« 2020年は子年(ねどし)なので、新年のご挨拶はネズミ貝で | トップページ | 貝殻拾い【アミメザクラ】【アコヤザクラ】…千葉・館山・坂田で拾ったレアもの逸品! »

2020年1月 2日 (木)

ネズミガイの成長モデルとマトリョーシカ

2020年は子年(ねどし)なので、「ネズミ」と名のつく貝殻を取り出して~
やっぱ、ネズミガイが一番多いね。ネズミガイはタマガイ科の中では一番拾える貝殻です。
いっぱいあるから並べてみました~
Nezumigm2020f
ネズミガイの成長モデル? 右肩上がり~(^o^)
で、貝殻を片付けるときに貝殻をかき集めてたら、小さな貝殻が大きな貝殻の殻口に入るので、
これと、これと… 選んで、
Nezumigm2020b
ネズミガイのマトリョーシカ~(^O^)
Nezumigm2020cNezumigm2020d
小さいのから3つ目までは入れ子になったんですが、4重にはならなかった。残念(^^;

今年もタマガイ科のクリッと丸いカワイイ貝殻を色々拾えますように。

※そういえば、タマガイ科の中ではネズミガイが一番拾えるとは言っても、上の写真はちょっと少ないね。
何でだろ?
あ~そうだ、科学教室などの「貝殻の標本作り」でネズミガイを放出してるからだ。
2014/08/02 貝殻の標本とタカラガイのストラップ作り…ふしぎ発見科学教室
2018/07/28 発見工房クリエイト理科実験教室『貝殻の標本作り』

「貝殻の標本作り」でタマガイ科の貝殻を使いたいから、ことしもいっぱい拾えますように。
あ、「ネズミガイが一番拾える」って書いたけど、もっと拾えるのがあった!
ツメタガイです。
ツメタガイは打ち上がっていてもスルーしてるので、あまり手元にありません。
でも、「貝殻の標本作り」で穴の開いたカバザクラと、ツメタガイを入れておくと、「この穴何?」から「それはね~ ツメタガイが開けた穴なんだよ。」というお話で貝に対する興味を引き寄せられるから、たまに気が向くと「標本ツメタ」を拾ってます。
Tumetagai
「標本ツメタ」とは、標本箱の1マスに入る大きさ(3cm以下)の小さなツメタガイのこと。
上の画像の大きなツメタガイは4cmほどあって、標本箱のマスに入らない。
一回海に行けばツメタガイはこんなに拾えるのに、ネズミガイは1個か2個。
やっぱ、タマガイ科の貝殻は、ネズミ、ネコ、リスなどの小動物だね~(^o^;



※関連記事
2014/07/11 【ツメタガイ】に穿孔された【桜貝】【フジノハナガイ】【ハマグリ】
2013/06/11 貝殻拾い【ネズミガイ】千葉・館山 沖ノ島
2013/07/28 貝殻拾い【ネコガイ】【ネズミガイ】…三戸浜(三浦半島)
2013/12/13 貝殻拾い【ヌノメリスガイ】…三浦半島の海岸で
2016/05012 貝殻拾い【ユキネズミ】…和田長浜海岸(三浦半島)

« 2020年は子年(ねどし)なので、新年のご挨拶はネズミ貝で | トップページ | 貝殻拾い【アミメザクラ】【アコヤザクラ】…千葉・館山・坂田で拾ったレアもの逸品! »

貝殻拾い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年は子年(ねどし)なので、新年のご挨拶はネズミ貝で | トップページ | 貝殻拾い【アミメザクラ】【アコヤザクラ】…千葉・館山・坂田で拾ったレアもの逸品! »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus