« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月24日 (金)

てくてく野川【ハグロトンボ】の乱舞

2020/06/08 てくてく野川で黒いトンボみっけ!…【ハグロトンボ】は神様トンボ
2020/06/09 てくてく野川【ハグロトンボ】緑色の金属光沢✨
…と連日ハグロトンボを見てから、にわかハグロトンボ(神様トンボ)ファンになっちゃいました😊
でも、それ以後は梅雨で連日☔☔…で、お散歩行けないよ~😢
7月24日、いっときの雨上がりに野川にお散歩に行ってみた。
この時のお散歩ターゲットは梅雨時のきのこ🍄観察
で、野川の脇の雑木林に行ってみたら…
ハグロトンボがいっぱい!(数十匹はいたと思います。)
ハグロトンボがひらひらと乱舞してる~
その様子と感動を伝えるカメラワークを私は持っていませんので💧 とにかく撮ったハグロトンボの画像を並べておきますね😅
Hagurotombo200724aHagurotombo200724b
緑色の金属光沢のが♂ 黒褐色のが♀
Hagurotombo200724cHagurotombo200724d
とまっているときは4枚の翅を重ねて閉じ、ときどき「ひらひら~」と広げてまた閉じます。
Hagurotombo200724eHagurotombo200724f
何で腹をこんな風に曲げてるの?
Hagurotombo200724gHagurotombo200724hHagurotombo200724i
とにかくハグロトンボがいっぱいいたんだよ!と伝えるために…撮った画像を並べてみました。
この日のベストショット
Hagurotombo200724j



こんなにいっぱいいるんだから、一匹ぐらい捕まえてみようかと思ったんですが、ひらひら飛んでる割に逃げるのは素早くて、素手では捕まえられませんでした。やっぱ捕虫網がないと💧

ハグロトンボの生態や捕まえるコツ - 生きもの図鑑 | Hondaキャンプ によりますと…
『本種の生息は、水生植物(特に沈水植物)の茂る安定したゆるやかな流れと、薄暗い林が隣接した環境の存在を示す。』
まさに野川の雑木林はそういう環境でした。

2020年7月23日 (木)

【キバウミニナ】…石垣島で拾った貝殻

石垣島 貝殻拾いの旅に行って拾った初物の貝殻(その7)
キバウミニナカニモリガイ上科 キバウミニナ科)です。
Terebralia200620b
殻長10㎝を超えるゴツイ貝です。
これまで紹介してきた石垣島で拾った貝殻の一番人気の『コンペイトウガイ』のような可愛らしさはないので、ブログに載せるのどうしようかな~🤔 と思っていたんですが、
キバウミニナ - Wikipedia を読んだら…『マングローブ林の炭素循環に重要な役割を持っていると考えられる[6] 。』とのことで、これはブログに載せとかなくちゃ!と思った次第😅
キバウミニナとマングローブとの関係は…『汽水域のマングローブ林に生息し、林床の砂泥上に群れをなす。地を這って樹木の落葉を直接摂食する。稚貝のうちは多くのウミニナ科の巻貝と同様に主にデトリタスを摂食するが、やや大きくなると落葉の表面を削り取るようになり、成貝は落葉を端から噛み切って摂食する。』…キバウミニナはマングローブの落葉をバリバリ食べてるってことですね。そして『落葉のセルロースを効率よく分解することができる』ので、マングローブ林の炭素循環に重要な役割を持っていると考えられるのですね!
水に浸かった木は腐りにくい」そうですから、マングローブの落葉はそのままでは腐らずにたまってしまう。それをキバウミニナが食べて分解してくれることで「炭素循環」するということかな。
マングローブの落葉を食べるキバウミニナの画像を探してみました。
マングローブの葉を食べるキバウミニナ|水中写真家長島敏春の「生命のサンゴ礁」 …『「カサカサ」音を立てながら食べている。』そうです。
落葉を食べる巻き貝をウオッチ|めがろぱ
動画がありました~!

『成貝の歯舌は鋭く刃物のようであり、硬いマングローブの落葉を効率よく切断することができる。』←それで「キバウミニナ」と命名したのかな?
キバウミニナ|市場魚介類図鑑によりますと『黒田徳米の命名』だそうです。



キバウミニナ - Wikipediaの「特徴」の記載と突き合わせて殻を観察しましょう。

『成貝は殻長100mm・殻径40mmを超える。』
Terebralia200620a
私が拾った殻は正にそのサイズですね🙂

『螺層には波打った太い縦肋があり』え、どこ?
Terebralia200620d
↓これか!
Terebralia200620da

『縫合(巻きの繋ぎ目)の下に深い螺溝が1本走る。』
Terebralia200620ba
このキバウミニナの螺塔は9層、体層も合わせると、10階建てですね😅
ところで、「体層」は『巻貝の螺層で最後の一巻きのことをいう。…通常、軟体部の大部分がここに位置するために体層と呼ばれる。』by 貝とは
体層に軟体部の大部分があると、螺塔の中は空っぽなんでしょうか?

『体層(巻きの一番下)は丸みがあり、殻の底に同心円状に深い溝が数本走る。』
Terebralia200620ca
「数本」じゃなくて「十数本」ありますね。
すみません。重箱の隅をつついてしまって💧
でも、自分が拾った貝殻の特徴を言葉で表現しようとすると、こうはいきませんよね。
だからWebの情報にはお世話になっておりますm(_ _)m

このキバウニミナの殻を拾ったのは「とどろきビーチ」で。
でも、Wikipediaの「分布」によりますと… あれ~ 轟川河口では生息が確認されていませんね。
キバウニミナは絶滅危惧II類なので、かつて生息していた名残なのでしょうか?
轟川河口にもマングローブ林はある(⇒轟川(とどろきがわ)|鹿児島&沖縄マングローブ探検)ので、キバウミニナが生息しているかも?ですよね。


※石垣島で拾った貝殻シリーズ
(その1)トグロコウイカ
(その2)スクミリンゴガイ
(その3)イモフデガイ
(その4)フナガタガイ
(その5)コンペイトウガイ
(その6)ツヤハマシイノミ
(その7)キバウミニナ
(その8)マダラヒラシイノミ クロヒラシイノミ

2020年7月18日 (土)

【ツヤハマシイノミ】…石垣島で拾った貝殻

石垣島 貝殻拾いの旅に行って拾った初物の貝殻(その6)
ツヤハマシイノミオカミミガイ科)です。
Tuyahamasiinomi2006l
「ツヤハマシイノミ」で検索すると… 約 82 件 ←うわぁ~!超レアもの?(ブログに載せる人が少ないんだと思うんですけど)



この貝殻を同定するのは手こずりました。日本近海産貝類図鑑を見ても分からなかったので、あきらめかけていたんですが、
形は「ハマシイノミガイ」に似ているので、
「ハマシイノミガイ 黄色」で画像検索しても…出てこない(^^;
特徴で検索しても見つからないときは、貝殻画像がズラーーっと並んでいるサイトで目視で探してみましょう。
こういう小さい貝殻はこちら⇒微小貝データベース
かたちでさがす』をタップして、
『巻貝のなかま』の貝殻シルエットの中から『Pear ナシ』をタップすると、
形でさがす [ 巻き貝類 ]-- 洋梨 (Pear) --』のページが開き、そこに貝殻のサムネイル画像がズラーーっと並んでます!
この中に私が拾った貝殻ないかな~? とスクロールしていくと…
『オカミミガイ超科 オカミミガイ科』のサムネイル画像の中に~
ありました!😃
薄黄色の私が拾ったのと同じ形の貝が!
そのサムネイル画像をタップすると…
ツヤハマシイノミ|微小貝データベース
その画像に添えられている目盛りから、大きさは15㎜ほど。
私が拾ったのも15㎜ほど。
Tuyahamasiinomi2006a
採集場所:沖縄県宮古島 私は石垣島
分布:奄美諸島以南
一致します!
「ツヤハマシイノミ」で画像検索すると、数は少ないですけど私が拾ったのと同じ形の貝の画像が出てきました。
あ~ツヤハマシイノミの色は薄黄色だけではなく、薄いクリーム色とか薄灰色もあるんですね。日本近海産貝類図鑑のツヤハマシイノミは黄色じゃなかったから見落としてました(^^;;

では、ツヤハマシイノミを鑑賞~
Tuyahamasiinomi2006bTuyahamasiinomi2006c
あれ、光の加減で薄黄色が薄いクリーム色になった!
Tuyahamasiinomi2006dTuyahamasiinomi2006e
Tuyahamasiinomi2006iTuyahamasiinomi2006j
Tuyahamasiinomi2006kTuyahamasiinomi2006l

ツヤハマシイノミはオカミミガイ科なので『海岸周辺や陸域に生息する巻貝のグループ』です。
こちらにツヤハマシイノミの生態画像が載ってます。
貝みっけ!-岩場編 その1-|月刊 沖縄と貝 with 光
※沖縄で拾った貝は『月刊 沖縄と貝 with 光』さんに載ってる画像と一致すると「安心」します。(^o^)

※石垣島で拾った貝殻シリーズ
(その1)トグロコウイカ
(その2)スクミリンゴガイ
(その3)イモフデガイ
(その4)フナガタガイ
(その5)コンペイトウガイ
(その6)ツヤハマシイノミ
(その7)キバウニミナ


※ところで、貝殻検索していると『微小貝データベース』はよくヒットするのですが、どなたが作成されているのでしょう?
サイトのHomeはこちら⇒貝類図鑑 BISHOGAI Shells Database
作者について About Auther』のリンクがあるのですが… リンク切れ
参考文献半端ないです!

2020年7月17日 (金)

【コンペイトウガイ】…石垣島で拾った貝殻

石垣島 貝殻拾いの旅に行って拾った初物の貝殻(その5)
コンペイトウガイタマキビ科)です。
Konpeitogai2006h



私が拾ったコンペイトウガイの大きさは…
Konpeitogai2006a
1cmほど。金平糖ぐらい?
ではいつものようにコンペイトウガイを鑑賞~
Konpeitogai2006f
Konpeitogai2006e
Konpeitogai2006g
「コンペイトウガイ」の画像検索結果を見ると、イボ/トゲが尖ってますけど、私が拾ったのは擦れて金平糖になってますね~(^_^)
あら、「コンペイトウ」で画像検索すると、お菓子の金平糖より、カワイイ魚の画像が多数出てきますね~
「コンペイトウ」にも投票を 「へんないきもの大王タイトルマッチ」決勝進出で呼びかけ 越前松島水族館|毎日新聞
へ~「へんないきもの大王タイトルマッチ」なんてやってたんだ~(^o^)2019年
そしてその結果は? え~! それ💧

あ、また話が脱線しそうなので😅 戻しまして…
コンペイトウガイはタマキビ科ということは、
Wn200403f
アラレタマキビみたいに潮間帯の岩にへばりついて、いーっぱいいるのかな?
海ずかん - コンペイトウガイ
コンペイトウガイ Echinicus cumingi | 琉球弧のちんなん - 楽天ブログ 『ちんなん』とは沖縄の方言でカタツムリのこと
アラレタマキビほどいっぱい集まってないようです。
コンペイトウガイ(タマキビガイ科)|月刊 沖縄と貝 with 光
いつも『月刊 沖縄と貝 with 光』さんの貝殻画像は美しい~
あ!この『進撃のキバアマ』←貝が一斉に砂浜の上を歩くことなんてあるんだ~w(*゚o゚*)w

※石垣島で拾った貝殻シリーズ
(その1)トグロコウイカ
(その2)スクミリンゴガイ
(その3)イモフデガイ
(その4)フナガタガイ
(その5)コンペイトウガイ
(その6)ツヤハマシイノミ
(その7)キバウニミナ

2020年7月16日 (木)

【フナガタガイ】石垣島で拾った貝殻~

石垣島 貝殻拾いの旅に行って拾った初物の貝殻(その4)
フナガタガイフナガタガイ科)です。
Funagatagai200622bFunagatagai200622d
Funagatagai200622cFunagatagai200622e
合弁です(^^)v
拾ったとき、洗った後でも二枚の殻は靭帯でくっついていたのですが、乾燥してから観察するために触っていたら…バラっと離れてしまった(^^;
だから並べて…
Funagatagai200622g
↑なんか「」に見える~(^^;;
じゃぁ、もっと広げて…
Funagatagai200622h
「天使の羽」~(^o^)
でも最初に「肺」をイメージしちゃったから「肩甲骨」?
あ、「肩甲骨」はもっと縦長でした(^^;

ところで、京都駅には「天使の羽」があるんですね~
あ~名古屋にもある!
福岡にもある
新宿にも
横浜にも
・・・あ~天使の羽が「映える」から、日本各地に「天使の羽スポット」ができちゃったんですね。

あ~ 天使の羽は上向きに広がってるんだ。
じゃぁ ↓ これでどう?
Funagatagai200622h2

ところで、何のブログ記事でしたっけ?💧

私が拾ったフナガタガイの大きさは…
Funagatagai200622a
…2.5cmほど。
内側は…
Funagatagai200622k
あ!天使の羽って肩甲骨に生えてるの?
「天使の羽 肩甲骨」で画像検索すると… 美しい背中の画像が出てきます。「肩甲骨」の画像検索結果とはえらい違いです(^o^;



※「天使の羽」の関連記事
2013/03/26 ソテツの実…天使の羽
2014/06/13 貝殻拾い【シロアオリ】(合弁)…三戸浜(三浦半島)
Siroaori140602d
2018/12/29 2018年〆の貝殻拾い…久里浜海岸…長瀬海岸・どんど焼き
Kurihama181228t

2020年7月15日 (水)

【イモフデガイ】石垣島貝殻拾いの旅で、黒島で拾った貝殻

石垣島 貝殻拾いの旅に行って拾った初物の貝殻(その3)
イモフデガイフデガイ科)です。
「イモフデガイ」で検索すると… 約 792 件 ←久々に千件未満のレアものです(^o^)v
Imofudegai200623iImofudegai200623d
Imofudegai200623jImofudegai200623k
Imofudegai200623lImofudegai200623n
Imofudegai200623fImofudegai200623p
私が拾ったイモフデガイの大きさは…3cmほど。
Imofudegai200623a
石垣島貝殻拾いの旅3日目は、黒島に渡りまして、そこでイモフデガイを拾いました。

「イモフデガイ」で画像検索するとトップに出てくる…
イモフデガイ(フデガイ科)|月刊 沖縄と貝 with 光 によりますと、イモフデガイに似た ヒメイモフデ、チリメンイモフデ があるそうです。
ところで「イモフデガイ」という名前だから「イモガイ科」?と思ったら、「フデガイ科」なんですね~



※石垣島で拾った貝殻シリーズ
(その1)トグロコウイカ
(その2)スクミリンゴガイ
(その3)イモフデガイ
(その4)フナガタガイ
(その5)コンペイトウガイ
(その6)ツヤハマシイノミ
(その7)キバウニミナ

2020年7月 5日 (日)

へんなものみっけ!【ネジレカラマツ】と【ムチカラマツ】…刺胞動物でサンゴの仲間

Nemoto200131l4
このクルクル巻いてるものは【ネジレカラマツ】で、動物なんですよ~!サンゴの仲間
海の中で生息している様子は⇒「ネジレカラマツ」で画像検索
ネジレカラマツは黒い骨軸に個虫(ポリプ)の群体をつくっていて、骨軸上の刺々は個虫の付いていたあとだそうです。

このネジレカラマツを拾ったのは、2020/01/31に千葉・館山・根本海岸に貝殻拾いに行って…
Nemoto200131l3
ネジレカラマツを2つも拾った~(^o^)v
それと、ムチカラマツも拾った~! いずれも私にとっては初物😊
Nemoto200131e2Nemoto200131e
ムチカラマツの海の中での様子は⇒「ムチカラマツ」で画像検索
※ムチカラマツは長くて… 持って帰るの大変😅

ネジレカラマツとムチカラマツ、それぞれの分類を示しておきますと…
刺胞動物門 花虫綱 六放サンゴ亜綱 ツノサンゴ目 ウミカラマツ科 で、
Cirrhipathes spiralis (Linnaeus, 1758) ネジレカラマツ
Cirrhipathes anguina (Dana, 1846) ムチカラマツ です。
※ところで、ネジレカラマツの学名はリンネ先生命名なのですね。この前【アラスジケマンガイ】は【ホソスジイナミガイ】の シノニム(異名)で学名について調べてから、学名も見るようになったのですが、意外とあれもこれもリンネ先生だ~🧐
でも、学名見ても読めないんですよね💧
ネジレカラマツの Cirrhipathes spiralis の spiral(スパイラル)のとこだけはなんとか分かる😅

この日はウミウチワも拾ってる。
Nemoto200131l5
ウミウチワ(海団扇)は…
刺胞動物門 花虫綱 八放サンゴ亜綱 ウミトサカ目 角軸亜目 トゲヤギ科 ウミウチワ属 Anthogorgia bocki Aurivillius, 1931 ウミウチワ です。
ネジレカラマツ・ムチカラマツとは
刺胞動物花虫綱 までは同じだけど、その下の
六放サンゴ亜綱 と
八放サンゴ亜綱 が違ってる。
この違いは何? Wikipediaにはページが存在しないので、検索…
こちらが分かりやすかった。
ソフトコーラルはサンゴの仲間|美ら島研究センター[PDF]
一番の違いは、八放サンゴ亜綱はポリプの触手の数が常に8本。六放サンゴ亜綱は 6,10,12またはそれ以上の数の触手をもち、隔膜の数が多くの場合6の倍数。だそうです。

ところで、イソギンチャクって、六放サンゴ亜綱 イソギンチャク目なんですね~
イソギンチャクとサンゴが仲間だったとは! 生き物は奥深い。



※関連記事
2018/10/26 【ウメボシイソギンチャク】が梅干しだ~!…浜諸磯(三浦半島)
Hamamoroiso171229b2Umebosi181026c
2018/07/16 貝殻拾いはオフシーズンだから…【キュウリイシ】を観賞~
Kyuriisi2017k
2020/07/02 夏のビーチコーミングに海団扇【ウミウチワ】

2020年7月 2日 (木)

夏のビーチコーミングに海団扇【ウミウチワ】

Anthogorgia200702b
これ、動物なんですよ~!
竜宮城で乙姫が持っていた団扇がこれです。[要出典]
↑そうだったら、面白いな~😄
あ、海団扇であおいでも風は起こりませんけど😅



ウミウチワ(海団扇)は…
刺胞動物門 花虫綱 八放サンゴ亜綱 ウミトサカ目 角軸亜目 トゲヤギ科 ウミウチワ属 Anthogorgia bocki Aurivillius, 1931 ウミウチワ です。
ふ~ 分類を書き出すだけで大変です。
要するに刺胞動物サンゴの仲間なんです。
海の中の様子は…
大きなウミウチワ。サンゴの仲間。|石垣島ブルーダイブ
ウミウチワ|コトバンク
あ、コトバンクの日本大百科全書(ニッポニカ)の解説では腔腸(こうちょう)動物門花虫綱…となっていますが、
腔腸動物 - Wikipedia によりますと… 腔腸動物は刺胞動物と有櫛動物の2つの門に分かれ、使われることは少なくなったそうです。

拾ったウミウチワはインテリアに飾ると、ちょっと素敵😊
「ウミウチワ インテリア」で画像検索

─このウミウチワを拾うまでのお話─
2か月間、海に行くのを我慢していたら、夏になっちゃったよ~
夏は貝殻拾い/ビーチコーミングはシーズンオフ
行ってもあんまり拾えないことは分かっているんですが、前日(7/1)が強風だったので「何か打ちあがってるかな~?」と、鎌倉・由比ヶ浜に行ったんですけど… 無いね~😢
じゃぁ、和田長浜に行ってみようか~
鎌倉駅🚃久里浜駅🚶‍京急久里浜駅🚃三崎口🚌矢作入口🚶‍和田長浜に行ったんですけど… こっちも無いね~
そんな時は、わずかな打ち上げラインの海藻とかの中をひっくり返して探します。探します。。。
これは!
Anthogorgia200702a
\(^o^)/ウミウチワだ~

ウミウチワは2020/01/31に千葉・館山・根本海岸に貝殻拾いに行って拾ってる。
Nemoto200131l2
そのとき↓こんなのも拾ってる。
Nemoto200131l
このクルクル巻いてるのは ネジレカラマツ(刺胞動物門 花虫綱 六放サンゴ亜綱 ツノサンゴ目 ウミカラマツ科)です。

海の生き物って、ほんとにへんなものいっぱい! それを見つけるのが楽しい😁

※関連記事
2020/07/05 へんなものみっけ!【ネジレカラマツ】と【ムチカラマツ】…刺胞動物でサンゴの仲間
2019/01/01 へんなものみっけ!【カサネカンザシ】の群体…
2018/09/15 へんなものみっけ!カニが作った砂団子…南房総・岩井海岸と原岡海岸
2018/09/08 へんなものみっけ!【ギンカクラゲ】…南房総・岩井海岸
2018/09/02 『へんなものみっけ!』たら、持ち帰らなくちゃ!
2015/11/08 【クマサカガイ】へんな貝…面白い~

2020年7月 1日 (水)

【スクミリンゴガイ】 石垣島 とどろきビーチで拾った貝殻

石垣島 貝殻拾いの旅に行って拾った初物の貝殻(その2)
スクミリンゴガイ(リンゴガイ科)です。
Canaliculata200624d
リンゴのような形をした大きな殻です。
リンゴの皮むき途中~って感じもしますね(^o^;



リンゴガイの大きさは… 25mm~55mm
Canaliculata200624a
では、一番大きいのを色んなアングルで鑑賞~
Canaliculata200624bCanaliculata200624e
Canaliculata200624fCanaliculata200624k
スクミリンゴガイの殻をアップで見ると、つるつる・すべすべ~ではなくて…
Canaliculata200624i
鎚起銅器」の表面というか、
仕上げ磨きをしていない木彫というか~
これはこれで趣がある?

ところで、スクミリンゴガイ - Wikipedia によりますと…
『スクミリンゴガイ(学名 Pomacea canaliculata)は、リンゴガイ科(リンゴガイ、アップルスネイル)の1種の淡水棲大型巻貝である。俗にジャンボタニシと呼ばれるが、タニシとは異なる。』
え~! 淡水棲でタニシの仲間なの~!
私がスクミリンゴガイを拾ったところは「とどろきビーチ
石垣空港の東側のビーチで、轟川の河口だから「とどろきビーチ」なのでしょうね。
で、淡水棲のスクミリンゴガイは、轟川から流れ出てビーチに打ち上げられたのでしょう。

スクミリンゴガイ - Wikipediaの「人間との関わり」によりますと、要注意外来生物なんだ~!
食用として持ち込まれ、需要が上がらず採算が取れないため廃棄され、逸出したものが野生化し、分布を広げている。
ありゃりゃ…(´Д`)
しかも、日本の侵略的外来種ワースト100世界の侵略的外来種ワースト100にも入っている!

「スクミリンゴガイ」で検索すると、「スクミリンゴガイ 鉄腕ダッシュ」とサジェストされた。
へ~ ザ!鉄腕!DASHでもスクミリンゴガイが取り上げられたんだ。(2019年8月)
グリル厄介 ~南米の悪魔 ジャンボタニシ~|ザ!鉄腕!DASH|日本テレビ
うわぁ~~ なにこの大量のスクミリンゴガイ(通称:ジャンボタニシ)は!
『田んぼ一面に生息しているジャンボタニシは推定3000匹』

Wikipediaによりますと『卵塊は鮮やかな鮮紅の警戒色を呈し』…警戒色ということは毒を含んでいるの?
『卵内部は神経毒のPcPV2が満たされて人間が食した場合は苦味もあり、この毒と色彩によって卵はヒアリ以外のすべての捕食者から逃れている』のだそうです。
ん~この鮮紅色の卵塊は…
怖いもの見たさ(^^;
「スクミリンゴガイ 卵塊」で画像検索
うわぁぁ~~
ジャンボタニシ産みまくり|千葉県立博物館「教室博日記」2012/06/17
九十九里の田んぼで卵塊駆除を行っているんですが、
『2173個の卵塊、重さ約4.0キロ』!(*゚o゚*)!
これは「侵略的外来種」ですね~
「初物の貝殻拾った~(^o^)」と喜んでいたのですが、その実態を知って、なんか微妙な気分(´Д`)

※ところで、スクミリンゴガイの「すくみ」って何?
「スクミリンゴガイ 名前の由来」で検索しても… 不明。。。
螺層の重なり(縫合部)の凹みが大きくて「首をすくめる」「肩をすくめる」から「すくみ」でしょうか?

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus