« 天高くヒマラヤスギの実が実る秋 | トップページ | センニンソウの群生…多摩川の土手で »

2014年9月12日 (金)

リンゴツバキの実がパックンと裂開して、種子はカナブン!

8/21 リンゴツバキの実、大っきい~!で採ってきたリンゴツバキの実は、まだ種子が十分に熟していなかったので、9月になってからもう一度リンゴツバキの実を採りに行って、3,4日後…
リンゴツバキの実がパックンと裂開しました~
Ringotubaki140912a
そして、中の種子は↑(右側) ほら!カナブンです~(^o^)⇒「カナブン」の画像検索結果
あ、これ丸っこいから「テントウムシ」にも見えますね(^o^)

え~リンゴツバキの種子が「カナブン」の形をしていることの解説、というより私の推測…
リンゴツバキはヤブツバキの変異種だそうです。
(普通の)ヤブツバキの実を切ってみると~
Yabutubaki01
通常、種子は3つです。
ヤブツバキの実が熟して裂開すると、3つの種子が出てきます。
Yabutubaki120925a
でもときどき、種子が2つや3つに分かれるものがあります。
Yabutubaki120925d
で、3つに分かれたものは「カナブン」型です。
裂開した果皮の方を見てください。種子が入っていた部屋は3つです。(「種子が入っていた部屋」と言ってますが、専門用語では何て言うんでしょう?)

リンゴツバキの実を切ってみると~
Ringotubaki140821a1
種子の断面が6個見えます。
リンゴツバキはヤブツバキの変異種ですから、基本的に実の中に種子のできる部屋は3つです。普通のヤブツバキでも実の大きなものは一つの部屋の中の種子が、2つ、3つに分かれます。3つに分かれたものはカナブン型でした。
リンゴツバキの実はヤブツバキの実の大きいものですから、3つの部屋の中の種子が皆3つに分かれ、カナブン型になり、そのカナブン型の2枚の羽根の部分を切断したから、上の写真のリンゴツバキの実の断面には6個の種子が見えるんです!

ところで、リンゴツバキは実を大きくしたけど、種子は大きくならず、種子の数を多くしたというのが面白いですね。一つの種子が芽吹くにはある程度の大きさであれば十分だから、それ以上に種子を大きくしてもメリットはなかったのでしょう。
それより、種子の数を多くした方が、種子が芽吹いて成木にまで成長する可能性が高まりますよね。ツバキシギゾウムシに卵を産みつけられても、種子の数が多ければ、卵を産みつけられなかった種子は芽吹くことができるし。
ん~自然は巧妙なしくみを作り上げるものですね~!

※関連記事
リンゴツバキの実、大っきい~!
リンゴツバキの実を切ってみました~
ヤブツバキの実の中に種子はたいてい3つだけど…
椿の実/種子がカナブン
椿の実/種子から『椿姫』

« 天高くヒマラヤスギの実が実る秋 | トップページ | センニンソウの群生…多摩川の土手で »

木の実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天高くヒマラヤスギの実が実る秋 | トップページ | センニンソウの群生…多摩川の土手で »

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus