« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

【タマキガイ】【ミタマキガイ】【ベンケイガイ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

去年12/12 福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って、いっぱい拾ってしまった
タマキガイ,ミタマキガイ,ベンケイガイです。
Tamakigai141212a
左側の方がタマキガイ、右側の方がベンケイガイ、下の方にミタマキガイが混じる。だと思うんですけど、貝殻拾い2年生の私、未だにその違いがよく分かりません。みんなタマキガイ科です。
「タマキガイ」で画像検索
「ミタマキガイ」で画像検索
「ベンケイガイ」で画像検索
これらの違い/見分け方はこちらのページを参考に…
タマキガイ科 : 福井の打上げ貝
タマキガイ・ベンケイガイ: 福井の打上げ貝
ベンケイガイとタマキガイ : かさぶたろぐ
ん~しかし、いっぱい拾って並べて見ると、どこでタマキガイとベンケイガイの線を引くのか?分かりませ~ん(^^;
左側のタマキガイと右側のベンケイガイを3つずつ取り出して、それぞれを見ると…
Tamakigai141212f Tamakigai141212e
違いは明らかなのですが・・・
例えば↓この3つを並べて見ますと~
Tamakigai141212i
真ん中のはどっち?
裏返して内側を観察…
Tamakigai141212j
あ、真ん中の殻頂/鉸歯のところにある黒いのは何? アップで↓
Tamakigai141212k
あ、タマキガイ・ベンケイガイ: 福井の打上げ貝のページの写真にもこの黒いのありますね~

ん~ タマキガイ/ミタマキガイ/ベンケイガイの区別はつけられず、「この黒いの何?」という疑問が増えてしまった(^^;
タマキガイの稲妻ギザギザ模様と貝殻の内側を鑑賞して終わりにしましょう(^o^;
Tamakigai141212g Tamakigai141212h



※関連記事
2014/08/26 貝殻拾い【ベンケイガイ】…千葉・富津岬
2015/02/01 ペンダント貝?…志賀島…冬の貝殻拾いの旅

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ

2015年1月30日 (金)

【イタヤガイ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って拾った、昨日は「初物」「レアもの」の「ハナイタヤ」でしたが、今日は普通の「イタヤガイ」です。
Itayagai141212a

「ハナイタヤ」で検索… 約 692 件
「イタヤガイ」で検索… 約 28,300 件 ね、イタヤガイはまぁ普通の貝かな。

上の真ん中の、殻頂からピンクのグラデーションのイタヤガイが綺麗なので、これを鑑賞しましょう(^o^)
Itayagai141212bItayagai141212cItayagai141212dItayagai141212e
↓放射肋の畝の間の凹みをアップで見ると、美しい~(*゚o゚*)
Itayagai141212f

※関連記事
2013/10/14 【イタヤガイ】千葉・館山…貝殻拾いの旅
2013/04/10 貝殻拾い…千葉・富津岬…二枚貝編
2013/11/06 【ナデシコガイ】【ヒオウギガイ】どっちだろ?千葉・館山…貝殻拾いの旅
2013/12/02 【イタヤガイ】【ヒオウギガイ】【ナデシコガイ】千葉・館山…貝殻拾いの旅
2014/08/25 貝殻拾い【イタヤガイ】【ナデシコガイ】…千葉・富津岬

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ

2015年1月29日 (木)

冬の貝殻拾い…三戸浜(三浦半島)…大根畑に浮かぶ富士山

1/29に三戸浜(三浦半島)に貝殻拾いに行って~
三戸浜までの道すがら、大根畑に浮かぶ富士山です(^o^)
Fuji150129a
大根畑の向こうに海(相模湾)が見え、そのさらに彼方に箱根の山々が霞み、その上に富士山が浮かんで見えます。掛け軸風に縦長に切り出して見ました(^o^)

この日の貝殻拾いの成果は~
Mitohama150129b
三戸浜や和田長浜に貝殻拾い行くと、いつもそれなりに収穫があります。貝殻拾いにはお勧めの海岸です。
で、今回貝殻を拾っていて、貝殻拾いをしているオジサン2人とお話しすることができました。
お一人は「何かいいもの拾えましたか?」と声をかけられ、「いえ、まだそれほど…」(まだ三戸浜の貝殻拾いポイントに来たばかりの時でしたから)
で、そのオジサンが拾う様子を見ていると、貝殻の打ち上げ吹きだまりで何か小さな貝殻だけを拾っているんです。タカラガイは眼中にないようです。ちょっと興味がわいたので、挨拶がてら「何を拾ってるんですか?」と尋ねると、「ムギガイです。」
ムギガイってどんな貝か知らない私は「ムギガイってどんな貝なんですか?」
「これです。」 ムギガイの写真をまだ撮ってないので⇒「ムギガイ」で画像検索
「あ~この貝、よく見かけますけど「ムギガイ」って言うんですか~」
「ムギガイだけ拾ってどうされるんですか?」
「貝細工、ムギガイで花を作ってます。」
「え~!これでお花作るんですか!」
「写真があるからお見せしましょう」と携帯の画像を見せてもらいました。
「わ!w(*゚o゚*)w 凄い!繊細!キレイ!」
(画像でその感動を伝えられないのが残念です。)
一つの花にムギガイは百個以上使っていて、そういう作品がいくつも!
スゴ~い!w(*゚o゚*)w
私も貝殻で何か創作しなくちゃ!と強く刺激を受けました。
「貝殻細工」で画像検索しても、ムギガイで作った花の画像は出てきません。
ムギガイはちーっちゃい貝殻ですから「最近は目が悪くなってムギガイ探すのもなかなか…」とおっしゃってました。ん~携帯は使いこなしてましたが、ブログまではやってないのですね(たぶん)。ならば私が、ムギガイで同じような作品を作って「こういうの作ってるオジサンがいましたよ」ってご紹介したいものです。でも、見せていただいたような素晴らしい作品を作れるようになるにはムギガイを千個ぐらい拾わないと匠の技に近づけないかも(^o^?

もう一人のオジサンにも「何かいいもの拾えましたか?」と声をかけられ、(あ~貝殻拾いヤーの挨拶は「何かいいもの拾えましたか?」なんでしょうか?)
このオジサン、今日はレアものを拾ったとのことで、見せてもらった貝殻が「カミスジダカラ」と「ウキダカラ」!
わ!レアもの! へ~これが「ウキダカラ」で、これが「カミスジダカラ」なんだ~。カミスジダカラはぱっと見「チャイロキヌタ」とどこが違うの?って感じでしたが、子細に見ると細~い筋があって、それで「髪筋宝」なんですね!実物を見せてもらうと勉強になります。ありがとうございました。

この2人のオジサン(それぞれお一人で貝殻拾いをされてました)とお話していて面白かったのが、どちらも「葉山しおさい博物館」に行って貝殻の同定をしてもらったことがあるってこと。「50種類ぐらい貝殻を持っていったら、全部たかったっぱしから名前を教えてくれたよ。」とか、「カミスジダカラじゃないかと同定してもらったもの全部違った。」とか。
ん~熱心な貝殻拾いヤーは「葉山しおさい博物館」のお世話になってる人多いんだ~(^o^)

実は私も「葉山しおさい博物館」まで貝殻の同定をしてもらいに行ってます(^o^;
貝殻拾い【ワニガキ】…三戸浜(三浦半島)で

※三浦半島の大根畑の記事
2014/04/20 『近、いい、三浦半島』のダイコン畑~
2014/03/16 貝殻拾い…三戸浜・和田長浜(三浦半島)で春の息
2014/01/27 三浦海岸で大根がいっぱい!
2014/12/19 緑の芝生…ではなく、大根畑!三浦・岩礁のみち

【ハナイタヤ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って拾った「初物」「レアもの」シリーズ
今日は「ハナイタヤ」です。
Hanaitaya141212a
「ハナイタヤ」で検索すると… 約692件 「レアもの」です(^o^)
では、レアもの「ハナイタヤ」を鑑賞~
Hanaitaya141212b Hanaitaya141212c
Hanaitaya141212d Hanaitaya141212e

「ハナイタヤ」で画像検索して… 私が拾ったこれ、ハナイタヤですね(^o^)

ハナイタヤの解説はこちらをご覧ください⇒身近な貝殻図鑑:ハナイタヤ - そらいろネット
貝殻検索していて、そらいろネットさんの身近な貝殻図鑑の解説はなかなか分かりやすいです。



志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ

2015年1月28日 (水)

【ヒバリガイ】【ムラサキインコ】志賀島…冬の貝殻拾い

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って拾った「ヒバリガイ」と「ムラサキインコ」です。
Hibarimurasaki141212
上段の赤いのが「ヒバリガイ」 2段目と3段目が「ムラサキインコ」
「ヒバリガイ」で画像検索
「ムラサキインコ 貝」で画像検索
(いつも貝のハンドブックや図鑑で、貝の名前の見当をつけた後は、ネットで画像検索して「確かにその貝だね」と確認してます。)
ヒバリガイもムラサキインコもイガイ科の貝です。
ヒバリとかインコとか鳥に見立てているのは、殻の表面の模様が鳥の羽のように見えるからでしょうか?

では、ヒバリガイを鑑賞~
Hibarigai141212a
イガイ科 - Wikipediaには『貧歯類の名のとおり、蝶番部の鉸歯がないかほとんどない』と記載されています。そこを観察…
Hibarigai141212b
薄い貝殻で蝶番部の鉸歯はほとんどありません。

ムラサキインコは…
Murasakiinko141212b
ムラサキインコの殻は「鳥の羽」って感じがしますね。
ムラサキインコを並べて鑑賞~
Murasakiinko141212a

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ

2015年1月27日 (火)

【モシオガイ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って拾った「初物」シリーズ
モシオガイ(藻塩貝)」です。
Moshiogai141212a
「モシオガイ」で画像検索すると…ん、モシオガイですね。
「モシオガイ」で検索すると…約836件 ←千件未満だからレアものです(^o^)
オレンジ色の貝殻を鑑賞~
Moshiogai141212bMoshiogai141212c
Moshiogai141212dMoshiogai141212e



ところで、モシオガイはなんで「藻塩貝」という名前なのでしょう?
藻塩とは⇒日本の塩作り - 淡路島の藻塩

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ
Shikanoshima14121213

2015年1月26日 (月)

【マクラガイ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って拾った「マクラガイ」です。
Makuragai141213c Makuragai141213f
Makuragai141213g Makuragai141213h
マクラガイは一昨年一個拾いました→貝殻拾い【マクラガイ】…三浦半島の海岸で
このとき拾ったマクラガイはかなり摩耗していまして~
でも今回拾ったマクラガイはなかなかコンディションいいです(^o^)
マクラガイって面白い形で、面白い模様だよね~って色んな方向から写真を撮っていたら、
↓ここが一番面白かった~
Makuragai141213d Makuragai141213e
あ~!螺塔(らとう)の螺旋に沿って溝がありますよ~!
肉眼で見ているときは気づかなかったんですが、写真撮って大きな画像でみたら溝がある!
え~!そうだったの?と、もう一度マクラガイを手にとって触ってみると、確かに溝がありますね~ これを螺溝(らこう)って言うのか~(貝の部位については…→貝とは|西表島貝類館参照)

マクラガイの大きさは↓3cmぐらい
Makuragai141213

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ

2015年1月25日 (日)

ハンカチノキの実…新宿御苑2015

一昨年(2013/01/26)新宿御苑に行ってハンカチノキの実を見つけて、この木の実面白~い(^o^)と思ったので、
新宿御苑に行ったらハンカチノキの実 落ちてるかな~?と行ってみたら…
ハンカチノキの実が落ちてました~w(^o^)w
Hankachinoki150125a
初めて見る人は「なにこれ?」だと思いますが、これ野鳥がハンカチノキの実を食べてこうなってるんです。
↓ハンカチノキの実を食べている鳥さん
Hankachinoki150125b
たぶんヒヨドリ だと思います。 そして↓こちらの鳥さんは…
Hankachinoki150125c
くちばしがオレンジ色なのでムクドリじゃないかと思います。
鳥さん(ヒヨドリ/ムクドリ)がついばんで、果皮/果肉がなくなった実がたくさんぶら下がってますね。

ハンカチノキは~
Hankachinoki150125d
あ、「ハンカチの木」じゃなくて「ハンカチノキ」です。⇒ハンカチノキ - Wikipedia
木の上部に実がいっぱいなっていて、そこに野鳥(ヒヨドリ/ムクドリ)が20羽ぐらいは来てました。
Hankachinoki150125e
ハンカチノキの実、かたくてあまり美味しそうには思えないのですが(鳥さんには)美味しいのでしょうか?

あ、そうだ… 一昨年の鳥が食べたあとは~

こんなふうに食べ残しが多かったのですが、
今年は(最初の写真)食べ残しが少ないですね~
一昨年(1/26)落ちているハンカチノキの実を触ってみると柔らかくはなかったのですが、今年(1/25)は実が一昨年よりは柔らかい気がする。実が熟して美味しくなってるから、鳥さんもハンカチノキの実を(硬い木の実の核は残して、果皮と果肉は)ていねいに食べているのかな?
鳥さんに食べられたあとのハンカチノキの実がこんなにいっぱい↓まだ木の枝についてました。
Hankachinoki150125f

※関連記事
ハンカチノキの実…新宿御苑にて
ハンカチノキの実を切ってみました〜
ハンカチノキの実の核を切ってみました〜
ハンカチノキの実…新宿御苑2016

※新宿御苑のまとめ記事:冬の新宿御苑探索~

【クチグロキヌタ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って、ここではタカラガイはほとんど拾えないね~と思っていたんですが、3個ほど拾ったタカラガイの一つが「クチグロキヌタ」(^o^)v
Kuchigrokinuta141213c Kuchigrokinuta141213d Kuchigrokinuta141213e
このクチグロキヌタ あんまり「口黒」じゃありませんけど、「クチグロキヌタ」の画像検索結果と見比べて… クチグロキヌタだと思います。
クチグロキヌタは和田長浜(三浦半島)で拾ったことがあるのですが、あうるの森には初登場です。
このクチグロキヌタの大きさは↓3.5cm
Kuchigrokinuta141213

こちら⇒クチグロキヌタ|日本の宝貝|雉猫の宝 のクチグロキヌタの画像がツルツル・ピカピカで綺麗~(*゚o゚*)
あ、そうそう、私の拾ったクチグロキヌタはまだ殻口の歯がしっかりできてませんね。だからこれは、幼貝と成貝の中間のクチグロキヌタのような気がします。

ところで、日本の宝貝:日本に産するタカラガイ(Cowries of Japan)←このサイト凄い!
これから宝貝のことを調べるときは、まずは↑このページを見るようにしよ(^_^)

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ

2015年1月21日 (水)

【タテスジホオズキガイ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って拾った「初物」シリーズ
今日は「タテスジホオズキガイ」です。
Tatesujihozukigai141212a
拾った時から「これはレアもの!」と思ったので大きな画像で載せてますが、
実際の大きさは↓これくらい…3cmぐらい
Tatesujihozukigai141212bTatesujihozukigai141212c
「タテスジホオズキガイ」で検索すると…約544件 ←ん、またまたレアものの貝です(^o^)v
タテスジホオズキガイってどういう貝? 検索していて見つけたこちらのページ
静岡県/静岡の自然を学ぼう/タテスジホオズキガイ【貝】
あ、貝殻の検索をしていて静岡の自然を学ぼう/貝のサイトはなかなか私の評価の高いサイトです。ここの貝の解説を読むとかなりその貝について分かります。
で、それによりますと…『二枚貝に似て、2枚の殻を有し“カイ”とつくが、貝類(軟体動物)ではなく、腕足動物であり、全く異なる動物群である。』←えーー!!これ貝類じゃないの~w(*゚o゚*)w
「腕足動物」って何(^^? ⇒腕足動物 - Wikipedia によりますと…『2枚の殻を持つ海産の底生無脊椎動物シャミセンガイ、チョウチンガイなどと呼ばれるものを含む。一見して二枚貝に似るが、体制は大きく異なり、貝類を含む軟体動物ではなく、独立の腕足動物門に分類される。』 だそうで、その違いがよく分かりませんが、とにかく貝類じゃないんですって~!!
これは、フジツボは貝類じゃなくて甲殻類なんですって~!と知ったときに次ぐビックリです。
さらに、腕足動物 - Wikipediaによりますと…『二枚貝のように2枚の殻を持つが、二枚貝類の殻は体の左右に1枚ずつあるのに対して、腕足動物の殻は背腹にあるとされている。』
へ~↓これ、イタヤガイのように左殻と右殻で形が違うからだろな~と思っていたのですが… 背と腹なんですか~!
Tatesujihozukigai141212d
ん~貝の世界は、知れば知るほど奥深い~~

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ

2015年1月20日 (火)

【フジナミガイ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って拾った「初物」シリーズ
今日は「フジナミガイ」です。
Fujinamigai141212a
殻長7cmくらいの比較的大きな二枚貝です。
「フジナミガイ」で検索すると… 約877件 ←千件未満だからレアものかな(^o^)v

ではフジナミガイの貝殻を大きく鑑賞~
Fujinamigai141212b
成長肋/輪肋の縞々模様がイイですね~
内側は…
Fujinamigai141212c
紫色=藤色だから「藤波貝(フジナミガイ)」のようです。

内側が紫の貝は…→貝殻拾い【ウチムラサキ】…千葉・富津岬 を拾ってますが、ウチムラサキは濃い紫色ですね。それに比べてフジナミガイは藤色ですね~
藤色といえば…→貝殻拾い【フジノハナガイ】チョウチョみたい~鎌倉・材木座海岸
ん~ フジナミガイが一番「藤色」ですね(^o^)

あ、江ノ島でもフジナミガイが拾えるんだ~!
フジナミガイ : えのしま貝散歩 - ライブドアブログ
それに、この記事にはツメタガイの「砂茶碗」の写真がありますね~!
私はまだ「砂茶碗」を見たことがありません。
一度はナマで見てみたい~⇒「砂茶碗」で画像検索 ←スゴィ w(*゚o゚*)w

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ

2015年1月19日 (月)

【ニオガイ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って拾った「初物」シリーズ
今日は「ニオガイ」です。どこかで既に拾ったことあるかもしれないのですが、あうるの森 初登場です。
Niogai141213c
白くて薄い貝殻が、冬の日の光にキラキラしていて綺麗だったので、ついつい拾っていたら、こんなにいっぱい(^o^)
並べて見ると~
Niogai141213b
48個ありました。
ニオガイの大きさは…3cmぐらい
Niogai141213a
実は拾っているときは「この貝 なんだろう?」状態だったんですが、
カモメガイをスリムにしたような貝だね~
カモメガイに似てるってことは、この貝も岩に穴を掘る貝?
岩に穴を掘る貝で、葉山しおさい博物館の説明にあった貝で、まだ拾ったことないのは~
「ニオガイ」かも!
「ニオガイ」で画像検索すると…(最初にカモメガイの画像が出てきますが、これは「ニオガイ科」でヒットしたようで)私の拾った貝殻は「ニオガイ」ですね。
ニオガイってことは「岩に穴を掘る貝」なんですよね。葉山しおさい博物館の説明より…『カモメガイやニオガイの仲間は、殻の前域にあるヤスリ状の部位を用いて、物理的に岩に穴を開け棲息します。』
ところで、ニオガイの殻ってとっても薄いのですが、こんな薄い貝殻で岩に穴を掘れるのでしょうか?ニオガイの貝殻をアップで観察/鑑賞~
Niogai141213d
あ~ヤスリのような棘がいっぱい生えてますね~!これで岩を削るのか~
Niogai141213e
でも、このヤスリ状の棘のある殻で岩を削ったら、棘/殻の方も摩耗しますよね。そこんとこはどうするのでしょう? ん~生き物なのだから、補修するのかな?外套膜をベロ~ンって出して?

もひとつところで、なんで「ニオガイ」という名前なのでしょう?
貝の名前は何かに「見立て」てつけられたものが多いですけど、ニオガイは何に見立てたの?
その答えがこちらにありました。⇒身近な貝殻図鑑:ニオガイ(1) - そらいろネット
それによりますと…『[名前の由来] 鳰貝。殻の輪郭が水鳥のカイツブリを連想させることから。ニオはカイツブリの古名。』 あ~!言われてみれば、殻の輪郭と表面の模様が水鳥の羽みたいですね。

※岩に穴を掘る貝の記事
岩に穴を掘る貝がいるんですって〜!【イシマテ】
貝殻拾い【イシマテ】【シオツガイ】七里ヶ浜
【ヤエウメ】【カモメガイ】千葉・館山…貝殻拾いの旅
岩に穴を掘る貝【カモメガイ】…三浦・岩礁のみち

※「鳰貝」ですが、これで「におがい」と読むんですよね。すると、鳰(にお)ですよね。
「鳰」で検索すると… カイツブリ - Wikipediaがトップに出てきます。それによりますと…『古名の「ニオ(にほ)」は水に入る鳥が転じたのが由来。奈良時代には「にほどり」「みほとり」と称されていた。漢字「鳰」も「水に入る鳥」を意味する会意字。和製漢字である。』 へ~!!!(3へぇ)

さらに「鳰」で画像検索すると…アニメの一人の女の子の画像ばかり出てきます。この子、誰?
漫画/アニメ『悪魔のリドル』の登場人物で『走り鳰 (はしりにお)』っていう名前なんだ~。
ん~最近の漫画/アニメって登場人物の名前ひとつでも色々調べて名付けてるんでしょうね。だって「鳰」なんて字、ふつう知らないですよね?
「走り鳰」で検索したら…⇒走り鳰とは (ハシリニオとは) [単語記事] - ニコニコ大百科によりますと…『走りという名字は非常に珍しいが実在しており、鳰という名は滋賀県の県鳥に指定されている。』 ありゃ、滋賀県の人は「鳰」知ってるんだ~(^o^;

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ

2015年1月18日 (日)

【サツマアサリ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って拾った「初物」「レアもの」シリーズ
今日は「サツマアサリ」です。
Satsumaasari141212c
サツマアサリ:二枚貝綱 異歯亜綱 マルスダレガイ科
成長肋/輪肋にそって生えているヒダヒダが特徴的な貝殻です。
2個拾いました。大きさは… 4cmくらい
Satsumaasari141212b
一個は殻頂のところが摩耗していて、淡いピンク色です。
Satsumaasari141212d
そして、貝殻の内側も淡いピンク色
Satsumaasari141212e

「サツマアサリ」で検索すると… 約258件 またまたレアものの貝です。
「サツマアサリ」の画像検索結果を見ていて… あ、そうだ!私もサツマアサリのヒダヒダをもっとアップで撮って、その画像を載せておこ(^o^)v
Satsumaasari141212a
ん~成長肋/輪肋にそって生えているヒダヒダが面白い(^o^)

※成長肋(せいちょうろく)/輪肋(りんろく)などの貝の部位名は、いつもこちらのページを参考にさせていただいてます。⇒貝とは|西表島貝類館



志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ
Shikanoshima14121213

2015年1月17日 (土)

【ビョウブガイ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って拾った「初物」シリーズ
今日は「ビョウブガイ(屏風貝)」です。
Byobugai141212e
貝殻が屏風のように波打ってるからビョウブガイ
大きさは… 7cmくらい
Byobugai141212a
ビョウブガイを4つも拾っちゃいました v(^o^)v
「ビョウブガイ」で検索すると… 約579件 レアものです!
しかも検索して出てきたタイトルには「レッドデータブック」の文字が何ページも。
ビョウブガイは絶滅危惧種なんですね~!
では、その貴重な貝殻を鑑賞…
Byobugai141212b
Byobugai141212c
ビョウブガイは 二枚貝綱 翼形亜綱 フネガイ目 フネガイ科
昨日ご紹介した「ワシノハガイ」もフネガイ科でした。
フネガイ科なので、貝殻の背縁/蝶番線/鉸歯の部分が長くて真っ直ぐです。
でも、こんなにくねくね曲がった貝殻の左殻と右殻がどのようにくっついていたのでしょうね?
「ビョウブガイ」で画像検索 ←ねじれてくっついてますよ~!面白~い(^o^) でも何でこんな形に進化したんでしょうね? 不思議~

他にも志賀島でビョウブガイ拾ってる人いないかな?と「ビョウブガイ 志賀島」で検索したら…
漂着物学会・ヤッタネ!ビョウブガイ!! こちらは漂着物学会 2010年 第10回漂着物学会 福岡大会のビーチコーミングで拾われたようです。そして、こちらのページによりますと…『実は狙っていたモノがあるんですよ。それはアオイガイかって?イエイエ違います。だってアオイガイなら日本海側の各地で拾えるじゃないですか~!!』←え~!!アオイガイって日本海側に行けば、そんなに普通に拾えるんですか~! 私はアオイガイが拾いたくて、志賀島まで冬の貝殻拾いの旅に行ったのですが・・・ アオイガイは拾えませんでした(´Д`) アオイガイ拾ってみたい~!
でも、漂着物学会会員の人がアオイガイより拾って嬉しいビョウブガイって… 私が拾ったビョウブガイはそんなにレアものだったのか~

※ところで私、漂着物学会入会しました~(^o^)
2015年の漂着物学会大会は徳島県で開催されるようです。行けるかな?



※関連記事
漂着物学会というのがある!
【ワシノハガイ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅
Washinohagai141212e

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ

2015年1月16日 (金)

【ワシノハガイ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って、色々「初物」の貝殻を拾いました。その中の一つ「ワシノハガイ」です。
Washinohagai141212b
拾っているときは「この貝なんだろ?」
貝殻拾いの旅から帰って調べてみると…「ワシノハガイ」だと分かりました。
言われてみれば、確かに「鷲の羽」ですね~(^o^)
ワシノハガイの貝殻は外側を見ると「鷲の羽」ですが、内側を見ると…
Washinohagai141212c
不思議~!面白い形~ なんでこんなに真っ直ぐなの?
二枚貝の左殻と右殻だと思うんですが、殻頂の鉸歯(こうし:二枚貝の殻と殻を合わせるための歯)がなくて、その部分が真っ直ぐでツルツルなんです!どうやって左殻と右殻がくっついていたのでしょう?
「ワシノハガイ」で検索… 約277件←千件以下です。レアものです!私の勝手な貝殻レアもの度判定基準は、検索して千件以下ならレアもの(^o^)
検索してトップに出てきた⇒ワシノハガイ : 福井の打上げ貝によりますと…『フネガイの仲間は背縁がまっすぐなのが特徴だが、ワシノハガイでは殻長に対する直線的な背縁の割合が最も高い。』だそうで、
「フネガイ」で検索すると…⇒フネガイ科 - Wikipedia によりますと…『蝶番線は長く真っ直ぐで、多数の特殊化していない歯が一列に並ぶ。』だそうで、確かに『蝶番線は長く真っ直ぐ』ですが、『多数の特殊化していない歯が一列に並』んでる?と、そこを指でなぞってみると… あ~!細かいギザギザがある~!
その部分の画像を縮小しないで切り出して見ると↓
Washinohagai141212g
(ちょっとピントが合ってませんけど)ギザギザの歯がありますね!
そうだったんだ~w(*゚o゚*)w

それと、フネガイ科 - Wikipedia によりますと、フネガイ科は『二枚貝綱』ですね。
つまり、ワシノハガイは二枚貝なんだ~
実は、志賀島でワシノハガイを↓こんなに拾ってまして(^o^)
Washinohagai141212a
並べていると、これ左殻と右殻に分けられるよね~(どっちが左殻でどっちが右殻か、私には分かりませんけど)、これ二枚貝だよね~
でも鉸歯が無い(無いのではなく目立たなかっただけですが)どうやって左殻と右殻がくっついていたのか分からなかったんです。
大きさの似た左右の殻を合わせてみると…
Funegai141212
↑この形で「フネガイ(船貝)」なんだ~!
こちらのページ⇒ワシノハガイ|鳥羽水族館オンラインショップには左殻と右殻がピッタリくっついた合弁のワシノハガイの画像があります。

さて、もう一度、面白い形のワシノハガイの貝殻を鑑賞しておきましょう(^^)
Washinohagai141212eWashinohagai141212d
殻の内側が白いのと、白くないのがありますが、白くない方は摩耗しているのかな?



志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ
Shikanoshima14121213

※関連記事
2018/01/02 千葉・富浦・原岡海岸で拾った【タカノハガイ】
Takanohagai171117

2016/08/03 鳥の名前が付いた貝
Bird-shells

カモメガイ、ニオガイ、ヒバリガイ、ムラサキインコ、スズメガイ、ミノクジャクガイ、フクラスズメ、サギガイ、カモガイ、ウノアシ、ヒナガイ、ワシノハガイ

2015年1月15日 (木)

【フミガイ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って、色々「初物」の貝殻を拾いました。
今日はその中の一つ「フミガイ」です。
Fumigai141212b
放射肋(ほうしゃろく)の畝(うね)が太い貝ですね。
左側のフミガイはピンク色で成長肋にも細かいひだがいっぱい見てとれますね。
実際の大きさは↓2cm~3cmくらい。
Fumigai141212a
7個も拾っちゃった(^o^)v ピンクとオレンジのがお気に入り(^_^)

ところで、フミガイは何に見立てて「文貝」なんでしょうね?
「フミガイ 由来」で検索して名前の由来は見つけられませんでした。
「フミガイ」で検索すると、約372件←千件に達しないから、フミガイってレアものなのかしら? それと、今生きているフミガイより、化石のフミガイのページが目立ちますね~



※志賀島で拾ったフミガイ、上の7個だけじゃなくて、他に3個ありました。全部で10個拾ったんだ~
Fumigai141212c
ピンクのフミガイ、キレイ~(^o^)

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ

2015年1月14日 (水)

【ベニガイ】志賀島…冬の貝殻拾いの旅

福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って拾ったベニガイです。
Benigai141212b
「志賀島 貝殻拾い」で検索していて、ベニガイをいっぱい拾ってる画像を見ていたので、ベニガイいっぱい拾えるかな~?と期待したのですが、ベニガイはこの3枚だけでした。でも、拾って嬉しいベニガイですw(^o^)w
ベニガイをアップで鑑賞…
Benigai141212a
ほぼ同じ大きさの左殻と右殻ですが、合弁ではありません。別々に拾ったものです。
一方に開いている穴はツメタガイに穿孔されたものだと思われます。

※これまでに拾ったベニガイ
2013/10/01 貝殻拾い【ベニガイ】…台風一過の三戸浜
2013/12/03 【ベニガイ】【カバザクラ】千葉・館山…貝殻拾いの旅
これらの記事では、ベニガイだけではなく同時に桜貝(カバザクラ)も拾ってますね~
志賀島でも桜貝(カバザクラ)をいっぱい拾いました。
海の中道~志賀島で拾った桜貝【カバザクラ】が200枚
ベニガイが生息する環境と桜貝(カバザクラ)が生息する環境には共通点があるようです。
あ~!→貝殻拾い…逗子海岸で拾った【桜貝】400枚 を見たら、ベニカイも7枚拾ってました。
 桜貝400枚⇔ベニガイ7枚
 桜貝200枚⇔ベニガイ3枚
ん~ 桜貝とベニガイの比率がだいたい同じですね~(^^)

※ツメタガイといえば~→【ツメタガイ】に穿孔された【桜貝】【フジノハナガイ】【ハマグリ】

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ

2015年1月13日 (火)

海の中道~志賀島で拾った桜貝【カバザクラ】が200枚

去年12月に福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~行って、拾った貝殻をやっと整理分類したので、ぼちぼちブログに載せていきます。
まずは、意外とたくさん拾えた(桜貝)カバザクラです。
Sakuragai141212b
いくつ拾ったんだろう? 並べて見ると…
Sakuragai141212a
わ!およそ200枚もあった~w(*゚o゚*)w
しかも合弁のカバザクラが31も!

これまで鎌倉・材木座海岸や逗子海岸で桜貝(カバザクラ)をたくさん拾ってますが、合弁のカバザクラをこんなにたくさん拾ったのは初めて!

※「桜貝とは?」 こちらをご覧ください→貝殻拾い【桜貝】鎌倉・材木座/由比ヶ浜
海の中道~志賀島で拾った桜貝はほとんどがカバザクラなのですが、並べていると… これはサクラガイ? これはモモノハナガイ? っていうのもあるんですが、その辺が微妙なので、とりあえずみんな桜貝(カバザクラ)ってことで(^^;

※これまでに一番たくさん桜貝(カバザクラ)を拾ったのは…
貝殻拾い…逗子海岸で拾った【桜貝】400枚

※海の中道~志賀島で拾ったカバザクラの中には桜色ではなく、黄色やオレンジ色のものがありますが、これを「樺色」といいまして、「カバザクラ」の名前の由来なのです。
桜貝【カバザクラ】は樺色

※海の中道~志賀島で桜貝(カバザクラ)を拾った場所は…
福岡県・志賀島(しかのしま)まで貝殻拾いに~
福岡県・志賀島(しかのしま)で貝殻拾い~(2日目)

志賀島…冬の貝殻拾いの旅…まとめ

2015年1月12日 (月)

シダーローズを拾いに野川公園へ

シダーローズを拾いに野川公園に行ってきました~
Cedarrose150110a
中央のシダーローズは直径8cmほどありますが、その他は小さめのシダーローズばかり。
2014/10/12 シダーローズはいつ落ちる?…野川公園のヒマラヤスギを観察しに行って、
2014/11/17 シダーローズが落ち始めました~野川公園で シダーローズを拾ってましたが、今シーズンのシダーローズ拾いはこれがまだ2回目。
野川公園でヒマラヤスギの球果がいっぱいついている木を定点(定期)観測して、シダーローズがいつどれくらい落ちたかを記録しておこうと思っていたのですが…
冬はシダーローズ拾いの季節ですが、貝殻拾いの季節でもあるので、お仕事offの日は貝殻拾いに行ってしまって、木の実拾いにいく頻度が減ってしまっている私(^^;

Cedarrose150110b このヒマラヤスギの木を定点観測の木に選んだのですが、このヒマラヤスギの下ではシダーローズは拾えませんでした。
このヒマラヤスギの木を見上げて、球果がいっぱいついてるところをズームすると~
Cedarrose150110c
ヒマラヤスギの球果の先端=シダーローズが落ちて、球果の芯のトンガリがいっぱい。つまりそれだけシダーローズは落ちたってことです。でも、まだ球果の先端が落ちてないものもありますから、この後もシダーローズは落ちてきますよ。

このヒマラヤスギの木の下には…
Cedarrose150110e
球果の鱗片がいっぱい落ちています。↓もっとアップで…
Cedarrose150110f
公園のヒマラヤスギの木の下に鱗片がいっぱい落ちているのを見つけたら、そこにはシダーローズが落ちている可能性がありますから、木の下をぐる~と歩いてシダーローズが落ちていないか探してみましょう。シダーローズが落ちていなくても、ヒマラヤスギの木を見上げて、球果がついていたら、まだシダーローズは落ちてきますから、その場所を覚えておいて、強い風が吹いた日または翌日早朝にそのヒマラヤスギの木の下に行ってみましょう。シダーローズが拾える可能性大です(^o^)v

数日前、強風(木枯らし)が吹いたとき 「あ、明日の朝はシダーローズが拾えるね!」と思ったのですが、お仕事offじゃないし~ 数日後ではシダーローズは拾われてしまった後でした(^^;
今回拾ったシダーローズのうち、直径8cmの大きなものは「こんなところにもヒマラヤスギがあったんだ~」という場所にポツンと落ちてました(^_^)

それと、まだ落ちないのかな~?と不思議な球果…
Cedarrose150110d
ヒマラヤスギの球果は先端のシダーローズが落ちて、そのあと、その下の鱗片がパラパラと落ちると思っていたのですが、この球果は先端がまだ落ちずにくっついてますよ!
こんなの見たの初めて。面白~い(^o^)

※野川公園のシダーローズの記事
2013/10/22 野川公園でヒマラヤスギの実が目白押し~
2013/11/29 大輪のシダーローズが拾える時期…野川公園
2014/02/01 大輪のシダーローズ(Cedar Rose)…野川公園
2014/10/12 シダーローズはいつ落ちる?…野川公園のヒマラヤスギを観察
2014/11/03 ヒマラヤスギの雄花が午後の花粉を飛ばしている~
2014/11/17 シダーローズが落ち始めました~野川公園で

2015年1月 5日 (月)

2015貝殻拾い初め…和田長浜(三浦半島)

今年の貝殻拾い初めはどこに行こうかな~
去年の貝殻拾い締めは三戸浜に行ったから、貝殻拾い初めは和田長浜だね~
と、1月5日に行ってきました~(^o^)
Fuji150105c
この日は富士山が見えました!
お正月なので富士山に向かって手を合わせます「今年も楽しい貝殻拾いができますように」(=^ェ^=)
漁師さん、正月五日からお仕事ご苦労様です。私は貝殻拾いに来てますけど、元旦だけ休みで、二日からお仕事でしたから(´Д`) この日は、やっとお休みとれたんです。だから、貝殻拾いに行ってリフレッシュしないとね(^_^)
Fuji150105a
冬の海ですが、この日は晴れで、そんなに寒くはなかったです。
1/5(月)世の中一般には仕事始めで、貝殻拾いに来ている人はいないだろうな~ と思ってたんですが、和田長浜北端の貝殻拾いポイントにいってみると、既に先客が8人も!
え~ どうしてそんなに人がいるの~? みんな下を向いてあちこち歩いてますから、貝殻拾いしてるんですよね。でも、30分もしたらみんないなくなったので、あとはゆっくり貝殻拾いしてきました(^o^;
そして、この日の収穫~
Wadanagahama150105a
毎度のことながら、オミナエシダカラ,メダカラ,チャイロキヌタが多いです。でも、この日はオミナエシダカラはいつものように大量収穫ではありませんでした。先客の方々に拾われちゃったんでしょうかね?
真ん中に小さな貝殻がごちゃっとしてるのは「チグサガイ」などの微小貝です。
晴れている日は砂浜に打ち上げられたシーグラスがキラッと光って目につくので、ついついシーグラスも拾っちゃいました。
それとこの日、意外と多く拾えたのは(中央下あたりの)ネズミガイアマオブネ
そしてこの日の逸品…
Wadanagahama150105b
下のピンク色のは「ベニフデガイ」 レアものです(^o^)v
右の茶色のにょろにょろは「ミミズガイ」 これもレアもの
左の螺旋がキレイに巻いているのは「エビスガイ」 お正月にエビス(恵比寿)さまは縁起がいいですね(^_^) エビスガイは割れてしまっているものが多く、完全体はあまりひろえません。
上中央の緑色のは「スガイ」 これは普通に拾える貝殻ですが、これはフレッシュな色に見えたので一緒に撮影(^^;

さて、今年の貝殻拾いもできるだけブログに載せていこうと思っているんですが、1月5日のことを10日に書いてるって、、、できる範囲でがんばろう(^o^;

2015年1月 1日 (木)

ガラスのフクロウさん(フラワーベース)

あけましておめでとうございます。
今年のブログ初めは「ガラスのフクロウさん」です(^o^)
Owlgrass1
去年の12月、私の誕生月にプレゼントでいただきました~ ありがとうございます(^o^)
私の数あるふくろうグッズコレクションの中でも、この形は初めてです。
面白い形だし、カワイイ~(=^ェ^=)
Owlgrass2
これ、フラワーベース(花瓶)なので↓こういう形
Owlgrass3
でも、フクロウさんの置物としてこのままで十分カワイイので、花は生けてません(^^)
「この中にポプリを入れておいてもイイですよ~」とのこと。あ~そういう使い方もイイですね。
フクロウさんのおなかの模様は…
Owlgrass4
サンドブラストでつけられてます。

これをプレゼントしてくれたお友達からの情報によりますと、
このフクロウさんの作者は⇒ガラス工房すみれさん
「府中の森アートマーケット」に出店しているときに見つけたとのこと。
そこには、このフクロウさんの他にも(ガラスの色が違う)フクロウさんがいて~
Owlgrass5
同じ技法で作られたウサギさんもいた~
Owlgrass6
ウサギさんの口 ω がカワイイ~(^o^)

※去年、トンボ玉の創作あんまりやってないから、今年は「ふくろうトンボ玉」や「肉球トンボ玉」の創作、がんばります!(目標)
あうるの森:トンボ玉

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus