« フクロウさん缶バッチを作ってみました | トップページ | ハチラボ 11月のワークショップ「貝のしくみを知ろう」…貝殻磨きも »

2017年10月28日 (土)

ヒガンバナの「葉」

ヒガンバナの花が咲いているとき、「葉」は生えていません。
Higanbana170920a
(2017/09/20撮影)
ヒガンバナは球根からムクムクと芽を出し、ニョキニョキ茎が伸び、鮮やかな赤い花を咲かせますが、葉は生えていません。
え? それでは来年また花を咲かせるための栄養はどうするの? たぶん球根は茎と花に栄養を使って小さくなってるよね。球根にまた栄養を蓄えるには?
「葉」が必要なので、花が終わった後に葉が生えてきます。
Higanbana171021a
(2017/10/21撮影)
普通は葉と一緒に茎も残っているのですが、花が終わった頃に遊歩道の草刈りが行われて、茎は刈り取られてしまったので、そのあとに生えてきた葉だけになってます。
※横にパラパラ落ちてるオレンジ色のものはキンモクセイの花。

↓茎が刈り取られずに残っていた、ヒガンハナの茎と、あとから生えてきた葉
Higanbana171021c

↓ヒガンハナの葉がすくすく
Higanbana171021b

※関連記事
2014/09/26 ヒガンバナ/曼珠沙華(まんじゅしゃげ)は「6」 ←よくよく観察したら、ヒガンバナは「6」とは限らなかった~(汗;)

※ヒガンハナの花い~っぱい!の画像
「巾着田 彼岸花」で画像検索巾着田(きんちゃくだ)は、埼玉県日高市の西部 … 巾着のような形をした平地
「矢勝川 彼岸花」で画像検索矢勝川(やかちがわ)は、愛知県の知多半島を流れる阿久比川水系の二級河川

« フクロウさん缶バッチを作ってみました | トップページ | ハチラボ 11月のワークショップ「貝のしくみを知ろう」…貝殻磨きも »

草花実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フクロウさん缶バッチを作ってみました | トップページ | ハチラボ 11月のワークショップ「貝のしくみを知ろう」…貝殻磨きも »

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus