« 2017年〆の貝殻拾いに浜諸磯へ~ | トップページ | 千葉・富浦・原岡海岸で拾った【タカノハガイ】 »

2018年1月 1日 (月)

青緑色の卵…エミューの卵

あけましておめでとうございます。
2018年のブログ初めは、青緑色の卵エミューの卵です!
Emu1712b
今生み落としました…と言うわけではなく、明るい所で撮影しようと、冬の公園の紅葉の枯葉の落ちた芝桜の上で(^^)
ちょっと明るすぎたので、直射日光を遮って撮ると↓こういう色。
Emu1712d
青? 緑? その中間だから青緑色かな。何れにしても、こんな色の、こんなに大きい卵があるなんて驚きです。w(*゚o゚*)w
大きさは…
Emu1712a2
長径:15cm、短径:11cmぐらい。
大きさに驚きですが、何といっても色に驚きですね。
そして、卵の殻の表面がまた驚き!
Emu1712e
うわぁ~w(*゚o゚*)w
Emu1712f
こんなに凸凹した表面なんだ~
表面の凸部分は緑色、凹んでる部分は青。それが混じって神秘の青緑色です。
その神秘の卵を冬の青空にかざして見る…
Emu1712g
お~\(^o^)/
Emu1712i

ん~ エミューの卵を堪能しました(^o^)

え~と、このエミューの卵を入手するまでの経緯は…
館山に貝殻拾いに行った帰り、館山駅で路線バスから高速バスに乗り換える待ち時間にみやげもの屋さんをブラブラしてたら、薄緑色の卵…アローカナの卵があったんです! 思わず買っちゃった。
ここで、緑色の卵への興味がわいて、調べていると…
青い卵がある~! 大きい~! 欲しい~!
オホーツクエミューらんどでエミューを飼育していて、そこからエミューの卵を入手できるんだ。
食用卵(期間限定)…『日本では11月後半~4月頭までの約5ヶ月しか産卵しないため、期間限定の商品となります。』へ~、そうなんだ。でも、私の場合、殻だけでいいから…
殻(エッグアート用)…エッグアート作品の画像が載っているのですが、私が欲しいのは加工してない殻だけなんだけど~ これだけ手の込んだエッグアートが1,620円ってことはないよね? 「エッグアート用」だから、加工してない殻だよね?(まぎらわしい画像だな~)
注文して届いたのは、ご覧のように「殻」でした(^^)

オホーツクエミューらんどの食用卵のページのエミューの卵は『深緑の鮮やかな色』ですが、ダチョウ王国(茨木県)でもエミューの食卵を売ってます。『緑色をした、とても綺麗な卵です。』と書かれていますが、こちらの卵の色は、緑色と言うよりは青かな。
「エミューの卵」で画像検索すると…緑色のが多いですが、青いのもあれば、黒っぽいのもありますね。⇒東京農大バイオインダストリー通信によりますと…『エミューの卵は、とっても特徴のある深緑色!うすい色から、黒っぽいいろまで色々なバージョンが誕生します』と、3つの卵が並んでいます。
あれ? 私が撮った(このページ先頭の)3枚の写真、深緑色、青緑色、黒っぽい暗緑色と、同じ一つの卵なのに色々です。そのものの色を撮るって難しいですね。
でも物の色って光の状況によって見え方が変わるものだから、光の状況によってこれだけ色を変えるエミューの卵が不思議なのかな。

エミュー - Wikipediaによりますと…『産卵期は日照時間の短くなる11月から4月の期間(南半球では、5月から10月あたり)で、3日から5日の間隔で一度に1個ずつ産卵する。産卵数は、期間中に10-30個程度であるが、稀に40個以上産卵する個体もある。』え~!この大きな卵を、そんなにたくさん産むんですか~! 大変だな~
『抱卵は10個程度の産卵後にオスが約2ヶ月間飲まず食わずで行う。』オスも大変だ。
卵に興味がわいたので、↓この本を買って読んでみた。
Eggs171231a
『ゲッチョ先生の卵探検記』
森口満
さすがゲッチョ先生!何でも食べるんですね(^o^)
本の帯には『ダチョウの卵を食べてみた!』ってありますけど、エミューの卵も食べてます。その他、私が「うぇ~(´Д`)」ってなるような卵も色々。。。
ただ食べるだけじゃなく、「白身と黄身の分量を計測」してますし、子供たちの興味を引き出すのが上手ですね。
「卵のどこかヒナになるのか?」
「ダチョウのヘソの緒?」
「黄身がヒナになるの?」
「白身の役割」
「大きい卵は白身が多い?」
「卵の中のトイレ」
「ヘソの緒の正体」
ん~卵のこと知ってるつもりでいて、実はそんな基本的なことも知らなかったんだね。ということが、この本を読んで分かりました。
『卵の不思議』を科学イベントで出来たら面白そう。←と思ったので、やってみた(^o^)
2018/08/18 大和市・夏のおもしろ科学館2018『たまごの謎を探る』…ダチョウの等身大画像

※関連記事
2017/10/21『生き物屋図鑑』みんなスゴイ!そして変(^o^)

※これまでの元旦ブログ初めの記事…
2017/01/01 ふくろうトンボ玉、にゃんこの肉球トンボ玉
2016/01/01 【ハネガイ】の薄造り…千葉・館山・平砂浦…貝殻拾いの旅2
2015/01/01 ガラスのフクロウさん(フラワーベース)
2014/01/01 フクロウ腕時計…クラウス・ハーパニエミ&ピエールラニエ
2013/01/01 ふくろうハンコ「あうるの森」…邪悪なハンコ屋 しにものぐるい

« 2017年〆の貝殻拾いに浜諸磯へ~ | トップページ | 千葉・富浦・原岡海岸で拾った【タカノハガイ】 »

たまご」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年〆の貝殻拾いに浜諸磯へ~ | トップページ | 千葉・富浦・原岡海岸で拾った【タカノハガイ】 »

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus