« ミネラルショー2020で購入した貝殻【キンギョガイ】 | トップページ | 冬の由比ヶ浜の貝殻拾い…ヒメヤカタガイ、ミスガイ、オキナガイ、アリソガイ »

2020年12月15日 (火)

ミネラルショー2020で購入した貝殻【ミサカエカタベ】

ミネラルショー2020で購入した貝殻【キンギョガイ】はブログに載せましたが、もう一つ購入したのが…
ミサカエカタベAngaria delphinus melanacantha リュウテンサザエ科)です。(たぶん)
Katabe15Katabe14
Katabe16Katabe19
Angaria201214m
とある出展者のテーブルの下に貝殻が入った箱があって「どれでも1個500円」
その中から「この先拾うことはないよね?」と思う「形の面白い」貝殻をチョイス。
お店の人に「この貝の名前なんですか?」「さぁ?」だったので、帰ってから同定… が、難しかった~
まず、日本近海産貝類図鑑であたり、これかな?と思ったのが「カタベガイ」
「カタベガイ」で画像検索すると…
棘の大きい「ショウジョウカタベ」が出てくる。これかな?
「ショウジョウカタベ」で検索すると… 約 336 件のレアもの! メルカリで1,500円とか出てくる。
でも「ショウジョウカタベ」で画像検索すると、棘の様子が違う。ショウジョウカタベの棘はもっと華やかで棘が枝分かれしてる。
ん~ 日本近海産貝類図鑑で特徴を確認… と思ったけど、ショウジョウカタベは載ってない。

あ、「日本近海産」だからフィリピンの貝は載ってないんだ! ということに今更ながらに気付く😅
では図書館に行って世界の貝の図鑑を調べる。
そして『世界文化生物大図鑑 貝類』世界文化社に載っていた

「ミサカエカタベガイ」が私が購入したのと特徴が一致する。
「ミサカエカタベガイ」で画像検索すると… 画像少ないね~
それと、貝殻画像検索でおなじみの鳥羽水族館オンラインショップの画像が出てこない?
こういうときは「〇〇ガイ」の「ガイ」をとって、
「ミサカエカタベ」で画像検索すると…
ミサカエカタベ|鳥羽水族館オンラインショップ出てきました~
画像で見た特徴が一致しますから、私が購入したのは「ミサカエカタベ」ですね。やっと同定できました🙂
ではもう少し「ミサカエカタベ」を鑑賞~
Angaria201214b
あ、蓋付きだったんです。だから、打ち上げられたのを拾ったものではなくて、海の中で採取したものなのでしょうね。
Angaria201214i
棘の曲線美…というにはちょっとゴツゴツしてる。
逆さにして置くと…
Angaria201214g
リュウテンサザエ科ですから、棘はサザエの棘と同じようなでき方なんですね。
で、臍孔の内側にも棘があるんですけど…
Angaria201214p
何のため?
それを言ったら、クルマガイ科/クロスジグルマの臍孔のギザギザ歯車も何のため?ですけど😅
Kurumagai06

ところで、「ショウジョウカタベ」で検索した中に↓このページが出てきた。
蛍光ペンのように光る貝:ショウジョウカタベ - 徳島県立博物館
へ~ ブラックライトを当てると光るんだ!
やってみたい😃けど、ブラックライトなんてない。
「ブラックライト」で検索
これなんか↓レジンの硬化にも使えてよさそう。

でも、100均にもブラックライトありそうだよね。
「ブラックライト 100均」で検索すると…
ジギングの必需品!100均で手に入るブラックライト「マジックライトペン」が凄い! らしいので、ダイソーに行って買ってきました😃
Magiclightpen02
ボタンを押すと↓このように光って
Magiclightpen01
ミサカエカタベにマジックライトを当てると
↓こんな感じ…
Magiclightpen03Magiclightpen05
ん~「蛍光ペンのように光る」レベルには達していないような💧
蛍光ペンのように光る貝:ショウジョウカタベ - 徳島県立博物館のページでは、375nmと400nmの紫外線で光らせていた。でもマジックライトペンの波長は? そこまで商品説明には書いてないし、そもそも「ブラックライト」とも書かれていない。「マジックライトペン」ですから紫外線が弱いのかな?
本格的な「ブラックライト」の光を当てたらどうなんだろう?と、Amazonで紫外線の波長も記載されたブラックライトを探してみる…

波長365nm。へ~この波長だとアニサキスを探すのにも使えるんですか!
「アニサキス 見つけ方 ブラックライト」
普段の生活でアニサキスを探す必要に迫られることもないと思うし、貝殻の蛍光を見るためにブラックライトを買うのも。。。 でも、レジンの硬化が早くなるのはいいかも💛

※ところで、「ショウジョウカタベ」の「ショウジョウ」って?
これ?⇒猩猩 - Wikipediaもののけ姫にも出てきた「猩猩」)かと思ったら、違うようです。
『世界文化生物大図鑑 貝類』の「カタベガイ」に…『多くの型がある。図はとげが掌状にならないatrata Reeve型で通常別種とする。]』という記載があり、「ショウジョウ」は「掌状」の様です。
ちなみに、「カタベガイ」の方は?⇒市場魚貝類図鑑でも「不明」です。

« ミネラルショー2020で購入した貝殻【キンギョガイ】 | トップページ | 冬の由比ヶ浜の貝殻拾い…ヒメヤカタガイ、ミスガイ、オキナガイ、アリソガイ »

貝殻拾い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミネラルショー2020で購入した貝殻【キンギョガイ】 | トップページ | 冬の由比ヶ浜の貝殻拾い…ヒメヤカタガイ、ミスガイ、オキナガイ、アリソガイ »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus