですか〜!

ナミマガシワは二枚貝だと知ってビックリだったのですが、それと形態の似ているこれらの貝も二枚貝だと思ってたんですが、巻き貝だなんて〜ビックリ(*゚o゚*)


これらの貝殻を「巻貝」の殻が螺旋に巻いた姿と対比するとビックリなんですが、
巻貝 - Wikipediaより『巻貝(巻き貝、まきがい)は軟体動物門腹足綱に属する動物の総称』
腹足綱(お腹が足〜)という分類名で見ると、あ〜なるほど です。


その後、貝殻拾い…鎌倉・材木座・由比ヶ浜・稲村ヶ崎・七里ヶ浜・江ノ島に行って、そこで拾った大きなマツバガイのことを書いているときに、マツバガイの外套膜のことを知って、またまたビックリ(*゚o゚*)
こちらをご覧ください→ 貝殻拾い【マツバガイ】の背比べ


さらにその後、上の写真の3段目右側の裏側が黒い貝殻は「カラマツガイ」だと分かりました〜
貝殻拾い【マツバガイ】?【ヨメガカサ】?→【カラマツガイ】かも… 千葉・館山 沖ノ島


2013年4月20日 (土)

貝殻拾い【トコブシ】【アワビ】一色海岸(葉山町)

貝殻拾い…一色海岸(葉山町)に行って拾った貝殻を分類してみたら20種類以上ありました~(^o^)
拾ってきた貝殻を分類して名前を調べて、ブログに載せておこうと思うのですが、20種類以上もあると一度にまとめて載せるのは大変なので、小出しに載せていきます。

まずは、トコブシ ※大きいのはアワビでした(^^;

貝殻拾いまだまだ初心者の私の素朴な疑問…
アワビとトコブシってどこが違うの? アワビの小っちゃいのがトコブシ?」
検索したら出てきました…
アワビとトコブシ|おさかなQ&A|㈶水産物市場改善協会
ちょっと引用させていただきます…
『ミミガイ科の貝のうち、大型になる種をアワビ、小型の種をトコブシと呼ぶ傾向がある。日本産の種類については殻に開いた孔の数で区別できる(4~5がアワビ、6~9がトコブシ)が、外国産のアワビには孔の数が多いものもある。』
へ~、トコブシはアワビの子どもじゃなくて、「ミミガイ科」までは同じで「種」が違うんですね~
で、日本の海岸で拾った場合は「殻に開いた孔の数で区別できる」と、なるほど~
私が拾った貝殻は、孔の数が6~9個ありますからトコブシですね(^^)v

Wikipediaの解説…
アワビ
トコブシ
読み比べてみると、アワビとトコブシ|おさかなQ&Aに書いてあったのと同じ違いですね。
で、Wikipediaの解説の中で面白かったところを、またちょっと引用させていただきます。
『…この穴は鰓呼吸のために外套腔に吸い込んだ水や排泄物、卵や精子を放出するためのものであるが、殻の成長に従って順次形成された穴は古いものからふさがっていき、常に一定の範囲の数の穴が開いている。』
へ~!
殻の内側を観察すると、古い孔がふさがった痕が残ってますね~

↑ほら、7個目までは孔が開いてますが、8個目からは孔がふさがってます。
ふさがった孔の痕は、このトコブシの殻には15個ぐらいありました~(*゚o゚*)


※4/21追記…
あ~!上の写真の一番大きい貝殻はトコブシではなくアワビでした~(^^;
貝殻の内側の真珠光沢を鑑賞していて、一番大きい貝殻…これだけ光沢がないね~摩耗しちゃったのかな?と、ふと孔の数を数えてみたら、5個。あれ?孔が5個だとアワビですよ!
アワビとトコブシ|おさかなQ&Aに書いてあったその他のアワビの特徴をチェック…
・「孔は周囲より高い」→はい、高いです。(トコブシの孔は周囲と同じ高さ)
・「孔の列に沿ったミゾがある」→はい、あります。(トコブシにはない)
マダカアワビの三つの特徴と一致しました~
だから、上の写真の一番大きい貝殻はトコブシではなくアワビでした~
私、貝殻拾いまだまだ初心者ですね~(^^; 精進します。でも、こういう発見が楽しい(^^)



※「トコブシ」の記事
2013/06/07 貝殻拾い【トコブシ】千葉・館山 沖ノ島

2013/11/12 カラフルな【トコブシ】千葉・館山…貝殻拾いの旅
Tokobusi

2014/01/30 トコブシの内側の真珠光沢がキレイ~
Tokobushi03

2013年4月19日 (金)

岩に穴を掘る貝がいるんですって〜!【イシマテ】

貝殻拾い…一色海岸(葉山町)に行って…「これ不思議だな〜」と思うもの↓

穴の開いた石です!この穴、誰が開けたんでしょう?
波の浸食作用でこんな穴が空くわけはないですよね。すると、動物が開けた穴?誰が、どうやって、何のためにこんな穴を開けるのでしょう?疑問???



海岸からの帰りに葉山しおさい博物館に寄ったら、その答えがありました〜!

『二枚貝の穿孔』 わ!二枚貝が開けた穴だったんですか〜w(*゚o゚*)w

『岩に穴を掘る軟体動物』イシマテ
『カモメガイやニオガイの仲間は、殻の前域にあるヤスリ状の部位を用いて、物理的に岩に穴を開け棲息します。』
Wikipedia「イシマテ」より…『酸を分泌して石灰岩、サンゴなどを穿孔し、一生をその中で過ごす。…このような生態から一見天敵不在のように思われるが、サンゴを噛み砕く歯を有するブダイなどの前では何ら抵抗する術はなく、また胃を体外に露出できる特技を有するヒトデなどが狭い入口から侵入して襲ってくる場合がある。』
へ〜!ビックリですが、謎が一つ解けてスッキリ(^o^)

しかし、新たな疑問が・・・
私が拾った穴の開いた石は、小石です。イシマテは岩場の大きな岩に穴を掘るんですよね。その大きな岩から、穴の開いた部分だけが小石となって砂浜に打ち上げられるまでには、どんなことが起きたのでしょう??
再びWikipedia「イシマテ」より…
『人間との関係:食用に漁獲される。本種が美味であることは多くの図鑑でもその旨が一言添えられているほどで、特に出汁は食用二枚貝中最高とされる。
しかし採集には磯や海中の岩石をノミ、タガネ、鶴嘴などで破壊せねばならず、多大な手間と労苦がかかる。日本では市場に流通することはほぼなく、漁師の間で自家消費される程度である。』
はは〜ん、イシマテを食べようとした人間が、磯や海中の岩石をノミ、タガネ、鶴嘴などで破壊して、穴の開いた小石になり、それが海底でコロコロして角がとれ、やがて砂浜に打ち上げられました〜ってことですね!たぶん(^^) ←この推測は違うようです。三浦半島の「隆起」が関係しているようです。←これも推測ですけど(^^; そうじゃないかな~って思ったのは、関連記事で…

※関連記事
岩に穴を掘る貝【カモメガイ】…三浦・岩礁のみち
Kamomegai141122b

貝殻拾い【イシマテ】【シオツガイ】七里ヶ浜

2013年4月18日 (木)

一色海岸へ貝殻拾いに行って…ソテツを見つけた〜

ソテツの実…天使の羽で、ソテツの木にソテツの実がなっているところを見てみたい〜!と思っていたんですが、
貝殻拾い…一色海岸(葉山町)に行って、海岸近くの公園でソテツの木を見つけました〜

↓ソテツの雄花(去年の名残?)

↓ソテツの雌花?(これから?)

ん〜ソテツの実がなったところを見てみたいです〜!
ソテツ(蘇鉄)|花と観葉植物(葉っぱの岬)によりますと、開花時期は6月〜10月、実期は11月〜3月とありますので… 秋、台風の後に、貝殻拾いソテツ観察に来ようかな(^o^)

ソテツの雄花と雌花を画像検索するとスゴ〜イw(*゚o゚*)w
「ソテツ 雄花」画像検索
「ソテツ 雌花」画像検索


※その後の「ソテツ」の記事
2013/05/16 由比ヶ浜へ貝殻拾いに行って…ソテツの実を見つけた〜
2013/07/02 一色海岸でソテツがうにうに〜

2013年4月17日 (水)

貝殻拾い【タカラガイ】一色海岸(葉山町)

一色海岸(葉山町)に貝殻拾いに行って拾ってきたタカラガイを並べてみました〜

全部で89個!
2cm以上の大きさのタカラガイは16個。2cm未満のちっちゃなタカラガイが73個。小さくてもタカラガイはタカラガイですから、いっぱい拾えて楽しかった〜(^o^)



2013年4月16日 (火)

貝殻拾い…一色海岸(葉山町)

一色海岸(葉山町)に貝殻拾いに行ってきました〜 まずますの収穫(^^)v

貝殻拾い…富津公園 明治百年記念展望塔に(たまたま海が荒れた翌日に)行って大収穫(^o^)
木の実拾い貝殻拾いに意外な共通点「強風の翌日がお薦め」ということを発見!
一昨日は強風で波浪注意報も出ていたので…貝殻拾いに行きたい虫がウズウズ(^^;
富津海岸での貝殻拾いに味を占めて、貝殻拾いスポットを検索していて、葉山の一色海岸を次の候補地にしていたので、仕事が休みの日に行ってきました〜
そして今回最大の収穫がタカラガイ〜!

小さな(1cm程度の)タカラガイが、一色海岸の北側の端の岩場のあたりの砂利の中にいっぱいあって、小さくてもタカラガイはタカラガイですから、夢中になって拾っちゃいました〜(^o^)

※海岸で見つけたよ〜
アメフラシの卵

海のラーメン?

↓潮溜まりのマツバガイ

まだ貝殻にはなっていませんから、見るだけ(^^)

※また一色海岸に貝殻拾いに行くときのために、今回の行動記録…
(今回は午後用事があったので、海岸にいられるのは11時半まで…)朝6時にあうるの森を出て、横須賀線逗子駅に8:10ごろ着。京浜急行パス(海岸回り)葉山行き [逗12]に乗り、一色海岸バス停下車(バス乗車時間は20分ほど)。しおさい公園脇の道を歩いて海岸に到着〜8:45ごろ。
2時間ちょっとの貝殻拾い。時間が短くて(小っちゃいタカラガイ探しに夢中になっていたので)一色海岸の北側半分しか歩いていません。南側はまた今度(^_^)
11時過ぎに海岸から上がって、しおさい公園の博物館をちょっとのぞいて見る。貝殻の標本展示が豊富で、貝殻拾いまだまだ初心者の私には参考になりました。


この日拾った貝殻は、洗って、乾かして、種類別に分けて、名前を調べて、写真を撮って、ブログに載せました〜
貝殻拾い…一色海岸(葉山町)…まとめ


2013年4月15日 (月)

肉球とんぼ玉ストラップ(ストラップの付け方を改良)

これまでに作った肉球とんぼ玉をストラップにしているのですが、
肉球とんぼ玉ストラップ で革紐に付けてみたり、
にゃんこの肉球とんぼ玉(ボールチェーン付)でボールチェーンに付けてみたりしたのですが、どちらもイマイチ(^^;
そこで↓

革紐をちょっと細いものにして結び目をとんぼ玉の穴の中に押し込み、革紐が左右に広がらないように丸い金具で絞って、ストラップを付けてみました〜 なかなかイイ感じです(^o^)
なので大量生産↓

2013年4月14日 (日)

ふくろうとんぼ玉 … 木の上に立つ(その2)

しばらく貝殻拾いしてきた貝殻の整理で忙しかったもので…(^^;
いつものとんぼ玉に戻ります。
ふくろうとんぼ玉…木の上に立つの(その2)です。


最近作ったふくろうとんぼ玉は目のところを凹ませて立体感を出してますが、今回は羽の模様もつけてみました〜(^^)

2013年4月11日 (木)

貝殻拾い…千葉・富津岬…その他編

貝殻拾い…富津公園 明治百年記念展望塔 に行って拾ってきた貝殻を種類別に分けて、これまでに…
ナミマガシワは二枚貝
貝殻拾い…千葉・富津岬…巻き貝編
貝殻拾い…千葉・富津岬…二枚貝編
…と書いてきまして、最後にその他編です(^^)

タカラガイ

タカラガイが2つ拾えました〜 嬉しかったです〜w(^o^)w
タカラガイって種類がいっぱいあるようで、身近な貝殻図鑑を見ても私の拾ったタカラガイがどれなのかよく分からないのですが… コモンダカラかな〜?
道草ネイチャーウォッチング: 三浦・房総の貝殻図鑑 これに出ているコモンダカラの写真に似ている様な気もする。。。

※2016/07/30(貝殻拾い4年生の言い訳)この記事を書いたときの私は「貝殻拾い1年生」の「はじめての貝殻拾い」でして、まだタカラガイが「巻貝」であると知らなかったもので、「その他編」に載せちゃってますが(^^; 「巻貝編」に載せるべきでした。
それと、左側のタカラガイは「ハツユキダカラ」です。右側のは…何だろう?
タカラガイは巻貝なんです~@_@

マツバガイ 松葉貝

マツバガイ|身近な貝殻図鑑
マツバガイ|市場魚貝類図鑑

※マツバガイも「巻貝」です。マツバガイ - Wikipedia を見ますと『腹足綱』です。腹足綱=巻貝です。マツバガイは巻いてないから「巻貝」と言われると違和感ありますけど、生体を岩から剥がしてお腹を見ると…「腹足綱」だね~ってわかります。

オオヘビガイ

オオヘビガイ|身近な貝殻図鑑
オオヘビガイ|市場魚貝類図鑑

※オオヘビガイも「巻貝」です(^^;

カシパンウニ


「カシパンウニ」とは面白い名前がついてるんですね〜(^o^)
こちらのページに色んなウニの殻の画像がありました。
棘皮動物いろいろ(Sea urchin)|ダイビングスクール&ショップ エキスパート

シーグラス

貝殻じゃありませんけど、貝殻拾いに行くとシーグラスも拾いますので(^_^)

※シーグラスで作ったリース
木の実のリース ←ページの一番下にシーグラスで作ったリースを載せてます。


2013年4月10日 (水)

貝殻拾い…千葉・富津岬…二枚貝編

貝殻拾い…富津公園 明治百年記念展望塔 に行って拾ってきた貝殻を種類別に分けて、貝殻図鑑を見て名前も分かったので、載せておきます。
巻き貝編に続きまして、二枚貝編です(^^)

貝殻の名前を調べるのに、以下の2つの図鑑にはお世話になりました。
身近な貝殻図鑑
市場魚貝類図鑑
私、それぞれの貝の説明なんてできませんので、身近な貝殻図鑑市場魚貝類図鑑 へのリンクを張らせていただきます m(_ _)m

イタヤガイ


※左側の貝殻は膨らんでいて、右側の貝殻は平らなので、私はこれは別種の貝だと思っていたのですが、膨らんだ貝殻と平らな貝殻でセットなんですね〜!以下をご覧ください。
イタヤガイ|市場魚貝類図鑑
イタヤガイ|身近な貝殻図鑑

アズマニシキ

アズマニシキ|身近な貝殻図鑑 「イタヤガイ」の仲間なんだ〜
アズマニシキ|市場魚貝類図鑑

ミタマキガイ

「ミタマキガイ」で画像検索して…こちらに出てきた画像と似てるので⇒ミタマキガイ|福井の打ち上げ貝
たぶん、ミタマキガイかな?

ナミマガシワ

ナミマガシワは大収穫で(^^)既にブログに載せましたので、
こちらをご覧ください→ナミマガシワは二枚貝



2013年4月 9日 (火)

貝殻拾い…千葉・富津岬…巻き貝編

貝殻拾い…富津公園 明治百年記念展望塔 に行って拾ってきた貝殻を種類別に分けて、貝殻図鑑を見て名前も分かったので、載せておきます。
貝殻の名前を調べるのに、以下の2つの図鑑にはお世話になりました。
身近な貝殻図鑑
市場魚貝類図鑑

まずは、巻き貝編…
私、それぞれの貝の説明なんてできませんので、身近な貝殻図鑑市場魚貝類図鑑 へのリンクを張らせていただきます m(_ _)m

ウチヤマタマツバキ じゃなくて ツメタガイ(たぶん)


ウチヤマタマツバキ|身近な貝殻図鑑
ツメタガイ|市場魚貝類図鑑
2013/4/23訂正
最初「ウチヤマタマツバキ」だと思ったんですが、その後『海辺で拾える貝ハンドブック』を見ていたら…
ツメタガイ|タマガイ科|殻長:5〜8cm
ウチヤマタマツバキ|タマガイ科|殻長:3〜4cm とあって、
私が拾ってきたのは5cm超のものもありますから、これはツメタガイですね。たぶん
ツメタガイとウチヤマタマツバキって、貝殻の写真を見ても違いがわかんないですよね〜
貝殻拾いまだまだ初心者の私(^^;
2013/4/28追記
もしかして、中段右端は「ウチヤマタマツバキ」かも。これだけ色合いも違うし、殻が分厚いです。
これだけは「ウチヤマタマツバキ」の様な気がしてきた今日この頃…

アカニシ


アカニシ|身近な貝殻図鑑
アカニシ|市場魚貝類図鑑

バイ


バイ|身近な貝殻図鑑
バイ|市場魚貝類図鑑
※「バイガイ」じゃなくて「バイ」なんですね〜。居酒屋で突き出しに出てきたとき「この貝なんですか?」「バイ貝です」で覚えていたもので(^^;

ヤツシロガイ


ヤツシロガイ|身近な貝殻図鑑
ヤツシロガイ|市場魚貝類図鑑
※身近な貝殻図鑑によりますと…『なかなか完全体は落ちてないんだよねー』とのこと。それを3っつ拾えた私はラッキーだったのかな(^^)

キリガイダマシ じゃなくて、シチクガイヒメトクサカニモリガイ?…

キリガイダマシ|身近な貝殻図鑑
2013/4/28訂正
富津岬の貝殻拾いの後、一色海岸(葉山町)に貝殻拾いに行って、そこで拾った貝殻を分類・整理していて…「これはキリガイダマシじゃなかったね〜」って気付きまして、では何か?というと、それが判別できません。まだまだ初心者なもので(^^;

富津岬で拾った巻き貝は以上でした〜(^o^)
※拾ってきた貝殻はよく洗っておいたのですが、巻き貝って、ちょっと臭いますね〜(^^;
貝殻の螺旋の中に何か残ってたりするのかな? よく洗って、よく乾燥させることが必要ですね。



2013年4月 8日 (月)

ナミマガシワは二枚貝

貝殻拾い…富津公園 明治百年記念展望塔 に行って拾ってきた貝殻を種類別に分けたら、ナミマガシワがこんなにいっぱいありました〜(^o^)

黄色〜白〜ピンク〜赤〜と色んな色の変化があって楽しいです。
表側はざらざらですが、内側はツルツル↓全部ひっくり返してみました〜

拾っているときは「この貝なに?」っていう状態だったのですが、帰ってから「貝殻図鑑」で検索して、身近な貝殻図鑑|そらいろネット で「ナミマガシワ」という貝殻であることを知りました。
で、このナミマガシワ「二枚貝」なんですって!え〜もう一枚の貝殻はどこにあるの?
身近な貝殻図鑑:ナミマガシワより引用させていただきますと…『右殻は扁平で、殻頂にある丸い足糸開口から足糸が出ます。左殻は多少膨らみ、大きな足糸孔があります。貝が死ぬと、岩についている右殻は容易に剥がれませんが、左殻は容易に剥がれて浜辺に打ち上げられます。』へ〜そうなんですか〜
私が拾ったのはナミマガシワの「左殻」なんですね。
「右殻」ってどんなの?
「ナミマガシワ 右殻」で検索したら出てきました〜
えのしま貝散歩 : ナミマガシワ
へ〜「右殻」は白くてぺらぺらなんですね。
あ!私がナミマガシワを拾っているときに「白くてぺらぺら」なものが付いてるのがありました。これなんだろう?と思っていたんですが「右殻」だったのか〜。その「右殻」は帰って貝殻を水洗いしているうちに剥がれてどこかにいってしまいました(^^;

ところで、身近な貝殻図鑑の説明の中に「足糸」という言葉が出てくるのですが、足糸(そくし)ってなに?
あら、Wikipediaに「足糸」という見出し語はないんですね。
「貝の足糸」で検索して出てきたこちらのページ…
岩場に張り付く貝の足のはなし [ProteinSpotlight 日本語版]
ちょっと専門的なページですが、ざっと読むと、潮の流れの激しいところでも岩場に張り付く貝の足糸は、耐水性の接着剤として医工学的な幅広い応用が考えられ魅力的なものらしい。へ〜

この解説を読むと足糸は接着剤というイメージを持ってしまったんですが、「糸」なんですよね〜?
そこんとこはどうなの?と調べて見つけたページ…
タイラギの足糸
わ〜w(*゚o゚*)w ほんとにだ〜!
『昔は(主に西欧で)この足糸の繊維を使って手袋といった高級な織物が造られていたそうです。』へ〜!それで“see silk”なんですか〜!



※右殻つきのナミマガシワを拾いました~(^o^)
右殻つきの【ナミマガシワ】…三浦半島の海岸で
Namimagasiwa05

※2014/08/12 夏の貝殻拾い~台風一過の千葉・富津岬~に行って、またナミマガシワをいっぱい拾いました~(^o^)
貝殻拾い【ナミマガシワ】…千葉・富津岬
Namimagasiwa140812a

※またまた…
2016/03/16 貝殻拾い…富津岬で【ナミマガシワ】祭~【アズマニシキ】祭~
Futtu160316b

※さらに…
2019/03/07 貝殻拾い?合弁の【ナミマガシワ】…採集地:LIFE
Namimagasiwa190303h

2013年4月 4日 (木)

貝殻拾い…富津公園 明治百年記念展望塔

私、木の実拾いが大好きですが、貝殻拾いも大好きです(^o^)
でも「あうるの森」は海から遠くて… 貝殻拾いは年に一回いければいい方。ここ数年行ってません(^^;
今回「そうだ、貝殻拾いに行こう!」と思いつきまして〜
行ってきました。千葉県富津市 富津公園
そして大収穫〜(^o^)

この赤くて薄いキレイな貝殻はなんていう貝?
「貝殻拾い 赤い 薄い」で検索したら分かりました〜
ナミマガシワ」っていうんだ〜
「ナミマガシワ(波間柏)」の名前の由来がいいですね⇒ナミマガシワ|そらいろネット
赤くて薄くてキレイな貝殻なので、これで何か作れないかな〜と重点的に拾ってきたのですが、
「ナミマガシワ」で画像検索したら、わ〜w(^o^)w
ナミマガシワの貝殻で作ったバラの花の画像が出てきました〜! へ〜 こういう使い方があったのか〜

貝殻拾いをした富津公園は、富津岬にあって、岬の先端には「明治百年記念展望塔」があります。

10時半ごろ富津公園入り口でバスを降りて、南側(太平洋側)の海岸に出て、遠くに見える明治百年記念展望塔を目指して、貝殻拾いをしながら・・・2時間ほど。公園入り口から道路を歩けば20分ほどで明治百年記念展望塔にに着くらしいですが、今日の目的は貝殻拾いですから〜

明治百年記念展望塔からの戻りは、富津岬の北側(東京湾側)の海岸をてくてくと…
こちら側は湾内なので、めぼしい貝殻はほとんどありませんでした。
そんなところに、赤い放射状の模様のキラッと光る物体が…!なんでしょう?

クラゲの様です。ガッカリです
ところが、これ一つだけじゃありませんでした。その先には20cmぐらいの大きさの黒くてぶよぶよした物体が… なにコレ? アメフラシだ〜! しかも、その先を歩くと浜に打ち上げられたアメフラシとクラゲが点々と延々と・・・え〜(´д`)
さらに、茶色の円形の平たい30cm以上はある物体が打ち上げられていました。何でしょう?恐る恐る近づいて見ると… エイです(@_@) え〜!
昨日は低気圧が発達して大荒れの天気でしたが、海が荒れるとこんなものが浜に打ち上げられることもあるんですね〜 ビックリの連続でした。

富津岬の海岸を一周して、公園入り口に戻ったのが午後2時過ぎ。
疲れました。お腹すきました〜
魚貝料理 たかはし」でアサリ飯のランチ。おいしかったです〜(^o^)

貝殻拾いが予想外に大収穫だったので、これに味を占めて、また貝殻拾いに行きたいな〜と
「貝殻拾い スポット」で検索…
2/3 静かな海辺で貝拾いなんてどう? [ドライブ] All About
こちらのページに書いてあったこの一文…
『ちなみに、どこへ行くにしても、タイミングは海が荒れた日の翌日がおすすめ。… 荒れた日の翌日は、割れたりすり減ったりしていない新鮮な貝殻が拾えるからだ。』
なるほど〜!!
長年木の実拾いをしている私の経験から「強風の翌日は木の実拾い日和」なんですが、
貝殻拾いも「海が荒れた翌日がおすすめ」なんですね〜!
木の実拾い貝殻拾いに意外な共通点を見つけました(^o^)

※強風の翌日の木の実拾いの記事
とちの実…台風の落し物
台風の贈り物(2012年 台風17号)…ヒマラヤスギの実
シダーローズを拾いに…その4
ムクロジの実…大収穫〜(^o^)

富津岬で拾った貝殻を分類してまとめてみました〜
ナミマガシワは二枚貝
貝殻拾い…千葉・富津岬…巻き貝編
貝殻拾い…千葉・富津岬…二枚貝編
貝殻拾い…千葉・富津岬…その他編



また富津岬に貝殻拾いに行ってきました~(^o^)
2014/08/12 夏の貝殻拾い~台風一過の千葉・富津岬~
Futtu140812a

またまた、富津岬でナミマガシワが大収穫~(^o^)
2016/03/16 貝殻拾い…富津岬で【ナミマガシワ】祭~【アズマニシキ】祭~
Futtu160316b

さらに、またまた、富津岬~
2016/08/17 夏の貝殻拾い…台風一過の千葉・富津岬2016
Futtu160817e

2017/08/10 夏の貝殻拾い…台風一過の千葉・富津岬2017
Futtu170810a

2018/08/12 山の日の富津岬の海岸にいっぱい打ち上げられていた謎の生物…
Futtu180811nzd Futtu180811nzc

2019/08/11 山の日の富津岬の海岸に謎の生物【ツノマタコケムシ】は打ち上げられているのか!?
Futtu190811q3

2013年4月 3日 (水)

ふくろうとんぼ玉 … 木の上に立つ

肉球とんぼ玉ばかり作っていると、ふくろうとんぼ玉を作る感覚が鈍ってきてしまうので、ふくろうとんぼ玉も作らなくちゃ…
最近作ったふくろうとんぼ玉で〜す。
木の上(っていうか〜切り株の上)に立たせてみました〜(^o^)



これまでに作ったふくろうとんぼ玉との違いは〜 眼の部分を凹ませて、そこに黒い瞳を埋め込んで、ちょっと立体感を出してみました〜(^o^) まだまだ精進しなくちゃいけませんけど(^^;

三羽のふくろう、木の上に立つ

ところで(ふくろう)っていう漢字は、木の上に鳥がとまっているように見えますが、そうではないんですね〜 調べてみてビックリ!
「梟という字は」で検索して出てきたのが…
なぜ「烏」という漢字は「鳥」より一本足りないの? - 34 ページ - Googleブックス
  木の上に鳥と書く理由

え〜!ふくろう大好きな人には衝撃の事実です(*_*)
私はいつも「ふくろう」ってひらがなで書いてますが、それでよかった〜
今後も「梟」っていう漢字をつかうのは、気分的に控えちゃいますね〜。

でも、なんで中国では梟が親不孝な鳥なの?「梟 親不孝」で検索…
林 日圓−「梟」について|関西現代俳句協会
ちょっと引用させていただきますと…『前漢の司馬遷の著『史記』(130巻)によると、「梟」は自分を産み育ててもらった大恩ある母親を食う悪鳥らしい。』
え〜!そんな〜 しかも、その後に書いてある梟に対する仕打ちがひどすぎます。動物虐待ですよね〜(*_*) なんでそんなことになっちゃったんですか?
日本や西欧ではふくろうは知恵の象徴なのに〜(まぁ、それも科学的根拠があるわけじゃありませんけど〜)

※2013/4/2のGoogleホリデーロゴは「マリア ジビーラ メーリアン 生誕 366周年」でしたが、Wikipediaの「マリア ジビーラ メーリアン」を読んでいたら〜ちょっと引用させていただきます…『当時の学者たちはカトリック教会と密接に関連したアリストテレス学派の考えに基づき、虫は「腐った泥から自然発生した」生き物であり「悪魔の生物」だという考え、すなわち自然発生説を支持していた。この優勢な意見に真っ向対立すべく、マリアはイモムシが蝶に至る実際の変化を綿密に調査し、えさとなる植物や昆虫がさなぎに変わる過程を詳細に記録し、それぞれの段階をスケッチした。』
え〜!ほんの300年ほど前まで西欧では、虫は「腐った泥から自然発生した」生き物であり「悪魔の生物」だったんですか〜。これまたビックリ。
でも、綿密な調査・観察とスケッチでそれまでの定説を覆したマリアさんに拍手ですw(^o^)w

2013年4月 2日 (火)

にゃんこの肉球とんぼ玉(ボールチェーン付)

最近作った肉球とんぼ玉で〜す(^o^)

肉球とんぼ玉ストラップで、革紐にストラップを付けてみたんですが、革紐がほどけてしまうことがあって… ボールチェーンを付けました。

↓一つ一つの肉球の福々感をご鑑賞ください(^_^)


肉球とんぼ玉を作っていると、それぞれの部位に名前があるんだろうな〜?と気になって、
「肉球 部位 名称」で検索してみたら出てきたのがこちらのページ…
にゃんこの肉球大研究! | 特集 | 猫といっしょ | アイリスペットどっとコム
肉球各部位の名称:ネタ画像置き場
猫の足〜肉球・爪・歩き方

掌の肉球は「掌球(しょうきゅう)」
指の肉球は「指球(しきゅう)」っていうんだ〜

「肉球」は俗称で、正式名称は「蹠球(しょきゅう)」
Wikipediaの「肉球」によりますと…『正式には蹠球(しょきゅう)と言うが、肉球の一部を指す「掌球」との混同を避ける目的もあり一般的に肉球と俗称される。』そうなんですか〜

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus