« ウニ殻コレクション【ムラサキウニ】 | トップページ | ウニ殻コレクション【ウニ殻ランプ】撮影方法 »

2020年4月26日 (日)

ウニ殻コレクション【バフンウニ】

おうちでブログ!『ウニ殻コレクション』シリーズ№10! トリを務めるのは
ウニ殻拾いで(三浦半島では)一番よく拾えるバフンウニオオバフンウニ科)です。

では、いつもの…
バフンウニ殻ランプ~
Unilamp_bafun11
↑↓同じバフンウニ殻なんですけど、カメラの気まぐれか?こんなに表情が違うのです。
Unilamp_bafun12
↓バフンウニの孔対が4個ずつ配列しているのがよく分かる1枚
Unilamp_bafun01
殻板のつなぎ目のギザギザも見えますね。
あ!そうだ、この画像に「歩帯」と「間歩帯」を書き加えてみたらどう?
Unilamp_bafun01a
孔対から光が漏れて明るく光っているところが「歩帯」
孔対は「管足」が出てくる孔です。
「間歩帯」には孔対はないので、ウニ殻ランプすると暗い帯。
歩帯には歩帯板、間歩帯には間歩帯板がそれぞれ2列ずつ並ぶ。
歩帯板、間歩帯板どうしは交互に並び、そのつなぎ目はキザキザ模様となって見える。
ウニ(棘皮動物)は「五放射相称」で、歩帯(5つ)に歩帯板(2列)、間歩帯(5つ)に間歩帯板(2列)ずつ並ぶので、全部で20列の殻板の列がある。

はい、ウニ殻ライトでの観察はこれくらいにして、次は通常モードでの観察
私が拾ったあまたのバフンウニ殻の中から、頂上系が残ってる一品を…
Bafununi2004k
↓バフンウニの頂上系
Bafununi2004k2
昨日、ムラサキウニの頂上系を「自宅学習」したので、その復習…
5つの孔が「生殖孔」
生殖孔のある板が「生殖板」
5つの生殖板の内ひときわ大きい1つが「多孔板」
5つの生殖板の間には5つの「終板」がある。
でも上の画像では終板がどれか分かりづらいですね~
終板からは2列の歩帯板が伸び、歩帯板には孔対があるので、孔対の列の始まりのところが「終板」ですね。
…と書いていて、あれ?
終板のところから新たな歩帯板が生まれてウニ殻は大きくなっていくんですよね?
だったら「終板」じゃなくて「始板」じゃないの?
(終板の名前の由来を知りたくなったけど、それは置いといて~)
生殖板と終板に囲まれた中が肛門。肛門の中の小さな板が「囲肛板」
あれ?「囲肛板」は肛門を囲む板だから、肛門は囲肛板に囲まれた穴の部分かな?
そうでした。こちらの図を参照⇒試験研究は今 No.31「ウニとアワビの年齢について」(1990年5月25日)|マリンネット北海道
あれ? この図では「終板」ではなく「眼板」と記されてますよ!
終板には「終板孔」が1つあるのですが、この図では「眼点孔」となっています。
終板孔からは発生初期の管足が生えてるらしいのですが、ということは… この図(出典不明、ちょっと古そう)を描いた人は管足の機能を「眼」と捉えていたの?
「ウニ 眼板」で検索すると…
ウニは全身が“眼”だった|ナショナルジオグラフィック日本版サイト
『ムラサキウニの1400本以上ある管足の付け根と先端に、それぞれ異なる光受容細胞が密集していることが明らかになった。』
ウニの管足は移動のためだけじゃなく「眼」の役割もあるんですね~!
※ところで、ウニ - Wikipedianの「形態」を読み直していて、またtypoに気づいた。
『歩帯には、管束が伸びる2つの穴を空けた歩帯板が連なっており、』
『終板にも管束があり終管束と呼ばれ、これは1本ずつ生える[7]。』
↑これ「管束」じゃなくて「管足」ですよね~
参考文献が 本川達雄編 『ウニ学』 東海大学出版会、2009年。となっているから、図書館が再開したら確認しておこうかな。(まだ『ウニ学』を常備するほどのウニマニアにはなってないので(^^;)

この頂上系の残っていたバフンウニ殻にはランタンも残っていて…
Bafununi2004j
ランタンとウニ殻の間の隙間はどうなってるの?と思っていたんですが、膜が張られていたんですね~
この膜は何て言うの?
ウニハンドブックによりますと…『周口部は周口膜という柔軟性のある膜によって覆われており、その中央に口が開口する。口からはランタンの先端にある5本の歯が突き出ており、これを開閉することで咀嚼する。』…たいへんよく分かりました。(^^)

また今日もウニの自宅学習モードになってしまった。(^o^;
これまでの「バフンウニ」の記事にリンクを張って、今日はおしまい。



2013/12/17 和田長浜海岸でウニ殻大収穫~!
Uni2

2015/08/27 夏の終わりの貝殻拾い/ウニ殻拾い~【バフンウニ】
Wadanagahama150827b

あら、バフンウニは普通に拾えるウニ殻なので「大収穫~!」のときしかブログに載せてなかったようです(^^;


あ~そうだ、バフンウニ君に代って「バフンウニ」という名前について異議申し立てをしておかなくては!
Bafununi150827b
バフンウニとう名前は、棘が付いている状態の様子から名付けられたと思うのですが、「馬糞」って… あんまりだ~(´Д`)
棘がとれたバフンウニの殻は緑色で、五放射相称の模様が美しい~と思うのですが。
私が拾ったバフンウニ殻の中には棘付きでも美しい逸品がありまして~
Bafununi2004b
馬糞には見えませよね。。。
って、馬糞って見たことある?
恐る恐る…「馬糞」で画像検索
…バフンウニは馬糞には見えません!
でも、いまさら「バフンウニ」という名前を変えるわけにはいかないしね~
そうだ、馬糞をイメージアップすればいいんだ!
馬ふん(馬糞)堆肥で土をふかふかに!鶏ふんや牛ふんとの違いも|AGRI PICK
『動物性堆肥の中でも繊維質が多い馬ふんは、土をふかふかにする土壌改良効果が抜群!ミミズや微生物を土壌に呼び込むことで、土を団粒構造にして空気層を作り出し、根にとって理想的な生育環境を作ります。』
農業や園芸をしてる人にとっては馬糞たい肥は優れもののようです。


※久々にバフンウニ殻がいっぱい拾えた~
2020/05/30 2か月ぶりのビーチコーミングの収穫は【バフンウニ殻】
Bafununi200529i

« ウニ殻コレクション【ムラサキウニ】 | トップページ | ウニ殻コレクション【ウニ殻ランプ】撮影方法 »

貝殻拾い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウニ殻コレクション【ムラサキウニ】 | トップページ | ウニ殻コレクション【ウニ殻ランプ】撮影方法 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus