« ツワブキの綿毛…新宿御苑 | トップページ | 楓(フウ)の実とモミジバフウの実 »

2017年2月 5日 (日)

大王松(ダイオウショウ)の松ぼっくりと種子

新宿御苑の大王松(ダイオウショウ)の松ぼっくりのことを書いていて…
そうだ、私の木の実コレクションの大王松(ダイオウショウ)の松ぼっくりも大きさが分かるように載せておかなきゃ(^^)/~
Daiosho02
大王松の松ぼっくり:高さ23cm
左側に置いた普通の(アカマツの)松ぼっくり:5cm
小さいのはツガの松ぼっくり:3cm
ね~大王松の松ぼっくり大きいでしょ(^o^)
この大王松は私の木の実好きを知る人からのもらい物。
もらったときは、まだ松かさが閉じていて、鱗片の隙間には種子が入っていました。
乾燥して松かさが開くと、鱗片の間から種子が出てきます。
↓ダイオウショウの種子
Daiosho05
大王松の種子(マツ科の種子)はタネに翼の付いた翼果(よくか)です。
松かさが開いて、風で松かさが揺すられると、種子が落ちます。落ちる時、タネの部分を中心にクルクル回りながら落ちてきます。そのとき強い風が吹いていれば、種子は遠くまで飛ばされ行くんです。風散布という種子散布の形態です。
Daiosho06
Daiosho07
この大王松の翼果を投げ上げてみました…
あれ、くるくる回らず、ストンと落ちてしまうのが多いですね~
タネが重いから、もっと高く投げ上げないと(落下距離が大きくないと)回り出さないのでしょうか? いくつかはクルクルよく回るものがあったので、それを撮影してみようと思ったのですが・・・難しい~(^^;
マツのタネがクルクル回るのを撮影した動画YouTubeにないかな~
ありました!この動画は素晴らしい~w(*゚o゚*)w

※関連記事
2011/10/10 松ぼっくりは湿気があると閉じるんですね〜
2017/01/31 ダイオウショウ(大王松)のマツボックリ…新宿御苑
2015/02/09 新宿御苑の木の実【ダイオウショウ】大王松
2015/02/08 新宿御苑の木の実【ツガ】



あ、せっかく撮影したんだから、この画像も載せておこ(^^)
↓松かさが開くと鱗片が螺旋階段のようだ~
Daiosho03
↓松ぼっくりを下から見ると螺旋状~くるくる
Daiosho04

« ツワブキの綿毛…新宿御苑 | トップページ | 楓(フウ)の実とモミジバフウの実 »

木の実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツワブキの綿毛…新宿御苑 | トップページ | 楓(フウ)の実とモミジバフウの実 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus