« 大潮の貝殻拾い…逗子海岸 | トップページ | 平成最後の貝殻拾いに(雨だから)行けない »

2019年4月29日 (月)

鶴岡八幡宮大鳥居(一ノ鳥居)は国宝なの?『鶴岡八幡宮國寶大鳥居重修の記』

由比ヶ浜に行くときは、以前は鎌倉散策などしながら、のんびり行ってたのですが、最近イトカケ系微小貝拾いにハマってからは、真っ直ぐ由比ヶ浜を目指します。他の人より早く浜に着かないとね(^^;
で、鎌倉駅から若宮大路を真っ直ぐ海に向かって歩いていくと、途中に鶴岡八幡宮大鳥居(一ノ鳥居)があります。
Ootorii190126a
車道の真ん中にポツンと取り残されたようにこの大鳥居があるので、車が来ないよねと注意して渡り、正面から大鳥居を撮影してきました。(早く海岸に行かなくちゃと思いつつ…)
そこに『鶴岡八幡宮國寶大鳥居重修の記』があったので撮影し、
Ootorii190126b1
Ootorii190126b2
Ootorii190126b3
撮影したら読んでみたくなったので、書き写します!

鶴岡八幡宮國寶大鳥居重修の記
此の大鳥居は一之鳥居ともいひ治承四年十二月源頼朝の創建にかゝり壽永元年夫人政子築造の段葛と共に若宮大路の偉観たり爾来武門武将により再建修理を行ふこと数次寛文八年徳川家綱祖母崇源院の大願を承け備前犬島産花崗岩を以て此の鳥居を始め第二第三の鳥居を再興せり就中この大鳥居は夙に我が國石鳥居の範と仰がれ明治丗七年八月國寶に指定せらる然るに大正十二年関東大震災の際柱下部を残して悉く顛落大破せり即ち文部省に請い復舊の速ならむことを計りしが昭和九年文部省技師阪谷良之進同嘱託大岡實に依り稍く重修の設計成り同十一年三月国庫補助並に東京上田ちた近田三郎両名の獻資を以て工を起し同年八月其の功を竣えたり本工事は神奈川縣知事半井清監督の下に施工し専ら古法を尊び舊材の再用を旨とし補足材は之を犬島に求め東西柱上部笠木及貫中部同東部西沓石北側の七個を加へたる外苟も舊觀の美を損せさらしむるに力めたり
昭和十一年九月一日 國幣中社鶴岡八幡宮宮司中島正國

おおむね記してあることは分かりますけど、旧字が多くて読みにくいですね。
これ何?がいっぱいある。まずは…
「國寶」って
「国賓」じゃないよね?
「国宝」なんだ~!「寶」は「宝」の旧字

この大鳥居は国宝なの?
鎌倉の「国宝」 【UNIQUELY鎌倉】の「鎌倉の国宝リスト」には大鳥居はありませんよ。
日本の国宝一覧 - Wikipedia にも出てないし~
「鶴岡八幡宮國寶大鳥居重修の記」の中には『明治丗七年八月國寶に指定せらる』とありますけど、『関東大震災の際柱下部を残して悉く顛落大破せり』だから…
関東大震災による鎌倉の歴史文化遺産被害と復興 - 立命館大学[PDF]によりますと…『被災前に国宝に指定されており、現在も引き続き指定を受けているのは、円覚寺舎利殿の1堂のみである。』
あ、関東大震災で大仏も動いたんですか~!『長谷の大仏(鎌倉大仏)は、台座から35.8cm前に動いた。』そうです。(写真も出てます)
鶴岡八幡宮 - Wikipedia の「文化財」を見ますと、大鳥居は重要文化財になっていますね。

さて、「鶴岡八幡宮國寶大鳥居重修の記」には「國寶」以外にも「何て読むの?」な字が多いので、順にピックアップ…
治承(じしょう)四年…1180年
壽永(じゅえい)元年…1182年
寛文(かんぶん)八年…1668年
●明治丗七年…「」十が三つ横に並んだ形で三十を表す会意文字。明治37年…1904年

段葛(だんかずら)…『神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮の参道、若宮大路のなかで、二の鳥居から鶴岡八幡宮までの車道より一段高い歩道をいう。』え!そうなんだ~!
『過去は一の鳥居からの参道であったが、横須賀線の建設により、一の鳥居から二の鳥居の間が撤去された。』
Wikipediaには他にも面白いトリビアがありますね~
『鎌倉幕府が攻め込まれるのを防ぐために、一の鳥居から鶴岡八幡宮に向かうにつれて、道幅が徐々に狭くなるようになっており、遠近法によって実際の距離より長く見えるようになっているが、この造りは改修が度々行われた行われた現在でも踏襲されている。』へ~!
段葛の沿革には、なぜ段葛が作られたのかが説明されており、これも へ~!
ところで、なんで「段葛」という名前なの? 「段」は分かるけど「」が分からない。葛(くず)が植えられていたわけではなさそうだし…
鎌倉史跡ー段葛 / 鎌倉ぶらぶらによりますと…『段葛は,道の中央に段2檀を築き緑石を兼ねる葛石を並べて一段と高い道と云うもので,段葛の名はこの段の葛石にちなんでいる。』
葛石(カズライシ)とは - コトバンク…『社寺・宮殿などの基壇の上端の縁にある、縁石(へりいし)を兼ねる長方形の石。』
ふ~「段葛」の「なんで?」は以上。

●爾来(じらい)…その後。それ以来。
●備前犬島産花崗岩⇒瀬戸内産花崗岩 犬島石(岡山市犬島)[PDF]
犬島(いぬじま)…『古くから銅の製錬業と採石業などで隆盛をきわめてきた歴史があり、現在も残る当時の遺構が独特の雰囲気と景観を醸し出している。』
こちらのページの写真が素敵です。
日々の出来事を写真と共に|自転車すらいらない。
●就中⇒就中(なかんずく)とは何? Weblio辞書『多くの物事の中から特に一つを取り立てるさま。とりわけ。中でも。特に。』
●夙に⇒夙に(ツトニ)とは - コトバンク『ずっと以前から。早くから。』
●悉く(ことごとく)
●顛落(てんらく)転落
●復舊(ふっきゅう)復旧
●稍く(ようやく)
●獻資(けんし)献資
●竣えたり(おえたり)…竣工したってことでしょうね。
●舊材(きゅうざい)旧材
笠木(かさぎ)…『鳥居・塀・門などの上に横にわたす木』
●沓石(くついし)…『礎石の上、柱や縁の束柱(つかばしら)の下に据える石。』
●苟も(いやしくも)
力めたり…努(つと)めたり
●國幣中社⇒『官社とは、祈年祭・新嘗祭に国から奉幣を受ける神社である。 官社は神祇官が祀る官幣社と、地方官(国司)が祀る国幣社に分けられ、律令制の社格に倣ってそれぞれに大・中・小の格があり、「昇格」が行われた。』近代社格制度 - Wikipedia『明治維新以降、『延喜式』に倣って、新たに神社を等級化した制度である。第二次世界大戦後に廃止された』へ~昔はそんなものがあったんだ~

は~疲れた(^^;
「鶴岡八幡宮國寶大鳥居重修の記」をテキストデータとしてWebに載せといたら誰か検索してくる人いるかな?と思って、自分で撮った画像から書き写し始めたんですが… ここまで4時間もかかりましたよ~
寺社仏閣 名所旧跡を辿る趣味は、私には向いてないな~と思いました。(^o^;

大鳥居より、大鳥居のところの歩道に植わってる木に「ヤドリギ」が付いてるんですよ~!
Yadorigi190409a
私、ヤドリギが好きなんです。なんか面白い植物だし(^o^)

« 大潮の貝殻拾い…逗子海岸 | トップページ | 平成最後の貝殻拾いに(雨だから)行けない »

貝殻拾い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大潮の貝殻拾い…逗子海岸 | トップページ | 平成最後の貝殻拾いに(雨だから)行けない »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus