« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月27日 (火)

『海辺の教室』渋谷子ども科学センター・ハチラボでワークショップ

2019/8/27(火) 渋谷子ども科学センター・ハチラボでワークショップ『海辺の教室』で出展してきました。科学体験クラブ府中の4人で。
去年もハチラボで「海辺の教室」をしてます
これまではハチラボから科学体験クラブ府中に「何かやってくれませんか」と依頼が来てたようなんですが、今年はイベント担当母体が変わって、「去年やった『海辺の教室』をやってくれませんか」とアイテム指定で依頼が来たそうで、だったら私が講師を引き受けますよ。ってことに(^_^)

▼今回の参加者は、子供 35名、付き添い保護者 16名
・1回目(10:30~)9名…1年4名、2年1名、3年2名、4年1名、5年1名
・2回目(11:30~)8名… 1年4名、3年2名、4年2名
・3回目(13:30~)7名… 1年2名、3年4名、5年1名
・4回目(14:30~)11名… 1年3名、2年3名、3年1名、4年3名、5年1名

▼用意した材料(50人分)
・標本用箱プラケース
・仕切り用黒画用紙(予め箱に合わせ裁断、切り込み、筋付け)
・コットン(サイズ調整の為カット)
・標本ラベル13種類、名前ラベル1人分ずつ袋詰め
・標本素材(貝殻11種、ウニ殻、海藻など海での採集物)

▼展示
▽貝殻
Hachilabo190827a
いつもは貝殻標本を300種ほど並べてるんですが、今回は材料と標本を全部手持ちで行くので、
子供にウケそうな大きめの貝殻を厳選して。
▽海藻・カイメン・ヒトデなど
Hachilabo190827d
『海辺の教室』だから、貝殻だけじゃなくて、色々展示。貝殻拾いに行ったとき、貝殻だけじゃなく、いろんな(へんなもの)を拾っておいたのが、こういうときに役立ちます。(^o^)v

▽ウニ殻
Hachilabo190827c
百均ライトの上にウニ殻を置いて『ウニの殻の模様をかんさつしよう』

▼子供たちが作った標本(2つほどサンプル)
Hachilabo190827fHachilabo190827e

夏休み終盤だったので、昨年より、海に行ってきたという子供も多く、行った場所も伊豆、お台場、沖縄、石垣島、タイ、岩手など様々だった。貝殻拾いをした子はわずかだったが、皆展示の貝殻、海藻、ウニ殻、ヒトデ、カニなどの標本を見て触って良く観察していた。順番としては、パワーポイントで実物を見せながら説明→別テーブルの展示物を観察→標本つくり→時間が余ったらパワーポイントで説明と本の紹介などをした。
漫画ですが早良 萌『へんなものみっけ』は博物館の裏側を描いた作品、そして森口 満著『おしゃべりな貝』『生き物屋図鑑』これらを読むと博物館に行ってみたくなることうけあいです(=^ェ^=)

2019年8月17日 (土)

真夏の貝殻拾い…台風一過の和田長浜海岸で色々拾えた~

台風10号が四国・中国地方を暴風域に巻き込みながら日本海に抜けて行った8/15(木)、あうるの森ではどんだけの風雨になるんだろうと心配してたら、夜中に風はビュービューすごかったけど、雨は… あら、あんまり降らなかったのね。
あれだけ風吹いたから~ 海は荒れ、貝殻打ち上がってるよね?
8/11(山の日)に富津岬に謎の生物は打ち上げられているのか!?とっても気になるので、貝殻拾いがてら行ってきましたが、貝殻拾いの成果は… ん~物足りないよ~(モヤモヤ)状態だったので、台風一過の翌日8/17(金)に、「ここに行けば何か拾える!」和田長浜海岸に貝殻拾いに行ってきました~
そして… 久々に色んな貝殻拾ったよ~(^o^)v
やっぱり、夏に貝殻拾いに行くなら「台風一過」ですかね~

カミスジダカラ
Nahama190817a
これカミスジだよね~? と、髪筋がよく見えないときは、デジカメで撮影して拡大…
Nahama190817a3
カミスジダカラだ~! 幸先良いぞ(^o^)

ヤツシロガイ
Nahama190817c Nahama190817c2
小さいながらも完品。大きめの貝は小さい方が場所をとらないから標本用にはイイんです。
そして、もう一つ…
Nahama190817c3
フレッシュな完品です! と思ったら…
Nahama190817c4
中身入りでした(^^;
「もっと大きくなったら、貝殻になって打ち上がってきてね~」と、海に返しておきました。
ところで、このヤツシロガイ、殻口の中に軟体が見えますよね。蓋はどうしたの?
ヤツシロガイ | 軟体 | 市場魚貝類図鑑によりますと…「蓋(ふた)を持たない。」…へ~ そうなんだ。
また、ヤツシロガイ(八代貝)の名前の由来は…「九州の八代海でたくさんとれたため。」だそうです。

タコノマクラ
Nahama190817d Nahama190817d2
台風一過の海岸なら拾えるだろな~と期待していたら、やっぱり打ち上がってましたタコノマクラ!
今回は3個拾った。2017年の台風一過では8個拾ってる
タコマクは拾うと嬉しい(=^ェ^=)
でも、漂白・脱臭しないといけないので、それが大変(^^;
タコノマクラはあんまり可愛く見えないかもしれませんが、鑑賞ポイントは多いんですよ。
例えば、表面の「花紋」なんて…
Nahama190817d3 Nahama190817d4
…さらに、タコマクの殻の中には美しい迷宮が隠されているんです。

コシダカウニ
Nahama190817e
台風一過で打ち上げられてるウニは中身入りが多くて、拾って帰った後が手間かかるんです。
でも拾っちゃう(^o^;

バフンウニ
Nahama190817n
こちらは棘が残っています。「バフンウニ(馬糞海胆)」の名前の由来が分かる状態ですね。

ヤシの実
Nahama190817f

ゴバンノアシ
Nahama190817x4
ヤシの実は大きいから持ち帰りませんが、ゴバンノアシ(碁盤の足)は木の実コレクターとしてお持ち帰り(^_^)

トコブシの殻の内側に付着してるのは…?
Nahama190817g
ヒザラガイでした。

ヒザラガイ(中身入り?)
Nahama190817u
中身入りと言うより、軟体部に殻を貼り付けた感じですね。
↓腹側を見ると…
Nahama190817u2
干しアワビ (^^?

ホシキヌタ
Nahama190817h
少し擦れてるから「研磨工場行き」かな。

チグサガイ
Nahama190817j
擦れてピンクになったのかな?

和田長浜・佃嵐崎の貝殻溜まり
Nahama190817k
昔(2013年頃)の貝殻いっぱい拾える和田長浜海岸が戻ってきた!?と思わせる貝殻溜まりでした。
そして、貝殻拾いのライバルは、夏休みに海に遊びに来ている子供たちでした。
貝殻いっぱい!でキャーキャー賑やかでしたよ。

エビスガイ
Nahama190817l
恵比寿様」をイメージできるアングルで撮影
ところで、えびす - Wikipedia によりますと…「えびすは日本の神で、現在では七福神の一員として日本古来の唯一(その他はインドや中国由来)の福の神である。」…そうなんだ。

オオシコロ(サンゴモ目 サンゴモ科)
Nahama190817m
オオシコロが小さな岩にくっついたまま打ち上がってました!
Nahama190817m3
わ~!これは「海辺の教室」で子供たちに見せるのにうってつけの状態です。お持ち帰りしました(^o^)v

ザルガイ
Nahama190817o Nahama190817o2
合弁です。(^^)v
放射肋を殻の端から見ると凸凹凸凹が面白い。それと、薄っすら紫色。
Nahama190817o3

クチグロキヌタ
Nahama190817p
クチグロキヌタを2個拾った~(^^)v
Nahama190817p2
これまでに拾ったクチグロキヌタの中では一番コンディション良いかも(=^ェ^=)
3月に三戸浜~エビカの浜で拾ったクチグロキヌタは擦れていた。

クチグロキヌタはこの日の逸品ですが、もう一つこの日の逸品…

▼(大きな)ネジガイ
Nahama190817q
ネジガイと言うと微小貝のイメージがありますが、このネジガイは…
Nahama190817q4
…約3cm!w(*゚o゚*)w
これまで私が拾ったネジガイの中で最大!
やった!
Nahama190817q2
でも中身入りだ(^^;
ん~ このネジガイをお持ち帰りしないという選択肢は考えらないので、
「中身入り」じゃなくて、
「蓋つきのネジガイを拾った」と言うことで(=^ェ^=)
ネジガイ観賞~
Nahama190817q3
Nahama190817q6 Nahama190817q7

スベスベ~
Nahama190817s
スベスベマンジュウガニの甲羅です。「スベスベマンジュウガニ」という名前で子供たちにウケるので、私もカニの甲羅好きだし(^o^)

ベニハマグリ
Nahama190817t Nahama190817t2
「ベニハマグリ」という名前ですが「ハマグリ」とは関係ありません。
ハマグリ - Wikipedia によりますと…「古くは一般的な二枚貝類の総称として「ハマグリ」が使われた。」
ハマグリ:マルスダレガイ科
ベニハマグリ:バカガイ科

イタヤガイ(合弁)
Nahama190817v3
イタヤガイの合弁を拾ったのは初めてです。だからこれも逸品です。(^^)v
Nahama190817v2 Nahama190817v
左殻と右殻
中には軟体部が干物状態で入ってました。だから合弁で打ち上げられたのかな。

▼“NAGAHAMA”貝殻サイン
Nahama190817x2
海岸に貝殻を並べて“NAGAHAMA”の文字がありました。
そういえば…
Nahama190817x3
これは海の家の看板ですが“WADA NAHAMA”となってますね。
“NAGAHAMA”でなく
“NAHAMA”となってますね。
長浜海岸を地元の人たちは「ナハマ」と呼んでいるそうです。

ふ~ ソレイユの丘から佃嵐崎に出て、長浜海岸→和田海岸と歩いてきました。
いつもならこのあと カインズホームで休憩して黒崎の鼻→三戸浜と歩くのが定番コースなのですが、この日は暑くて暑くて…もうダメ(≧σ≦)
夏の台風一過の日は、北に抜けた台風に向かって南からあたたかい(暑い)風が吹き込むので、猛暑日になる傾向があります。猛暑日注意!のニュースが流れていたし。私も熱中症にならないように、この日は和田長浜海岸だけで貝殻拾いは終了としました。帰りのバスに乗って「クーラー涼しい~」と、生き返りました(^o^;



※関連記事
2017/10/23 台風一過の貝殻拾いで拾えたもの【タコノマクラ】…三戸浜(三浦半島)
2014/07/21 タコノマクラの殻を漂白したら…美しい迷宮を発見!
2019/03/08 貝殻拾い【クチグロキヌタ】…三戸浜~エビカの浜
2018/08/15 真夏の貝殻拾いはFD寸前…和田長浜→三戸浜→エビカの浜

2019年8月11日 (日)

山の日の富津岬の海岸に謎の生物【ツノマタコケムシ】は打ち上げられているのか!?

去年(2018/08/11)山の日に富津岬に貝殻拾いに行ったら、貝殻は拾えず…
海岸にいっぱい打ち上げられていた謎の生物
Futtu180811nzc Futtu180811nzd2
この「謎の生物」がこんなにたくさん打ち上げられていたのは、たまたまなのか?
はたまた「山の日」に富津岬に行けば、また謎の生物が打ち上げられているのか?
それがとっても気になるので、山の日に富津岬に行ってきました~(^o^)
そして・・・
Futtu190811q3
\(^o^)/あったよ~!

去年ほど大量打ち上げではなく、
富津岬北側の海岸を見渡した時は、今年は打ち上げられていないのかな~? 状態でした。
謎の生物の打ち上げを確認するために、わざわざ猛暑日の「山の日」の富津岬まで来たのに~(^^;;
でも、よくよく見ると…
Futtu190811l
海藻に絡まって謎の生物が打ち上げられていましたよ~!
Futtu190811m
去年は個々単独でコロコロ打ち上げられていたのですが、
今回は海藻に絡まってるのを取り出すのが大変でしたけど、もう一個
Futtu190811n
あ!ここには大っきいのが打ち上がってる。
Futtu190811p Futtu190811q

去年この謎の生物を見つけて、小さいのを1個だけ持ち帰っていたんですが、後になって…
『へんなものみっけ!』たら、持ち帰らなくちゃ! と思ったので、
今回は4つ持ち帰りました(^o^;
そして、帰ってから水洗いしようとしたら… 臭っさ~い!(≧σ≦)
海藻に絡まってたから、その粘液とかが醗酵・腐敗状態だったんでしょうね。
こんなに臭いもの拾ってくるんじゃなかった。。。
一晩ベランダに干しといて、翌朝あまりにも臭い2個は廃棄(^^;
残った2個を酸素系漂白剤に丸一日浸けといて脱臭。そして天日干し。
ふ~ やっと標本として保存しておける状態になりました。
Futtu190811r
8/27(火)渋谷こども科学センターハチラボ夏休みワークショップで『海辺の教室』の講師をするので、その時この謎の生物も見せてきます。

ところで、ここまで「謎の生物」と書いてきましたが、この謎の生物は「コケムシ」です。
コケムシについて - コケムシWebSite
何ていうコケムシだろう? と検索していたら、⇒こけむしぶろぐ
コケムシWebSite BBS ご質問にお答えします! を見つけて、質問したところ、「お問合せの謎の生物は,ツノマタコケムシの仲間です。」との回答をいただきました。
「ツノマタコケムシ」で検索すると…約 327 件 ←とってもレアもの(^o^;

↓これが「動物」だっていうのが面白いよね~(^o^)
Futtu190811r2



※関連記事
2018/08/11 山の日の富津岬の海岸にいっぱい打ち上げられていた謎の生物…
2018/09/02 『へんなものみっけ!』たら、持ち帰らなくちゃ!
2018/08/06 渋谷子ども科学センター・ハチラボでワークショップ 「海辺の教室」

2019年8月 3日 (土)

大和市・夏のおもしろ科学館2019『タカラガイを磨いてストラップ作り』

8/3(土)夏のおもしろ科学館2019が神奈川県大和市の文化創造拠点シリウスにて開催されました。
「あうるの森」はこのイベントに『タカラガイを磨いてストラップ作り』で出展しました。
おもしろ科学館への出展はこれで5回目となります。
2017夏『タカラガイのストラップを作って知る生物多様性』
2017冬『飛ぶ種の模型を作ろう~種が旅する形を考えよう~』
2018夏『たまごの謎を探る~卵殻の標本作り~』
2018冬『くるくる回る種の標本と模型作り』
なんとなく、夏は(貝)殻、冬は木の実、というサイクルになっているので、今回は貝殻!
Takaragaistrap16
タカラガイ磨きは↓こんな風にやります。
Takaragaipolish05
この日のために、貝殻拾いに行くと摩耗してるオミナエシダカラやハナマルユキは「研磨工場行き」として、せっせと拾い集め、摩耗ダカラを300個ほど用意しました。

2017夏にタカラガイのストラップ作りをしたときは「磨く」という工程がないから、250人に対応できましたが、今回はタカラガイを磨くので対応できた子供は160人。
今回も大和市教育研究所の方で和光大学の学生さん(のべ7人)常時4人にスッタフとして参加していただきました。学校の先生を目指している学生さんたちなので、子供への接し方が上手なんです。毎回、参加した子供たちが「楽しかった~」とアンケートに感想を書いてくれる出展ができるのは、和光大学の学生スタッフの協力あってこそです。ありがとうございました。m(_ _)m

今回の参加登録した来場者は670人。それに親がついてきますから、来場者は千人以上ですね。
これまでより来場者が多かった気がする。
10:00~15:30の出展の間「あうるの森」のブースは人が途切れることなく、私は昼休みをとってる余裕はなかったです。
Yamato190803a Yamato190803c
いつものように、コの字にテーブルを並べ、
右側(入口側)には貝殻標本300種を並べ、順番を待つ間「色んな種類の貝がいるんだね~」って感じてもらい。
左側が工作コーナー。内側に和光大学の学生さん4人。外側に子供たち8人。1人のスタッフが2人の子どもに対応します。
Yamato190803d
行列が部屋の外をぐるっと取り巻く大行列~
30分以上の待ち時間になってたと思うんですが、みんな辛抱強く/タカラガイ磨きを楽しみに待っててくれたんだね。ありがとう(=^ェ^=)

今回の出展のために『タカラガイの摩耗標本』を用意しました。
Takaragaimamo190803b
一番上の段がツルピカ(FD)なタカラガイ。
そこから下に行くほど摩耗したタカラガイ。
摩耗が進むとどのタカラガイも(なぜか)紫色が出てくるんです。
上の標本では、左から…クロダカラ、キイロダカラ、カモンダカラ、シボリダカラ、ハナビラダカラ、オミナエシダカラ、ハナマルユキ です。
もうちょっと大型のタカラガイの摩耗標本も用意しました。
Takaragaimamo190803c
中段のホシキヌタの摩耗で、一番右端は磨いたもの。
Takaragaimamo190803d
左端のツルピカなタカラガイが拾えると嬉しいけど、真ん中の摩耗したタカラガイだと残念だよね。
でもね、摩耗したタカラガイでも磨くと右端の様にキレイになるんだよ~(^^)v
Takaragaimamo190803e
ツルピカと磨いたタカラガイを並べて見ると、どっちもキレイでしょ(^^)v
磨いた方はカボションカットの宝石みたいでしょ!←これは子供たちに言ってません。磨いてるけど、カットしてないし(^^;

貝殻の出展で目指すことは…『三浦半島や房総の海岸で拾い集めた貝殻の標本を展示します。タカラガイ・ストラップを作って貝殻に興味を持ったら、他にどんな種類の貝殻が拾えるのか見てみましょう。身近な海岸に、こんなにも多種多様な貝が生息していることを知ることで「生物多様性」についても考えてみましょう。』
で、貝殻標本見て興味を持ったから海に行くかも?と思われる親子には「夏に貝殻拾いに行ってもほとんど拾えません。貝殻拾いに行くなら冬です! なぜか・・・」とお話しておきました。

※今回のトピック
これまでの出展でスタッフとして参加してくれた和光大学の背の高い男子。今年も来てくれたんだ~!
あれ? でも2018冬のとき4年生じゃなかった? どうして…? と思ったら、今回は教師枠で参加してくれたんだって。あ、先生になったんだね! おめでとう~(^o^)



※参加者アンケート抜粋
・貝殻を磨くのが楽しかったです。少しずつきれいになるのがうれしかったです。
・海に貝殻を拾いに行ってみたいと思いました。
・今まで行っている科学イベントでは体験したことのないタカラガイ磨きがよかったです。
・タカラガイ磨きに30分待ったけれど、ピカピカツルツルのストラップが作れてとても満足です。
・たくさんの貝殻が展示してあり、貝について知ることができました。


※大和市おもしろ科学館への出展記事
2017夏『タカラガイのストラップを作って知る生物多様性』
2017冬『飛ぶ種の模型を作ろう~種が旅する形を考えよう~』
2018夏『たまごの謎を探る~卵殻の標本作り~』
2018冬『くるくる回る種の標本と模型作り』
2019夏『タカラガイを磨いてストラップ作り』
2019冬『どんぐりころころ標本作り』ドングリの殻斗は「ぼうし」? じゃなくて「パンツ」!

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus