« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月27日 (土)

貝殻拾いでシラスの打ち上げ~三戸浜(三浦半島)

梅雨時の貝殻拾い、6/17に和田長浜に行ったので、6/27は三戸浜に行ってきました~
この日は二三日前は100%の雨予報で、お仕事OFFだけど貝殻拾いに行けないね~(´Д`)と貝殻拾いに行くのはあきらめていたのですが… 前日は雨・雨… 朝起きても雨… でも、小雨になってる。天気予報を見ると… 午後は晴れだ~w(^o^)w
そして、三戸浜(三浦半島)に貝殻拾いに行って、この日の海岸に打ち上げられていたものが~
Shirasu150627a
シラス~!が、浜に延々と・・・
Shirasu150627b
w(*゚o゚*)w
こんなにいっぱいシラスが打ち上げられることがあるんですね~!
さらに浜を歩いて行くと…
Shirasu150627c
生シラス~!
まだ打ち上げられたばかりのようで、体が透きとおってます。
そして波が打ち寄せるとピチピチ跳ねてました~w(*゚o゚*)w
生シラスがいっ~ぱい!!
Shirasu150627d
ん~ビックリです。

※2020/10/07 YouTubeに動画を投稿できるようになったので、この日撮影してたシラスがピチピチ跳ねる様子をアップしました。


この日は午後2時頃が満潮で、三戸浜に着いたのは午前10時半頃。ですので、この後、シラスの打ち上げラインより上に潮が満ちてきます。三戸浜の西北端まで行って貝殻を拾って戻ってくると(午後2時頃)、打ち上げられたシラスは波にさらわれて無くなっていました。
このシラスの打ち上げラインを見ることができたのは、数時間ほどの短い間だけったのですね~。つまり、レアものにめぐり逢えたってことでしょうか(^o^)



※今年海辺で出会ったビックリ…
2015/04/20 ネイチャーウォッチング【アメフラシの卵】…雨の三戸浜でアメフラシ(雨降らし)~
2015/05/06 貝殻拾い【アメフラシの卵】で冷やし中華~和田長浜海岸~荒崎
2015/05/14 貝殻拾い…台風6号→温帯低気圧一過の三戸浜に打ち上げられていたもの…アメフラシ~

三戸浜の東南端には初声漁港があり、ここに行くとノラ猫さんが「何かくれないかニャ~」と寄ってきます。
「ごめんね。あげるもの無いよ。」 さっき、おにぎり食べちゃったから(^^;
あ、そうだ! シラスが打ち上げられてるんだから、これ食べな。。。と、打ち上げシラスを少し集めてノラ猫さんにあげると~
Shirasu150627neko
シラスを食べてました~(^o^)

※三戸浜(初声漁港)にノラ猫さんいっぱいの写真…
2014/12/26 冬の貝殻拾い…三戸浜(三浦半島)…ノラ猫さん「ニャ~ニャ~」


あ~ シラスの打ち上げにビックリで、拾った貝殻を載せるの忘れてました(^^;
Mitohama150627a
そこそそ大収穫~(^o^)

2015年6月22日 (月)

アジサイの花とカマキリの幼虫

梅雨時にアジサイの花を撮っていたら、なんども出くわしたのが・・・アジサイの花とカマキリの幼虫150614j
カマキリ~ まだ孵化(ふか)してまもない幼虫です。
↓こっちにも(こっちのカマキリは幼虫というには大きいですね)
アジサイの花とカマキリ150614x
↓こっちにも…
Ajisai150614z02_kamakiri
↑あれ? カマキリって幼虫の頃は背が反っているのでしょうか? 最初の写真のカマキリも小さくて背が反ってますね。2番目の写真のカマキリはちょっと大きくなって(何度か脱皮を繰り返して?)背が真っ直ぐですね~

アジサイの花の写真を撮っていて、カマキリの幼虫と出会うのは、カマキリの孵化の時期のあとにアジサイの開花の時期が来るのでしょうか?
「カマキリの孵化」で検索すると…
カマキリの孵化130425 - YouTube
生まれた時から両手に鎌・・・カマキリの孵化 (2009/05/27)  - YouTube
ん~カマキリの羽化は4月~5月頃なのかな。そして6月、アジサイの花の上でカマキリの幼虫を目にすることがあるんですね。
カマキリの卵=卵鞘(らんしょう)からカマキリの赤ちゃんがいーっぱい!うにょうにょ~ぞろぞろ~って出てくるの「面白い!」って感性の人は、上のYouTubeのリンクをクリックしてカマキリの孵化の様子を是非ご覧ください。面白いですよ~w(*゚o゚*)w
あ、上の2つのYouTube動画、投稿者が同じ「福田俊」さんですね。
あ!カマキリの産卵の動画もある~
カマキリの産卵 - YouTube

カマキリに興味がわいてきたら…
カマキリ - Wikipedia
オオカマキリの一生 - nifty ←カマキリの一生をここまで写真に収めているなんて、凄い!カマキリの交尾の話も面白かったです。

最後に、アジサイの花とオニヤンマ~(^o^)
Ajisai150614z01_oniyanma
オニヤンマが飛んでるってことは… 梅雨が明けたら(私が苦手な季節) 夏が来るんだ~


あ~! オニヤンマがなぜアジサイの花によってくるのか? オオカマキリの一生 - nifty によりますと…『肉食のカマキリといえども、翅がなく体も小さい幼虫の時にトンボなどの餌食になってしまい、無事に成虫になれるのはごくわずかではないかと推測されます。』…ということは~ オニヤンマはカマキリの幼虫を探していたのかな?
では、カマキリはなぜアジサイの花にいるのかな? アジサイの花に寄ってくる他の昆虫を待ち構えているんですよね。たぶん。
ん~!みんなつながってるんだ~(*゚o゚*)


2015年6月21日 (日)

カラフルなアジサイの花

梅雨時…色鮮やかなアジサイの花を見ると、つい足をとめて写真を撮っていたのを、一つ一つブログに載せるより、まとめて(^o^;
Ajisai2015
カラフルなアジサイの花~(^o^)
アジサイの花の色については⇒アジサイ - Wikipedia花の色

↓こちらのガクアジサイは…中央の花の部分がカラフル~
Ajisai150614t
↓中央部をさらにアップで…
Ajisai150614v
(*゚o゚*) カラフル~♪ 雄しべの軸が紫色ですね~
ところで、「アジサイ」は「紫陽花」と書きますが、なんで「紫陽花」と書いて「アジサイ」と読むのでしょうか?
アジサイ - Wikipedia名称 によりますと…
『日本語で漢字表記に用いられる「紫陽花」は、唐の詩人白居易が別の花、おそらくライラックに付けた名で、平安時代の学者源順がこの漢字をあてたことから誤って広まったといわれている。』 へ~『誤って広まった』んですか~ 「紫陽花」は『おそらくライラック』だったんですか~

2015年6月20日 (土)

夏休みのイベント:貝殻の標本作りのための貝殻準備~

去年 貝殻の標本とタカラガイのストラップ作り…ふしぎ発見科学教室|府中グリーンプラザ をやりまして、今年「それと同じ内容のことを東芝未来科学館の夏休みのイベントでやりたいから、貝殻を80人分用意してくださいな。お願い!」と、去年「貝殻のお話」をしてくれた正多面体クラブの関野さんよりお願いされまして~ 「喜んで(^o^)」と引き受けました。

貝殻の標本作りをするには、子供たちを海岸に連れて行って、そこで拾った貝殻で標本作りができればベストなんですが、なかなかそれはできません。だから、あらかじめ拾っておいた貝殻で標本作りをします。
標本用に用意する貝殻は20種類…
Kaigara150620c
上段左から、ツメタガイオミナエシダカラ、メダカラ(2個)、チャイロキヌタ(2個)、ナツメガイイシダタミアシヤガイアマオブネ(2個)、ビニール袋に入っているのは フジノハナガイ(2個)、カバザクラ(2個)
中段左から、トコブシマツバガイツタノハガイ、ウノアシ、クズヤガイ
下段左から、クチベニガイ(2個)、ナミマガシワヤエウメオオヘビガイヤカドツノガイバフンウニ
…以上、20種。あ、改めて数えてみたら21種類でした(^^;
「色んな種類の貝がいるんだよ~」って子供たちに伝えたいから、あれもこれもとストックの中から80個以上ある貝殻を集めてきたら、21種類になってました。(厳密に言うと、貝は軟体動物で、ウニは棘皮動物。だからウニ殻は貝殻じゃないの。だから貝殻は20種類です。)
小さいから/裏表見せたいから2個ずつの貝殻もあるので、一人27個の貝殻。
27個/人×80人分=2,160個!

それを、一人分ずつ蓋付きプラカップに入れます…
Kaigara150620a
↑これで40人分。2回に分けて、21種類の貝殻を一つずつカップに入れ、全部で80個…
Kaigara150620b
ふ~ やった~!標本用貝殻80セット!カップ詰め終了です(^o^)

標本用貝殻 2,160の他に、タカラガイのストラップ用にオミナエシダカラ:80個、メダカラ:80個、チャイロキヌタ:80個 用意しましたので、全部で貝殻 2,400個!
ん~我ながらよくこれだけ貝殻を拾い集めたもんだと思います(^o^;

7/26(日) 東芝未来科学館『貝殻の標本とタカラガイのストラップ作り』には私もアシスタントとして参加します。そのとき貝殻の標本展示もします。只今、貝殻標本整理中~

そうだ、その翌日7/27(月)は戸田少年少女サマーフェスティバルで『タカラガイのストラップ作り』をします。ここでもタカラガイを600個用意します。
だから、今年の夏休みイベントで放出する貝殻は全部で3,000個!
これだけ大量の貝殻を放出すると、貝殻ストックが激減しますが、でも「家の中が貝殻であふれて困った~」状態が解消されますので、また貝殻拾いに行く楽しみが増えるんですw(^o^)w

2015年6月17日 (水)

梅雨時の貝殻拾い…和田長浜海岸(三浦半島)

6/17(水)お仕事OFFでした。貝殻拾いに行きた~い(^o^)
6/5に材木座~江ノ島に貝殻拾いに行ってから2週間ぐらい経ってます。
梅雨時だけど、雨が降らなければ貝殻拾いだ~!
天気予報は曇り。曇りなら(日焼けリスクが小さいから)貝殻拾い日和です(^^;
朝5時半に起きたら、雨音が・・・ え~(≧σ≦)
ネットで雨雲の動きを見ると… あうるの森の上空にだけ雨雲がかかってます。
そして、三浦半島の上空には雨雲はありません! 貝殻拾いに行けます(^o^)v

行ってきました~ 和田長浜海岸へ
Wadanagahama150617e
梅雨時で、一日曇りの予報でしたが、10時半頃、和田長浜海岸に着いたときは晴れ
この雲は「夏の雲~」って感じですね。UV対策を怠ると日焼けしちゃいます(^^;
この日は大潮の翌日で干潮は11時半頃。だから潮は大きく引いていて、乾いた砂浜の先に湿った岩/石が出ている所は、満潮のときは水面下の「潮間帯」ですね。潮間帯には色んな海の生き物がいます。貝も生きてます。だから、貝殻はあまり拾えません。貝殻拾いは砂浜の打ち上げラインで…
この日の貝殻拾いの収穫は~
Wadanagahama150617a
大収穫~!ってほどの感じは、拾っているときはありませんでしたが、貝殻を洗って並べて見ると、まずまずの収穫かな(^o^)
写真の上側、左はオミナエシダカラ、右はメダカラとチャイロキヌタ。
右側の細かいのは、ムギガイとチグサガイ。またまた微小貝をいっぱい拾ってしまった。
その左に、アシヤガイ、アサリ、チリボタン
左端は、オオヘビガイ、シマメノウフネガイ
その下に、ツメタガイ、クルミ、菱の実…そうそう、海岸でクルミを拾うことはよくあるんですが、菱の実を拾ったのは初めてです。
Wadanagahama150617c

この日の午前中は時々日が差し暑いくらいだったのですが、午後になると曇ってきて、そのうち ポツ、ポツ、… パラパラと雨が降り出しました。朝、雨が降ってたので雨合羽は持ってきましたので、雨合羽を着て貝殻拾いは続行(^o^)v でも、ムシムシ蒸し暑い~(^^; 小雨だったし、1時間ほどで雨は上がったのでびしょ濡れにはなりませんでした。こういう天気だし、平日だし、他に貝殻拾いをしている人はいませんでした。家族連れの磯遊びや、大潮の干潮時に海の幸を穫ってる人たちはいました。(何を穫っているんでしょうね?)

そうそう、この日の和田長浜海岸では海の家の建設が行われてました。(前回、材木座・由比ヶ浜に行ったときも海の家が建設ラッシュでした。) あ~梅雨が明けたら、海水浴シーズンになって、貝殻拾いはシーズンOFFになっちゃうね~(^^;

2015年6月16日 (火)

梅雨時の木の実【梅】

梅雨時の木の実といえば~
梅ですね(^o^)
Ume150614a_bungo
梅の実が美味しそうに実ってますよ~
Ume150614b_bungo
↑豊後(ぶんご)
↓唐梅(とうばい)
Ume150614f_tobai
この梅の実は、府中市郷土の森の梅園のものです。
Ume150614g_tobai

ところで、梅雨って、梅の実がなる時期に降る雨だから「梅雨」?
でも、なんで「つゆ」と読むのでしょう?
「梅雨前線」は「ばいうぜんせん」と素直に音読みなのに??
梅雨 - Wikipediaの名称 を読んでも、
梅雨(つゆ) - 語源由来辞典 を読んでも、梅雨(つゆ)の語源については諸説あるようです。

府中市郷土の森では現在(梅雨時は)「郷土の森あじさいまつり」をやってます。
2月は「郷土の森 梅まつり」をやってました。
でも「梅の実まつり」はやらないんですよね(^^;
どこの公園も「花」のイベントはしても「実」のイベントはやらないようです。なぜでしょう?
植物にとって「花」は大事ですけど、「実」も大事ですよね。花は綺麗ですけど、実も鑑賞すると楽しいのに~

※関連記事:初夏の木の実【小梅】

2015年6月15日 (月)

梅雨時の道端の花【タチアオイ】

梅雨ですね~
梅雨時の花といえば「アジサイ」の他にもう一つ、「タチアオイ」です。
Tachiaoi150610a
立葵の花をもっとアップで…
Tachiaoi140609a
タチアオイの花、いっぱい咲いてますけど、まだ蕾もいっぱいです。
Tachiaoi150610c
タチアオイ - Wikipediaによりますと…『花は垂直に伸びた花茎の下から上に咲き上っていく。ちょうど梅雨入りの頃に咲き始め、梅雨明けと共に花期が終わる(花茎の頭頂部まで開花が進む)ことになぞらえて、「ツユアオイ(梅雨葵)」という別名も冠されている。』…なので、タチアオイの花が咲くと「梅雨だね~」と季節を感じます。
※お休みの日に雨が降ると貝殻拾いに行けないので、梅雨時は好きな季節じゃありませんけど(^^;


2015年6月14日 (日)

梅雨時の道端の花【ガクアジサイ】

梅雨ですね~
梅雨時の花といえば「アジサイ」ですね。私はアジサイの中でも「ガクアジサイ」がちょっと好き。だから道端(遊歩道)に咲いてるガクアジサイを見ると足を止めて(自転車を止めて)ガクアジサイの写真を撮ってます(=^ェ^=)
Gakuazisai150605b
ガクアジサイの花がいっぱい(*゚o゚*)
一つアップで…
Gakuazisai150605a
で、この周りの(額縁に見立てられる)青い花びらのようなものは、装飾花(そうしょくか)で萼片(がくへん)です。
中心部にあるツブツブが本来の花。
Gakuazisai150605c
まだ花は咲いておらず、蕾ですね。でも5枚の花弁があることは見てとれますね。
まもなくこの蕾が開いて花が咲きます。
Gakuazisai130614b
花が咲いて、雄しべがツンツンしてます(^o^)

アジサイ と ガクアジサイ については、Wikipediaの「装飾花」の解説が「へ~!そうなんだ~」と面白かったです。

ガクアジサイ色々…
赤紫~
Gakuazisai150605d
白~
Gakuazisai130614a

※関連記事
2014/06/22 アジサイ(紫陽花)が青い~! アジサイの花の色は土壌のpHや「アルミニウムイオン」が関係してるそうです。
2015/06/15 梅雨時の道端の花【タチアオイ】
2015/06/16 梅雨時の木の実【梅】
2015/06/20 カラフルなアジサイの花
2015/06/21 アジサイの花とカマキリの幼虫

2015年6月 5日 (金)

貝殻拾い…材木座・由比ヶ浜・稲村ヶ崎・七里ヶ浜・江ノ島東浜

6/5(金)お仕事OFFだったので、久々に貝殻拾いに行ってきました~(^o^)
5/14(木)に台風6号→温帯低気圧一過の三戸浜に貝殻拾いに行って以来の、3週間ぶりの貝殻拾いです。今度はどこに行こうかな~?
2/25(水)に材木座・由比ヶ浜・逗子海岸に行って以来、そっち方面に行ってないから、今度は材木座かな~ ということで、行ってきました…材木座・由比ヶ浜・稲村ヶ崎・七里ヶ浜・江ノ島東浜へ。9時ごろ鎌倉駅に着き、いつものようにパン「日進堂」の揚げたての揚げパン買って(^o^)

材木座海岸ではトンビに揚げパンさらわれた~!!経験があるのですが、その後のトンビ観察の結果「トンビが飛ぶのは上昇気流の発生する午後から」ではないか?と思われるので、材木座海岸に着いたらまずは揚げたての暖かい揚げパンで朝ご飯。推測通り、午前中はトンビが飛んでいませんでしたので、トンビに揚げパンさらわれることはありませんでした(^o^)v

さて、お腹も満ちたし、貝殻拾いを楽しみましょう。
ところが! この日の痛恨のミス。デジカメのバッテリー切れ! あ~デジカメに充電してなかった~_| ̄|○
なので、貝殻拾いで見つけた面白いネタが撮れません。なので、海岸での画像なしのブログになってしまいました。

そして、帰ってから充電して、貝殻を洗って並べたこの日の収穫~
Zaimokuzaenoshima150605a
上半分は、この日 材木座海岸で集中的に拾ったフジノハナガイです(^o^)
400個ぐらいは拾ったかな。フジノハナガイを集中的に拾ったのは~ この夏の科学イベントで「貝殻の標本とタカラガイのストラップ作り」をやるから貝殻を20種類×80人分=1,600個用意してくださいなという依頼がありまして、「貝殻の標本の中にはフジノハナガイも入れたいな。フジノハナガイはツメタガイに穿孔されたものが多いから、そこで貝と貝の関わりについて話ができていいじゃない。」とのこと。ん~でも、フジノハナガイのストックはあんまり無いのよ~。ならば、材木座海岸に行ってフジノハナガイを拾いましょう!ということで、小っちゃくて、つまみ上げるのも手間かかるフジノハナガイをせっせと拾い集めてきたのでした~。しかも「合弁のフジノハナガイはチョウチョみたいで、子供に受けるかもね?」ということで、合弁のフジノハナガイだけを拾拾ってきました(^o^)v

この時期、材木座海岸で波打ち際の生きてるフジノハナガイを観察してると面白くて~
その面白さを伝える写真が撮れなかったのが、残念。。。 携帯のカメラで撮ってはみたんですが、どうやってPCに取り込むの? やり方がわかんない(^^;;
代わりに、2013/05/23の材木座のフジノハナガイの記事をご覧ください。

え~フジノハナガイ以外の今回の収穫は…
中央のピンク色は材木座・由比ヶ浜ではおなじみの桜貝カバザクラとオオモモノハナガイ)です。あ、色の濃い合弁のオオモモノハナガイは、江ノ島東浜で拾いました。
桜貝の中央おへそ部分置いた白いのはハスノハカシパンウニ
桜貝の右側、茶紫色の合弁の貝はミゾガイ
その下に一本だけダンダラマテ(片側だけ)
茶色い丸っこいのはツメタガイ
桜貝の下、とんがってるのはヤカドツノガイ
白くて丸っこいのがいっぱい並んでいるのはヤエウメ
その隣、画像下側の赤い縁取りの貝殻はクチベニガイ
その隣(左側)丸い青灰色のは、今回初めて拾ったナミベリハスノハカシパン
左下の丸くて大きい二枚貝はカガミガイ
その上にキンセンガニの殻が2つ
その上(画像左側中ほど)は二枚貝色々…そろそろ疲れてきました(^^;
あ~それと、この日の逸品、ツツミガイが2個、どこかに…

…以上、今回の収穫でした。このあと個別に写真を撮って、ブログに載せていきます。(ブログしている余裕のあるときに…)

2015年6月 4日 (木)

初夏の木の実【小梅】

初夏の道端の「花」だけじゃなくて「実」も・・・
小梅がい~っぱい!
Koume150531a
たわわ~
Koume150531b
「小梅、持ってくか?」と言われたんですが、既に別口で小梅を3キロほどもらっていたので、こちらは写真を撮るだけ。写真を撮ってる間にも、風が吹くと小梅の実がポロポロ落ちてきてました。今年は小梅の実が豊作のようです。

※初夏の道端の花シリーズ
初夏の道端の花【マーガレット】
初夏の道端の白い花【カラー】
カラーの襟は花じゃなくて苞
初夏の道端の白い花【ドクダミ】
八重のドクダミ

※梅の記事
梅雨時の木の実【梅】

2015年6月 3日 (水)

麦秋(ばくしゅう)…麦の穂が実る初夏の頃

Bakusyu150531
麦の穂が実り収穫期を迎えた今頃の季節を麦秋(ばくしゅう)って言うんだ~
一週間前はもっと明るい色だった小麦が、↑実りの色になってました~
Fuyukomugi150521a

「麦秋」で検索すると…
麦秋 (1951年の映画) - Wikipedia 小津安二郎監督による映画があるんだ~
麦秋、到来 ビール原料の二条大麦が収穫期 栃木:朝日新聞 小麦もイイですけど、夏はビールだね~(^o^)

2015年6月 2日 (火)

八重のドクダミ

八重のドクダミがあるんですね~(*゚o゚*)
Yaedokudami150531b

ドクダミは4枚の白い(花弁じゃなくて)総苞を持ちますが…
Dokudami150531a
八重のドクダミは…
Yaedokudami150531a
これも全部「総苞」なのでしょうか?

※関連記事:2015/05/27 初夏の道端の白い花【ドクダミ】

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus