« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月30日 (月)

真夏の貝殻拾い…ソレイユの丘~和田長浜~城ヶ島

7/30(月)に真夏の貝殻拾いに行ってきました~
台風12号が関東を抜けたから「台風一過の貝殻拾いに!」というわけじゃなくて、
娘の誕生日に「海に行きたい」という娘に付き合って。というか、私が引率して(^^;
こういう時は無難なコースで…ソレイユの丘から和田長浜に行きます。
ソレイユの丘に入ったところのお花畑は「ひまわり」でした~
Wn180730a

娘は(もう大人ですが)、貝殻拾いがしたいのかと思ったら、貝殻にはさほど興味を示さず、海辺でぴちゃぴちゃして、カニ捕った~とか、魚いた~とか遊んでる。←おまえは子どもかい(^o^;

さて、私の方は貝殻拾い(^^)
台風一過とは言っても、過ぎてから2日経ってるし、海岸には人が戻って来てるし、そんなに貝殻はありません。
今回の収穫は↓これくらい。
Wn180730b
カメノテとか、カニのハサミや甲羅を拾っているのは~
8/6(月) 渋谷のハチラボ「海辺の教室」~海辺にいる生き物を知ろう~ の講師をするので、貝殻以外の物も拾ってます。

Wn180730e
↑スベスベマンジュウガニの甲羅をこどもたちに見せたら「スベスベマンジュウガニ」という冗談みたいな名前でウケそうです(^o^)
あ、スベスベマンジュウガニは毒ガニなんですね。でも甲羅をさわっても大丈夫。毒が蓄積するのは筋肉だから。

海辺の生きものの標本を作ろう!という企画なので、海藻も拾います。
Wn180730c

真っ赤なヒトデも打ち上げられてた~
Wn180730d
大文字焼き~(^o^)
「大」の字の真ん中上部の出っ張りが小さいのは、ヒトデが腕を自切して、再生中だからのようです。
この赤いヒトデは「アカヒトデ」ですね。

さて、貝殻以外の海辺の生きものも拾ったし、8/6(月) 渋谷ハチラボ「海辺の教室」~海辺にいる生き物を知ろう~ の準備、暑いけど頑張りましょう。



※関連リンク
大文字焼き - Wikipedia 京都には『大文字焼き』なんてありません
五山送り火(ござんのおくりび) - Wikipedia と言うんですね。
さらに「京都には『大文字焼き』なんてあらしまへん」で検索してみたら…
京都言葉・語彙 - akenotsuki 「た」 だいもんじ【大文字】によりますと…『最近は「大文字焼きと言うと京都の人は『焼き物のような言い方せんといて』と怒る」というような話がまことしやかに語られることもあるようだが、実のところ…』 ん~、テレビ世代、ネット世代が気にするようですね。

スベスベカニマンジュウなら毒は無い - デイリーポータルZ

ところで、ソレイユの丘でオーロラが見られるんですか?!
オーロラびゅ~ナイト2018夏|ソレイユの丘 イベント情報

2018年7月29日 (日)

多磨霊園のトチの実とヒマラヤスギの実は今年は豊作

7/28(土) 発見工房クリエイト理科実験教室『貝殻の標本作り』が参加者も楽しく実施できて、ほっと一息な日曜日…そうだ!そろそろ「トチの実」実ってるかな~?と、買い物帰りに多磨霊園ルートで木の実ウォッチ(=^ェ^=)
Tochinomi180729a
あ!トチの実いっぱい実ってますよw(*゚o゚*)w
Tochinomi180729b
今年は豊作です!
去年は→台風一過の木の実拾い…【トチの実】今年は不作?

トチの実ウォッチしたなら、ヒマラヤスギの実もウォッチしておかなくちゃね。
あ~!ヒマラヤスギの実も豊作だ~(^o^)
Cedar180729a
しかも、今年はずいぶん低い所にも実ができてますね~
Cedar180729b
この実なんて、私にもとれそうな高さ。

↓このヒマラヤスギの木は、ここ数年あまり実りがなかったのですが、
Cedar180729c
今年は実がいっぱいできてる~!
Cedar180729d
これは、冬になったらシダーローズ大収穫~が期待できそうです。
ただし、冬に貝殻拾いにばかり行ってないで、木の実拾いにも週に1回ぐらい行った場合ね(^o^;



※関連記事:去年のシダーローズ
2017/12/10 シダーローズを拾いに…野川公園2017
2017/12/16 シダーローズを拾いに行って、ヒマラヤスギの「飛ぶ種」を拾う
2017/12/17 シダーローズが落ち始めました~(2017年 野川公園)
2017/12/18 木の実のリース…シダーローズやトチの実で…フクロウさん付
2017/12/23 大輪のシダーローズ(Cedar Rose)…野川公園2017

あれ? ↑こうして見ると、去年はシダーローズに力が入ってますね~ なんでだろ?
あ~ 大和市・冬のおもしろ科学館2017に「飛ぶ種の模型」で出展したからだ!

2018年7月28日 (土)

発見工房クリエイト理科実験教室『貝殻の標本作り』

7/28(土) 発見工房クリエイト理科実験教室で『貝殻の標本とタカラガイのストラップ作り』が実施されました。台風12号の進路が2日前の予報では関東直撃コースで、警報が発令されたら理科実験教室は中止だったので、どうなることかとヒヤヒヤ。。。
だって、何日も前からこの教室の準備をしてきたんですよ~。それが中止になったら…
でも、理科実験教室の実施時間に警報は発令されておらず、雨も止んでたので、
理科実験教室『貝殻の標本とタカラガイのストラップ作り』開催!
あ~今回の教室の講師は私ではなくて「あうるの森サイエンスラボ」=「正多面体クラブ」さんです。私はアシスタント。とは言え、貝殻の準備は全部私に「おまかせ」(丸投げ)なので、以前同じような企画のときと同様に準備してたんです。
→2015/06/20 夏休みのイベント:貝殻の標本作りのための貝殻準備~
この時は80人分用意したのですが、今回の教室は定員15人だったので予備を含めて20人分用意。16人の参加申し込みがあったけど、台風のためか、当日3人キャンセル。3人来なくて、参加者は10人&保護者でした。

そして、みんなが作った『貝殻の標本』~
Create180728e
あら、この子はハナマルユキの背側じゃなくて腹側・殻口側を見せている。
コシダカサザエもネズミガイも、殻口側だ。ふ~ん、貝殻の殻口側がお気に入りなのね。興味の持ち方は色々ですね~

この標本の作り方は→貝殻の標本作り2015…標本箱を変えてみた
みんなが作った『貝殻の標本』を並べておきますね。
Create180728e2 Create180728e3
Create180728e4 Create180728e5
Create180728e6 Create180728e7
Create180728e8 Create180728e9

こうして、みんなが作った貝殻の標本箱を並べると…
「お気に入りの貝殻」人気投票~ができます。

貝殻お気に入りランキング発表~(^o^)
1位 イタヤガイ (9票)
2位 ナミマガシワ (7)
3位 トコブシ (7)
4 コシダカサザエ (5)
5 ヤカドツノガイ (5)
6 カバザクラ (5)
7 シロアオリ (4)
8 メダカラ (4)
9 バフンウニ (4)
10 ミゾガイ (4)
11 オオヘビガイ (4)
12 ヒメアサリ (4)
13 ヤエウメ (4)
14 ネズミガイ (3)
15 チャイロキヌタ (3)
16 ハナマルユキ (2)
17 アマオブネ (2)
18 ナミノコ (2)
19 トマヤガイ (2)
20 クズヤガイ (1)

用意した貝殻は20種類。
イタヤガイが一番人気なのは、これが一番「貝殻~!」のイメージだからでしょうか?
トマヤガイやクズヤガイは「わびさび」風ですから、子供たちにアピールしなかったかな?
予想外だったのがハナマルユキの2票。ちょっと奮発して、ハナマルユキ20人分=20個用意したのですが、たった2票。タカラガイを初めて見る子供たちにとって、タカラガイのレア度なんて知る由もないですから、小さくてかわいい メダカラやチャイロキヌタの方が人気でした。
Shells20
20種類の貝殻と、「お品書き」を用意して~
Shellsmenu0a
まずは、「お品書き」の上に貝殻を置いてみよう~
これをすると、子供たちは貝の名前を読みますから、貝の名前 少しは覚えてくれたかな(^_^)

貝殻の標本作りを通して子供たちに伝えたいことは『生物多様性』だから、
私の貝殻コレクション(現在約300種)も一挙公開!
Create180728a
テーブル3台に並べた貝殻標本
標本ラベルが読めるほど大きな画像にするとブログに並べきれないので、そこそこの大きさで並べておきます。
Create180728b
この辺は「二枚貝」コーナー
Create180728b2

Create180728b3
あ、タイラギは拾ったものではなく、スーパーで買ったものです(^^;

Create180728b4
この辺は「巻貝」コーナー
以前展示したときはケースを一個一個並べていたのですが、それだと並べるだけで1時間もかかるので、もっと大きな透明ケースに十数個の標本を入れて、それを並べるようにしてます。

Create180728b5

Create180728b6
大きな貝殻(ボウシュウボラ)を置いておくと、それを持って耳に当てて(潮騒の)音を聞く子、いますね~(^^)
梅雨明けの貝殻拾いで拾った「砂茶碗」も展示してます。

Create180728b7
オウムガイとアンモナイト(化石)は、あうるの森サイエンスラボのコレクションです。

Create180728b8

▼理科実験教室の様子
Create180728c
貝殻標本を作ってます~
Create180728d

この夏の科学イベントの一つが終わって、ほっと一息(^_^)

次は、8/6(月) 渋谷のハチラボ「海辺の教室」~海辺にいる生き物を知ろう~ の講師です。
その次は、8/18(土) 大和市 夏のおもしろ科学館 たまごの謎なぞを探さぐる~卵殻の標本作づくり~

まだまだ夏の科学イベントの準備はつづくのでした。



※私の貝殻コレクション成長の足跡…
2015/11/15 サイエンスアゴラ2015『タカラガイのストラップを作って知る生物多様性』で出展して~ ←このときは約200種
2016/11/06 サイエンスアゴラ2016『タカラガイのストラップを作って知る生物多様性』で出展してきました~ ←このときは約260種


※タカラガイストラップ例
Takaragaistraps Takaragaistraps2
貝殻拾いに10回ぐらい行くと「メダカラ」「チャイロキヌタ」「オミナエシダカラ」は普通~に拾えるタカラガイだと分かってきて、そのうち「メダカラ」なんて目もくれなくなっちゃうのですが・・・
貝殻拾い初心者の頃は、紫色に摩耗したメダカラが「メダカラ」とは分からず、「この小さな紫色のタカラガイ、かわいい~」とか拾ってましたね~(^^;

初めてタカラガイに触れた子供たちも「紫色のタカラガイ」を、ちょっと特別なもののように感じているようでした。

それと、子供たちにとっては、タカラガイの色より、麻ひもの色の方が重要でして、
オミナエシダカラのストラップを作って、早速自分の携帯にストラップを付けていた男の子は…
Create180728f
携帯の緑色と、ストラップの麻ひもの緑色が同じなので、ご満悦でした(^o^)


発見工房クリエイトで理科実験教室『貝殻の標本とタカラガイのストラップ作り』の様子を動画(スライド)にしてまとめています。

2018年7月16日 (月)

貝殻拾いはオフシーズンだから…【キュウリイシ】を観賞~

海の日ですね~
私にとって「海の日」は、「夏休みが終わるまで貝殻拾いには行けないね~(^^;」という、貝殻拾いオフシーズンの初日。…とか言いつつ台風が来たら「どうしよかな~?」って考えますけど。まぁ、今日のところは、海の日にちなんで、コレクションでも観賞しましょうか(^_^)

と、引っ張り出してきたのが…
キュウリイシ刺胞動物門 花虫綱 六放サンゴ亜綱 イシサンゴ目 クサビライシ科
Kyuriisi2017k
サンゴの仲間ですから、三浦半島で拾えるものではありません。
去年、ミネラルショー(池袋)で見つけて購入しました(^o^)v
そこにはリュウグウオキナエビスもあって!「あの~ 参考までに、これおいくらですか?」って聞いたら、w(*゚o゚*)wなお値段だったので、私はキュウリイシの方にしておきました(^o^;

キュウリイシの大きさは…24cmぐらい。
Kyuriisi2017a
キュウリイシ(クサビライシ科)は「石」とついてますが、動物です。
クサビライシは丸くて、クサビライシとは - コトバンクによりますと…『クサビラ(草片)はキノコの古名で,形がキノコに似ていることに由来する。奄美大島以南のサンゴ礁にすむ。』
で、キュウリイシは、ご覧の様に細長くてキュウリの様なので、キュウリイシです。

キュウリイシの画像検索結果の中で、こちらの画像…
ビーボックスアクアリウム 海水魚・サンゴ情報 こちらのページの中ほどに、クサビライシとキュウリイシの生態画像があります。キュウリイシは緑色で、紫色のポリプがうにょうにょしてる~!神秘的な美しさです。

炭酸カルシウムの骨格だけになってしまったキュウリイシでも、そこには生物が作り出した造形美がありますから、観賞しましょう~(^o^)
Kyuriisi2017e
もっとアップで…
Kyuriisi2017e1
Kyuriisi2017e2
Kyuriisi2017e3

キュウリイシを横から…
Kyuriisi2017f

裏側から…
Kyuriisi2017g
裏側はざらざらのサメ肌~?
Kyuriisi2017i

縦方向から見る…
Kyuriisi2017d

PCで大きな画像で観賞していただくのがお薦めなのですが、
スマホでも↓こうしたら画像が縮小されずに見られるかな?
Kyuriisi2017j1
Kyuriisi2017j2
Kyuriisi2017j3

キュウリイシを光にかざして見る~
Kyuriisi2017m

Kyuriisi2017n

Kyuriisi2017o

Kyuriisi2017p

ふ~ キュウリイシの造形美を堪能しました(=^ェ^=)

※ところで、ビーボックスアクアリウム 海水魚・サンゴ情報キュウリイシのポリプの画像を見ると… ポリプは畝(壁)の間に生えていて、ポリプの手前には畝がありますが、ポリプの先には畝がありません。「僕の前に畝はない。僕の後ろに畝はできる。」という状況なのでしょうか?

※それと、クサビライシやキュウリイシを検索していると「自由生活」という言葉が出てきます。例えば⇒クサビライシとは - コトバンクによりますと…『母体の口から吐き出されたプラヌラ幼生は、岩上に付着して成長し、1個のポリプをもつサンゴ体を形成し、その上部は傘のように広がる。やがて上部が切れて単体のクサビライシとなり、自由生活をする。残った基部の上端からふたたび傘が広がって切れる。この横分裂を繰り返して単体の自由生活個虫が生産される。』…この「自由生活」って何でしょう? 動けるの?
あ→『個虫は体内に海水を吸い込むことによって体を膨らませ、水流により転がって、ある程度の移動を行う。』へ~!移動するんだ。
でも、文章だけだといまいちイメージがつかめませんね。イラスト付きで解説してるとこないかな?
あった~!⇒沖縄県サンゴ移植マニュアル[PDF]の 9ページ目に「サンゴの繁殖方法」の図がありました。引用させていただきます。
Kusabiraisi2
オレンジ色の矢印は有性生殖。緑色の矢印は無性生殖。
傘は何度も繰り返しできるんだ~!



※三浦半島にもサンゴはいるんですね。
造礁サンゴフィールド図鑑 伊豆・三浦・房総編
『伊豆・三浦・房総の海域には40種以上の造礁サンゴが生息しているといわれています。』
このページの<北限域の造礁サンゴ>のリストの中に「クサビライシ科」はありませんでした。

※「海の日」に貝殻拾いに行った記事
2015/07/20 海の日の貝殻拾い~一色海岸・大浜海岸・長者ヶ崎・久留和海岸

2018年7月 8日 (日)

ツメタガイの卵塊【砂茶碗】はどうやって作られるの?

Sunachawan180627b
梅雨明けの貝殻拾いで見つけた【砂茶碗】を観賞~していて、
ツメタガイの卵塊【砂茶碗】はどうやって作られるの?
それがとっても気になるので、検索・検索…
その説明が書かれていたページ…
浜辺に砂でできた謎の円盤状の物体が!海岸版ミステリーサークルの正体は?|カラパイア
浜の謎オブジェ「砂茶碗」は潮干狩りの大敵ツメタガイでした!|おち研

あ~、砂茶碗は殻の外側で作るのですか。でも、どうやって殻の外側に砂を「押しつける」のでしょう?
おち研」の説明では…『砂の中で卵を粘液ごと壁面に押しつけるようにして産み付けると周囲の砂と一緒に固まる』…とあります。
あ!砂に潜って、砂の中で作るんですか~。それなら押しつけられますね。
カラパイア」の説明では…『海の底へもぐり、足を使って砂の粒を集める。集めた砂を粘液でセメントのように固め』…とあり、その下の図には…『砂茶碗の特徴的な形は貝殻に押しつけられ形成される』 これを見て、海底の「砂の上」で砂茶碗を作ると理解してしまったのですが、どうやって「押しつける」のかが謎でした?
でも、この図の出典リンクがあったので、そのページを見ると…
MOON SNAIL: REPRODUCTION - A Snail's Odyssey ←リンク切れ
英語のページだ~(^^;
でも、Google先生に翻訳してもらえば大丈夫(^^)v
MOON SNAIL: REPRODUCTION - A Snail's Odyssey▼このページを訳す (翻訳に時間がかかることがあります。)
それによりますと…
『押出成形は砂の下で行われ、潮の開始時に開始され、10-14時間かかる。』
あ、砂に潜って作るんだ~!(「潮」の原文は“flood tide”だから「満潮」ですね。)
↓その図
Giglioli1955j
雌は卵の襟(砂茶碗)を表面に押しつける。
『最初の成形が完了した後、雌は砂と粘液の保護シース(sheath:鞘、覆い)を追加し、同時に襟(egg-collar)を砂の表面に上向きに押す。』
なるほど~!砂の中で砂茶碗を作ってから(えっこら、えっこら)砂の表面に押し出すのか~(^o^)
…ということはですよ、もしかして、砂茶碗の高台は、押したからできた?
それと、縁の波打つひだひだは、押してる殻より広い部分が押される途中で傘を閉じるようにこの形になったとか? どう、この仮説(^o^;
Sunachawan180627e3

ところで、「砂茶碗」は英語では“sand collar”(砂の襟)です。by 砂茶碗(すなぢゃわん)とは - コトバンク
上のページに出てくる“egg collar”「卵の襟」は「砂茶碗」のことですね。
それと、ページタイトルの“Moon snail”(月の巻貝) は“Naticidaeタマガイ科コモンネーム(Common name)なんですね。



※関連記事
2014/07/11 【ツメタガイ】に穿孔された【桜貝】【フジノハナガイ】【ハマグリ】
Tumetagai140623c
2018/06/27 梅雨明けの貝殻拾いで【砂茶碗】…鎌倉・材木座海岸
2018/07/05 梅雨明けの貝殻拾いで見つけた【砂茶碗】を観賞~
※「襟」“collar”の関連記事
2015/05/25 初夏の道端の白い花【カラー】

ツメタガイが砂茶碗の中にいる動画がありました。
Natica Egg Collars|YouTube
1:50~ 砂に潜って… その後、砂茶碗の中にツメタガイ
3:00~ ツメタガイのベリジャー幼生が泳いでる~


2020/01/19 ザ!鉄腕!DASH!! に「あうるの森」の「砂茶碗」が登場~!
Dash_beach200119

2018年7月 5日 (木)

梅雨明けの貝殻拾いで見つけた【砂茶碗】を観賞~

梅雨明けの貝殻拾いで【砂茶碗】…鎌倉・材木座海岸で見つけた砂茶碗を持ち帰り、私にとっては初物なので、色々撮影・鑑賞していて、ふと思った…
「砂茶碗」で画像検索して出てくる画像はみな「茶碗を伏せた状態」ですよね~
まぁ、「茶碗を伏せた状態」で打ち上がってるから、そうなるのでしょうけど。
「茶碗」として観賞するなら伏せた状態じゃなくて、茶碗として上を向いた状態の方が良くない?
↓こんな風に…
Sunachawan180627g
ほら、これなら『砂茶碗』(作:ツメタガイ)として観賞できますよね(^o^)
この砂茶碗の鑑賞ポイントは、
▼茶碗の縁の波打つひだひだの曲線美
Sunachawan180627f
そして、
砂肌の味わい… かな?
Sunachawan180627e2

あ、大きな画像で鑑賞してきましたので、実際の大きさも確認しておきましょう。
Sunachawan180627d
茶碗の縁で、直径6.5cmほどでした。



ところで、砂茶碗を観賞していて、また、ふと思った…
Jomon
今、国立博物館で特別展『縄文―1万年の美の鼓動』が開催されています。
JOMON』の「O」の文字に横線が入っているのがチャームポイントです(^o^)
で、この特別展の見どころの一つが…
Jomon_doki
国宝『火焰型土器
この縄文人の造形美と、ツメタガイの砂茶碗の造形美…
Sunachawan180627h
ん~ 並べて見たら、そんなに共通点はなかったか(^o^;;

海の生物の造形美と言えば、タコノマクラの口器ですかね~
Takonomakuraw12
→2014/07/22 タコノマクラの口器「アリストテレスの提灯」が美しい~!

Takonomakura171023or
→2018/01/27 ウニ殻観察【タコノマクラ】の★ランタン


※「砂茶碗」を検索して見つけたページ…
ツメタガイ(バンチョ)の調理|nacra5.2_J38のページ
 へ~そうやって調理すると結構なおつまみになるんですか~!
 ツメタガイも大きいし、砂茶碗も大きい!
とても大切なこと|BLOG*海から陸へ・・・
 『浜には無数の「砂茶碗」が重なり合って転がっていた。』という画像がスゴイ!
ツメタガイの卵 - onsenmaru blog
 砂茶碗に謎の穴が~? ツメタガイの卵を食べる貝がいるのですか~!
2017年 #32 アサリ被害!貝を食べる貝 | 海と日本PROJECT in 静岡県|YouTube


2:00あたりからの「砂茶碗」を大量に捕獲してる映像がスゴイです!


※「砂茶碗」はどうやって作られるのか?検索してみました。
2018/07/08 ツメタガイの卵塊【砂茶碗】はどうやって作られるの?

2018年7月 3日 (火)

梅雨明け強風の貝殻拾いで謎の生物(UMA?)

6/27(気象庁の発表はまだでしたけど)梅雨明けしたと思われるので、鎌倉・材木座海岸へ貝殻拾いに行ったけど、強風で貝殻はさっぱり… 見つけたのは砂茶碗ぐらい(´Д`)
このままじゃ帰れないよ~と、和田長浜へ・・・
そして、見つけた!
▼謎の物体
Nazo180627a Nazo180627c
何?この「おまんじゅう」みたいな物体は?
でも、お饅頭の様に柔らかくはありません。
しかし、石の様に硬くはない。
↓裏側を見ると…
Nazo180627b Nazo180627d
何か生きものっぽいですよね!
謎の生物だ~!UMA
これが何者なのか知りたくて、お持ち帰りしたんですが、
帰りの電車の中で「これ何だろね~?」と取り出して見ていたら… くっさ~!(´Д`)
臭いってことは… 生物ですよね?

帰ってから調べたんですけど、何だか分からない。
とっても気になって、漂着物学会のメーリングリストでお尋ねしてみた。
そしたら、いろいろメールをいただき、植物説や人工物説など物議をかもしてしまいました(^^;
ん~これは… 切って見るしかないね!
カッターで切ってみました。↓中はこうなってました。
Nazo180627e
中心から放射状に広がってますね~
これは人工物ではないし、植物の実や球根やでもないと思います。
私の貝の先生にも見てもらったところ…「これはホヤの仲間です。ボウズボヤに近いと思いますが、…」ということで、今のところホヤ説が有力です。

この謎の生物の正体がはっきりしたら、そしたら捨てようかな… あまりにも臭いので(´Д`)



ん~ このブログ記事がここで終わりじゃ、変な物見ただけで後味がすっきりしませんよね(^^;
だから、和田長浜で拾った普通の貝殻も載せときますね(=^ェ^=)

▼縞模様のチグサガイ
Wn180627a Wn180627b
こんな模様のチグサガイは初めて。

サラサバイ
Wn180627h
この模様に癒される~(=^ェ^=)

ナデシコガイ
Wn180627d

ベッコウイモ
Wn180627e
小さなベッコウイモは綺麗な色してますね。

フロガイダマシ
Wn180627f

モミジボラ
Wn180627g
「あうるの森」初登場です(^o^)v

クロダカラ
Wn180627i

▼白いバフンウニ
Wn180627j
このバフンウニは白い部分が多い。こんなの初めて。
普通のバフンウニは→夏の終わりの貝殻拾い/ウニ殻拾い~【バフンウニ】

ネズミガイ
Wn180627k Wn180627m
ネズミガイ 3つ。それぞれ模様が微妙に違うんだけど、みなネズミガイだよね?

ハナビラダカラ
Wn180627n
かなり擦れてる(^^;
もっと状態の良いハナビラダカラ→貝殻拾い初め…和田長浜海岸で、ハナマルユキとハナビラダカラ

ホウシュノタマ
Wn180627o

▼真っ黒なアマガイ
Wn180627p2
意外なことに「アマガイ」は「あうるの森」初登場でした。あれ~?ブログに載せ忘れですね(^^;

そして、この日の逸品!
ニセサバダカラ
Nisesaba180627f
梅雨明けの貝殻拾い【ニセサバダカラ】…和田長浜(三浦半島)

この日は、強風で疲れて… あんまり拾った気はしてなかったのですが、ブログに載せてみると、意外と色々拾ってたんだ~(^o^)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus