« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月23日 (金)

タンポポの綿毛ハンコ(Fluff of dandelion stamp)

タンポポの季節にタンポポの記事を色々書いていたら、お友だちからタンポポの綿毛ハンコをプレゼントしてもらっちゃいました~w(^o^)w
ではさっそく、タンポポの綿毛ハンコをポン・ポン・ポン・・・ポンと
Fluff of dandelion stamp
タンポポの綿毛が飛んできます~(^o^)
(手元に朱肉しかなかったので赤ですが、青とか緑で押した方がもっと雰囲気出るかしら?)
印面は↓
Tanpopowatagestamp3
↓タンポポの綿毛ハンコの全体像
Tanpopowatagestamp2
タンポポの綿毛ハンコの下の紙は、これを購入したお店の紙袋。
西荻窪にある絵本・雑貨・ギャラリーのURESICA(ウレシカ)です。
現在URESICA(ウレシカ)では「たんぽぽの幸い」展 5月9日(金)~5月26日(月)を開催してまして、お友だちは 5月10日(土)自然科学トーク講座(1)『たんぽぽのヒミツ ~進化を楽しむ~』に行って、このタンポポの綿毛ハンコを見つけたそうです。
「たんぽぽの幸い」展では、たんぽぽグッズがいっぱいあって、カフェオレカップなんてなかなか味わいがあって良かったよ~ でも、ちょっと値がはるので、こっち(タンポポの綿毛ハンコ)にしたよ~(^o^; とのこと。
いえいえ、かわいいタンポポの綿毛ハンコを、ありがとうございます m(_ _)m

※「タンポポ」の記事
2013/04/28 タンポポの綿毛
2014/04/05 シロバナタンポポ~ 多磨霊園で
2014/04/30 シロバナタンポポの綿毛
2014/05/05 茎の長いタンポポ … じゃなくて「ブタナ(豚菜)」
2014/05/06 黄色~白グラデーションのタンポポ …野川公園で
2014/05/07 カントウタンポポの群生…野川公園で

※ハンコ/スタンプの記事
2012/11/14 クラウス・ハーパーニエミふくろうスタンプ
2013/01/01 ふくろうハンコ「あうるの森」…邪悪なハンコ屋 しにものぐるい
2013/01/30 文房具屋さんで、ふくろうシールと、ふくろうスタンプ
2013/07/20 HandMade In Japan Fes' 2013 ふくろうさん

※カントウタンポポの綿毛
Kantotanpopo140505g

2014年5月19日 (月)

ヤマボウシの白い花がいっぱい咲いてました~

ヤマボウシの白い花がいっぱい咲いてました~(^o^)
Yamaboshi140517a
白い大きな花がい~っぱいw(*゚o゚*)w
と感動してたんですが~
ヤマボウシ - Wikipediaによりますと…『は6~7月に開き、淡黄色で小さく、多数が球状に集合し、その外側に大形白色の総包片が4枚あり、花弁のように見える。』
え~!この白くて大きいの、花弁(はなびら)じゃなくて、総包片なんですか~!
真ん中に黄緑色にかたまってるのが花なんですか~!
でも言われてみれば… 秋にヤマボウシの実がなりますが、それは赤くて丸い集合果でしたね~

ヤマボウシの樹高は『5~10メートル』。
最初に新緑の木々の中に白い花いっぱい!を見つけました。
Yamaboshi140517b
奥の木はケヤキ
手前の木はイロハモミジ
間に白い花がいっぱい咲いてますが、この木はなんでしょう?
樹皮は↓まだら模様でした。
Yamaboshi140517c
見上げると、白い花(じゃなくて総苞片)がいっぱい!朝日に照らされてキレイです。
Yamaboshi140517e
このヤマボウシの木は高くて、花(総苞片)を横から見るだけだったのですが、他のところでもっと枝が低いところにあるヤマボウシの木を見つけましたので、背伸びして枝を引き下ろして写真を撮ったのが最初の写真です。
なんとか手か届いたから、秋に実がなったら採れますね~(^o^)

※こちらの記事で「ヤマボウシの実」を載せてました…
2013/09/08 昭和記念公園を木の実探索…ナンキンハゼ,コノテガシワ,ゴンズイ,マユミ,ミズキ,ネムノキ,サンザシ,サワラ,ヤマボウシ,ヤシャブシ

※「総苞片」といえば、タンポポです。
2014/05/07 カントウタンポポの群生…野川公園で

2014年5月18日 (日)

コバンソウの群生

多磨霊園でコバンソウが群生してるのを見つけました~
Kobanso141517a
朝の光に煌めくコバンソウ
Kobanso141517b
多磨霊園にこんなにコバンソウが群生してるって、今まで気付きませんでした。
自転車で通り過ぎるだけだと、道端の植え込みに生えている草は、みんなまとめて「雑草」だったのですが、草花の季節なのでちょっとゆっくり見ていたら…
あちらこちらに、コバンソウ(小判草)だらけ~w(*゚o゚*)w
Kobanso141517c
ヒメコバンソウ(姫小判草)も生えてました。
Himekobanso141517
コバンソウの果穂(かすい)に比べて、ヒメコバンソウの果穂は小っちゃいです。
コバンソウがどんな植物かはこちらの記事を書いたときに調べましたので、こちらをどうぞ…
2013/05/24 江ノ島で【コバンソウ】

※014/06/03 コバンソウの果穂が黄金色~小判になった~

※「群生してた~」の記事
2014/04/10 ハナニラが遊歩道の脇に群生してました~
2014/05/05 茎の長いタンポポ … じゃなくて「ブタナ(豚菜)」
2014/05/06 黄色~白グラデーションのタンポポ …野川公園で
2014/05/07 カントウタンポポの群生…野川公園で
2014/05/10 春の道端の花【ナヨクサフジ】
2014/05/13 公園に麦が生えてる~と思ったら…ムギクサ(麦草)でした
2013/10/20 セイタカアワダチソウ (負けるなススキ)

2014年5月13日 (火)

公園に麦が生えてる~と思ったら…ムギクサ(麦草)でした

公園に麦が生えてる~w(*゚o゚*)w
Mugikusa140505a
ほら、麦でしょ~
でも畑で栽培されている麦のように茎がしっかりとしてません。草みたい~なので、「草麦」「麦草」とかで検索すると… ん~いまいちヒットしません。植物の名前だから「ムギクサ」で検索… ヒットしました~(^o^)
ムギクサ - Wikipedia より…『オオムギに似たをつけるヨーロッパ原産で明治初期に侵入した帰化植物である』 あ~これも帰化植物なんだ~



『オオムギに似た穂をつける』をアップで観察…
Mugikusa140505b
穂から白いものがちょろちょろっと出ているのは「雄しべ」のようです。
穂は四条です。あ~この写真じゃ四条だって分かりませんね(^^;
※後日改めてよく見たら… 四条じゃなくて六条でした(>_<) 下記参照

意外とあちこちにムギクサが生えてました~
Mugikusa140505c
これだけたくさんのムギクサの穂が風に揺れると、なかなかイイね(^o^)

大麦、小麦は麦粒の大小ではない!
Wikipediaの「大麦」を読んで知ったんですけど~ 引用させていただきます。
『「大」は、小麦(コムギ)に対する穀粒や草姿の大小ではなく、大=本物・品質の良いもの・用途の範囲の広いもの、小=代用品・品格の劣るものという意味の接辞によるものである。』 へ~!大麦と小麦で粒の大きさはたいして違わないじゃない?と思ってたんですが。

あ、Wikipediaといえども鵜呑みにしてはいけないのでした!
「大麦と小麦の違い」で検索大麦と小麦の違い | 株式会社はくばく
あ~違うことが書いてあります。引用させていただきます。
『葉は小麦よりやや短いが幅広く、このため幼植物の時は小麦より大柄に見えるため大麦の呼名がついたといわれます。』

ん~では、「小麦 名前の由来」で検索小麦 - 食材事典 より…『小麦は大麦に対する"小さい麦"という意味ではありません。
古くからある麦という意味(古麦)という説、粉として使う麦(粉麦)という意味だという説などがありますが、
本当の所はよく分かりません。』…だそうです。

ならば最後に、「大麦 名前の由来」で検索コムギの話::3.コムギという植物-a.コムギという名の由来 より…『当時、中国で栽培されていたコムギの種子は、今私たちが見るものよりもずっと小さく、オオムギの種子は大きかったので、コムギは小さい麦、オオムギは大きい麦と呼ばれるようになったといわれています。ただし、「小麦」「大麦」の名称の由来は諸説あり、』…ということで、大麦、小麦の名前の由来について、これ以上調べるのはやめときます(^^;;


※ムギクサの穂をよ~く見たら、穂は四条じゃなくて六条でした~
Mugikusa140517a Mugikusa140517b


※2014/06/04 ムギクサ(麦草)も黄金色になってた~
Mugikusa140531a

2014年5月10日 (土)

春の道端の花【ナヨクサフジ】

春になると道端に色んな花が咲いてます。
これもその一つ。フェンスの金網に絡みついたナヨクサフジです。
Nayokusafuji201405a
ナヨクサフジはマメ科なので、つるがフェンスに絡みついて、こっちから↑あっちまで↓
Nayokusafuji201405b
これだけいっぱい咲いているとなかなかに壮観です(^o^)
Nayokusafuji201405d
ナヨクサフジ(弱草藤)の花は紫色で藤の花に似ているからクサフジ(草藤)
日本在来種のクサフジ(草藤)と、ヨーロッパ原産で帰化植物のナヨクサフジ(弱草藤)があって、
弱草藤(ナヨクサフジ)は弱々しいかというと、そんなことはなくて、繁殖力旺盛で、日本在来種のクサフジ(草藤)は片隅に追いやられているそうです。
クサフジ/ナヨクサフジについてはこちらのページが分かりやすかったです…
クサフジいろいろ|野の花散歩

ナヨクサフジはマメ科なので、花が終わるとマメができます。
Nayokusafuji201405e
まだマメの鞘ができたばかり。鞘の中の豆も小っちゃいです。

※ナヨクサフジの豆が実りました~→初夏の道端のマメ【ナヨクサフジ】

※「春の道端の花」シリーズ(道端じゃなくて公園もありますけど(^^;)
2014/04/05 シロバナタンポポ~ 多磨霊園で
2014/04/10 ハナニラが遊歩道の脇に群生してました~
2014/04/12 スノーフレーク(鈴蘭水仙)
2014/05/05 茎の長いタンポポ … じゃなくて「ブタナ(豚菜)」
2014/05/07 カントウタンポポの群生…野川公園で

2014年5月 9日 (金)

新緑のラクウショウ…武蔵野公園

ラクウショウ(落羽松)は漢字名のように落葉するので、春には新芽が芽吹き、新緑がキレイ~(^o^)
武蔵野公園のラクウショウです。
Rakuusho140503a
ラクウショウの木の下から見上げると~
Rakuusho140503b
すがすがしい新緑です(=^ェ^=)
↓ラクウショウの葉の形が分かるくらいアップで…
Rakuusho140503c

 

※「ラクウショウ」の記事
2013/01/27 ラクウショウの実…新宿御苑にて
2013/08/20 ラクウショウの実も豊作
2013/08/21 ラクウショウの実を切ってみました~
2013/08/22 ラクウショウの呼吸根(気根)はなぜ生えるの?
2013/09/26 武蔵野公園でラクウショウの実を拾った~
2013/10/21 武蔵野公園でラクウショウの実が鈴なり~
2013/11/30 武蔵野公園でモミジの紅葉が真っ赤!ラクウショウも紅葉してました~
2014/01/02 木の実拾い初め…武蔵野公園でラクウショウ,センダン,ソシンロウバイ,シラン

2014年5月 8日 (木)

新緑のグラデーション…野川公園

野川公園で「黄色~白グラデーションのタンポポ」を見つけて、それが「カントウタンポポの群生」だったという発見をしたのですが、野川公園では新緑のグラデーションも見つけました~(^o^)
Spring green 1
新緑の芽吹いた大木の並木に風が吹き渡ると、木の葉がざわざわと春の光を反射して煌(きら)めくんです(*゚o゚*)
ん~感動!春っていい季節ですね~

野川公園の大木たちを巡って見ましょう~
シラカシの大木~
Spring green 2
近くで見上げると~
Spring green 3
この木一本で森みたいだ~
「新緑」がキレイ~
去年の秋、シラカシのどんぐりが実った時には「深緑」でした。
2013/09/25 シラカシの大木!どんぐり いっぱい…野川公園

モミジバスズカケノキの大木~
Spring green 4
新緑の5月は公園で遊ぶ親子連れがいっぱい。
モミジバスズカケノキは木の幹の「鹿の子まだら模様」も味わいがあります。
2013/09/22 モミジバスズカケノキの大木!実も大っきい~

クヌギの大木~
Spring green 5
秋になると大きなどんぐりが拾えます(^o^)
2013/09/21 クヌギの大木!実も大っきい~野川公園

ユリノキの林~
Spring green 6
2013/09/23 台風でユリノキが倒れた~! 野川公園

大木じゃありませんけど…
アオギリ
Spring green 7
アオギリの若葉って赤いんですね~
2013/09/15 アオギリの実…野川公園

秋になったら木の実拾いに来るのが楽しみです(^o^)

2014年5月 7日 (水)

カントウタンポポの群生…野川公園で

野川公園で「黄色~白グラデーションのタンポポ」を見つけましたが、
Tanpopo140503c
これ、どうやらカントウタンポポのようです。
セイヨウタンポポとカントウタンポポの見分け方を⇒いろいろなタンポポ|クリップ|NHK for School で学びまして…
花の下の部分を総苞片(そうほうへん)と言い、
・セイヨウタンポポ:総苞片が反り返っている。
・カントウタンポポ:総苞片は閉じていて、反り返っていない。
ではそれを確認しようと、道端のセイヨウタンポポを探したのですが、もう既に綿毛になってしまっていて… 総苞片が反り返っている写真が撮れませんでした。
ん~でも、野川公園の「黄色~白グラデーションのタンポポ」は道端のセイヨウタンポポが綿毛になる時期でも花が咲いてましたから、違う種である可能性が高いです。
野川公園に行って~
Kantotanpopo140505c
このタンポポの花を下から見ると~
Kantotanpopo140505d
花の下の総苞片が反り返ってません!
ということは~ カントウタンポポなんですね(*゚o゚*)
Kantotanpopo140505e
タンポポを下から撮ると面白~い(^o^)
タンポポ - Wikipedia によりますと…『タンポポはもと鼓を意味する小児語であった。江戸時代にはタンポポはツヅミグサ(鼓草)と呼ばれていたことから、』…あ~!カントウタンポポの花を下から見ると鼓(つづみ)の形ですね~(^o^)
Kantotanpopo140505f
これ全部カントウタンポポのようです。
Kantotanpopo140505m
野川公園の原っぱにはタンポポがいっぱい生えてますが、花の下を見て回ったらどれもカントウタンポポでした。セイヨウタンポポは一つも見つけられませんでした。
野川公園ってカントウタンポポが群生している公園だったんだ~!
道端ではセイヨウタンポポしか見かけないのに、野川公園はカントウタンポポだらけというのが意外でした。
(野川公園で特にカントウタンポポが群生していた場所は、東八道路の北側、自然観察センターの西側です。)

カントウタンポポいっぱい!に嬉しくなって、ついつい写真をいっぱい撮っていたので、載せときます(=^ェ^=)
Kantotanpopo140505n
↑カントウタンポポの花をアップで
Kantotanpopo140505o
↑カントウタンポポの花を横からアップで
Kantotanpopo140505p
↑カントウタンポポの花を斜め下からアップで
Kantotanpopo140505r
↑カントウタンポポの綿毛
Kantotanpopo140505g
↑カントウタンポポの綿毛が少し飛んだあと~
↓カントウタンポポの花によってくる虫たち~
Kantotanpopo140505jKantotanpopo140505kKantotanpopo140505l
ん~シロバナタンポポの白い花もよいですが、カントウタンポポの淡い黄色もよいですね~(^_^)
あ~そうだ!(5/26追記)
セイヨウタンポポは受粉(雄しべの花粉が雌しべに付いて~)しなくても種ができてしまうんですって!
一方、カントウタンポポは受粉しないと種ができません。だからカントウタンポポは群生して、そこに色んな昆虫が来てくれないと受粉して種を作ることができないんです。
帰化植物のセイヨウタンポポが、在来種のカントウタンポポを押しのけて棲息範囲を広げているのはこのためらしいです。
参考ページ⇒タンポポの花|あなたの知らない自然

※「総苞片」とは? こちらが分かりやすかったです。
たんぽぽにがくってありますか?また、あるのならば総苞片とがくって同じですか?|Yahoo!知恵袋

※セイヨウタンポポの総苞片 撮ってました。ボケてますけど(^^;
Tanpopo140505a




※「タンポポ」の記事
2013/04/28 タンポポの綿毛
2014/04/05 シロバナタンポポ~ 多磨霊園で
2014/04/30 シロバナタンポポの綿毛
2014/05/05 茎の長いタンポポ … じゃなくて「ブタナ(豚菜)」
2014/05/06 黄色~白グラデーションのタンポポ …野川公園で
2014/05/23 タンポポの綿毛ハンコ(Fluff of dandelion stamp)

2014年5月 6日 (火)

黄色~白グラデーションのタンポポ …野川公園で

今年はシロバナタンポポを見つけてちょっと嬉しくて(^^) 他にもシロバナタンポポ咲いてないかな~?と野川公園に行ってみました。そしたら~
Tanpopoywgradation
黄色~白のグラデーションのタンポポを発見! w(*゚o゚*)w
左側の黄色いのは毎年見慣れたセイヨウタンポポ。
右側の白いのは今年見つけたシロバナタンポポ。
そして真ん中の、中央は黄色で周辺部が白いグラデーションのタンポポです!
↓こんな風に咲いてました~
Tanpopo140503c
これ一株だけじゃありません。あちこちに…
Tanpopo140503d
花の中央は黄色で周辺部が白いタンポポが咲いているんです。
↓これなんて、一株の中に、黄色いタンポポに混じって黄色~白グラデーションのタンポポが一輪だけ…
Tanpopo140503e
茎を根元までたどっていったら、黄色いタンポポと根は同じでした。

野川公園でタンポポいっぱい!を見つけて~
Tanpopo140503f
このタンポポいっぱい!の中に黄色~白グラデーションのタンポポがあったんです。
これ、シロバナタンポポと黄色いタンポポが自然交配したんでしょうか?
このタンポポいっぱい!の中をよ~く見ていたら、シロバナタンポポも咲いてました。↓
Tanpopo140503g
これは、シロバナタンポポと黄色いタンポポの株(根)がはっきりと別々です。
ここのタンポポの群生の中で、シロバナタンポポはこれ一株だけでした。

え~「黄色いタンポポ」と言ってるのは、それがセイヨウタンポポかカントウタンポポか分からないから(^^;
この写真を撮ったときにはセイヨウタンポポとカントウタンポポの見分け方を知らなかったのです(^^;
見分け方はこちらで ⇒いろいろなタンポポ|クリップ|NHK for School


※この「黄色~白グラデーションのタンポポ」はカントウタンポポのようです。
「カントウタンポポ」で画像検索して出てくる画像の中に「黄色~白グラデーションのタンポポ」の画像があります。
セイヨウタンポポとカントウタンポポの見分け方を知ったので、もう一度野川公園にこのタンポポを観察しに行ったら、花の下の総苞片(そうほうへん)は反り返ってませんでした。
カントウタンポポの群生…野川公園で


※「タンポポ」の記事
2013/04/28 タンポポの綿毛
2014/04/05 シロバナタンポポ~ 多磨霊園で
2014/04/30 シロバナタンポポの綿毛
2014/05/05 茎の長いタンポポ … じゃなくて「ブタナ(豚菜)」

2014年5月 5日 (月)

茎の長いタンポポ … じゃなくて「ブタナ(豚菜)」

シロバナタンポポの綿毛を探しに行ったときに、茎の長~いタンポポ?が群生していました。
Butana02
花はタンポポに似ていますが…
Butana03
これタンポポじゃなくて「ブタナ(豚菜)」です。
タンポポはキク科、ブタナもキク科です。だから花の形が似てるのかな。
ブタナの茎は途中で枝分かれします。(最初の写真をご覧下さい)
タンポポの茎は中空ですが、ブタナの茎は中実です(中が詰まってます)。
ところで、なんで「ブタナ(豚菜)」なんて名前なんでしょうね? 「タンポポ」という可愛らしい名前と比べると、名前でのイメージダウン甚だしいですよね。
ブタナ - Wikipediaによりますと…『和名の「ブタナ」は、フランスでの俗名 Salade de porc(ブタのサラダ)を翻訳したものが由来となっている。』…だそうです。

ブタナの茎がどれくらいひょろ長いか計ってみました~
Butana01
約60cmでした~(^o^)
ちなみに、近くに生えていたタンポポの高さは…
Tanpopohight
約20cm。既に綿毛になっちゃってますけど(^^;
あれ? タンポポの茎って花の時より綿毛の時の方が2倍ぐらいに高くなるんですよね?
黄色い花もまだ咲いてますが、その茎の高さは低いし~
でも、普段よく見かけるセイヨウタンポポの茎って、花の時でも20cmぐらいはありますよね。すると、このタンポポは何? セイヨウタンポポではない可能性もありますね~ カントウタンポポかしら?
↑これはカントウタンポポではなく、セイヨウタンポポでした。花の下の部分の総苞片(そうほうへん)が反り返っているのでセイヨウタンポポです。背が低いのは木陰で日当たりが良くなかったからでした。
カントウタンポポはこちらです。→カントウタンポポの群生…野川公園で

和名「タンポポ」の由来は諸説ある(Wikipedia)ようですが、その中の一つに『タンポポが鼓を意味する小児語であったことから、江戸時代にツヅミグサ(鼓草)と呼ばれていたものが、転じて植物もタンポポと呼ばれるようになったとする説』があり、江戸時代に江戸に咲いていたであろうカントウタンポポを下から見ると~
Kantotanpopo140505e
鼓の形してる~!(=^ェ^=)



※「タンポポ」の記事
2013/04/28 タンポポの綿毛
2014/04/05 シロバナタンポポ~ 多磨霊園で
2014/04/30 シロバナタンポポの綿毛

※「ブタナ」の他にもタンポポに似た花がありました。
2016/08/01 タンポポに似た花【オニノゲシ】…エビカの浜(三浦半島)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus