« 【ピンオーク】のドングリ拾い2020…井の頭公園 | トップページ | 台風一過の翌日の貝殻拾い…和田長浜海岸 »

2020年9月 6日 (日)

【クダサンゴ】紅いパイプオルガンの造形美

これが クダサンゴ(管珊瑚:刺胞動物門 花虫綱 八放サンゴ亜綱クダサンゴ科)の骨格の一部です。
Tubipora06
↑これでもかなり拡大画像なんですが、さらに拡大すると~
Tubipora06a
うわぁ~~w(*゚o゚*)w
紅い迷宮/ダンジョンですね~

このクダサンゴを入手した経緯…
山の日の富津岬の海岸に謎の生物【ツノマタコケムシ】は打ち上げられているのか!? ←この記事に海洋生物の研究をされてる方からコメントがありまして、私が拾ったツノマタコケムシを一つお送りしたところ、お返しにアミコケムシを一ついただいちゃいました😊
で、そのアミコケムシをブログに載せ→【アミコケムシ】の群体の美
その流れで、これまでに拾ってたコケムシも
【ウチワヤワコケムシ】…コケムシの個虫の群体が織りなす造形美
【フサコケムシ】…コケムシの個虫の群体が織りなす造形美
とブログに載せてたら、同じ研究者の方から「ウチワヤワコケムシを一部譲って頂けないでしょうか」とメールが来て、ウチワヤワコケムシの一部をお送りしたら、お返しに「1990年代に沖縄で採取したクダサンゴ(Tubipora)の骨格」をいただいちゃいました😊 ありがとうございました。m(_ _)m
いただいたクダサンゴの大きさは…
Tubipora01Tubipora02Tubipora03
…5cmほどですが、紅色鮮やかで、撮影して大きな画像で見たら、驚きの造形美だったので、鑑賞しましょう😊



あ~その前に、クダサンゴについてちょっと🔍
クダサンゴとは - コトバンクの日本大百科全書(ニッポニカ)の解説によりますと…『走根および体壁上の骨片が異常に発達して群体表面を完全に覆い、互いに癒合して、板状の走根と管状の被鞘(ひしょう)を形成する。ポリプは管状の被鞘中に収まり、この被鞘は一定の間隔を置いて被鞘に直行する板状の走根を派生させるため、管の束が幾層もの水平な板によって支えられている構造となる。』なるほど、そういう構造になっているのですね~
また『骨格の構造がパイプ・オルガンの気管に似るため、英名はオルガンのパイプのサンゴの意味である。』ということで、
英名:organ-pipe coral で画像検索すると、個虫が管状の被鞘の上端より触手を広げている画像が多数でてきます。個虫は8本の触手を広げているので「八放サンゴ亜綱」なんですね。
画像検索結果の中にパイプからポリプが触手を出している断面方向の画像がありました。
Wallflowers of Science: The Genus Tubipora|REEF TO RAINFOREST MEDIA
このページを翻訳
このページの2枚目の画像です。是非ご覧ください。
それと、6枚目の画像で、クダサンゴや枝サンゴが山積みになってます!
そして、次のような説明が記されてます…『インドネシアでは、多数のクダサンゴ属が収穫され、ポリープ組織が取り除かれ、骨董品または水族館の装飾品として販売されます。これは、他の多くの国では禁止されています。』💧
また、こちらのページによりますと…『これらは通常Tubipora musicaというラベルが付けられているけれど、すべてを1つの種としてまとめることはできません。』『Tubiporaの分類法は複雑で混乱の状態にあります。引用されている生物学者に応じて、5~7種類の有効なTubipora種があり、サンゴ礁から収集できる完全に異なるポリープを持つ一連のさまざまなTubipora表現型がありますが、これらのサンゴのどれにどの名前が当てはまるかは誰にもわかりません。まだ有効な説明を待っています。』ということで、クダサンゴはかなり研究途上のようです。

ところで、クダサンゴの英名は organ-pipe coral で、学名は Tubipora musica。musica(ムジカ)は音楽を意味するラテン語だそうで。クダサンゴの紅いパイプが奏でる音楽をイメージしながら、その構造美を堪能しましょう😊

Tubipora08
Tubipora08a
パイプ/被鞘の先端は王冠のようなギザギザになってますね。
「被鞘に直行する板状の走根」は単なる板ではなくて、内部構造がありますね。
『個虫の胃腔(いこう)は管中を下に伸び、平板状の走根によって周りの個虫の胃腔と連絡する。』のだそうです。

Tubipora09a

Tubipora10
これ、クダサンゴを砕いた一部なので、被鞘が割れてるところもあります。
アップで見ると、崩れかけたダンジョン?
Tubipora10a

Tubipora12
Tubipora12a

はぁ~😊 クダサンゴの骨格の構造美を堪能しました~


※関連記事:コケムシの造形美シリーズ
【アミコケムシ】の群体の美
Amikokemusi200809o2

【ウチワヤワコケムシ】…コケムシの個虫の群体が織りなす造形美
Uchiwayawakokemusi04a

【フサコケムシ】…コケムシの個虫の群体が織りなす造形美
Fusakokemusi03Fusakokemusi06a

※コケムシはコケムシ動物門外肛動物門
 サンゴは刺胞動物門で、「」が違う。
※刺胞動物門の記事
貝殻拾いはオフシーズンだから…【キュウリイシ】を観賞~
Kyuriisi2017k
Kyuriisi2017p

へんなものみっけ!【ネジレカラマツ】と【ムチカラマツ】…刺胞動物でサンゴの仲間
Nemoto200131l4

【ウメボシイソギンチャク】が梅干しだ~!…浜諸磯(三浦半島)
Hamamoroiso171229b2Umebosi181026b

« 【ピンオーク】のドングリ拾い2020…井の頭公園 | トップページ | 台風一過の翌日の貝殻拾い…和田長浜海岸 »

貝殻拾い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【ピンオーク】のドングリ拾い2020…井の頭公園 | トップページ | 台風一過の翌日の貝殻拾い…和田長浜海岸 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus