« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月28日 (月)

戸田少年少女サマーフェスティバルで『タカラガイ・ストラップ作りと貝殻標本の展示』

戸田少年少女サマーフェスティバルで『タカラガイ・ストラップ作りと貝殻標本の展示』をしてきました~(^o^)
Takaragaistrap18b
タカラガイストラップの作り方はこちら→貝殻(タカラガイ)ストラップの作り方
貝殻に穴を開ける必要がなく、接着剤も使わないので、作るのは簡単(^^)v
左端の2cmぐらいのオミナエシダカラを250個ぐらい用意して行ったのですが、10時~15時の開催で、終了時間前に250個のオミナエシダカラが無くなってしまいそうな勢い!
急遽チビダカラ(1cmぐらいのチャイロキヌタとメダカラ)も取り出しまして、「こっち(オミナエシダカラ1個)と、こっち(チビダカラ2個)どっちがいい?」と選択させるようにしたら、私の予想とは違って、チビダカラ2個の方が「カワイイ~」と好評。
5時間で約300人の子供たちが、約300個のタカラガイストラップを作っていきました~w(^o^)w
一人あたりの所要時間は約5分でした。タカラガイ・ストラップの作り方を極力シンプルにしたので、約5分で作れるんですね。簡単に作れますけど、ご覧のように「それなり」のストラップになります。子供の作ったタカラガイ・ストラップを見て「ほ~なかなかいいじゃん!」と言っているお父さんもいました。

『貝殻標本の展示』の方は、貝殻拾い2年生の私がこれまでに拾い集めた貝殻を展示しました。
Shellspecimen20140728g
貝殻標本をもうちょっとアップで…
Shellspecimen20140728f
Shellspecimen20140728e
Shellspecimen20140728d
最後の写真には、やや大きめの貝殻…ボウシュウボラ,ヤツシロガイ,アカニシがありますが、こういう大きな貝殻を見ると、何人かの子供は貝殻を耳に当ててました。
「何か聞こえる?」って聞くと…
答えは「潮騒の音」「海の音」ではなく、「高速道路の音~」(^o^;
貝殻を耳に当てたときに聞こえるのは周囲の音を集めたものですから、ざわついたイベント会場で聞こえるのが「高速道路の音」と言うのは、まぁ的確な表現ですね(^^)

ここに並べた貝殻がすべて三浦半島や千葉・館山/富津などで拾い集めたものであることを知ると、「へ~こんなに色んな貝殻が拾えるんですね~!」「今度海岸に行ったら、貝殻を拾ってみよ」と言う人が何人もいました。
博物館に並んでいる専門家が集めた貝殻じゃなくて、私のような一個人が海岸で拾える貝殻がこんなに色々な種類があるってことが新鮮な驚きだったようです。
生物多様性」を感じてくれたかな?


2014年7月26日 (土)

貝殻の標本作り

Shell_specimen_13

こういう貝殻の標本を、8/2(土)府中グリーンプラザにて『ふしぎ発見科学教室』で作ります。私はその講師をするので、作り方を載せておきます。


※2015年バージョン…標本箱を変えて、作りやすくなりました。
貝殻の標本作り2015…標本箱を変えてみた


貝殻拾いや木の実拾いをしていると、家の中に貝殻や木の実があふれかえってきます。
このままにはしておけない(汗)ので、貝殻や木の実の使い道を考えなければ…
その使い道の一つが、科学イベント/科学教室などで標本作りを子供たちに指導すること。
木の実の標本作りは2012年に『府中市青少年のための科学体験フェスティバル』で実施したことがある。
貝殻拾いは去年からのマイブームなので、まだ標本作りを科学教室で実施したことはない。
貝殻拾いまだまだ初心者なんですが、貝殻拾い2年生になって、貝殻のことが少しは分かってきて、少し分かってくると、そのことを誰かに教えたくなるんですよね(^o^;
貝殻コレクションも溜まる一方で、貝殻を多少なりとも使って減らさないと次の貝殻拾いに行けないし~(^^;
そこで、府中グリーンプラザで行っている『ふしぎ発見科学教室』に「貝殻の標本作りとタカラガイのストラップ作り」やりま~す!と手を挙げまして~
科学体験クラブ府中の6月の研修では「貝殻の標本作りとタカラガイのストラップ作り」を取り上げていただき、ん、これで子供たちを対象にできる!と確認しました。

「タカラガイのストラップ作り」については、昨日のブログに載せました。
貝殻(タカラガイ)ストラップの作り方

今日は「貝殻の標本作り」を説明します。
貝殻の標本は仕切りのある箱の中にコットンを敷いて並べようと…
百円ショップに行って見つけたのが↓この箱
Shell_specimen_01
これまでに拾い集めた貝殻は百種類ぐらいはありますが、科学教室で25人の子供たちに何種類かの貝殻を提供するには、少なくとも25個以上ある貝殻じゃないといけない。
だから、標本用には十数種類の貝殻をそろえ、その中から6種類の貝殻を選んで「貝殻の標本」を作ってもらう。
この箱は約15cm×10cmの大きさで、一マス5cm角よりやや小さい。
Shell_specimen_02
そこに同じく百円ショップで買ったコットンパフを敷こうとすると、5cm×6cmのサイズだったので、かなりはみ出す。
そこで、コットンをマスにぴったり収まる大きさに切って敷いた。
そうやって6月の研修で作った貝殻の標本を見てみたら…
Shell_specimen_03
コットンの端がめくれ返ってる~
厚みのある巻貝を平らに敷いたコットンの中に埋め込むようにすると、コットンの端がめくれ返っちゃうのか~
コットンをマスにちょうど収まるように切るのもめんどくさかったんだよね~
それと、標本箱を立てて置いといた場合、マスの中央に置いた貝殻が下にずり落ちてしまっているのがあった。

ならば…
コットンをハサミで切るんじゃなくて、手でちぎって「フワフワ~」に詰め込めばいいんじゃない?
Shell_specimen_04
コットンが仕切りからはみ出してますけど、周辺部分を楊枝などでツンツン押し込むと…
Shell_specimen_05
キレイに収まります。
コットンはマスの中心部分は少なめに、周辺部分は厚めに敷きます。箱の高さからややもりあがるくらいがちょうどいい。このあと貝殻を入れるとコットンが押しつぶされますから。

それと、白いコットンの上に白い貝殻を置くと~
Shell_specimen_06
白い貝殻(ヤカドツノガイ)が見えない(^^;
だから、白い貝殻を入れるマスには、色つきのコットンを薄~く敷くようにしました。
Shell_specimen_07
これで白い貝殻がよく見えるようになりました(^^)v

その他の貝殻も各マスに並べます。
Shell_specimen_08
箱の上に、箱のサイズに切ったプラ板を載せ、周囲をマスキングテープで留めます。
Shell_specimen_09
さらに「標本ラベル」を貼れば、「貝殻の標本」の出来上がり~(^o^)

標本の作製において「標本ラベル」は重要です。
このラベルは、貝殻の名前と採集年と採集場所しか書いてませんが…色んな海岸(おもに三浦半島)で拾った貝殻の寄せ集めなので(^^;

貝殻と標本ラベルは別々に渡します。
そして…
Shell_specimen_pdf←クリックするとPDFが開きます。
この様な貝殻の写真と名前を載せた資料を配るので、これを見て自分が選んだ貝殻が何ていう名前の貝殻か見つけて、それで標本ラベルを貼ってもらいます。
私は去年貝殻拾い1年生で貝殻の名前もろくに分からなかったのですが、『海辺で拾える貝ハンドブック』やネットで検索して、自分が拾った貝殻の名前をこつこつと覚えていきました。
貝殻の標本作りに来る子供たちも、去年の私と同じようなレベルだと思いますので、自分で探して「この貝殻の名前分かった~!(^o^)」っていう体験をしてもらいたいのです。
そういう体験をすることで、「貝殻って色んな種類があるんだね~」「貝って面白いね~」と貝に興味を持ってくれる子供が増えてくれたらと思います。




「ふしぎ発見科学教室」での実施報告
貝殻の標本とタカラガイのストラップ作り…ふしぎ発見科学教室|府中グリーンプラ
Shells140802z

2014年7月25日 (金)

貝殻(タカラガイ)ストラップの作り方

貝殻(タカラガイ)に穴を開けずにストラップにする方法をご紹介します。
Takaragaistrap18



貝殻(タカラガイ)のストラップを作ろうとすると、貝殻に穴を開ける必要があります。
Takaragaistrap02
これはリューター(ルーター)で穴を開けて丸カンを通したものです。
でも、これは大変!
貝殻に穴を開けずにストラップを付ける方法はないものでしょうか?

タカラガイの貝殻を観察しますと…
Takaragaistrap04
↑こっちは背側 ↓こちっが腹側(殻口のある側)
Takaragaistrap03
殻口の幅を見ますと、一定じゃありませんね。
幅の広いところ(上の写真の下側)と
幅の狭いところ(上の写真の上側)がある。これはどのタカラガイも同じ。
ならば…
Takaragaistrap05
麻ひもを結んで、結び目と輪を作ります。
Takaragaistrap06
そして、結び目を殻口の幅の広いところから押し込みます(楊枝などを使って押し込みます)。
Takaragaistrap07
で、麻ひもの輪を殻口の幅の狭い方へ引っ張ります。
結び目も殻口の幅の狭いところに挟まり、これで麻ひもが抜けなくなります(^o^)v
Takaragaistrap08
タカラガイの殻の一方の端に、麻ひもの輪が出た状態になりました。
これにストラップを付ければ、タカラガイ・ストラップの出来上がりです。
でもちょっと味気ないので…
Takaragaistrap09
アクセントにウッドビーズを通してからストラップを付けました。
Takaragaistrap10
(あれ?このタカラガイは「オミナエシダカラ」だと思うんですけど、アップで見ると丸い模様が見えますね~!オミナエシダカラでこんな模様、今まで見たことないな~)

麻ひもは手芸屋さんで購入した細めのものを使ってます。
Takaragaistrap13

2cmぐらいの大きさのタカラガイ(オミナエシダカラ)の場合は、麻ひも2本束ねて結び目を作りましたが、もっと小さい1cmぐらいのタカラガイ(メダカラ,チャイロキヌタ)の場合は、麻ひも1本で結び目を作り、両端に2個タカラガイをくっつけてストラップにしました。
Takaragaistrap16 Takaragaistrap17

この作り方だと、貝殻に穴を開ける必要がなく、接着剤も使っていません。
材料は、タカラガイの貝殻,麻ひも,ウッドビーズとナチュラル素材だけです。あ、ストラップはナチュラル素材じゃありませんけど(^^;
この作り方なら、子供たちも簡単に作ることができます。

Takaragaistrap14
タカラガイ・ストラップとしての見た目は、左から3番目ぐらいに麻ひもの出が短い方がいいと思うのですが、ここを短くするのは難しいの。
麻ひもの出っ張りは、作りやすい長さにすると左端2つぐらいの長さになっちゃいますね。

あ~ここでは麻ひもの輪にストラップを付けるのを子供でもやりやすいようにと「カニカン」付きのストラップを使っています。
「丸カン」のストラップを使う場合は、麻ひもに結び目を作るときに、ストラップの丸カンに麻ひもを通しておきます。
丸カンのストラップでの作り方はこちらをご覧下さい→貝殻(チビダカラ)ストラップの作り方


※丸カンのストラップでの作り方をちょっと改良しました~(^^)v
タカラガイ貝殻ストラップの作り方(2015改良バージョン)


※貝殻拾いや木の実拾いをしていると、困ったことがありまして~
それは、拾った貝殻や木の実で家の中が溢れちゃうってこと(^o^;;
だから、拾った貝殻や木の実をどこかで使わないと、次の貝殻拾い/木の実拾いに行けなくなっちゃうんです(^^;
で、拾った貝殻や木の実を使う機会が、夏の科学イベント/科学教室にあります。
今年は、このタカラガイ・ストラップの作り方を編み出したので、科学イベント/科学教室で「タカラガイ・ストラップ作り」をやります。

⇒7/28(月) 戸田競艇場少年少女サマーフェスティバル
 関連リンク:戸田市子ども会育成連合会

⇒8/2(土) ふしぎ発見科学教室(府中グリーンプラザ)

これでオミナエシダカラを300個は使いそうですから、秋になったらまた心置きなく貝殻拾いができますw(^o^)w
→タカラガイ300個使ってきました~(^o^)
 戸田少年少女サマーフェスティバルで『タカラガイ・ストラップ作りと貝殻標本の展示』

※貝殻(タカラガイ)に穴を開けずにストラップにする方法として、殻口の幅に注目したのは~
例えばこちら→貝殻拾い【タカラガイ】…三戸浜で大収穫〜!
タカラガイの殻口に詰まった砂利を掻き出す作業を千個もやったので、タカラガイの殻口を見飽きるほど見てます(^o^;


2014年7月24日 (木)

ウニの口器『アリストテレスの提灯』

タコノマクラの口器「アリストテレスの提灯」が美しい~!を載せたので、
ウニの口器「アリストテレスの提灯」も載せておきます。(こちらは美しい~!とはなりませんけど(^^;)
Aristotles_lantern02Aristotles_lantern03
え~白い繊維状のものがちょっと付いてますが、これティッシュペーパーです(^^;
アリストテレスの提灯だけをこの状態で拾ったので、それがバラバラにならないようにティッシュでくるんでいたら、ティッシュの繊維がくっついてしまいました(^^;

これが何ウニのアリストテレスの提灯かは分かりませんが、バフンウニの殻がよく拾える和田長浜海岸で拾ったので、バフンウニのものだと思います。

大きさは↓これくらい。2cm弱
Aristotles_lantern01
意外と大きい。これのウニ殻はかなり大きかったのかな?
「アリストテレスの提灯」を検索していたら、こちらのページを見つけました…
アリストテレスの提灯|Shell Club
わ!殻に対してアリストテレスの提灯はこんなに大きいんですか~!
念のため確認…こちらに生ウニのアリストテレスの提灯つき断面写真がありました。
エゾバフンウニ稚ウニ調査|稚内水試 なるほど~

私たちが大好きな寿司ネタの「ウニ」はウニの卵巣/精巣ですし、
ウニの身体って、食べることと生殖のために出来ているって感じですね。
あ~、生物の体って基本的にそうなってるんですね。



※関連記事
2020/04/28 ウニ殻コレクション【アリストテレスのランタン】
Alantern01


2014年7月23日 (水)

タコノマクラの殻を漂白(2回目)

7/12 台風(8号)一過の貝殻拾い…三浦半島・三戸浜へ行って、タコノマクラの殻を拾いました。
タコノマクラの殻を漂白したら…美しい迷宮を発見!したので、またタコノマクラの殻を漂白してみました~(^o^)

before(海岸に打ち上げられていたタコノマクラの殻)
Takonomakura20140712b
台風で打ち上げられてまだ緑色だったので、まずはタワシでゴシゴシ洗って、それから塩素系漂白剤に漬けました。漂白してると色が溶け出してくるので、毎日漂白剤を取り替えて、三日間…

after(漂白したタコノマクラの殻)
Takonomakura20140712a
三日間の漂白なので、前回一週間漂白したときほど白くはなってません。
でも前回は漂白しすぎて、もろくなって割れちゃったから(^^;

▽漂白したタコノマクラの殻を鑑賞~
Takonomakura20140712c
前回拾って漂白したタコノマクラの殻は殻頂に穴が開いていて、三浦半島の海岸でよく拾うバフンウニの殻は殻頂に穴が開いているから、タコノマクラの殻頂にも穴が開いているもんだと思っていたのですが、今回拾ったフレッシュな殻の殻頂を見ると… 小さな穴が点々と5つ開いてるだけですね~ そうか、殻頂の穴は、殻が海岸に打ち上げられるまでに(5つの穴が切り取り線みたいになって)穴が開いていたんですね!たぶん。

あれ?すると… バフンウニの殻もフレッシュなものは、殻頂にあんなに大きな穴は開いてないの?
あ~!殻頂に穴開いてないウニ殻の写真があった~
hiroimono こちらのページの2011.04.19「北の高級品!」の写真です。
意外と“美”がある馬糞海胆(補・2)|今日も渚で日が暮れて ←こちらのサイトの『ウニスマス・イブ』のクリスマスツリーが素敵です(^o^)

そうだ、タコノマクラの殻の点々が切り取り線になって~
Takonomakura20140712d
こんなタコノマクラの殻を拾ったこともあったんです(^o^)

※ウニ殻・タコノマクラの記事
2013/12/17 和田長浜海岸でウニ殻大収穫~! ←このウニ殻の中に殻頂に穴が開いてないものが2個ありました。
2013/12/18 ウニ殻拾い【コシダカウニ】【ムラサキウニ】 ←このコシダカウニも殻頂に大きな穴は開いてない。
2013/06/14 貝殻拾い【ウニの殻】を光に透かして見る
2013/05/09 貝殻拾い【バフンウニ】じゃなくて【ムラサキウニ】

2013/10/27 【タコノマクラ】千葉・館山…貝殻拾いの旅
2014/07/21 タコノマクラの殻を漂白したら…美しい迷宮を発見!
2014/07/22 タコノマクラの口器「アリストテレスの提灯」が美しい~!
2014/08/06 タコノマクラのアリストテレスの提灯はパズルだった~!


2014年7月22日 (火)

タコノマクラの口器「アリストテレスの提灯」が美しい~!

タコノマクラの殻を漂白したら、殻が割れてしまって、殻の中に美しい迷宮を発見したのですが、さらに殻の中から出てきた↓このカケラ…
Takonomakuraw08
10個あります。しかも2個ずつペア(左右対称の形)になっています。つまり5組。
タコノマクラは棘皮動物門ウニ綱タコノマクラ目タコノマクラ科です。
簡単に言えばウニの中間で、ウニの殻の中にある堅いものといえば…ウニの口器「アリストテレスの提灯」です。ということは~コレ↑タコノマクラの口器「アリストテレスの提灯」なんですね~!

左右対称のペアをくっつけて、5組を丸く並べてみました。
Takonomakuraw17a
5組がピッタと合わさるようには並べられなかった(パズルが解けてない)のですが、まぁ、こんな感じで「アリストテレスの提灯」なんでしょう(^^;
※参考⇒「タコノマクラ アリストテレスの提灯」で画像検索


※2014/08/06追記:上の画像のアリストテレスの提灯の復元は間違ってました~(汗;)
↓これが正しい復元
Takonomakuraw33
詳細は→タコノマクラのアリストテレスの提灯はパズルだった~!


最初のバラバラのを中央から左右対称に並べてみました~
Takonomakuraw11
なにかとっても繊細な構造がありますよ!もっとアップで…
Takonomakuraw12
美しい~!w(*゚o゚*)w
ペアに組み合わせたときハート型のがありましたね。それをアップで…
Takonomakuraw18
最初「不気味な~」と思っていたタコノマクラの中に、こんなに美しいハート型があったとは!
さらにこのヒダヒダの間には、さらに繊細な構造があるんです!
Takonomakuraw19

自然/生物の造形美にビックリ/うっとり (*゚o゚*)

※関連記事
【タコノマクラ】千葉・館山…貝殻拾いの旅
タコノマクラの殻を漂白したら…美しい迷宮を発見!
漂白したタコノマクラの標本箱
タコノマクラのアリストテレスの提灯はパズルだった~!


2014年7月21日 (月)

タコノマクラの殻を漂白したら…美しい迷宮を発見!

【タコノマクラ】千葉・館山…貝殻拾いの旅 を書いているとき、タコノマクラの殻を漂白するとキレイ~w(*゚o゚*)w ってことを知り、そのうちやってみよ!…と思っていて、やってみました~

before 漂白前のタコノマクラ
Takonomakura01

after 漂白したタコノマクラ
Takonomakuraw20a
漂白前の「異様な物体」が、キレイ~なオブジェに変身しました(^o^)
タコノマクラの殻の表面をアップで見ると美しい~
Takonomakuraw14
自然/生物の造形美ですね~(*゚o゚*)

ところで、before/afterの画像を見比べると、afterの方が中央の穴が大きくなってますが、実はこれ、漂白剤に漬けておく時間が長すぎたためか、殻がもろくなって漂白剤から取り出すときに割れてしまったんです(≧σ≦)
なので、割れた殻を瞬間接着剤でくっつけたんですが、小さなカケラが見つからず…(^^;
↓割れてしまったタコノマクラの殻
Takonomakuraw01

でも、割れてしまって、かえって素晴らしい発見がありました~!
それがコレ↓
Takonomakuraw03
タコノマクラの殻の中に迷宮が隠されていたんです!
Takonomakuraw04
光にかざすとキレイ~
Takonomakuraw05
タコノマクラの殻のこの穴の列はなんのために開いているのでしょう?
Takonomakuraw06
そして殻の内側をもっと子細に見ると~
Takonomakuraw07
小さな棘がびっしり生えてます。このトゲは何のためなのでしょうね?
タコノマクラの殻の中には不思議な迷宮があったのでした(*゚o゚*) ラビリンス~♪

そして、さらに!
割れた殻の写真をご覧下さい。殻の中から何やら異様な形のカケラがいくつも出てきました。これ何でしょう??
明日につづく・・・→タコノマクラの口器「アリストテレスの提灯」が美しい~!


※タコノマクラの漂白について
漂白剤は「塩素系漂白剤」を使って、(なかなか白くならないから)1週間ほど漬けときました。

※割れた殻の接着は…
ボンド アロンアルフア(ゼリー状)を使いました。
でも全部は接着していません。
Takonomakuraw15a
この様に、2つに割れた状態にまで復元。
2つに割れてた方が、中を見られて楽しいですから(^o^)

2014年7月20日 (日)

貝殻拾い【シロアオリ】(くっついたままの合弁)…三戸浜(三浦半島)

今年、三戸浜に貝殻拾いに行って、なんとなくよく拾えるのがシロアオリ
6/23 貝殻拾い…三戸浜(三浦半島)で大収穫~ で、シロアオリもいっぱい拾いました。
Siroaori140623
で、その中に一つ、合弁の(二枚くっついたままの)シロアオリがあったんです。
Siroaori140623a
Siroaori140623b Siroaori140623c
一人、これはレア物だ~って喜んでます(^_^)

※シロアオリの記事
2014/02/13 貝殻拾い【シロアオリ】…和田長浜海岸
2014/03/12 貝殻拾い【オトメガサ】【シロアオリ】…城ヶ島・赤羽根海岸
2014/06/13 貝殻拾い【シロアオリ】(合弁)…三戸浜(三浦半島)

2014年7月19日 (土)

HandMade In Japan Fes 2014 ふくろうさん

HandMade In Japan Fes 2014 に行ってきました~
去年も行ってまして…→HandMade In Japan Fes' 2013 ふくろうさん
今年もフクロウさんを探しに(^_^) いえ、それが一番の目的ではなくて、クリエイターの皆さんがどんな作品をを出展しているのかを見るのが一番の目的ですが。
まずは今年連れ帰ったフクロウさんのご紹介…

サトウタカヒト
Hmj2014takahitosato
MESSAGE CARD
今年はフクロウさんが少なくて、このフクロウさんはなかなか良く描けているので、まずは購入。
サトウタカヒトさんのヒツジさんの画が凄かった~(*゚o゚*)
こちらがそのヒツジさん⇒ゆめへ【原画】|Creema

風工房-フウコウボウ-
Hmj2014fuu1
アイアンアートのフクロウさんです。
私のふくろうグッズコレクションの中にロボット型(アイアンアート)のフクロウさんはまだいません。
ロボット型のフクロウ…→「フクロボット」です(私が勝手にそう呼んでます(^o^;)
ん、なかなかイイ作品が私のふくろうグッズコレクションに加わりました(^_^)

風工房さんのブースには↓こんな面白い作品がありました。
Hmj2014fuu2
天空の城ラピュタ ロボット兵風の「蚊取り線香立て」です。
ロボット兵がシータに優しく手をさしのべるシーンを思い出してしまいます。

風工房さんのバス停看板も面白かった↓
Hmj2014fuu3

HandMade In Japan Fes 2014 の感想…
HandMade In Japan の出展ブースはジャンル別に分かれていますが、「ファッション・アクセサリー」多すぎ。去年もそうだったな。
私が興味があるのは「クラフト(陶器・ガラス・木工)」と「雑貨・イラスト・人形」
会場を隅から隅まで見て回ろうと、最初に入ったのが「ファッション・アクセサリー」側。
そっち方面にはあまり興味が無いのと、「わ!これ凄い!面白い~」という作品にも出会わなかったので、テンション下がり気味(^^; 疲れた~
「クラフト(陶器・ガラス・木工)」のコーナーに入って…「あ~こっちから入るんだった~」と反省(来年はそうしよう)。
でも全般に去年ほど「わ!これ凄い!面白い~」という作品に出会わなかったな~
去年、私が凄い!面白い!と思ったクリエーターは、今年は見かけなかったから出展していないようでした(^^;

でも、そんな中で 「わ!これ凄い!」と思ったフクロウさんが…
もこもこ作家 あかころ
Hmj2014e
フェルティングのフクロウさんです。羽を広げたところが素晴らしい~(*゚o゚*)
「承認 欲求」
-アフリカオオコノハズク-
お値段…それなり
・売約済・
ん~それなりのお値段でも、これだけ素晴らしい作品は購入する人いるんだね~

去年のHandMade In Japan に行ったときのブログには…『創作しなくちゃ。』と書いてますが、今年も思った『創作しなくちゃ(^o^;』

2014年7月18日 (金)

ビーチコーミング…三戸浜で【コウイカの甲/イカの骨】

6/23 貝殻拾い…三戸浜(三浦半島)で大収穫~ で拾った貝殻以外のもの…
コウイカの甲です(^o^;

Ikanoko140623
コウイカの甲は海岸に行くとよく打ち上げられているのを見ます。でも今までは、これはちょっとね~(´Д`) と拾わずにいたんですが、今回のコウイカの甲は大っきい!w(*゚o゚*)w
大っきいから、お持ち帰り~(^o^;
下のはよく見かけるサイズのコウイカの甲。大きさを比較するためにお持ち帰り(^^;

コウイカの甲をアップで見ると…

Ikanoko140623a
この縞々は成長の跡かな?
イカの甲はどうやって大きくなるのでしょうね?
二枚貝や巻き貝の殻は、既に作った殻に新しい殻を付け足していけば大きくなりますけど、上の写真で下段のサイズの甲が、上段のサイズの甲に成長するには… どうやって大きくなるのでしょう?

それと、コウイカの甲の先端の↓この突起は何?

Ikanoko140623b

あ、ここまで「コウイカの甲」と書いてきましたが、「コウイカの甲」で検索すると…
イカの骨 - Wikipediaがトップに出てきます。
あ~!『イカの骨は … イカの甲や烏賊骨(うぞっこつ)… とも呼ばれるが、正しくは貝殻である。』って書いてありますよ。
イカの骨が貝殻の名残であることは知ってましたが、貝類の殻を貝殻と言うのかなと思い、イカは頭足類だから、タイトルも「貝殻拾い…」じゃなくて、「ビーチコーミング…」にしてみたんですが、コレも貝殻なのか~

あ!『イカの甲はどうやって大きくなるのでしょうね?』これですが…「貝殻」のイメージじゃなく「骨」のイメージで考えれば、人の骨の成長と同じイメージでいいのかな?(2015/07/31)違うと思った。イカも貝も軟体動物で、イカの骨は貝殻の名残だから、それが大きくなるしくみは貝と同じハズですね。上の画像「この縞々は成長の跡かな?」は、貝殻の「成長肋」にあたるものかも?

※「コウイカの甲」なんて見たことないよ。ほんとにあるの?という方は、YouTubeの動画をご覧下さい。


0:40~0:57で甲を取り出すところが見られます。

※コウイカについての説明はこちらのページが分かりやすくて、おいしそうでした(^o^;
コウイカ 市場魚貝類図鑑
へ~コウイカの甲の突起は身体から突き出ているんだ~!それで「ハリイカ」とも呼ばれる。
『寿命は1年』ということは、最初の写真の甲の大小は、棲息年数の違いではなくて、餌をいっぱい捕まえて食べたかどうかの違いなんですね?



※「ビーチコーミング」の記事
2014/02/19 ビーチコーミング…和田長浜海岸で【三つ割れのクルミ】
2014/06/06 ビーチコーミング…城ヶ島・赤羽根海岸で【電球】
2014/06/07 ネイチャーウォッチング…【海藻うさこちゃん】城ヶ島・赤羽根海岸
2014/06/08 ネイチャーウォッチング…【カメノテ,エボシガイ,クロフジツボ】…三浦半島の海岸で

2014年7月17日 (木)

貝殻拾い【タカラガイ】三戸浜で…サメダカラ,ハナマルユキ幼貝,ハツユキダカラ…など色々

6/23 貝殻拾い…三戸浜(三浦半島)で大収穫~ でタカラガイも大収穫(^o^) 特にオミナエシダカラが大収穫だったのですが、他にどんなタカラガイが拾えたのか記録しておかなくちゃ…

まずはこの日の逸品
サメダカラ
Samedakara140623a
ほら~!サメ肌 w(*゚o゚*)w
これほどサメ肌のブツブツ・ザラザラのサメダカラを拾ったのは初めてです。
サメダカラは殻口も特徴的です。
Samedakara140623b
茶色い歯がお腹いっぱいに広がっています。
観賞用に大きな写真を載せましたが、実際の大きさは2cmくらい。
Samedakara140623

そして、この日の初物 (単に今まで気づいてなかっただけかも知れませんが…)
ハナマルユキの幼貝
Hanamaruyuki140623c Hanamaruyuki140623d
この太い縞模様のタカラガイはなんだろう?殻口を見ると…
Hanamaruyuki140623f
歯がまだ未発達なので何かの幼貝ですね~
この歯の様子と、お腹が茶色いのは~
これは、ハナマルユキの幼貝ですね!

ハナマルユキ(成貝)
Hanamaruyuki140623a Hanamaruyuki140623b
ほら、ハナマルユキの幼貝と成貝で歯の様子が似てますよね。
Hanamaruyuki140623
上段がハナマルユキの成貝
下段がハナマルユキの幼貝です。

ハツユキダカラ
Hatuyukidakara140623a
クリッと丸っこいハツユキダカラです。
Hatuyukidakara140623c Hatuyukidakara140623d
大きさは…3.5cm
Hatuyukidakara140623
右下がちょっと摩耗しているので、大きな写真ではそっち側は撮ってないの(^^;

ホシキヌタ
Hosikinuta140623c
殻の表面に表面に段差があります。比較的ツルピカなんで摩耗したのではないと思います。以前拾ったホシキヌタも表面に段差がありました。この段差はなぜ出来るのでしょう?
↓ホシキヌタの殻口側と、大きさ…約4cm
Hosikinuta140623d Hosikinuta140623

キイロダカラハナビラダカラ
Kiirohanabira140623a
左:キイロダカラ,右:ハナビラダカラ
Kiirohanabira140623b
大きさ:約2cm
Kiirohanabira140623

クロダカラ
Kurodakara140623a Kurodakara140623

カモンダカラ
Komondakara140623
あれ?観賞用の写真を撮り忘れてる(^^; もう一度引っ張り出して写真を撮るのはめんどくさいので、
観賞用には→和田長浜海岸で拾ったカモンダカラ

シボリダカラ
Siboridakara140623aSiboridakara140623b

メダカラ
Medakara140623a
メダカラはいっぱい拾えて最近は拾ってくるのを控えているタカラガイなんですが、コレはちょっとツルピカだったので(^o^)

オミナエシダカラ
Ominaesidakara140623a
オミナエシダカラ 約170個 大収穫~(^o^)
オミナエシダカラの綺麗どころをピックアップ…
Ominaesidakara140623b
▽この日拾ったオミナエシダカラ以外のタカラガイ…
Takaragai140623a
あ、3段目右側2つのタカラガイは何でしょう? 縦斜め模様です。何かの幼貝だと思うのですが・・・
今回はハナマルユキの幼貝が同定できたから、貝殻拾い2年生としてはこんなものかな(^o^;

※三戸浜で「タカラガイ」の記事
2013/07/15 貝殻拾い【タカラガイ】…三戸浜で大収穫〜!
2013/07/16 貝殻拾い【タカラガイ】三戸浜で…シボリダカラ,カモンダカラ,サメダカラ,クロダカラ,キイロダカラ,メダカラ
2013/09/27 貝殻拾い【タカラガイ】…台風一過の三戸浜で大収穫
2013/09/30 貝殻拾い【タカラガイ】台風一過の三戸浜で…ホシキヌタ,ハツユキダカラ,コモンダカラ,ハナマルユキ,シボリダカラ,オミナエシダカラ,クロダカラ,キイロダカラ

※和田長浜で「タカラガイ」の記事
2013/12/28 貝殻拾い【タカラガイ】和田長浜海岸…ハナマルユキ,キイロダカラ,シボリダカラ,サメダカラ,ハツユキダカラ,コモンダカラ,カモンダカラ,メダカラ,オミナエシダカラ
2014/01/25 貝殻拾い初め…和田長浜海岸で、ハナマルユキとハナビラダカラ
2016/02/22 貝殻拾い【ハナマルユキ】祭~和田長浜海岸(三浦半島)

2014年7月16日 (水)

初夏の道端の花【ホタルブクロ】…ホタルソウではありません

※なぜ「ホタルソウではありません」と注釈つきタイトルにしたのか?それは下の方で…
まずはホタルブクロを鑑賞しましょう。
Hotarubukuro140712a
このホタルブクロは、7/12 台風(8号)一過の貝殻拾い…三浦半島・三戸浜へ行ったときに、三崎口駅から三戸浜までの道端に咲いていたものです。
ちょっと失礼して、下からホタルブクロの花を見上げて撮影…
Hotarubukuro140712b
「ホタルブクロ」で画像検索すると、ホタルブクロの花を横から撮影したものがほとんどで、ホタルブクロの花を下から見上げて撮影したものはあまりありません。
(花、植物、貝殻など、色んな方向から観察すると面白い発見をすることがありますよ。)
まぁ、下から見上げても、5枚の花弁がつながった「合弁花」だってわかるくらいかな。
ホタルブクロ - Wikipediaによりますと…『和名は、子どもが本種の袋のような花にホタルを入れて遊んだことに由来する。』 だそうです。蛍の時期とホタルブクロの花が咲く時期があってますから、昔、小川や田んぼに蛍が飛び交っていた頃はそういう楽しい遊びもできたのかな? 私はしたことありませんけど(^^;

あ、そうだ、今年撮影したホタルブクロの写真がもう一つありました。
Hotarubukuro140531c
こちらのホタルブクロは5/31「浅間山公園」で。
三戸浜のホタルブクロの花は白でしたが、こちらは赤紫ですね~
こちらも花の中を覗き込む(^^)
Hotarubukuro140531b
ん~でも、花の中を覗き込むより、釣り鐘状に吊り下がった花を見る方が「カワイイ~」ですね(^_^)
Hotarubukuro140531a
ホタルブクロ - Wikipediaによりますと…『ヤマホタルブクロ:ホタルブクロの変種で、山地に多く生育する。ほとんど外見は変わらないが、萼片の間が盛り上がっている。一方、ホタルブクロは萼片の間に反り返る付属片がある。』とのことで、上の写真のホタルブクロ、萼片の間が盛り上がっている?ようにも見えるのですが・・・
ん~今度(来年)よく観察しよ(^o^;



さて、ここから「ホタルソウではありません」の話です。
ホタルブクロを検索していたら「ホタルソウ」という名前がいくつかのページで出てくる。
これ「ホタルソウ」じゃなくて「ホタルブクロ」でしょ!
試しに「ホタルソウ」で画像検索してみると~
わ!「ホタルブクロ」の画像がトップから多数出てきます。「ホタルブクロ」を「ホタルソウ」と間違えている人多数です!

ところで「ホタルソウ」で検索してもWikipediaが出てきません。Wikipediaに「ホタルソウ」の見出しはないようです。あれ?じゃ、「ホタルソウ」って何?
ホタルソウとは - 植物名 Weblio辞書によりますと、蛍草は以下の植物の別称とのこと。
アケボノソウ [画像]
ホタルカズラ [画像]
ホタルサイコ [画像]
ヒトリシズカ [画像]
…ということで、ホタルブクロはホタルソウではありません。


ホタルブクロ - Wikipediaによりますと…『和名は、子どもが本種の袋のような花にホタルを入れて遊んだことに由来する。』←これを「やってみた~」っていうページがいくつかありました~
・・・ ホタルブクロ ・・・|気まぐれ写真館 ←リンク切れ
光る生物: Nature art MooJu ! ( Mietonの季節を巡る「散歩写真」)
いずれもリンク切れになってしまっていたので…
「ホタルブクロに蛍を入れる」で画像検索
ん~ホタルブクロに蛍を入れる・・・イイですね~(*゚o゚*)

※関連記事
2022/06/12 光いっぱいの【ホタルブクロ】蛍の光じゃないけどね
Hotarubukuro220612a2

2014年7月15日 (火)

貝殻拾い【ミスガイ】三戸浜(三浦半島)

6/23 貝殻拾い…三戸浜(三浦半島)で大収穫~ だった中でのベスト1がコレ↓
ミスガイです(^o^)
Misugai140623c Misugai140623b Misugai140623a
ミスガイの縞々模様が素敵~(^o^)
ミスガイの「ミス」は「御簾」です。
大きさは↓3cmほど
Misugai140623
ミスガイの殻は薄くて、なかなかミスガイを拾うことはありません。私はこれで2つ目。
1つめは→貝殻拾い【ミスガイ】和田長浜海岸(三浦半島)
あ、このとき2つ拾ってたんだ~ だからこれで3つめですね(^^)w

2014年7月14日 (月)

湘南ビール…鎌倉・材木座海岸に桜貝を拾いに行った帰りに…

6/24 桜貝を拾いに鎌倉・材木座海岸へ~(その3)に行って、貝殻の収穫が少なかったので、帰りのリュックが軽い(^^;
で、帰りに鎌倉駅西口の「御成通り」を歩いていたら、酒屋さんの店先に「大仏ラベルのビール」があった!
え~なにコレ!面白~い(^o^)
他にも色々「地ビール」があるのね。と、ついつい…
Shonan_beer
4本買っちゃいました(^o^; 左から…
・Enoshima Beer 江ノ島アルトビア 熊澤酒造
湘南ビール Pilsner(ピルスナー) 熊澤酒造
大仏BEER Schwarz(シュバルツ) 熊澤酒造
北鎌倉の恵み サンクトガーレン

…貝殻の収穫が少なくて、リュックに空きスペースがあったので、ついつい(^_^)
軽かったリュックが一気に重くなりました(^^;

帰って、貝殻洗いを済ませて、
拾ってきた貝殻を鑑賞しながら飲むビールは格別です(=^ェ^=)
↓熊澤酒造(湘南ビール)の王冠
Shonan_beer_cap
王冠に描かれているこの形、サメの背びれではありません。
湘南 茅ヶ崎の海にある烏帽子岩(えぼしいわ)です。⇒「烏帽子岩」で画像検索
♪エボシ~岩が遠くに見える~♪(サザンオールスターズ チャコの海岸物語)にも出てくる烏帽子岩です(^o^)

湘南ビール Pilsner(ピルスナー) 熊澤酒造 のラベルより…
『チェコ ピルゼン地方発祥の世界で最も愛されている下面発酵ビール。爽快なホップの苦味と香りが特色で、モルト本来の甘味が絶妙なバランスを取っています。』
多くの人が普段飲んでいるビールは「ピルスナー」ですから、飲みやすく、美味しかったです。お土産のビールとしては一番無難なとこでしょう。

大仏BEER Schwarz(シュバルツ) 熊澤酒造 のラベルより…
『ドイツで「黒」を意味するバイエルン地方発祥の下面発酵ビール。ローストモルトの香ばしさとすっきりとした味わいが特徴です。』
なんといっても「大仏の顔ラベル」のインパクト大です(^o^) ウケ狙いのお土産に!
あ、美味しかったです。

私好みのビールはこの2本でした。

※ビール関連記事
ふくろうラベルのビール…常陸野ネストビール
ふくろうサンタさんラベルのビール…常陸野ネストビール(クリスマス限定)

そうだ、湘南ビール|熊澤酒造のページには「限定ビール」が載ってました。
チョコレートポーター バレンタインラベル とか
・シュバルツ クリスマスラベル とか
・ピルスナー 父の日ラベル など。

2014年7月13日 (日)

貝殻拾い【クサイロアオガイ】…鎌倉・材木座海岸

6/24 桜貝を拾いに鎌倉・材木座海岸へ~(その3)に行って、意外と色々な貝殻が拾えまして、その中で私にとってはちょっとレア物の「クサイロアオガイ」です。
Kusairoaogai140623a
Kusairoaogai140623b
かなり摩耗してしまっているので、内側の草色(緑色)はわずかに残っているだけ(^^;
大きさは↓
Kusairoaogai140623

私が初めてクサイロアオガイを拾ったのはこちら…
貝殻拾い【クサイロアオガイ】…秋谷海岸・立石公園・荒崎海岸(横須賀市)

もっと草色はっきりのクサイロアオガイを拾いました~
2019/10/18 貝殻拾い【クサイロアオガイ】【ヨツカドヒラフジツボ】…新潟・鯨波海岸

2014年7月12日 (土)

台風(8号)一過の貝殻拾い…三浦半島・三戸浜へ

7/1に『海水浴シーズン前の(今シーズン最後の)貝殻拾いに、またまた三戸浜に行っちゃいました~』って書いているのですが・・・
7/11『台風8号 千葉県富津市に上陸』というニュースを見まして、あ~明日富津岬に貝殻拾いに行ったら「大収穫~!」だよね(^o^)と、貝殻拾いに行きたい虫がウズウズ
しかも、7/12はお仕事OFF!
ん~富津は「あうるの森」から遠いので、気軽にホイとは行けません。
ならば、またまた三浦半島・三戸浜へ貝殻拾いに行っちゃいました~(^o^;
そして、大収穫~!
今日は帰ってからの貝殻洗いがまだなので、いつもの貝殻を並べた写真はまだ。だから、三戸浜の台風一過の貝殻吹き溜まりの様子を…
Takonomakura140713
タコノマクラ~!
その向こうには、オミナエシダカラ、オミナエシダカラ…
Kaigarafukidamari140712b
オミナエシダカラ、オミナエシダカラ…ばっかり(^o^;
これまで三戸浜では見かけたことがないタコノマクラも数個打ち上げられていました。
タコノマクラは2個ほどお持ち帰り。そのうち漂白してみようと思います。

▼貝殻の吹き溜まりの中にいた、うにょうにょ~(´Д`)
Kumohitode140712a
なにコレ? ちょっと気持ち悪いのですが、海辺の変な生き物は「よくよく見ると面白い(^o^)」ってことが何度もあったので、好奇心が勝ります。それに貝殻拾いにはトングを持っていってますので、素手で触らずにこういう生き物を観察できます。
↓トングでつまみ出して見ると~
Kumohitode140712b
5本足です。ヒトデです!
Kumohitode140712c
このヒトデは何? 帰ってから調べて見ると…「クモヒトデ」のようです。
クモヒトデ - Wikipedia
「クモヒトデ」の画像検索結果
クモヒトデって「クモヒトデ」だから、色んなクモヒトデがいるんですね~
足に毛がもじゃもじゃ生えたクモヒトデもいる~
クモヒトデを素手で持ってる写真もある。しかも若い女性や、女の子(^^;

▼砂浜に打ち上げられた白い小魚
シラス?140712三戸浜
これ、シラス?
打ち上げられたばかりで、まだピンピン跳ねてました!

▼三戸浜はこの日お祭りでした。
Mitohama140712a
お祭りの「のぼり」
のぼりの上の絵がなかなかイイですね~(^_^)
Mitohama140712b
「三戸浜 祭」で検索したら… こちらのページが参考になりました。
きまぐれ日記 7/12 三戸浜の祭り - BLOG TOP - FC2
へ~!ダイコン畑にマリーゴールドが植えられているのはセンチュウの害を抑制するためなんですか~
マリーゴールドはスゴイ植物! - ほのぼの日記 - はてなダイアリー
へ~ マリーゴールド スゴ~い!

※去年の秋、台風一過の三戸浜へ行ったときの記事
2013/09/16 貝殻拾い…台風一過の三戸浜(三浦半島)へ

※クモヒトデは『ヒトデのように移動に管足を使わないことが特徴である。』だそうで、普通のヒトデ(モミジガイ)の管足の写真はこちらの記事で…
2013/05/18 材木座海岸でヒトデ〜

※タコノマクラは殻をアップで見ると面白い
2013/10/27 【タコノマクラ】千葉・館山…貝殻拾いの旅

※タコノマクラの殻を漂白してみました~
2014/07/23 タコノマクラの殻を漂白(2回目)

※シラスがいっぱい打ち上げられていました~
2015/06/27 貝殻拾いでシラスの打ち上げ~三戸浜(三浦半島)

貝殻拾い【ヨツカドヒラフジツボ】…鎌倉・材木座海岸

6/24 桜貝を拾いに鎌倉・材木座海岸へ~(その3)に行って桜貝は期待したほど拾えなかったのですが、桜貝以外に二十数種類の色々な貝殻を拾ってまして、その中のレア物…
ヨツカドヒラフジツボです。
Yotukadohirafujitubo140623a
あ、ヨツカドヒラフジツボは「フジツボ」なので、貝類ではなく甲殻類です。
大きさは↓小っこいです。
Yotukadohirafujitubo140623

ヨツカドヒラフジツボを拾ったのはこれで二回目。一回目は…
【ヨツカドヒラフジツボ】…和田長浜海岸

2014年7月11日 (金)

【ツメタガイ】に穿孔された【桜貝】【フジノハナガイ】【ハマグリ】

鎌倉・材木座海岸で拾った桜貝に穿孔し…
Sakuragai140413e

フジノハナガイに穿孔し…
Fujinohanabai20140624c

その犯人がこいつ↓ツメタガイです。。。
Tumetagai140623c
ツメタガイはタマガイ科の貝で、タマガイ科の貝は「玉貝」の名前の通り、くりっと丸くてカワイイ貝殻が多いです。
「タマガイ科」で画像検索
ツメタガイはキレイな桜貝に穿孔するし、小さなフジノハナガイにも穿孔するし~ 悪者のイメージがあるんですが、こいつはこいつで生きるために頑張ってるんですよね(^^;
ツメタガイも見方によってはなかなか鑑賞できますし~
Tumetagai140623d
↓ツメタガイの大きさはこのくらい
Tumetagai140623 Tumetagai140623b
↓ツメタガイに穿孔されたハマグリ
Tumetagai140623e
この穴!スゴ~いw(*゚o゚*)w



※「ツメタガイ」の記事
2013/04/09 貝殻拾い…千葉・富津岬…巻き貝編
2013/05/02 貝殻拾い【ツメタガイ】一色海岸(葉山町)
2013/11/10 【ウチヤマタマツバキ】【ツメタガイ】千葉・館山…貝殻拾いの旅
2018/07/08 ツメタガイの卵塊【砂茶碗】はどうやって作られるの?
Sunachawan180627b

2014年7月10日 (木)

貝殻拾い【フジノハナガイ】チョウチョみたい~鎌倉・材木座海岸

6/24 桜貝を拾いに鎌倉・材木座海岸へ~(その3)に行って、桜貝があんまり拾えないので、代わりについつい拾ってしまったフジノハナガイです。
Fujinohanabai20140624b
いっぱい!チョウチョみたい~(^o^)
全部で132個。ご覧になってお気づきかと思いますが、かなりの貝殻に穴が開いてます。
この穴はツメタガイに穿孔された穴だと思われます。
穴の開いた貝殻は72個。約半分のフジノハナガイはツメタガイに穿孔されて食べられて、海岸に打ち上げられてます。
フジノハナガイは↓こんなに小さい貝殻です。
Fujinohanabai20140624
貝殻の内側が「藤の花」のように紫色なのでフジノハナガイ。
↓藤の花っぽく並べてみました~(^o^)
Fujinohanabai20140624d
↓フジノハナガイの(ツメタガイに穿孔された)貝殻をアップで観察~
Fujinohanabai20140624c

※生きてるフジノハナガイ…
2013/05/23 貝殻拾い【フジノハナガイ】鎌倉・材木座
2015/06/05 【フジノハナガイ】鎌倉・材木座海岸・和賀江島


2014年7月 9日 (水)

貝殻拾い【ナミマガシワ】…鎌倉・材木座海岸

6/24 桜貝を拾いに鎌倉・材木座海岸へ~(その3)に行って拾ったナミマガシワです。
Namimagasiwa140623
ナミマガシワは貝殻の内側がツルピカで、赤・オレンジ・黄色・白など色んな色があって、中には光が透き通るくらい薄くて繊細な殻もあって、またまたゴチャッと積み上げて鑑賞してみましょう~(^o^)
Namimagasiwa140623a
左下のオレンジ色のナミマガシワは透き通ってる~

※「ナミマガシワ」の記事
2013/04/04 貝殻拾い…富津公園 明治百年記念展望塔
2013/04/08 ナミマガシワは二枚貝
2013/12/08 右殻つきの【ナミマガシワ】…三浦半島の海岸で
2014/08/17 貝殻拾い【ナミマガシワ】…千葉・富津岬


2014年7月 8日 (火)

貝殻拾い【ミゾガイ】その2…鎌倉・材木座海岸

6/24 桜貝を拾いに鎌倉・材木座海岸へ~(その3)に行って拾ったミゾガイです。
Mizogai140623
ミゾガイは前回、材木座海岸で桜貝拾いをしたときに初めて4個拾いました。
→4/15 貝殻拾い【ミゾガイ】…鎌倉・材木座海岸 ←なぜ「ミゾガイ」という名前なのか?は、こちらの記事で。
ミゾガイの貝殻は非常に薄くて、桜貝と同様に繊細な貝殻なんですが、意外と合弁の状態で拾えます。
ミゾガイもごっちゃっと集めて鑑賞しましょう~(^o^)
Mizogai140623a

殻に光が反射するハイライト、薄い殻の透き通るような繊細さ、殻の内側の白い畝の凹凸などをご鑑賞下さい(^_^)


2014年7月 7日 (月)

鎌倉・材木座海岸で拾った【桜貝】(その3)

6/24 桜貝を拾いに鎌倉・材木座海岸へ~(その3)に行って拾った桜貝です。
Sakuragai140624a
左上 サクラガイ
その右(半分欠けてるの) オオモモノハナガイ
その右 小さいの4つ モモノハナガイ
↑かなり怪しい。たぶん、じゃないかな~?っていうレベル(^^;
二段目から下左半分 カバザクラ
右側の白いの サギガイ
あ~何度見ても(まだ3回目ですけど)桜貝の同定は難しいです(^^;
この日は桜貝があまり拾えなかったので、左下のカケラまで拾ってます(^^;;

※これまでに拾った桜貝の記事
2013/05/15 貝殻拾い【桜貝】鎌倉・材木座/由比ヶ浜 …37個(内、合弁10)
2014/04/16 鎌倉・材木座海岸で拾った【桜貝】…約70個
ね、今回は少ないのです(^^; 桜貝が拾える時期ってのもあるんでしょうね~

拾えた桜貝は少ないですけど、ゴチャッと積み上げて写真を撮るとキレイ~(^o^)
Sakuragai140624b
サギガイも積み上げて~
Sagigai140624a


2014年7月 4日 (金)

貝殻拾い【ミミズガイ】…三戸浜(三浦半島)

7/1三戸浜に貝殻拾いに行って、そのとき拾ったベスト1の貝殻がこちら…
Mimizugai140701e
ミミズガイです! あうるの森 初登場です。
大きさは…
Mimizugai140701a 約2cm 小っこいです。
「ミミズガイ」で検索して~
静岡県/静岡の自然を学ぼう/ミミズガイ【貝】によりますと…
『殻は初期の螺旋はやや規則的であるが、途中から巻きがほどけ、不規則な巻き方になる。』 ん、そうなってますね。
『また、螺層の肩部には切り込みまたは小孔列がある。』 え、そうなんですか!?
よ~く観察してみましょう…
Mimizugai140701c
「小孔列」 ありますね~!
Mimizugai140701d
「切り込み」 ありますね~!
Mimizugai140701b
こっちから見てたら、巻のゆるい「コロネ」に見えてきた~(^o^)


2014年7月 2日 (水)

貝殻拾い…三戸浜~黒崎の鼻(三浦半島)

桜貝は材木座海岸だけじゃなく逗子海岸でも拾えるという情報をこちらのページで知りまして…
桜貝拾い(材木座・逗子海岸で) - 仮想旅へ - Yahoo!ブログ
逗子海岸に桜貝を拾いに行こうかな~と思ったのですが、先日テレビで逗子海岸の海開きのニュースが流れていたのを思い出し… あ~もう貝殻拾いはダメだ~ 水着姿の海水浴客がいる中で、ビニール袋とトングを持って歩いていられませんから(^^;;
じゃ、どこに貝殻拾いに行こうかな~?
2014神奈川県海開き情報を見ますと、あ~続々と海開きしていきますね~
でも、三戸浜は海開き情報に載ってませんよ。去年も7/5に貝殻拾いに行ってるし先週も三戸浜に行ったばかりですが(^^; 海水浴シーズン前の(今シーズン最後の)貝殻拾いに、またまた三戸浜に行っちゃいました~(^o^) 7/1に行ってきました。
そして、またまた大収穫~w(^o^)w
Mitohama140701a
10時半に三戸浜着。ちょうどマイクロバスでお子ちゃまの集団が磯遊びに来てましたが、お子ちゃまは貝殻よりは海の生き物に興味があるようで、貝殻拾いのライバルではありません(^o^;
この日は13時干潮で貝殻拾いには良好なタイミング。
天気は曇りのち雨の予報でしたが、天気は晴れ え~夏の貝殻拾いは曇りの方がいいのに~ また日焼けしちゃうよ~ 日射しがきつくて、汗だくで貝殻拾いしてました(^^;;

三戸浜の北の端は「黒崎の鼻」につながっています。
Kurosakinohana140701
黒崎の鼻、とっても風光明媚(^o^)
人はほとんどいませんし、プライベートビーチって感じ。でも貝殻は…あまり拾えません(^^;
緑の草の丘に登ると、気持ちのいい風が吹き抜け、三戸浜が一望できます。背後には和田長浜海岸も一望できます。ただ、そっちは断崖絶壁なので、足がすくむから近づきません(^^;

三戸浜から黒崎の鼻へ行くには、満潮時だと人の背の高さほどの岩場から砂浜へ飛び降りないと行けないのですが、この時は干潮だったので、岩場を歩いて降りられました(^^)v

※この日のおしい逸品…
Nejigai140701
潮溜まりの中で見つけた「ネジガイ」です。
でも動いてます。あ~ヤドカリさんのお家になってる~
このヤドカリさん高級物件に暮らしてますね~(^^;
私の貝殻拾いポリシーは「生ものは拾わない」なので、写真を撮るだけ…
でも、帰ってから思いました…ヤドカリさんに別の物件(貝殻)を紹介したら、ネジガイのお家から引っ越ししてくれたかしら(^^?


※この日拾った貝殻の分類・整理が終わりましたので、リストアップしておきます…
※( )内の数字は拾った個数です。
オミナエシダカラ(103)
チャイロキヌタ(40)
メダカラ(85)
シボリダカラ(1)
サメダカラ(3)
カモンダカラ(2)
タカラガイ幼貝(4)←タカラガイの幼貝を同定するの私にはまだできません(^^;
イシダタミ(4)
バテイラ(5)
ムシロガイ(3)
アシヤガイ(7)
ツメタガイ(4)
ホタルガイ(3)
ヤタテガイ(1)
マツムシ(2)
フトコロガイ(6)
チグサガイ(1)
ホウシュノタマ(1)
ナツモモ(1)
クロヅケガイ(1)
スガイ(1)
クボガイ(5)
イボニシ(1)
ウズイチモンジ/ウラウズガイ(9)←未だにどちらか同定できません(^^;
ミスガイ(かけら)←レア物なので「かけら」でも拾っちゃいます(^^;
ベッコウイモ(9)
イモガイ(2)←イモガイ類も私には同定するの難しいので「イモガイ」で(^^;
トコブシ(10)
マツバガイ(10)
ヨメガカサ(9)
ベッコウガサ(2)
ツタノハガイ(6)
カラマツガイ(2)
スズメガイ(2)
ウノアシ(3)
クズヤガイ(9)
テンガイ(3)
オトメガサ(1)
クサイロアオガイ(2)
ヒラフネガイ(1)
スカシガイ(1)
アサリ(6)
ヤエウメ(1)
トマヤガイ(1)
ナデシコガイ(3)
チリボタン(4)
キンチャクガイ(2)
キクザルガイ(1)
ナミマガシワ(5)
シロアオリ(12)
ウチムラサキ(5)
ザルガイ(2)
ワニガキ(6)
ミミズガイ(1)←この日のベスト1はこれかな(^o^)
ヒザラガイ(1)
バフンウニ(8)
ムラサキウニ(3)
タコノマクラ(殻の一部)


※貝殻拾いは秋の台風シーズンまでお休みしますので、この後は最近拾った貝殻をぼちぼちとブログに載せていきます。
あ、そうだ、貝殻で何か創作もしなくちゃ(^o^;



※関連記事
2017/06/10 貝殻じゃなくて、イワシが打ち上げられていた~黒崎の鼻(三浦半島)
2017/06/11 貝殻拾い…赤いコデマリウニ~,シボリダカラ,カモンダカラ,ネジガイ…黒崎の鼻~三戸浜
2017/04/24 貝殻拾い…エビカの浜→三戸浜→黒崎の鼻
2015/04/13 【ハコフグ】のおなかは白い亀甲模様…三戸浜~黒崎の鼻(三浦半島)

2014年7月 1日 (火)

赤紫色の「ねぎぼうず」…ギガンジウム

6/23三浦半島の三戸浜に貝殻拾いに行って、三崎口から三戸浜までの道すがら、道端/畑の脇に一株だけ咲いていたギガンジウムです。
Giganteum140623a
ギガンジウムはネギ属の植物で、その花は「ねぎぼうず」です(^o^)
ギガンジウムの茎は長~い!
Giganteum140623b


「ギガンジウム」で画像検索すると←花の画像が多いですが、
「giganteum」で画像検索すると←子供や人と大きさを比較している画像がいくつか出てきます。
わ!この写真なんて、人の頭と同じくらいの大きさですよ~w(*゚o゚*)w
EasyBloom :: Giant Allium - Allium giganteum ←リンク切れ

giganteum = ギガンジウム って呼んでますけど、
Giant Allium = ジャイアント アリウム なんですね~
アリウム(Allium)=ネギ属ですから、ギガンジウムって「巨大ネギ」だったのか~(^o^)



※関連記事:ねぎぼうず~
Negibozu1

ネギ坊主 - Wikipediaには…『ネギ科の植物によく見られる聚繖花序のこと。』
と書かれているのですが、
ネギ属 - Wikipediaには…『花は散形花序であるが、多数の花が密集してできる「ねぎ坊主」と呼ばれる一つの花序が一輪の花のようになっているものが多い。』と書かれており、
ねぎぼうずは「聚繖花序(しゅうさんかじょ)」なの?「散形花序(さんけいかじょ)」なの?
ちなみに、花序 - Wikipediaには「聚繖花序」は記載されていません(^^;

ネギがネギ科ユリ科ヒガンバナ科 どれに分類されるのかもよく分かりませんでした(^^;

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus