« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月26日 (土)

逗子海岸で【タカノハガイ】拾った~

漂着物学会柏崎大会の興奮冷めやらぬなか、海行きたい虫がウズウズするので…
記録的大雨の台風21号が過ぎ去った鎌倉・由比ヶ浜→材木座→逗子海岸へ貝殻拾いに行ってきました~
最近の由比ヶ浜はコメツブウニとイトカケ系狙いなのですが、この日は「あんまり無いね~」
やっと見つけた1粒のコメツブウニも、帰って洗ってるときに紛失してしまうし(涙)
でも、逗子海岸でこの日の逸品が…
タカノハガイ(ユキノアシタガイ科)
Takanohagai191026zushi
ちょっと(かなり)欠けちゃってますけど、タカノハガイ(鷹の羽貝)ですよ~!(^o^)!
逗子海岸でタカノハガイを拾えるとは思ってもなかった。
これまでに私がタカノハガイを拾ったのは、千葉・富浦・原岡海岸で拾った【タカノハガイ】が1つだけ。
Takanohagai171117
↑原岡海岸で拾ったのは完品
今回拾ったのは欠けちゃってますけど、
「タカノハガイ」で検索すると…約 959 件(いまだに)レアものです!
何といっても、逗子海岸でタカノハガイというのが意外だったのですが、他にも拾った人いるかな?
「逗子海岸 タカノハガイ」で検索すると…
本命タカノハガイ : えのしま貝散歩
あ、えのしま貝散歩さんが2018年に西浜で拾ってますね。そして…『わーい、タカノハガイだ。5年前に1度拾ったっきり。それ以来ずっと拾いたかった貝です。』やっぱり、拾えると嬉しい貝殻ですよね。(^o^)

タカノハガイの大きさは、5cmほど。
Takanohagai191026a2


タカノハガイ以外の、この日の貝殻拾いログを載せときますね。
貝殻拾いに行くときは早朝に家を出るので、朝ごはんは途中か現地にて。
今回は鎌倉駅から若宮大路を由比ヶ浜に向かって歩いていく途中にある『朝食屋COBAKABA』で「卵かけご飯」(=^ェ^=)
Yzz191026a
「卵かけご飯」の箸置きは…
Yzz191026b
卵のお母さん(^o^?
Yzz191026c
「朝食屋COBAKABA」の丸窓と、卵の黄身の形の関係は?

由比ヶ浜で最初に見つけたものは…
Yzz191026d
赤い靴(^o^?
私、スカシガイが「靴」に見えちゃうんですけど~(^o^;
もう一足…
Yzz191026e

由比ヶ浜で狙っていたイトカケ系は…
Yzz191026f2
1時間ぐらいしゃがみこんで探したのに、たったこれだけ(´Д`)
茶色く色付いてるのがオダマキで~
小さいのはネジガイで、
細長いのはタテヨコイトカケかな~?

Yzz191026h
小さいのはクチキレガイで、
大きいのはカワニナ

この日の由比ヶ浜… 彼方に人がいっぱいいるね~
Yzz191026j
あれは、地引網をやってるようです。
Yzz191026j2
私が令和最初の貝殻拾い(2019/05/03)に来たときも地引網をやってました。今回は地引網を見物するのはパスして、材木座海岸の方にUターン
その時気づいたこの光景
Yzz191026k
波が引いた砂浜に雲が映ってる~
ちょっとウユニ塩湖っぽい? そんなことないか(^^;
反対側を見ると…
Yzz191026l
稲村ケ崎側の山と、その上に浮かぶ雲が、砂浜に映ってる~
由比ヶ浜が「天空の鏡」になってるよ~w(*゚o゚*)w

この日の由比ヶ浜の桜貝は…
Yzz191026n
カバザクラは少なくて、
Yzz191026m
オオモモノハナガイが多かった。でも色あせてる。

材木座海岸は… 最近ぜんぜんありません(´Д`)
和賀江島の先の小坪は、台風で砂利がごっそりさらわれて、何にも無い。。。
じゃぁ、逗子海岸に行きますか。あそこは何か拾えるから。
で、逗子海岸で拾ったものは…
Yzz191026p
ツノガイとカバザクラ(^o^;
左下には小さなベニガイ
バフンウニの殻は小さいけど緑色鮮やかだったから…
Yzz191026r
黒イタヤの上に載せてみた(^o^)
とか遊んでたら…
タカノハガイみっけ!
時刻は午後4時。思わぬ拾い物があったから、今日はこれで帰りましょ(=^ェ^=)



※関連記事
2018/01/02 千葉・富浦・原岡海岸で拾った【タカノハガイ】
2019/05/03 令和最初の貝殻拾い…鎌倉・由比ヶ浜
2013/05/28 貝殻拾い【ツノガイ】逗子海岸

2019年10月24日 (木)

貝殻拾い【クサイロアオガイ】【ヨツカドヒラフジツボ】…新潟・鯨波海岸

漂着物学会 柏崎大会に初参加した前日、鯨波海岸での貝殻拾いで、普段(三浦半島では)あまり拾うことのない貝殻を拾ってたのでご紹介…
(その1)→チリボタン
(その2)→シボリザクラ
そして(その3)は…

クサイロアオガイ(ユキノカサガイ科)
Kjrn191018e
手前の草色(青緑色)のがクサイロアオガイ、
奥のはベッコウガサ、ヨメガカサなど。
拾った貝を洗って、タオルの上に並べたときの画像なので、貝殻が濡れていてキレイです(^_^)
クサイロアオガイは三浦半島でも拾ってますが、私の拾ったのは内側の草色萌え色が擦れちゃってて、画像検索結果に擦れた画像が出て来ちゃうから(^^;
もうちょっと草色はっきり画像を載せときます。
Kasa191018d Kasa191018e
Kasa191018f Kasa191018g
クサイロアオガイは小さい
Kasa191018h
こちらのクサイロアオガイは色鮮やか~!
ユキノカサガイ科3|貝の博物館「ぱれ・らめーる」

ヨツカドヒラフジツボ(クロフジツボ科)
Yotukado191018b
「貝殻拾い」というタイトルなのにフジツボ(甲殻類)ですみません(^^;
ヨツカドヒラフジツボは三浦半島でも時々拾うのですが、たまに1個か2個ぐらいで、こんなに(30個も)一度に拾ったことはありません。というか、これまでに拾ったのをまとめても30個もないな。
Yotukado191018a
ヨツカドヒラフジツボを観察~
Yotukado191018c Yotukado191018d
殻底を見ると、クロフジツボの仲間(クロフジツボ科)なんだな~と分かります。
クロフジツボの殻底
Fujitubo170605b

貝殻拾い1年生の時に…
2014/02/10 フジツボは貝類じゃなくて甲殻類なんですって~!とビックリ!

『フジツボ―魅惑の足まねき (岩波科学ライブラリー) 』倉谷うらら著

この本の著者 うららさんが、先日(10/20)
NHK サイエンスZERO▽夢の接着剤に!高級食材に!“地味すぎる生き物”驚異の実力 に『フジツボ愛』全開で出演していましたね~(^o^)
Sciencezerofujitubo1
フジツボの髪飾りがインパクト大!ですね~w(*゚o゚*)w
Sciencezerofujitubo2
あ~でも、ここの注目ポイントはフジツボの髪飾りではなくて、開いている本の方です。
Sciencezerofujitubo4
タイトルに見える“CIRRIPEDIA”は… 蔓脚類(まんきゃくるい)=フジツボですね。
ここで、うららさんは満面の笑みで↓こう言ってます。
『ダーウィンは「種の起源」進化論を書く前に
8年もフジツボだけの研究をしていたんです』←これ、うららさんの本に書いてありました。
『フジツボ界では ダーウィンは 進化の人以前に フジツボの祖
フジツボ学を築いた人なんです』
Sciencezerofujitubo3
A Monograph on the Sub-Class Cirripedia, with Figures of All the Species
フジツボ愛あふれるあなたも一冊お手元に…
私は『フジツボ―魅惑の足まねき』ぐらいがちょうどいい(^o^)



天地創造デザイン部01にもフジツボが出てきます。そして『フジツボ―魅惑の足まねき』でも説明されていた「動物界で一番の長さ」がネタになってました。(^o^)



※関連記事
2014/02/10 フジツボは貝類じゃなくて甲殻類なんですって~!
2014/03/27 【ヨツカドヒラフジツボ】…和田長浜海岸
2014/07/12 貝殻拾い【ヨツカドヒラフジツボ】…鎌倉・材木座海岸
2013/06/22 貝殻拾い【クサイロアオガイ】…秋谷海岸・立石公園・荒崎海岸
2014/07/13 貝殻拾い【クサイロアオガイ】…鎌倉・材木座海岸

2019年10月23日 (水)

貝殻拾い【シボリザクラ】【モモノハナガイ】…新潟・鯨波海岸

漂着物学会 柏崎大会に初参加した前日、
鯨波海岸でコメツブウニ80個拾ったんですけど、それ以外に普段(三浦半島では)あまり拾うことのない貝殻を拾ってたのでご紹介(その2)です。(その1)は→チリボタン

シボリザクラ(ニッコウガイ科)
Nikkogaika191018b
私はこれまでに 逗子海岸材木座海岸由比ヶ浜原岡海岸などで桜貝(ほとんどカバザクラ)を2千枚ぐらい拾ってますけど、シボリザクラを拾ったのは2枚ぐらいかな~
だから私にとってシボリザクラはレアものなんです。それが合弁で7つも拾えた~(^o^)v
▽合弁のシボリザクラの蝶々ひらひら~
Nikkogaika191018g
シボリザクラは殻頂から放射帯が出てますが…
▽内側と外側
Nikkogaika191018h Nikkogaika191018i
内側の方が放射帯がはっきり見えるのはなぜでしょう?
「シボリザクラ」で画像検索してみると、みんな外側を撮ってるよね。

▽鯨波海岸で拾ったニッコウガイ科の貝殻
Nikkogaika191018a
左上3段がシボリザクラ
右側5個がベニガイ
シボリザクラの下はカバザクラやオオモモノハナガイなんですが、4段目左端の色鮮やかなのは何でしょう?
Nikkogaika191018d Nikkogaika191018e Nikkogaika191018f
「シボリザクラ」で画像検索した中に、これと似た色鮮やかなのがあって…
産地紹介:京都府|貝殻拾いの旅
シボリザクラと並んで「モモノハナ」となってますね。
あ~これが!モモノハナガイなんですか~
実はモモノハナガイはよく分かっていない私(^^;
「モモノハナガイ」で画像検索すると… あ~ オオモモノハナガイの様に成長肋に沿った色の濃淡があり、殻頂から2本の白い幅広い放射帯があるんですね。でも、上のオオモモノハナガイは白い放射帯が1つだけなんですけど~
▽これは白い放射帯が2本ありますね。
Nikkogaika191018k Nikkogaika191018l Nikkogaika191018j
そうか~ こういうのがモモノハナガイだったのか~
」の方が「」より色が濃いんだ。

それと、カバザクラの中に殻表がとってもキラキラなのがあって…
▽虹色に輝くカバザクラ~
Nikkogaika191018m Nikkogaika191018m2
↑これは樺虹色
↓こっちは桜虹色
Nikkogaika191018n Nikkogaika191018n2

最後は拾った桜貝をごちゃっとまとめて、観賞~
Nikkogaika191018o

Nikkogaika191018p
はぁ~(=^ェ^=)

ニッコウガイ科の貝も色んな種があるんですね~
ニッコウガイ超科 ニッコウガイ科|SHELLS DATABASE 貝類データベース

「シボリザクラ」で検索すると、
桜貝 - さくら貝アクセサリー Lino Drops Kamakura には…『 シボリザクラ(絞り桜)滅多に拾うことのできない、珍しく貴重な貝です。当店では過去2枚拾っています。』と書かれてます。やっぱり、材木座・由比ヶ浜で桜貝を拾ってると、シボリザクラはそれくらいしか拾えないですよね。
ところが…
打ち上げ貝・シボリザクラ|Beachcomber's Logbook によりますと…『この時季に敦賀半島の浜辺でビーチコーミングすると、かなりの確率で出会えるのが、かわいいシボリザクラです。』とのこと。
なんか、シボリザクラは日本海側の方がよく拾えるみたい。私が拾ったのも新潟・鯨波海岸だったし。
日本海側で貝殻拾い!次の目標かな。アオイガイも拾いたいし(=^ェ^=)



※桜貝大収穫~!の記事
2014/10/04 貝殻拾い…逗子海岸で【桜貝】大収穫~!(400枚)
2016/10/03 貝殻拾い…材木座海岸で桜貝【カバザクラ】大収穫~!(781枚)
2017/11/17 貝殻拾いの旅…桜貝【カバザクラ】を500個も!…千葉・富浦・原岡海岸(500個)
2015/01/13 海の中道~志賀島で拾った桜貝【カバザクラ】が200枚(200枚)
2016/05/15 貝殻拾い【オオモモノハナガイ】【カバザクラ】【サクラガイ】…材木座海岸・由比ヶ浜(100枚)
2015/07/18 貝殻拾い【オオモモノハナガイ】【カバザクラ】…材木座・由比ヶ浜・江ノ島東浜(100枚)
合計 約2千枚

2019年10月22日 (火)

貝殻拾い【チリボタン】…新潟・鯨波海岸

漂着物学会 柏崎大会に初参加した前日、
鯨波海岸でコメツブウニ80個拾ったんですけど、それ以外に普段(三浦半島では)あまり拾うことのない貝殻を拾ってたのでご紹介。まずは(その1)…

チリボタン(ウミギクガイ科)
Chiribotan191018c6a
チリボタンの棘棘が凄~いw(*゚o゚*)w
チリボタンは三浦や房総でも普通に打ち上がってる貝殻ですが、みんな棘がとれちゃってるの。
それが、鯨波海岸では棘が完全に残ってる状態の貝殻が↓こんなにいっぱい打ち上がってました~!
Kjrn191018a
チリボタンの大きさは3cmほど。拾ったのは約50個
Chiribotan191018a
↑こんな風に並べても全然感動がないのですが、これを一つ一つデジカメで撮影して、棘棘をアップで見ると~(乾燥したのを水で濡らして撮ると、より色鮮やか)
Chiribotan191018b3a
Chiribotan191018c1a
Chiribotan191018c6a
Chiribotan191018d4a
Chiribotan191018e2a
Chiribotan191018f2a

はぁ~ チリボタン(散牡丹)の美を堪能しました~(=^ェ^=)



※関連記事:これまで三浦・房総で拾ったチリボタンは棘が残っていてもこの程度
2013/05/08 貝殻拾い【チリボタン】一色海岸(葉山町)
2013/11/30 【チリボタン】 千葉・館山…貝殻拾いの旅

ちなみに、
日本貝類学会の連絡誌は『ちりぼたん』です。
漂着物学会の会報は『どんぶらこ』です。
機関紙の名前が学会の性格を表してるように思える。(^o^)

2019年10月21日 (月)

漂着物学会 柏崎大会に行って見つけたもの(漂着物以外)

漂着物学会 柏崎大会に初参加したログは以下3本の記事ですが…
2019/10/18 漂着物学会 柏崎大会 前日の貝殻拾い…鯨波海岸でコメツブウニ80個!
Kujiranami191018_
2019/10/19 漂着物学会 柏崎大会に「初」参加して… 楽しかった~
Drift191019e
2019/10/20 「マクラガイがドングリのようだ~!」漂着物学会 柏崎大会 高浜海岸ビーチコーミング
Beachcom191020f
…これ以外にも柏崎に行って見つけたもがありますので、それも記しておきますね。



太陽が山側から昇ってきた~!
Drift191019g
いつもは三浦半島あたりで貝殻拾いをしていて、海に向かって立てば太陽は海側にある。
それが、柏崎番神岬で早朝ビーチコーミングをしていたら…
朝日が背中にさしてきた。え!なんで? 太陽ってさ、海から昇ってくるものじゃないの?
あ~ それは太平洋側の場合なんですね。
日本海側では太陽は山側から昇ってきて、海に沈むんだ~
それで夕日が観光スポットになってるんですね。

Drift191019g2
早朝ビーチコーミングで拾えた目ぼしいものは、このベニガイだけでした。あとは(貝殻無いから)石拾ってた(^^;

コーヒー豆の樽
Drift191019h
わ!これ何? コーヒー豆の樽みたい。こんなにいっぱい並んでる~
この樽を一つ部屋に置いといたら、なんかインテリアとしていいよね。
漂着物学会柏崎大会当日の昼休み、柏崎の商店街を歩いていたらありました。
「柏崎 コーヒー」で検索すると…
自家焙煎フェアトレードコーヒーなら…フレッシュコーヒーNo.1 のようです。
ここで目にとまったのが「フェアトレード」…ん、なんとなく分かるんですが、フレッシュコーヒーNo.1のサイトのリンクを辿ってフェアトレードの必要性を知っておきましょう。⇒なぜフェアトレード?
『生産者の持続可能な生産と生活を支える』ことって大事ですよね。

海藻の押し葉?
Drift191019i
…じゃなくて、絵なんです!
漂着物学会柏崎大会の展示の中の一つ『海辺に漂着した海藻』マメダワラ
作者は 渡辺法子さん
漂着物学会会員
日本植物画倶楽部会員
American Society of Botanical Artist(アメリカ植物画家教会)会員

ここで Botanical Artist に反応した。それは、先日NHK 美の壺『未知への扉 図鑑』を見ていて、Botanical Art(ボタニカルアート)が出てきたから。図鑑の(写真じゃなくて)絵は、ただ絵がうまいだけじゃダメなんですね。そこまで子細に観察して、そんなに時間を費やして、技巧を駆使して描いてるんだ~!というのが驚きでした。

「渡辺法子」さんを検索してみたら…
このページがヒットし⇒日本の植物画家たち - 夢!進行形。港が見える丘ガーデン
このブログを書いてる人が高知県在住で、この記事に「牧野植物園」と出てくる。
その「牧野」って(私の敬愛する)牧野富太郎先生?
高知県立牧野植物園 やっぱそうだ!
来年は漂着物学会創立20周年記念大会『高知黒潮大会』なんですが、そのとき牧野植物園にも行こうかな(=^ェ^=)

大洋盛(たいようさかり)
Drift191019j
交流会には地元新潟の銘酒がズラーーっと並んでいて、交流会がお開きになったとき、一升瓶の中にはまだ一合ほどお酒がのこっているのがあって、「どうぞお持ち帰りくださーい」って声かけてたから、じゃぁ…
交流会で席が隣だった地元高校生物の先生(女性)お薦めの『大洋盛』が美味しかったので、これにしよ(^_^) あ、一升瓶をぶら下げて持ち帰ったのは私じゃありませんから(^o^;
なお、この一升瓶は写真は撮りましたが、空瓶を持ち帰ってはいません。漂着物じゃないから(^o^;;
SAKE TIME というサイトの 大洋盛のクチコミ・評価を見ると、概ね高(好)評価ですね。で、その口コミの中に『新皇后陛下雅子さま慶祝記念として発売とのNHKニュースを見てすぐ申し込みました。』という書き込みがあった。え!そうなの? 検索してみると…⇒新皇后陛下慶祝記念酒 純米吟醸 雪華光 大洋盛 720ml - 大洋酒造…『当地村上は、皇太子妃 雅子様の原籍が当社と同じ町内にあったことで、ご成婚以来「小和田家ゆかりの地」として知られるようになりました。』そうなんだ~

長岡銘品の館 ぽんしゅ館
Drift191019n
帰り、長岡駅で新幹線を待つ間、駅ビルのお土産屋さんを巡っていたら、ここ面白いね~!と思うお店がありました。その紹介はこちらをどうぞ ⇒日本酒だけじゃない!新潟の美味が詰まった「銘品の館ぽんしゅ館」長岡にオープン ここワンコイン(500円)で100種以上取り揃えられた新潟の地酒の中から5種類の利き酒ができるんですが、その他に無料で「利き醤油」「利き味噌」もできるんです!
お醤油がズラーーっと並んでいて…
Drift191019l
番号札があるのが「利き醤油」できる銘柄
あまたあるお醤油の中から私が選んだ逸品が…
Drift191019m
右端の『最後の一滴』これは「利き醤油」対象ではなかったけど、ネーミングと『糸魚川市 新潟県立海洋高校』でチョイス。これ海洋高校の生徒たちが作ってる魚醤なんです!⇒鮭の魚醤「最後の一滴」が大評判!開発から販売まで行う県立海洋高校の生徒たちが凄い!
Drift191019o3

●「かきたね」の合弁?
Drift191019k
帰りの新幹線で食べてたら、出てきた~!
柿の種を食べてると思うんですけど、柿の種ってタカノハガイに似てない?
↓タカノハガイ(合弁)
Takanohagai171117
↓柿の種の合弁(^o^?
Drift191019k2
ところで、この「かきたね」おいしかったです。柿の種100%です。
はまってる人もいるようです。⇒阿部幸製菓「かきたね」が食べやすくて最強!



※ 今年の「貝殻拾いの旅」は漂着物学会 大会初参加の旅となり、期待した以上に楽しい旅になりました。
漂着物学会の皆様、ありがとうございました。m(_ _)m

※ボタニカル(植物の)関連記事
2018/09/22 科博・企画展・講演会『標本づくりの技(ワザ)を語る』


2019年10月20日 (日)

「マクラガイがドングリのようだ~!」漂着物学会 柏崎大会 高浜海岸ビーチコーミング

2019/10/20(日) 漂着物学会 柏崎大会 二日目は高浜海岸でビーチコーミングです。そこで私が拾ったものは…
主にマクラガイ
Beachcom191020f
こんなにたくさんのマクラガイがあると、
「マクラガイがドングリのようだ~!」
Beachcom191020f2
↑これは(細身の)コナラのドングリ。ね、似てるでしょ(^o^)

朝8時、シーユース雷音前から貸し切りバス「どんぶらこ号」1号、2号が発車し、柏崎刈羽原子力発電所
の横を通って高浜海岸に着いたのが8時半ごろ。
▽高浜海岸バス停
Beachcom191020a
電車・バスで貝殻拾いに行く私には、このバスの本数では再度ここに来るのは無理… という意味では今回来られてよかった(^_^)
記念写真撮影後ビーチコーミング開始~
さて、
▽右に行こうか、
Beachcom191020a3
▽左に行こか。
Beachcom191020a2
▽沖に見えるは佐渡島
Beachcom191020a4
なんとなく右に歩き出し…

テングニシみっけ!
Beachcom191020b

ギンカクラゲがいっぱいだ~!
Beachcom191020c
でも、ルリガイは無かった。

▽マクラガイがマテバシイ(どんぐり)のようだ~!
Beachcom191020d
拾ってるときはマテバシイ(どんぐり)のようだと思ってたんですが、帰ってマクラガイを洗って、マテバシイと並べて見ると、今年拾ったマテバシイは太いのばかりセレクトしていたので、細身のコナラのドングリと比べてます(^^;
Beachcom191020d2
マクラガイはいっぱいあるんですが、その多くが先端が割れてて、一つ一つ摘みあげては割れていないのを探すと、10個に1個ぐらいしかコンディションの良いのはありませんでした。
拾ったマクラガイは120個。
そのほとんどが殻口に砂が詰まってたので、
Beachcom191020d5
くじり目打ちで全部砂粒を掻きだしました。1時間かかったよ~(^o^;
貝殻拾いを始めたころ、タカラガイ約1500個の砂粒を掻きだしていたのと比べると、楽だったかな(^^;
何でマクラガイをそんなに拾ってきたかと言うと、三浦半島ではそんなに拾えない貝だから。
同じ種の貝殻をたくさん拾っておくと、科学教室で貝殻の標本作りをするときに使えるんです。

ベンケイガイ(タマキガイ科)
Beachcom191020g
ベンケイガイは大きくて重いので、帰りの荷物を軽くするため、拾ってきませんでした。
でも、ベンケイガイ/タマキガイでの貝輪づくりをしたことないから、いくつか拾ってくるんだったかな~

オオブンブク(ブンブク目オオブンブク科)
Beachcom191020h
高浜海岸でのビーチコーミングが始まったとき、私はなんとなく右側に行ったのですが、反対側に行った人…昨日の交流会で席が隣だった高校生物の先生(女性)と話をしたら、なんと!ブンブクが拾えたとのこと!
え~私も反対側に行くんだったな~(涙;)
でも昨日の交流会で仲良くなったので、一昨日私が鯨波海岸で拾ったコメツブウニ(10粒ほど)とトレードしてもらいました~(=^ェ^=)
↓オキシドールに浸けてクリーニングしたオオブンブク
 背側(反口側)
Beachcom191020h1
 腹側(口側)
Beachcom191020h2

ビーチコーミングの後は柏崎市立博物館見学です。
展示の中に洞窟があって、何でこんな洞窟作ったの? と思ったら、これは福浦猩々洞(ふくうらしょうじょうどう)という、4種類のコウモリ約1万頭が生息している洞窟の展示でした。コウモリの赤ちゃんが洞窟の壁にびっしり隙間なくいる映像が凄かった。その中から我が子を探し出すお母さんコウモリもすごいね~
柏崎市立博物館は貝の標本展示もあって、常設展示だけでもなかなか面白かったです。

博物館見学の後はロビーで閉会式。「それでは恒例、万歳三唱で〆ます。」って、そうなんですか~
私もしっかり万歳三唱してきました。とっても楽しかったから(^o^)
Habuprinovolvaさんのツイートより…



※関連記事
2014/08/07 漂着物学会というのがある!
2019/10/18 漂着物学会 柏崎大会 前日の貝殻拾い…鯨波海岸でコメツブウニ80個!
2019/10/19 漂着物学会 柏崎大会に「初」参加して… 楽しかった~
では皆さま、また来年。

2019年10月19日 (土)

漂着物学会 柏崎大会に「初」参加して… 楽しかった~

2019/10/19(土) 漂着物学会 柏崎大会
『東京都からどんぶらこ』
Drift191019e
と初参加してきました。そして…

中学1年生の発表に感動した~!
漂着物学会は「学会」なので、その大会では研究発表もあります。今年の口頭発表は5件。その1番目の発表が『徳島の海岸を巡ってビーチコーミングマップを作る試み』山本真綺(徳島県)でした。
Drift191019d
この発表を行った山本真綺さんは、中学1年生なんですよ~!
会場にセーラー服姿の女の子がいて、お母さんについてきたのかな? と思っていたら… なんと!この子が主役でした。
Drift191019b
山本真綺さんは小学4年生の時に県立博物館のビーチコーミングイベントに参加してその魅力にはまり、その後『とくしま海の観察会』に入会し、会の皆さんにビーチコーミングの楽しさ面白さを教えてもらいましたが、会の中に同世代の人はおらず・・・ あ~その状況、わかるな~
同世代の友達と「こんなもの拾った~!」って、ワイワイやりたいよね(^o^)
同世代の人にビーチコーミングの楽しさを伝えるにはどうするか?
ビーチコーミングマップを作って、若いビーチコーマーを増やせば…
阿波っ子タイムズ企画「あなたの夢かなえます」に応募して、「徳島の海岸をめぐってビーチコーミングマップを作りたい」という藍住東中学1年 山本真綺さんの夢が採用されたそうです。拍手~(^o^)

漂着物鑑定会でスゴイ人がいっぱいだ~!
あれ、第14回 石垣島大会の時は『お宝鑑定会』でしたけど、今回は『漂着物鑑定会』ですね。あ~ 第15回 徳島大会から『漂着物鑑定会』になってますね。
まぁ「お宝」って言うと何かすごいもの… って思っちゃいますけど、「漂着物」なら何でもありですね。
でも鑑定会に貝は出てきませんでしたね。石(メノウ? 琥珀?)とか、骨(どんな動物のどの部分?)でした。
そして、それを鑑定するのは会員の…「これを鑑定するなら〇〇さんだな」と… そして♪チャ~ラ チャララ チャ~ラ チャララ チャラーラーラーラ~♪のメロディは流れないのですが(^^; そのくらいの時間で「これは〇〇〇ですね」と鑑定しちゃうんです。スゴイな~
鑑定会のあと鑑定会に出されたものを間近に見ようと前のテーブルに行くと、さらに色々解説してくれるのです。そして『…鳥の骨格なら、基本的なの 例えば「カモメ」とかを拾ってきて丸々1羽骨格にすると、どの骨とどの骨がどんな風につながってるか分かるようになるわよ。』って、カモメが打ち上げられていたとして、それを持ち帰って調べたい!っていう気持ちより、これ持ち帰ってどう処理するの? 家族にヒンシュクものだよね。という思いが… 私はまだまだひよっこですね(^^;
ゲッチョ先生の『生き物屋図鑑』を読んで→『生き物屋図鑑』みんなスゴイ!そして変(^o^) と思っていたのですが、そういうスゴイ人たちが漂着物学会にはいるんですね~

交流会 楽しかった~(^O^)
交流会は「お好きな席にどうぞ」ではなく、予め(シャッフルされて?)席が決められているので、初対面のいろんな人たちとお話ができます。私は初参加なのでみなさん初対面ですけど。
漂着物学会の(私と趣味や想いの共通する)人たちとお話しすると、とっても興味深い話が聞けて楽しかったです。
「今日の発表会 中学生の山本真綺さんの発表には感動したよね~」と思ったのは皆さん同じ(^_^)
そして、お宝ジャンケン大会!これ盛り上がりました~(^o^)
会員の皆さんが持ち寄った色んなお宝やお土産を、欲しい人は立ち上がって「最初はグー! ジャンケンポン!」で勝った人がゲットできます。
あ~あれイイな~ と思いつつも、まだまだ…
キター!ガラスの浮き玉!欲しい~ そして・・・
ガラスの浮き玉を欲しい人に対し、浮き球の数の方が多かったので欲しい人全員に配布。
憧れのガラスの浮き玉がもらえた~ 超嬉しい(=^ェ^=)
Drift191019f
ありがとうございました m(_ _)m
それと、料理とお酒もおいしかったです。酒どころ新潟での大会ですから、お酒も新潟の地酒がズラーーっとw(*゚o゚*)w
交流会の写真は撮ってなかったので、Habuprinovolvaさんのツイートから…

漂着物学会 柏崎大会… 発表会、鑑定会、交流会 どれもとっても楽しかったです。
次回、漂着物学会創立20周年記念大会『高知黒潮大会』2020/10/23(金)~25(日) 行く気満々です(^o^)/


今回の大会での口頭発表は以下の5件でした。
(1) 徳島の海岸を巡ってビーチコーミングマップを作る試み 山本真綺(徳島県)

(2) 祀られた漂着物・奉納された漂着物-新潟県中越地方の事例から- 渡邊三四一(新潟県)
鯨一つ捕れば七浦潤う』へ~そんな風に言われてたんだ。これって、捕鯨でもうかるというだけじゃなく、漂着した鯨で人々の命が救われったってこともあるんでしょうね。だから信仰の対象にもなったんですよね。
参考リンク⇒特集1 鯨(1):農林水産省

(3) 日本の海岸でみる漂着物についている字について 京馬伸子(神奈川県)
京馬(けま)さんは漂着物学会発足当時からのメンバーで、メーリングリストでも積極的に発言されています。
私は貝殻拾いがメインで、ときどき「へんなもの」を拾ってますが、京馬さんは… スゴイ!「字」のついてるものならなんでも(陶片、ライター、板切れ、歯ブラシ…)拾って、そこから「情報」を読み取っているんですね~
そして、そこから歴史も見えてくる!
そういうビーチコーミングの楽しみ方があるとは(*゚o゚*)

(4)【2017年度漂着物学会基金研究助成成果報告】
浮遊性アサガオガイ科貝類の漂着動向調査と遺伝的解析 寺本沙也加(沖縄県)
『地域別にみたアサガオガイ科漂着の季節変化』あ~これ見ると、何月ごろどこに行けば拾えるかも?って参考になりますね。アオイガイの同様の調査もしてくれないかな~ 私まだアオイガイ(大きいの)拾ったことないから。
この漂着動向調査はSNSのTwitterを利用して行われました。
私も「#ルリガイ速報」のハッシュタグ付けてツイートしました。(1回だけですけど)


寺本沙也加さん(さやかちゃん)は『ときめく貝殻図鑑』という本を書いてます。私は著者オリジナル「ヒメネジガイ」スタンプぺったん『ときめく貝殻図鑑』を持ってます。
2016/10/15「ときめく貝の世界へようこそ」三番瀬ブックカフェにて寺本沙也加さんのお話

(5)【2018年度漂着物学会基金研究助成成果報告】
北海道の現生・化石穿孔貝とその生痕に関する古生態学的研究 岩渕天将・鈴木明彦(北海道)
『岩石に穴を開け、その中で生活する二枚貝を穿孔貝と呼ぶ。穿孔貝は巣穴の穿孔方法により、機械的穿孔種と化学的穿孔種の2つのタイプに区分される。…』
発表後の質問で「化学的に酸で穿孔すると、その酸で自身も溶けてしまわないのですか?」←ですよね~
少しは溶けますが、そこは粘液等で保護してます。ヒトも自分の胃液で胃袋が溶けないのと似たようなものです。←なるほど~
私、貝殻拾いを始めたころ→2013/04/19 岩に穴を掘る貝がいるんですって〜!【イシマテ】とビックリし、
2014/12/07 岩に穴を掘る貝【カモメガイ】で、ヤスリ/ドリルの様に物理的に穿孔する貝を知って疑問に思ってたことがある。「貝殻で岩を削ったら、貝殻の方も削れちゃうんじゃないの?」
交流会でそのことを質問したのはあうるの森サイエンスラボで、鈴木先生からの回答は…「穿孔貝が削る泥岩は非常に軟らかくて、貝殻表面の凸凹で砂粒を掻き落としている。例えると、おりぎりのご飯粒を掻き落としているような感じ。」←たいへん分かりやすい説明でした。
漂着物学会大会に参加すると、とっても勉強になります。(^_^)




※大会の様子を豊富な写真付きで報告しているページがありました。
南・天草の牛深で 田舎暮らし 結乃里便り
漂着物学会・柏崎大会その2
漂着物学会・柏崎大会その3 ←やっぱり山本真綺さんの発表で感動してますね~

2019年10月18日 (金)

漂着物学会 柏崎大会 前日の貝殻拾い…鯨波海岸でコメツブウニ80個!

第19回 漂着物学会 柏崎大会 2019/10/19(土)~20(日)に入会後5年目にして初参加してきました~(^o^)/
大会当日は漂着物学会のみなさん(今回の参加者は85名)が浜にくりだします。ビーチコーミングのオーソリティー/猛者/プロフェッショナルな人たちが、そんなに大勢行ったら貝殻無くなっちゃうんじゃない?
それに東京から新潟柏崎まで行くんだから1泊じゃもったいないよね。前日から行って貝殻拾いしなくちゃ!
大会には日本全国からビーチコーマーが来ますから、Twitterを見てると、私と同じように前日から柏崎入りしてる人、いるいる!
で、私は貝殻拾いの競合を避けるためと、その日の宿に海岸沿いを歩いて行くために、柏崎駅の一つ先の鯨波駅で下車し、鯨波海岸で貝殻拾い。
そして、貝殻拾いの成果は・・・
Kujiranami191018_
コメツブウニが約80個も拾えたよ~w(^o^)w
ここでコメツブウニを拾えるとは思ってもいなかった。大好きなコメツブウニをこんなにいっぱい(私としては過去最多)拾えて嬉しい~(=^ェ^=)
でも、鯨波海岸に行ってひょいひょいとコメツブウニが拾えたわけではありません。
そこには4時間の貝殻拾いの楽しい時間があったのです。
以下、コメツブウニに至る鯨波海岸のリポート(長い)です。

信越本線鯨波駅(くじらなみえき)は無人駅です。
Kujiranami191018a
電車は2両編成のワンマンカー。無人駅では1両目の先頭ドアしか開きません。運転席の横に運賃箱があって、そこに切符を入れて電車をおります。
Kujiranami191018a3
鯨波駅の駅舎の壁にはクジラくんが描かれています。
鯨波駅の様子はこちらのページに詳しく紹介されていました。⇒鯨波駅 | 海の見える駅
鯨波駅は「海の見える駅」なので、海岸まではすぐ。
Kujiranami191018b
広~い砂浜が広がっています。
砂の色は、関東の灰色の砂浜と違って、薄茶色です。
砂浜は広くて綺麗なんですが、何にも無いね~
Kujiranami191018b3
波打ち際まで行っても何にも無い。。。
え~ そんな~ (´Д`)
浜を見渡してもあるのは…

▼砂柱だけ。
Kujiranami191018b2
あ~!これ千葉・館山・沖ノ島でも見たことある
そのときの推理…『 小さな貝殻が散乱した濡れた砂浜があった。潮が引いた。太陽が照りつけ、砂が乾く。だけど貝殻の下の砂は濡れたまま。そこに強い風が吹く。乾いた砂は飛ばされる~ で、貝殻の下の砂だけ残り、貝殻の砂柱ができる。』…でも今回の砂柱の上にあるのは貝殻じゃなくて、プラスチック片が断然多い(^^;
Kujiranami191018b4
この砂柱は高さ5cmぐらいありますね~ ということは、この広い砂浜の砂が厚さ5cm分、風でどこかに飛ばされてったということですよね。スゴイな~!
ところで「砂柱」で検索したら…⇒何これって?(砂柱編)|鳥取砂丘レンジャー日記
…このページにキツネやカエルの形の砂柱がありますよ!(^o^)
砂柱は(すなばしら)じゃなくて(さちゅう)と言うんですね。

それより、貝殻はどこ?

オニグルミ
Kujiranami191018e
この前の台風で打ち上げられたと思われる流木と竹の中にあるのは、クルミばかり。
Kujiranami191018c Kujiranami191018c2
あ、これはアカネズミの食痕ですね。
リスさんはクルミのつなぎ目を一周かじって割って食べますが、アカネズミは両側をかじって食べるそうです。

ヒメグルミ
Kujiranami191018e2
ヒメグルミはハート形なので拾います(^o^)

ブナの殻斗
Kujiranami191018e3
この冬のおもしろ科学館で『どんぐりころころ標本作り』をやる予定なので、あうるの森では拾えないブナの殻斗が拾えて、ドングリコレクションがまた一つ増えました。

ん~ 木の実拾いに来たんじゃなくて、貝殻拾いに来たんですけど、貝殻はどこ?
あった!

▼桜貝
Kujiranami191018d
へ~ここにも桜貝(カバザクラ)がいるんだ~

▼貝殻の打ち上げライン
Kujiranami191018e4
流木と竹の打ち上げラインの横に、うっすらと貝殻の打ち上げラインがありました。
小さな貝殻しかないんですけど、ここまで貝殻ナッシングだったので、しゃがみこんで(砂浜20cmまで目を近づけて…這いつくばるまでしてませんけど)貝殻を探します。
そしたら、小っちゃいけど、色んな貝殻がありました~(^_^)

ベンケイガイ(タマキガイ科)のおチビさん
Kujiranami191018d2
ベンケイガイ/タマキガイどっちでしょ?と毎度悩む(^^;

ハナガイ(マルスダレガイ科)
Kujiranami191018f
ハナガイを拾ったの 久しぶり~

ヨツカドヒラフジツボ(クロフジツボ科)
Kujiranami191018f2
この後もヨツカドヒラフジツボをいくつも拾いました。
三浦半島で見かけるフジツボはアカフジツボやクロフジツボが多く、ヨツカドヒラフジツボはレアものっていう感じでいたのですが、こっちで拾ったのはヨツカドヒラフジツボばっかりでした。

ナデシコガイ(イタヤガイ科)
Kujiranami191018f3 Kujiranami191018h3
小っちゃいけど色鮮やか~
その後いくつもナデシコガイを拾いました。
Kujiranami191018h9

チリボタン(ウミギクカイ科)
Kujiranami191018f5
赤くないけど、このトゲトゲはチリボタンですよね?
赤いチリボタンはこのあといくつも拾いました。
貝殻拾い【チリボタン】…新潟・鯨波海岸

クサイロアオガイ(コガモガイ科)
Kujiranami191018f6 Kujiranami191018k2
これだけ緑色鮮やかなクサイロアオガイは初めてかも(^_^)
クサイロアオガイもこのあといくつも拾いました。

あ~拾ったものを順に載せてきましたが、まだ先は長い…
以後は名前と画像だけ並べて行きますね(^^;

ヒナガイ(マルスダレガイ科)
Kujiranami191018f7

マツヤマワスレ(マルスダレガイ科)
Kujiranami191018f8

コタマガイ(マルスダレガイ科)
Kujiranami191018f9
コタマガイ (コダマガイ) | 市場魚貝類図鑑によりますと…『ゆでると赤く変色する。』ですって。そして生の画像は青緑色ですよ~!
↓コタマガイ(合弁)
Kujiranami191018m Kujiranami191018m2
ところで、↓これもコタマガイかな?
Kujiranami191018j5

ちょっと貝殻以外で一休み…

▼流木
Kujiranami191018g
この流木、なかなか味わいありますよね~
青空にかざすと…
Kujiranami191018g2
空に昇ってゆく「龍木」?
流木の流れる木肌を観賞~
Kujiranami191018g3

▼流木の茂みから顔を出したクジラ?
Kujiranami191018g4

▼ヒメグルミとオニグルミ
Kujiranami191018g5
最初に拾ったヒメグルミは白くなっちゃってたけど、これはフレッシュでハート型

キンセンガニ(キンセンガニ科)の甲羅
Kujiranami191018h

▼カニ爪
Kujiranami191018h2
カニ爪はまだ初心者なので、同定するに至りません。

イタヤガイ(イタヤガイ科)
Kujiranami191018h4
薄っすらピンク色。

▼カバザクラ
Kujiranami191018h5
かなり色濃いです。

▼これ何でしょう?
Kujiranami191018h6

ダンダラマテ(マテガイ科)
Kujiranami191018h7
桜貝がいるんだからダンダラマテもいるんですね。ミゾガイもいましたけど写真撮ってこなかった。

ナミマガシワ(カキ目ナミマガシワ科)
Kujiranami191018h8
左側のナミマガシワはちょっと変わった模様です。
鯨波海岸に打ち上がっていた貝殻は全て小さくて、ナミマガシワも小さいから、その分殻も薄くて綺麗です。

すっとしゃがみこんでたから、ときたま立ち上がって背筋を伸ばし、海の彼方を眺むれば…
Kujiranami191018i

▼あれが柏崎刈羽原子力発電所ですね。
Kujiranami191018i2

ウグイスガイ科の…
Kujiranami191018j
何でしょう?
微小貝データベースのウグイスガイ超科ウグイスガイ科を見ると、モスソアコヤが似ているような。

コメツブウニ(マメウニ科)みっけ!
Kujiranami191018j3
13:17最初のコメツブウニを見つけてテンションアップ!(^o^)!
この後も続々コメツブウニを拾ってますが、午後になって海風が強くなり、砂の上に置いて写真を撮ってるとコメツブウニが風に飛ばされそうになるので、以後は拾うことに専念。

▼コメツブウニ サイズのカニ爪みっけ!
Kujiranami191018j4
微小貝拾いモードに入ってしまうと、こういう小さいものも見つかると楽しい~(^o^;

ネジガイ(イトカケガイ科)
Kujiranami191018j6 Kujiranami191018j7
コメツブウニとネジガイの生息環境って近いのでしょうか?

ムシロガイ(ムシロガイ科)
Kujiranami191018j9 Kujiranami191018j8

バイ(バイ科)
Kujiranami191018k

ブドウガイ(ブドウガイ科)
Kujiranami191018k4

▼ムシエビ?(フトコロガイ科)
Kujiranami191018k5 Kujiranami191018k9
拾った時は、これマツムシだよね~ でも三浦/房総で拾うマツムシとは模様が違うね。
「マツムシ 貝」で画像検索してみると…
マツムシ|福井の打ち上げ貝には、この模様でマツムシとしている。
フトコロガイ、マツムシ、ムシエビ、カムロガイ、ボサツガイ、ムギガイ|きいこのビーチコーミング日記では…『マツムシと形や大きさは似てます。私は、最初マツムシとの区別がつかなかったです。』と、ムシエビとしている。
「ムシエビ 貝」で検索すると
フトコロガイ・ムシロガイの仲間 - ギャラリー|鳥羽水族館のムシエビ[三重県]の画像は、こういう模様ですね。
ムシエビという貝 | ビーチコーミング記録(←Ayaさんのブログ)には…『房総エリアではありふれたフトコロガイの仲間で布良や根本でよく拾います。…磨耗するとエビ茶色と模様が薄れてピンク色になります。』あ~そうなるとムシエビに見えますね!(^o^)

カバザクラ(ニッコウガイ科 )
Kujiranami191018k6 Kujiranami191018l2

シボリザクラ(ニッコウガイ科 )
Kujiranami191018k7 Kujiranami191018l
カバザクラはこれまでにい~っぱい拾ってるけど、シボリザクラは僅か。拾って嬉しい(=^ェ^=)
貝殻拾い【シボリザクラ】【モモノハナガイ】…新潟・鯨波海岸

ベニガイ(ニッコウガイ科 )
Kujiranami191018l3
ベニガイは、カバザクラを数十個拾ってベニガイ1個ぐらいの割合でしか拾えませんね~

イナミガイ?→アサリ(マルスダレガイ科)
Kujiranami191018l6
「イナミガイ」で画像検索すると、ちょっと違うような気もする…
※2022/03/05追記 これイナミガイではありません💧 アサリです😅

スカシガイ(スカシガイ科)とネジガイ
Kujiranami191018l7

オオウヨウラク(アッキガイ科)
Kujiranami191018l8

▼内側の色鮮やかなモモノハナガイ(ニッコウガイ科 )
Kujiranami191018m3 Kujiranami191018m4
こんなに内側が色鮮やかなの初めて見たw(*゚o゚*)w

時刻は午後3時。11時ごろに鯨波海岸に入って4時間。最初は貝殻無いよ~(涙;)でしたが、あまり貝殻ありそうにない薄っすら打ち上げラインに意外にも多様な貝殻が打ち上がっていて、貝殻拾いに没頭。。。
楽しい貝殻拾いができました(^_^)
さて、そろそろ今回の宿 ホテルエリアワン番神岬を目指して歩きださねば。
鯨波と番神岬の間にある御野立公園の下を通る御野立トンネルはクジラのデザインです。
Kujiranami191018n
そして、そのクジラ(トンネル)の横に子クジラがいた~(^o^)
Kujiranami191018n2
この2つのトンネルには『ざっきー』と『かっしー』という名前が付いています
Kujiranami191018n3
子クジラ『ざっきー』トンネルに電灯はなく、小さなトンネルなので声がよく響きます。
Kujiranami191018n4
トンネルを抜けて…
Kujiranami191018n5
東の輪海水浴場の海岸
Kujiranami191018n6
ここにはたいした貝殻はありませんでした。
Kujiranami191018n7
カエル浮きがあったから、持って帰ろうかな~と思ったけど、ちょっと大きいからやめた(^o^;

上の海岸の画像の右側の建物が今回の宿 ホテルエリアワン番神岬
もう少しで宿に着きます。
今日は何キロ歩いたのかな…
Kujiranami191018o
4キロ。あれ、たったそれだけ? 4時間の貝殻拾いは歩いてる時間より、しゃがみこんでた時間の方が長かったのですね。
ふ~ お腹すいたよ~
そうだ、お昼食べてなかったんだ。
ホテルは素泊まりプランなので、食事は柏崎まで行って食べる予定。
ホテルにチェックインして、拾った貝殻を洗うのは明日の朝かな…
さぁ柏崎に行って「お疲れさま~乾杯!」しよ~
と、また歩き…
Kujiranami191018o2
途中、明日の漂着物学会 交流会会場の『シーユース雷音』の場所を確認しつつ、柏崎駅前まで4キロ。あれ、貝殻拾いで歩いた距離と同じくらい歩いてる。疲れたね~
お腹すいてたから、グルメ写真を撮っている余裕はありません(^^;
美味しくいただきました(=^ェ^=)
帰りは暗い夜道ですからタクシー使いました。
さて、明日は 漂着物学会大会「初」参加です。
漂着物学会 柏崎大会に「初」参加して… 楽しかった~


翌朝、前日拾った貝殻を洗って並べたら…
こんなにいっぱい拾ってた(^o^)
Kujiranami191018p
中央上のオレンジ色系がナデシコガイで、その右上の白い粒々がコメツブウニ。
微小貝が多いので、数は多いけど体積・重量的には軽い。



※またいつか柏崎に貝殻拾いに行くときのために、この日の行動記録…
06:36 あうるの森から行ってきま~す
06:42 分倍河原
06:52 (南武線)
06:55 府中本町
07:03 (武蔵野線)
07:37 武蔵浦和
07:42 (埼京線)
07:49 大宮
08:14 Maxとき305号
09:32 長岡
09:51 信越本線[直江津行]
10:35 柏崎
10:39 鯨波


※漂着物学会 柏崎大会に参加した2泊3日の貝殻拾いの旅のログ… 全7話
2019/10/18 漂着物学会 柏崎大会 前日の貝殻拾い…鯨波海岸でコメツブウニ80個!
2019/10/19 漂着物学会 柏崎大会に「初」参加して… 楽しかった~
2019/10/20 「マクラガイがドングリのようだ~!」漂着物学会 柏崎大会 高浜海岸ビーチコーミング
2019/10/21 漂着物学会 柏崎大会に行って見つけたもの(漂着物以外)
2019/10/22 貝殻拾い【チリボタン】…新潟・鯨波海岸
2019/10/23 貝殻拾い【シボリザクラ】【モモノハナガイ】…新潟・鯨波海岸
2019/10/24 貝殻拾い【クサイロアオガイ】【ヨツカドヒラフジツボ】…新潟・鯨波海岸

2019年10月 1日 (火)

ネコより大きいネズミ…貝殻拾い・三戸浜

9/29(日)に三戸浜→黒崎の鼻→エビカの浜へ貝殻拾いに行って、あんまり打ち上がってないね~状態だったので、そういう時は拾った貝殻で遊びます(=^ェ^=)
ネズミガイ2個とネコガイ1個を拾ったので、
ネズミ・ネコ・ネズミと並べて~
Mitohama190929j
真ん中のネコより、前のネズミの方が大きい(^o^)
で、先頭(左)のネズミは、普通によく見るネズミガイ模様なんですが、後ろ(右)のネズミは、ちょっと模様が変わってる。これもネズミかな~?
Mitohama190929j2

さらに、その後またネコとネズミを拾ったので、
ネズミ・ネコ・ネコと並べてみた(^o^)
Mitohama190929j3
先頭のネズミは、これもちょっと模様が変わってる。
ネズミガイの模様も色々あるのかな。
Mitohama190929j4


ところで、たいていネコよりネズミの方が大きいのはなぜ?
あ、そんなことないか。↓このとき拾ったネコはネズミより大きかった
2013/07/05 貝殻拾い【ネコガイ】【ネズミガイ】…三戸浜(三浦半島)

↑ネズミよりネコの方が大きかったから、猫が鼠を追いかけるの図ができた(^o^;
改めて、これを見て思った。生きてるときは、殻頂の反対側の殻口から足を出して進むんだよね。進行方向が逆で、鼠が猫を追いかけてる?

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus