« 貝殻拾い【ウマノキヌタアゲマキ】…千葉・館山・休暇村前 | トップページ | 肉球最中(もなか)と肉球饅頭(まんじゅう)だニャン »

2017年10月21日 (土)

『生き物屋図鑑』みんなスゴイ!そして変(^o^)

『生き物図鑑』 森口満
Ikinomoyazukan

この本「生き物図鑑」ではなくて「生き物図鑑」です。
ゲッチョ先生とつながりのある色んな「生き物屋」たちのお話です。とっても面白かったです(^o^)
読んでいて「あ、そうか~!」「ん、そうだよね。」と付箋紙貼ったところをメモ…

植物生態屋
「好き」の反対は「嫌い」ではないと思う。「好き」「嫌い」の反対は「無関心」ではないだろうか。

ハチ屋
授業というものは、まず生徒の常識をさぐることから始める必要がある。生徒たちは、自身にまったく関係のない事柄には興味を持てない。半面、生徒がよく知っていることを紹介しても授業にならない。彼らの常識からスタートし、その常識をちょっとでもひっくり返せたら「いい授業」。

フジツボ屋
生き物を見ていると、「勝つ」や「負ける」よりも、「みんな変」というのがピッタリだ。「生きる」ということに対して、一つの答えなんてありえない。「こんなのもあり」がその答え。生き物はそうしたことを教えてくれる。

ん、私もそう思います。生き物は「みんなちがってみんないい」んだと思う。
世の中にはこんなに色んな「生き物屋」がいるんですね~ みんなスゴイ人そして変な人ばかりです(^o^)

読んでいて「へ~そうなんだ」と思った↓
『関東以西の日本は、かつて広く常緑の照葉樹林に覆われていた。房総半島南部で生まれた僕にとって、照葉樹林こそ故郷の森だ。千葉から埼玉と沖縄、二度引っ越しをした僕だけれど、最初のビックリ度は埼玉に越した時の方が大きかった。冬にはほどんどの木々が葉を落とす雑木林って何!?とビックリしたわけ。』
私は武蔵野の雑木林が故郷の森(今もその辺に住んでますけど)なので、冬にはほどんどの木々が葉を落とすというのが私の「森」のイメージ(=^ェ^=)
「武蔵野の雑木林」で画像検索
「武蔵野の雑木林 冬」で画像検索

※関連リンク
盛口満 - Wikipedia 『生き物屋図鑑』はゲッチョ先生の著作の中でも比較的最近なんだ。(2006年)
・なぜ「ゲッチョ先生」と呼ばれているの?⇒【ゲッチョ先生コラム】呼び名を与えてくれる者|てら子屋 『…その最初の職員会議の議題が一風変わっていた。「生徒に教員を先生と呼ばせないようにしよう」......こんな話をしていたのだ。』
ゲッチョのコラム



※ゲッチョ先生の本の記事
『海といえば冬』だよね~! ゲッチョ先生の『おしゃべりな貝』

« 貝殻拾い【ウマノキヌタアゲマキ】…千葉・館山・休暇村前 | トップページ | 肉球最中(もなか)と肉球饅頭(まんじゅう)だニャン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 貝殻拾い【ウマノキヌタアゲマキ】…千葉・館山・休暇村前 | トップページ | 肉球最中(もなか)と肉球饅頭(まんじゅう)だニャン »

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus