« ウニ殻コレクション【ナガウニ】 | トップページ | ウニ殻コレクション【タコノマクラ】 »

2020年4月23日 (木)

ウニ殻コレクション【タマゴウニ】

おうちでブログしよ!
『ウニ殻コレクション』シリーズ№7は タマゴウニタマゴウニ科)です。

このタマゴウニは去年(2019/12/10~)奄美大島 貝殻拾いの旅に行ったとき拾ったもの。
昨日の【ナガウニ】に引き続き、奄美で拾ったウニ殻シリーズ(その2)でもあります。

まずはタマゴウニを色んなアングルで観察…
Tanagouni2004dTanagouni2004h
Tanagouni2004iTanagouni2004g
このふっくら丸い形状から「タマゴウニ」なんでしょうね。
もっと大きな画像で見ると~(スマホでご覧の方はピンチアウトで拡大してご覧ください。)
Tanagouni2004f
殻の中央にある4つの孔は、頂上系の生殖孔なのでしょうね。
そして中央から5方向に孔対の列が伸びてます。
ウニハンドブックの

正形類・不正形類簡易分類表によりますと、不正形類には
タマゴウニ目、タコノマクラ目、カシパン目、ブンブク目があり、
タマゴウニ目は「孔対が花紋を形成しない」が、他は花紋を形成するんだそうです。
ちょっと画像を並べて花紋を見てみましょう。
タマゴウニ:Tanagouni2004d
タコノマクラ:Takomaku2004a
スカシカシパン:Sukasikasipan2004a
ネズミブンブク:Nezumibunbuku190526b
ちょっと解りにくい画像ですけど、タマゴウニは「孔対が花紋を形成しない」で、孔対が口側まで回り込んでいるのですね。

ウニハンドブックの「正形類と不正形類」に次の記述がありました。
『なお、「不正形類」は単一の祖先に由来する単系統であり、不正形類下綱という分類学的名称が存在する。』
ふ~ん。ウニハンドブックを買ったとき一通り全部読んでいたのですが、こんなとこが書いてあったという覚えがない。
実際にウニ殻を見ながらウニハンドブックを読むと「そうなんだ~!」って、理解のレベルが違いますね。
「ウニ殻片手にウニハンドブック」お薦めです(^_^)
ところで、「不正形類下綱」を検索したんですが、その用語を含むページが出てこないよ!?
タマゴウニは不正形類下綱に含まれるのでしょうから、BISMaLタマゴウニの分類ツリーを見てみると…
Bismalirregularia
“Infraclass Irregularia Latreille”が「不正形類下綱」にあたるのですね。
“Infraclass”(インフラ クラス)が「下綱」
“Irregularia Latreille”(イレギュラリア ラトレイユ?)が「不正形類」?
“Irregularia Latreille”で画像検索すると不正形類ウニの画像がいっぱい出てくる。
このスカシカシパンのなかまの画像なんてスゴイ!w(*゚o゚*)w
Irregularia - Wikipedia
329pxencope_emarginata_leske_1778_deriva
↑これ英語版のWikipediaのページですが、見出しは“Irregularia”だけですね。
では“Latreille”は何? あ、なんか人名みたい。
あ~ 分類ツリーの中で、例えば…
“Order Echinomeoida H. L. Clark, 1925”というのは、
「Echinomeoida目 は H. L. Clark さんが 1925年に命名しました」ということ?
あと、分類ツリーで和名が記載されているものは、私のようなモノリンガルには分かりやすいのですが、学名しか記載されてないのが多くて… これは学名に対する標準和名がまだ定まっていないということ?

貝殻やウニ殻を拾うとまず知りたいのはその名前(種名)ですよね。で、名前の調べ方(同定の仕方)が分かってくると、次第に「科名も知っておいた方がいいよね~」となる。「これとこれ、同じ科なんだ~」と知ると、そこから共通する特徴を見つけて、脳内ネットワークができると覚えやすくなるから(^^)v
で、科名を調べるならココだね!と最近利用しているのが BISMaL
で、科名を知りたいだけの私は「~科」のとこだけ見て、他を見てない(^^; “Family”が「科」なのね。“Species”が「種」っていうのは分かるから、その間の“Genus”は「属」かな。でも“Family”の上の“Order”って何? オーダー:注文 じゃないよね(^^;
生物の分類 - Wikipedia の「階級」で勉強しておきましょ(^^;
それと「単系統」って何? これもお勉強しておきましょう。
単系統、側系統、多系統|きまぐれ生物学  作成:仲田崇志

ん~今日はおうちでブログしながら「自宅学習」したね~(^o^)

あ~しかし、タマゴウニの観察が途中で止まってるじゃないか~(^^;
タマゴウニの一番へんなところは、周口部の形です。
Tanagouni2004iTanagouni2004k
「周口部は左に偏った三角形」です!
何でこんな形してるの? 周口部がこんな形だと、ランタンもへんな形なの?
周口部と囲肛部が同じくらいなんですけど、普通は口より肛門の方が小さいよね。…と思ったら、ブンブクも周口部と囲肛部が同じくらいの大きさでした。でも、なぜ? ウニの謎は尽きませんね~
タマゴウニの口側をもっとアップで…
Tanagouni2004j
このタマゴウニの周口部には何か蓋みたいなものが付いてるんですが、これ何?
囲肛部にチョンとある出っ張りは何?
それと、画像の右下、殻の丸い凹みは何?
疑問ばかりじゃなくて、この画像から分かったこと→「孔対が花紋を形成しない」で、孔対が頂上系から周口部にまで続いているのですね。

ふ~ タマゴウニ観察と自宅学習で疲れたので、最後はウニ殻ランプ観賞~(=^ェ^=)
Unilamp_tamago05
Unilamp_tamago03
ウニ殻ランプすると、タマゴウニ殻の棘疣プツプツ・・・がよく見えますね。
Unilamp_tamago03a



私が奄美で拾ったタマゴウニは…
Tanagouni2004a
9個、でもだいぶ割れてる。
Tanagouni2004bTanagouni2004c
撮影にはこの中の状態の良いもの(反口側の撮影と、口側の撮影でそれぞれ別)をセレクトしました(^^)v

« ウニ殻コレクション【ナガウニ】 | トップページ | ウニ殻コレクション【タコノマクラ】 »

貝殻拾い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウニ殻コレクション【ナガウニ】 | トップページ | ウニ殻コレクション【タコノマクラ】 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus