« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

貝殻拾い2014大まとめ

大晦日なので今年も貝殻拾いの大まとめをしておきます。

01/25 140125h 貝殻拾い初め…和田長浜海岸で、ハナマルユキとハナビラダカラ
02/11 140211 貝殻拾い…雪はふるふる 城ヶ島の磯に
03/02 140302 雨の和田長浜海岸で貝殻拾い~【タツナミガイ】
03/16 140316 貝殻拾い…三戸浜・和田長浜(三浦半島)で春の息吹
04/13 140413 桜貝を拾いに鎌倉・材木座海岸へ~
06/02 140602 貝殻拾い…城ヶ島・赤羽根海岸→三戸浜
06/23 140623 貝殻拾い…三戸浜(三浦半島)で大収穫~
06/24 140624 桜貝を拾いに鎌倉・材木座海岸へ~(その3)
07/01 140701 貝殻拾い…三戸浜~黒崎の鼻(三浦半島)
07/12 140713 台風(8号)一過の貝殻拾い…三浦半島・三戸浜へ
08/12 140812 夏の貝殻拾い~台風一過の千葉・富津岬~
09/21 140921 秋の貝殻拾い…和田長浜海岸(三浦半島)へ
10/01 141001 秋の貝殻拾い…三戸浜(三浦半島)へ
10/04 141004 貝殻拾い…逗子海岸で【桜貝】大収穫~!
11/06 141106 台風20号通過中の貝殻拾い…和田長浜海岸(三浦半島)へ
11/22 141122_2 『三浦・岩礁のみち』で貝殻拾い
12/12 141212 福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~
12/13 141213n 福岡県・志賀島(しかのしま)で貝殻拾い~(2日目)
12/21 141221 冬の貝殻拾い…和田長浜海岸(三浦半島)
12/26 141226 冬の貝殻拾い…三戸浜(三浦半島)…ノラ猫さん「ニャ~ニャ~」

今年の貝殻拾いは20回+α(ブログに載せてない貝殻拾いが4回ぐらい。ちょっとサボった(^^;)
あ~!去年の→2013年 貝殻拾い大まとめ を見たら、13回中8回も「まとめ」記事を書いている。
でも、今年は…
140125n 貝殻拾い初め…和田長浜海岸…まとめ
140812b 夏の貝殻拾い~台風一過の千葉・富津岬~まとめ
2回だけ(^^;
去年=貝殻拾い1年生の私の方が、
今年=貝殻拾い2年生の私より「ブログに書く」ってことはマメにやってますよ!
あうるの森:2013年12月を見ると、1ヶ月間毎日ブログ投稿記事がある~!
あうるの森:2014年12月の記事は12
「ブログ投稿」という点では、去年の自分をスゴイと思ってしまう私(^^;
去年=貝殻拾い1年生の私は「貝殻拾いのことを書きたい!」という思いが今年より強かったということでしょうか?
仕事の忙しさは去年も今年も変わらないから~
貝殻拾いに行った回数は、去年13回、今年24回。あ、この増えた分をブログや創作の時間に回せば・・・ いやいや、貝殻拾いに行く方が楽しいから、来年もたぶん貝殻拾いに行っちゃうな(=^ェ^=)

2014年12月26日 (金)

冬の貝殻拾い…三戸浜(三浦半島)…ノラ猫さん「ニャ~ニャ~」

今年最後の貝殻拾いはどこに行こうかな~
和田長浜海岸にはこの前行ったから、今度は三戸浜に行こう!と行ってきました。

▽冬の三戸浜…青い海、青い空、
Mitohama141226a

▽そして富士山
Mitohama141226b
富士山、遠いので霞んでます。あ~その雲 じゃま(^^;
三戸浜や和田長浜では空気が澄んだ日には素晴らしい富士山が見られるようですが、未だにその素晴らしい眺めの富士山を見ていません。

▽ウミウの群れ
Mitohama141226c
ウミウ(海鵜)に非常によく似たカワウ(川鵜)という鳥がいるそうですが、この写真ではどっちなのか見分けはつきません。城ヶ島にウミウの生息地があって、その近くだからウミウなんだろうという発想。

▽漁をする漁師さん
Mitohama141226e
水中を覗く道具(箱メガネ)で海底を覗き込んで、長い竿を使ってウニやサザエを捕っているのでしょうね。

▽大きな貝のかけら
Mitohama141226d
周りの線は想像図です(^o^;

▽三戸浜・初声(はっせ)漁港のノラ猫さん
Mitohama141226f
このノラ猫さんの「もふもふ」の毛並みが、撫でたら気持ちよさそ~(=^ェ^=)

▽ニャ~ニャ~と寄ってくるノラ猫さん、ノラ猫さん、・・・
Mitohama141226h
三戸浜の南端の初声漁港(はっせぎょこう)に行くと、いつもノラ猫さんがニャ~ニャ~と寄って来ます。漁師さんから売り物にならない魚とかもらっているのでしょうか? いつも猫さんの方から「なんかくれないかニャ~」ってすり寄ってくるんです。
この日はいつになく大勢のノラ猫さんがニャ~ニャ~と…
Mitohama141226g
「ごめんね。あげるものないよ(^^;」

あ~話を貝殻拾いに戻しまして、
三戸浜の貝殻拾いポイントは、南側と北側の岩場です。中央の砂浜ではあんまり貝殻は拾えません。
この日は天気が良くて、貝殻拾いしていても寒くはなく、収穫もそこそこ(^o^)v
Mitohama141226i
毎度のことながら、オミナエシダカラが一番多い。三戸浜や和田長浜ではオミナエシダカラばかりが拾えるので、拾ったオミナエシダカラがどんどん増えてしまう。だから「オミナエシダカラを拾うのは控えよう」と思いつつ、ついつい拾っちゃうんですよね~(^o^;

今回は天気が良かったので、チャイロキヌタの茶色(黄色系の色)がよく目立つので、ついつい・・・
Mitohama141226j
チャイロキヌタもいっぱい拾っちゃいました~(^o^)

▽逆反りイタヤガイ
Mitohama141226k
手前がイタヤガイの左殻で、普通は平らな「板」なんですが、このイタヤガイの左殻は反り返ってます。それも膨らむようにそるのではなく、凹むように反ってます。
奥のは比較のためのイタヤガイの右殻。この2つでペア(合弁)だったわけではありません。
イタヤガイの左殻・右殻については、こちらの記事をご覧ください。
【イタヤガイ】千葉・館山…貝殻拾いの旅
あれ?館山で拾ったイタヤガイを見ると、イタヤガイには模様はついてませんね。
でも、このイタヤガイには模様がついてる。
Hanaitaya141226a
これ、もしかして「ハナイタヤ」?
「ハナイタヤ」で検索… あ~!
身近な貝殻図鑑:ハナイタヤ - そらいろネットによりますと…『左殻は内側に窪みます。』とのこと。
つまり、私が拾ったのは「逆反りイタヤガイ」じゃなくて、正常なハナイタヤの左殻だったのですね!! また一つ「そらいろネット」さんで貝殻の勉強をさせていただきました m(_ _)m

※ところで今気づいたんですが「そらいろネット」さんのサイトってスゴイですね~!
貝殻について検索していると、よく「そらいろネット」さんのページがヒットします。これまで、そのページを読むだけで帰ってしまっていたのですが、今ホームページへのリンクをクリックしてみたら~→そらいろネット 貝殻図鑑だけじゃなくて、家庭の医学から、植物図鑑、昆虫図鑑、野鳥図鑑、・・・って、三浦半島観光地図もある~!
これが『個人運営している綺麗でわかりやすい写真付きの図鑑・百科事典サイトです』ってとこが凄すぎます~!!

※三戸浜、和田長浜から望む「富士山」の写真を載せてる記事
2013/12/11 今年〆の貝殻拾い…和田長浜海岸(三浦半島) ←霞んでます。
2013/09/17 貝殻拾い…台風一過の三戸浜(三浦半島)へ ←小さく写ってます。

2014年12月21日 (日)

冬の貝殻拾い…和田長浜海岸(三浦半島)

11/6(木)晩秋の(台風通過中の)和田長浜海岸へ貝殻拾いに行ってるのですが、
12/21(日)に冬の和田長浜海岸へ貝殻拾いに行ってきました~
▽矢作(やはぎ)から海岸に入ると、いつものノラ猫さんが「ニャ~」っとお出迎え(=^ェ^=)
Wadanagahama141221cat

▽和田長浜海岸にあるお店?の前の丸太に巻き付けてあった編みロープ
Wadanagahama141221a
幾何学模様が素敵です(^_^)

▽またまた打ち上げられていました!変な物体「タツナミガイ」
Tatsunamigai141221a Tatsunamigai141221b Tatsunamigai141221c
このタツナミガイ、「腐ったナス」みたいにはなっておらず、ぷりっと丸かったので、色んな方向から観察しちゃいました。ん~やっぱり変な生き物です(^o^;

▽ウラウズガイとスダレガイ
Wadanagahama141221b Wadanagahama141221c

▽マツバガイの内側中心部がやたらと赤かったので、夕日にかざして見ました~
Wadanagahama141221d

▽この日の逸品「ひょうちゃん
Wadanagahama141221hyochan
ビーチコーマー憧れの「ひょうちゃん」です(^^?
「泰平」の軍配を持った「ひょうちゃん」なかなかイイですね(^o^)

▽和田長浜海岸北側の岩場は貝殻拾いポイントであり、サーフポイントでもあります。
そこで、波の立つ様子を観察~

沖合で白波が立ち…
Wadanagahama141221e

白波が横に広がり…
Wadanagahama141221f

海岸に近づき…
Wadanagahama141221g

ザッブ~ン
Wadanagahama141221h

この日は日曜日だったので、和田長浜海岸の貝殻拾いスポットには先客が数人。
なので、大収穫~ではなく、そこそこの収穫でした(^^;

※「タツナミガイ」の関連記事
2014/02/23 貝殻拾い【タツナミガイ】…和田長浜海岸(三浦半島)
2014/03/02 雨の和田長浜海岸で貝殻拾い~【タツナミガイ】
2014/03/08 和田長浜海岸でタツナミガイ×3…立浪~波~波~

2014年12月14日 (日)

福岡県・志賀島(しかのしま)で貝殻拾い~(2日目)

12/12(金)福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って、
12/13(土)志賀島に貝殻拾いに行って…『波の花』を見た~あと、休暇村志賀島の前の海岸ではたいして貝殻が拾えなかったので、前日そこそこ貝殻が拾えた海の中道から志賀島に渡る海岸で貝殻拾い(2日目)
そして、また、そこそこの収穫~(^o^)
Shikanoshima141213a
ワシノハガイ,タマキガイ,イタヤガイ,ザルガイ,(白くて貝殻の薄いまだ名前の分からない貝殻),クチグロキヌタ(幼貝),マクラガイ,カガミガイ,トリガイ,ナミマガシワ,チリボタン,ツノガイ,キンチャクガイ,ヒラフネガイ,オトメガサ,ヒオウギガイ,カバザクラ,ベニガイ…等々。このテーブルに並べきれなかった貝殻もあるから~
あ~「そこそこ」じゃなくて「大収穫~!」ですね(^o^)
アオイガイが拾えなかったので、気分が「そこそこ」になっちゃってました(^^;
そうだ、二日間で拾った貝殻でリュックが一杯で、帰りは肩がこるほどリュックが重かったのでした(^o^;



さて、朝10時の海岸の様子です。
Shikanoshima141213g
曇り空で、寒~い。貝殻はほとんど打ち上げられていません(´Д`)
波打ち際に点々と見えるのは「かもめ」さんです。何か餌になる物があるのでしょうか?

11時半:雲間から日が差してきました。海の中道側を望む
Shikanoshima141213i
玄界灘から吹く風が強くて寒~い((≧σ≦))のですが、日が差すとポカッと暖かくなり「お日様ってありがたい~!」って思いましたよ(^o^)
一見何もないような海岸ですが、所々に貝殻の吹きだまりがあります。
Shikanoshima141213j
小さな、たいしたことない(拾おうとまでは思わない)貝殻がほとんどなんですが、貝殻があるだけで気分は上向きです(^o^)

12時半:10時には貝殻がほとんどなかった海岸に、貝殻いっぱい!
Shikanoshima141213h
え~!たった2時間半の間に海岸の様子ってこんなに変わっちゃうんですかw(*゚o゚*)w
貝殻があんまり拾えなくてショボ~ンとしていた気分が、一気に上向き、テンションアップです(^o^)
桜貝(カバザクラ)やベニガイは、このとき拾いました。
貝殻拾いを始めた頃、貝殻拾いのノウハウで『海岸を往復すべし』みたいなこと書いてあって、これは行きと帰りで見る方向が逆になるから、見え方が変わって、行きには気づかなかった貝殻に帰りに気づくってことだろうと思っていたのですが、それだけじゃないんですね!
たった2時間半の間に海岸の様子がこんなに変わることがあるから、だから海岸を往復すると良いこともあるのですね。

海の中道から望む志賀島
Shikanoshima141213f


※あ~!志賀島に貝殻拾いに行きた~い!っていうきっかけになったこちらのブログ…
『ちらし寿司』の並っ(*^^*)|ビーチコーミング時々フィッシング(*^^*)
12/13のブログを見たら…
マジで強風っ(*^^*) ←アオイガイを拾ってる~!!
私が貝殻拾いに行った何時間か前に(写真を見ると日の出のときですね~。私が休暇村志賀島の前の海岸にいた頃だ~)
『ちらし寿司』ができるほど貝殻を拾ってる~! 私が10時にこの海岸に行ったとき、貝殻がほとんどなかったのはこのためか~(´Д`)

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ
Shikanoshima14121213

2014年12月13日 (土)

志賀島に貝殻拾いに行って…『波の花』を見た~

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って、早朝ビーチコーミングでアオイガイ~!は、残念ながら打ち上げられてませんでしたが(´Д`)
休暇村志賀島の前の海岸で…
Shikanoshima141213b
『波の花』を見ることができました~w(*゚o゚*)w
波の花とは⇒波の花/ほっと石川旅ねっとによりますと…『波の花は、海中に漂う植物性プランクトンの粘液が冬の荒波にもまれて、せっけん状の白い泡を作ったものと言われています。』 へ~!
波の花は岩に打ち寄せた波が白い泡になって舞い上がります。私が見ているときも強い風が吹くと泡が舞い上がって『波の華』になってました。
波の花は岩場で見られる現象らしいですが、砂浜でも『波の花』を見ることができました~
Shikanoshima141213c
波の花の白い泡が シュワシュワ~って、砂浜に打ち寄せる様を見ているのは面白かったですよ(*゚o゚*)

先ほどの波の花/ほっと石川旅ねっとによりますと…『最初は美しい白色ですが、時間が経つにつれて黄色になります。』 あ~岩場でもまれた泡が黄色になってました。
Shikanoshima141213k
そして、風に舞う波の花↓
Shikanoshima141213m
↑黄色いモワッとしたのが、風に吹かれて千切れ飛んだ波の花です。

※2020/10/07 YouTubeに動画を投稿できるようになったので、この日撮影した『波の花』をアップしました~
(ハイスピード撮影なので、音はなく、スローモーションで再生されます)



休暇村志賀島は朝6時から外に出られるとのことで、5時に起きて6時には海岸に行く気満々だったのですが、夜、波の音・風の音と共に、窓に雨粒がぶつかる音が・・・ え?雨(´Д`)
朝起きると、雨は上がっていましたが、まだ真っ暗(冬で日の出が遅いだけじゃなく、東京より福岡の方が日の出が遅いんですよね)。明るくなるまで、もう一時間寝よ..zzZZ
Shikanoshima141213e
朝7時、オーシャンビューの窓から海を見る。
どんよりとした曇り空ですが、早朝ビーチコーミングに出かけましょう(^o^)/~ あ、もう早朝と言うには遅いですけど(^^;
風が強く、寒~い海岸には誰もいませんでしたが、アオイガイも打ち上げられてはいませんでした(´Д`)
でも、『波の花』を見られたのでヨシとしましょう(=^ェ^=)

※この後、前日そこそこ貝殻が拾えた、海の中道から志賀島へ渡るところの海岸で貝殻拾いしまして、またそこそこの収穫でした~(^o^)
福岡県・志賀島(しかのしま)で貝殻拾い~(2日目)
志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ


※この日、もう一つビックリ!が↓コレ
Shikanoshima141213o
海岸が真っ黒ですよ~! これなに?
↓ちょっとトングで掘ってみると…
Shikanoshima141213p
…下には白い砂。あ~!上の黒い砂は砂鉄なんだ~!3cmぐらいの厚さに砂鉄が堆積しています。しかもかなり広範囲に。凄い!
この砂鉄が堆積していた海岸は、勝間海水浴場。でも「勝馬海水浴場 砂鉄」で検索しても、砂鉄いっぱい情報は出てきませんね~。この日が特別だったの?

勝間海水浴場の浜から望む「志賀海神社沖津宮
Shikanoshima141213q
左側の砂浜の黒いところが砂鉄の堆積


※2021/03/07追記
これだけ砂鉄が堆積すると「たたら製鉄」できますよね~?
「たたら製鉄 砂鉄 福岡」で検索したら…
世界遺産物語 第1話/日本最古の鉄器は糸島で出土|ジャパン九州ツーリスト
そして、糸島志賀島のお隣ですよ(^_^)
また、九州大学総合研究博物館によりますと『糸島半島の海岸からは日本で最良の砂鉄が取れます。千3百年前に、これを原料として鉄をつくった人々がいました。最近(1999年)、福岡市西区の元岡にある九州大学移転用地から、たくさんの製鉄炉の跡が見つかりました。』とのことで、この辺の砂鉄で「たたら製鉄」が行われていたんですね~😊

2014年12月12日 (金)

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに行ってしまいました~(^o^)/
冬の玄界灘は寒かった~(((≧σ≦)))
でも貝殻はそこそこ拾えました~\(^o^)/
Shikanoshima141212a
右上の黄色というか薄茶色…ミタマキガイ か タマキガイ(どっちでしょう?)
左側中ほど…ザルガイ
その下…ヒバリガイ
中央に、シドロガイ(2個)
その他、カガミガイ,マツバガイ,チリボタン,イタヤガイ,トリガイ,キンチャクガイ

テーブルに並べきれなかった分は床に並べて…
Shikanoshima141212b
ミタマキガイ/タマキガイ,ザルガイ,ヒオウギガイ,イタヤガイ,カガミガイ,トリガイ,チリボタン,クサイロアオガイ,キサゴ,
ワシノハガイ←これ、あうるの森「初物」ですので、のちほどブログに載せます。

そして、この日、意外と拾えた貝殻が~「桜貝」
Shikanoshima141212c
この桜貝は「カバザクラ」ですね。樺色のカバザクラが(材木座海岸逗子海岸より)多いです。合弁の貝殻も多いですね。

このカバザクラ(桜貝)を拾ったところは…
Shikanoshima141212d
志賀島の手前の「大岳海水浴場」の海岸で。奥に見えるのが志賀島です。
こっちの海岸って、関東の海岸と砂の色が違うんでよ~!
関東の海岸の砂は「灰色」ですけど、こっちはご覧のように薄茶色。砂粒がサラサラでキレイです。そして、その砂の上に打ち上げられているカバザクラ(桜貝)~
Shikanoshima141212e Shikanoshima141212f



なんで福岡・志賀島までわざわざ貝殻拾いに行ったかというと~
久々に二連休がとれたから(^o^)v
一泊で貝殻拾いに行こうかな~ 早朝ビーチコーミングができるし~(^^)
去年、千葉・館山…貝殻拾いの旅に行って、憧れの早朝ビーチコーミングに味を占め、休暇村館山で早朝ビーチコーミングしたから、今年もビーチコーミング(貝殻拾い)できそうな休暇村を探してみると…休暇村志賀島←へ~志賀島って「しがじま」じゃなくて「しかのしま」って読むんですか~ 金印(漢委奴国王印)が発見された島なんだ~

「志賀島 貝殻拾い」で検索すると、トップに出てくるこちらのブログ…
『ちらし寿司』の並っ(*^^*)|ビーチコーミング時々フィッシング(*^^*)
わ!アオイガイ拾ってる~w(*゚o゚*)w
ベニガイも!ヒオウギガイも!
そして最後は『ちらし寿司』 わ!ほんとに貝殻の『ちらし寿司』だ!おもしろ~い(^o^)
志賀島に行くとこんなに貝殻拾えるんですか~!これで『ちらし寿司』のなんですか~
こっちは二人前も拾ってますよ~!⇒『ちらし寿司』二人前っ(*^^*)part1 しかも、またもアオイガイ!
行きた~い!
でも、志賀島(福岡県)は遠~い(^^;;
けど、「格安航空券 東京 福岡」とか検索してみたら… 見つけました!それなりの出費にはなりますが(三浦半島に貝殻拾いに行く交通費の10倍ですが)、年に一回ぐらいは貝殻拾いで奮発しちゃお!(=^ェ^=)

そして、行っちゃいました。あうるの森(東京)から福岡県・志賀島まで貝殻拾いに(^o^)/
冬なのに、というか、冬だから。貝殻拾いのベストシーズンは冬。特に日本海側では大陸からの季節風が吹き、それが貝寄せの風となって、貝殻が大量に打ち上げられることがあるらしい。ときにはアオイガイも! ワクワク ←捕らぬ狸の皮算用(^^;
さて、早朝ビーチコーミングでアオイガイは打ち上げられているのか!?
明日につづく・・・ →志賀島に貝殻拾いに行って…『波の花』を見た~
Shikanoshima141213b

※カバザクラ(桜貝)はこちらに載せました
海の中道~志賀島で拾った桜貝【カバザクラ】が200枚
Sakuragai141212b

※まとめました
志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ
Shikanoshima14121213

2014年12月 9日 (火)

緑の芝生…ではなく、大根畑!三浦・岩礁のみち

11/22(土)『三浦・岩礁のみち』で貝殻拾いに行って、江奈湾の干潟を過ぎて坂道を上っていく途中…
Miura141122u
緑の芝生…
ではなく、大根畑です~w(*゚o゚*)w
Miura141122s
三浦半島の大根畑にはいつも圧倒されます。
2014/04/20 『近、いい、三浦半島』のダイコン畑~
2014/03/16 貝殻拾い…三戸浜・和田長浜(三浦半島)で春の息
2014/01/27 三浦海岸で大根がいっぱい!

この大根畑が見渡せる坂道を上ったところで、疲れた~(´Д`)
三浦・岩礁のみちはまだ道半ばですが、この日はここ↓
Miura141122v
「毘沙門天入口」から「岬めぐり」のバスに乗って帰りました~

三浦・岩礁のみち|三浦半島の海岸の地図を見ると、毘沙門天入り口バス停はまだ中間点です。残り半分は、そのうち…
♪岬めぐりの~バスは走る~♪と口ずさみながら(=^ェ^=)


※「三浦・岩礁のみち」ここまでの記事
『三浦・岩礁のみち』で貝殻拾い
シーグラス…三浦・岩礁のみち…大浦海岸
三浦・岩礁のみち…剱崎で貝殻拾い
岩に穴を掘る貝【カモメガイ】…三浦・岩礁のみち
太陽に煌(きら)めく水面(みなも)~三浦・岩礁のみちで

2014年12月 8日 (月)

太陽に煌(きら)めく水面(みなも)~三浦・岩礁のみちで

11/22(土)『三浦・岩礁のみち』で貝殻拾いに行って、剱崎から江奈湾に向かって歩いている途中の入り江で…
Miura141122p
太陽の光が水面(みなも)に反射して煌(きら)めいています~
Miura141122q
キラキラ~w(*゚o゚*)w
デジカメで撮影した画像を縮小せずに切り取って見ると~
Miura141122r
あれ!?面白い形~
これって、もしかして太陽? ん、太陽ですね!
太陽がいっぱ~い\(^o^)/
水面に煌めく光が丸かったのは、太陽が丸いからなんですね!!

※2020/10/07 YouTubeに動画を投稿できるようになったので、水面に煌めく光の動画をアップしました~
※カメラの操作を間違えてハイスピード撮影になってたので、丸い光がゆっくり煌めいてます。意図せず素敵な動画が撮れました(=^ェ^=)



※「三浦・岩礁のみち」の旅は続く…
緑の芝生…ではなく、大根畑!三浦・岩礁のみち

2014年12月 7日 (日)

岩に穴を掘る貝【カモメガイ】…三浦・岩礁のみち

11/22(土)『三浦・岩礁のみち』で貝殻拾いに行って~剱崎で貝殻を拾っているときに、岩に穴を掘る貝(穿孔貝)の入った岩(泥岩/砂岩)があったので、それを堅い岩の上に落としてみると~ 割れた(^o^)
Kamomegai141122a
「カモメガイ」の貝殻が出てきた~!
へ~カモメガイって岩の中にこんなお部屋を作って暮らしてるんだ~
三浦・岩礁のみちを剱崎からもう少し進んで江奈湾あたりでも、カモメガイが穿孔した岩がごろごろあったので、また割ってみると~(あ、岩を割るって言っても、持ち上げて落とすだけですよ。柔らかい泥岩/砂岩なので、腰ぐらいの高さから落とすだけで割れます。)
Kamomegai141122b
このカモメガイの貝殻をそ~っと取り出して見ていたら、面白いことに気づきました。
二枚貝なのに貝殻がピタッと合わさらず、隙間があるんです。まぁ、岩の中に隠れて暮らしているんだから、二枚の貝殻が全部がピタッと合わさらなくても身を守れるのでしょうけど…
↓こんなふうに二枚の貝殻がピタッと合わさらないんです~
Kamomegai141122cKamomegai141122d
二枚の貝殻がシーソーのようにギッタンバッコン動くんです。
あ~!そうか!カモメガイはこうやって岩を削っていたのか~
以前、カモメガイを調べたとき…『カモメガイやニオガイの仲間は、殻の前域にあるヤスリ状の部位を用いて、物理的に岩に穴を開け棲息します。』by 葉山しおさい博物館 とのことだったのですが、道具のヤスリは人が手に持って前後に動かすから物が削れますが、カモメガイの殻のヤスリ状の部位をどうやて動かすの?と疑問だったんです。
二枚貝の貝殻って、アサリの貝殻みたいにパカッて開くところをイメージするので、岩の中に入っていたら殻を動かせないよね(^^? と疑問???だったのですが…
そうか、カモメガイは殻を前後に開閉させて岩を削っていたのか~

Kamomegai141122eKamomegai141122f
↑殻を前後に開閉させるため、支点になるところにはもう一つ小さな殻が付いてました~!
この小さな殻は、岩の中に入っていたときは↓赤い矢印の部分です。
Kamomegai141122bm

↓カモメガイのヤスリ状の部分も鑑賞しましょう(^^)
Kamomegai141122g

カモメガイが岩に穴を掘る方法が「発見」できて、ちょっと楽しい(=^ェ^=)
※「発見」とは言っても「推測」で、実際に掘っている/動いているのを「観察」したわけじゃありませんけど(^^;

「カモメガイ ヤスリ」で検索して出てきた…⇒カモメガイ - DASH島によりますと…『貝から出した足を岩に吸着させ、ヤスリ状になっている貝殻の前側で、貝殻を開閉させながら穴を開け奥へ掘り進んでいく。』とのこと。『貝から出した足を岩に吸着させ』というのは、穴の入り口に近い方で足を出して「踏ん張る」のでしょうか?吸盤のように吸着するのとは違うよね?
→あ~!「カモメガイ 吸着」で検索したら…⇒カモメガイ(カモメガイ)とは - コトバンク
日本大百科全書(ニッポニカ)の解説に…『前部の腹側は活動期には広く開き、ここから円柱状の足を出し、すんでいる穴の底に吸着して体を固定し、殻を動かして穴を掘り進む。』と記載され、その画像も載っていました。へ~この足を出すために殻の前部(穴の奥になる側)には大きな隙間があったんだ~!

さらに、あ~!⇒静岡県/静岡の自然を学ぼう/カモメガイ【貝】によりますと…『貝殻前方には広く隙間があり、そこから円柱状の足を出し、岩に吸着させ、ゆっくりと廻りながら、貝殻前縁の硬い部分で岩を削り、奥へ入ってゆく。』
前後に動かすんじゃなくて『ゆっくりと廻りながら』なんですか~!
じゃ、「ヤスリ」というより「ドリル」ですね(^o^)



※関連記事
岩に穴を掘る貝がいるんですって〜!【イシマテ】
貝殻拾い【イシマテ】【シオツガイ】七里ヶ浜
【ヤエウメ】【カモメガイ】千葉・館山…貝殻拾いの旅

※あ~「穿孔貝」で検索していたら「隆起」という言葉を見かけました。そうそう、潮間帯に生息しているのであろう穿孔貝が、どうして潮上帯にゴロゴロしているのでしょう?と、これも疑問だったのですが、関東大震災とかの大地震で海岸が隆起して、陸上に出た穿孔貝を含む岩が崩れて、海岸にゴロゴロしてるんですね~!たぶん

三浦半島 - Wikipedia には…『関東大震災の折には城ヶ島周辺の広い範囲で海岸線が数メートル隆起している。』と記載されていました。

※「三浦・岩礁のみち」の旅はまだ続きます…
太陽に煌(きら)めく水面(みなも)~三浦・岩礁のみちで
Miura141122q


この記事のカモメガイの画像の一部が、
こちらの本に載ってます。→ 『うみのかくれんぼ』

日本野鳥の会の方からのコメントにヒントを得て、
まとめてみました。→鳥の名前が付いた貝

2014年12月 3日 (水)

銀杏(イチョウ)の黄色いじゅうたん…野川公園

野川公園で…
Ginkgo141130a
イチョウの黄色いじゅうたんです w(*゚o゚*)w
Ginkgo141130b
スゴ~イ\(^o^)/
このイチョウの大木が全部落葉したら、ふかふかの黄色いじゅうたんになるんでしょうね。
このイチョウの大木は、シダーローズはいつ落ちる?…野川公園のヒマラヤスギを観察している近く、イイギリの実が真っ赤でたわわの隣にありました~(^o^)

※関連記事
2011/10/08 どんぐりのじゅうたん
2013/09/24 ギンナン コロコロ~野川公園

銀杏(ギンナン)コロコロといえば~(上のイチョウの木ではありませんけど)今年も野川公園は銀杏コロコロ~でした↓
Ginkgo141103a
見上げれば…銀杏(ギンナン)がたわわ~
Ginkgo141103b

2014年12月 2日 (火)

カエルさんの『僕ビール、君ビール。』…かわいくて、香りがイイ~

Beer
あ、カエルさんのビールだ! カエルさん可愛い~(^o^)
『僕ビール、君ビール。』 ネーミングもイイね!
缶を三回回して~(缶ビールを飲む前のおまじない)
プルトップをプシュって開けると… イイ香り~
一口飲むと… このビール美味しい~w(*゚o゚*)w

最初コンビニで2本買って、美味しかったのでまた2本買って、4本です(^^;
でも、その後コンビニに行っても、このビール無いんです。
売り切れちゃったの? いつ再入荷するかな~?
「カエルさんビール」で検索すると…
ローソン限定ビールがうますぎて完売続出…! - NAVER まとめ とか出てますよ~
へ~!そうなんだ~
このビールのメーカーがヤッホーブルーイング…あの「よなよなエール」のヤッホーブルーイングだったので、美味しいだろな~と期待はしたんですが、期待以上に美味しかった(*゚o゚*)

あ~!ヤッホーブルーイングのサイト『よなよなの里』を見たら…『もう体験されましたか?よなよなエールの最上級品を⇒数量限定 よなよなリアルエール』なんて出てる~!
まだ体験してませ~ん(^o^;

※関連記事
2013/03/25 木の香…ふくろうさん×3,かえるさん,どんぐりストラップ
2013/03/28 カエルとんぼ玉ストラップ
2013/08/23 ふくろうラベルのビール…常陸野ネストビール
2014/08/11 ふくろうラベルのビール…常陸野ネストビール(ラベルコレクション)
2016/05/08 カエルさん『僕ビール、君ビール よりみち』風薫る五月の公園で…

2014年12月 1日 (月)

三浦・岩礁のみち…剱崎で貝殻拾い

11/22(土)『三浦・岩礁のみち』で貝殻拾いに行って~
剱崎の下の海岸…
Miura141122g
↓貝殻だまり~
Miura141122h
わ~\(^o^)/ ちっこい貝殻ですけど、いっぱい拾えます。
Miura141122i
このエビスガイ↑(中央) なかなかコンディション良いです(^_^)

貝殻ざくざくポイント発見です!(^^)v
Miura141122j
刻を忘れて貝殻拾いしてしまいそうでしたが、三浦・岩礁のみちはまだ先が長いので、日が傾かないうちに、先に進みましょう。(只今12時半)
この上に剱崎灯台があるのですが、この場所から見上げても灯台は見えませんでした。
代わりに「案内板」を載せておきますね(^^;
Miura141122k
『剱崎(つるぎざき)の由来
剱崎の名のおこりは、徳川時代の萬治年間(1658~1660年)であるといわれている。徳川幕府の官材を積んだ五百石船が、この沖で暴風雨のために難破し、木材もろとも船は海底に沈んだ。そこで海南神社の神主が海に剣を投じて龍神の怒りを鎮めてもらおうと祈ると、すぐに風雨が静まり、沈んだ官の木材がことごとく浮かび出たので、それをくり船で磯に運んだという。これにより、この地を剱崎というようになったと伝えられている。
また、断崖の上に立つ灯台は、明治4年に点灯、震災で破損後 大正15年に再建され、千葉県野島崎灯台とともに東京湾の重要な灯台です。 環境省・神奈川県』


※後日、剱崎灯台にも行ってみました。
2016/03/30 貝殻拾い…剱崎(つるぎざき)と剱崎灯台

※「三浦・岩礁のみち」はまだ続きます…
岩に穴を掘る貝【カモメガイ】…三浦・岩礁のみち

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus