« 葉っぱが🍁モミジじゃない【タムケヤマモミジ】手向山紅葉 | トップページ | 天然記念物【ルリカケス】…奄美大島 貝殻拾いの旅2021(2日目)手広海岸 »

2021年10月15日 (金)

奄美大島に軽石の大量漂着!…奄美大島 貝殻拾いの旅2021(1日目)土盛海岸

去年、奄美大島に貝殻拾いの旅に行って、三浦・房総では拾えない色んな貝殻がいっぱい拾えて、とっても楽しかったので😊 今年もこの時期、奄美大島に貝殻拾いに行ってきました~✈
13:05 奄美空港着。まずは空港から近くて、去年色んな貝殻が拾えた土盛海岸へ🚗

ところが、
エメラルドグリーンの海、白い砂浜に貝殻いっぱい!のハズが・・・
Tomorikaruisi211015a
軽石が漂着して海岸を埋めつくしてた~😱
Tomorikaruisi211015b

貝殻ざくざく じゃなくて、
軽石ざくざく
Tomorikaruisi211015c

波打ち際には白い波しぶきじゃなくて、
泥色の波しぶき
Tomorikaruisi211015d

この様子を動画撮影してYouTubeにアップしました。
軽石漂着 2021/10/15 奄美大島 土盛海岸

軽石は水に浮く軽さですから、持ってみるとほんとに軽い!
海岸に打ち上げられた貝殻と軽石は、重い貝殻が下に、軽石が上になる。
だから、この大量の軽石をどけないと貝殻は拾えない😢

この軽石、やがてまた波にさらわれ、潮の流れに乗ってどこかに流れて行くのでしょうか?
奄美空港に着陸する前の飛行機の窓からも洋上を漂う軽石の帯が見えました。
Amamiikaruisi211015a



ところで、この軽石はどこから来たの?
「奄美大島 軽石漂着」で検索すると…
奄美大島にも軽石漂着 海底火山の噴出物か 漁業に影響も|NHK 鹿児島県のニュースより…
『小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」では、ことし8月に軽石を噴き出す規模の大きな噴火が起きています。
西向きの海の流れに乗ったとみられる大量の軽石は、…』
え!「西向きの海の流れ」なんてあるの?
この辺を流れているのは北東向きの黒潮じゃないの?
Twitterを見ていたら、漂着物学会の会員でもあるShigeさんツイートがありました。

へ~!「黒潮反流」という流れがあるのですか。
黒潮反流とは - コトバンク 海の事典によりますと…『日本の沿岸に沿って東ないし北東に流れる黒潮の沖側に、ちょうど逆の西ないし南西に向かう幅の広い弱い流れがあり、黒潮反流と呼ばれている。』
対馬海流 - Wikipedia の「日本列島近海の海流」の図の中に「黒潮反流」の流れの方向が示されていました。


2021/10/28 YouTubeに 軽石漂流のシミュレーション 海洋研究開発機構提供 動画がアップされていました。

※11月末には関東地方の海岸(三浦、房総)にも軽石が漂着しますね。
※この軽石漂流の流れを見てると「黒潮大蛇行」すごいですね。


※実は、翌日2021/10/16(土)は漂着物学会創立20周年記念大会でした。20周年は2020年だったのですが、去年の大会はコロナ禍で2021年に延期となり、今年オンラインで実施となりました。漂着物学会大会のビーチコーミングを楽しみにしてる私は、大会の前日から予定は空けているのですが、オンライン開催じゃビーチコーミングできないよね💧 ということで、まことに申し訳ないのですが、去年に引き続き大会予定日の前日から奄美大島に貝殻拾いに来てしまいました。家族には「自主漂着物学会」と言って😅 オンライン開催だから奄美からでも参加できるのですが、Zoomはまだ1回しか使ったことないし💧 奄美に来てホテルのWiFiでPC/スマホの画面を見てるなんて… できないよね~😅
ですが、軽石漂着を目撃し、それをブログに記録したことで「漂着物学」に僅かな貢献ができたかな?😊

※漂着物学会創立20周年記念大会 基調講演 がYouTubeで公開されています。
「海洋プラスチック汚染とは何か」保坂直紀氏(東京大学特任教授)

プラごみ問題に関心のある方は是非ご覧ください。


え~っと、貝殻拾いのログなのに貝殻の画像が1枚もありませんね💧
軽石大量漂着してても、軽石に覆われていない砂浜で見つけた貝殻を以下に並べておきますね。

モスソアコヤ?(ウグイスガイ科 アコヤガイ属)
Tomori211015aTomori211015a2
この日はなぜか、この合弁の二枚貝がいくつも拾えました。
拾ったときは「ウグイスガイ科の~ アコヤガイ?」までしか出てこなかったので
「ウグイスガイ科」で画像検索すると、貝殻の縁に突起がいくつも並んでいるという特徴が一致するこれかな?
ウグイスガイ科:図鑑を作る(二枚貝編)に「モスソアコヤ」と出てきました。
「モスソアコヤ」で画像検索すると、その中に「あうるの森」の画像が出てくる。あら、そんなの載せてたの?
漂着物学会 柏崎大会 前日の貝殻拾い…鯨波海岸でコメツブウニ80個!
ここでは『微小貝データベースのウグイスガイ超科ウグイスガイ科を見ると、モスソアコヤが似ているような。』と書いている。
では、もう一度そこを見てみましょうかと↑リンクをクリックしたら…「指定されたページが見つかりません」💧
あら、微小貝データベースのサイト無くなっちゃったんですか!?
あれだけ貝殻画像とデータがそろってたサイトが😢 と思ったら、引っ越し・リニューアルされたようです。
微小貝データベース Microshells Database
そして⇒Pinctada albina モスソアコヤ
あれ!『分布:奄美諸島以南』となってる。ということは、新潟・鯨波で拾ったのはモスソアコヤじゃないですね💦
↓今回拾ったのは貝殻の縁に突起がいくつも並んでる。
Tomori211015nTomori211015n2

▼この貝なんでしょ?(同定中)
Tomori211015c

クチムラサキダカラ(タカラガイ科)
Tomori211015dTomori211015d2
擦れてますけど、軽石漂着で貝殻あんまり拾えないから、擦れていても拾います😅

ハナビラダカラ(タカラガイ科)
Tomori211015e
ツルピカ✨です😊

▼この貝なんでしょ?(同定中)
Tomori211015f

▼この貝はフトコロガイ科の~ なんでしょ?(同定中)
コメントにて ミダレシマヤタテガイ と教えていただきました。
Tomori211015g

ナガウニの殻 みっけ!
Tomori211015h
かなりお疲れですけど、拾います😅

▼微小貝3つ。この貝なんでしょ?(同定中)
Tomori211015i

ノシガイ(エゾバイ科)
Tomori211015j
殻頂が欠けて、かなり擦れてますけど、拾います😅

サパダカラ(タカラガイ科)
Tomori211015k
擦れてますけど、サバ系は拾います!

▼なんたらマイマイ🐌(同定中)
Tomori211015m
軽く🔍したところ… タメトモマイマイ が似ているような気がする。

▼これもフトコロガイ科の何でしょう?(同定中)
コメントにて タモトガイ と教えていただきました。
Tomori211015o

ウキダカラ(タカラガイ科)
Tomori211015p
拾うとウキウキするからウキダカラ?😅
このウキダカラは状態良い(擦れてない)かと思ったら…
「ウキダカラ」の画像検索結果を見ると、もっと濃いですね。その中に私が2015年に三戸浜で拾ったウキダカラの画像もあって、
↓このくらい濃い
Ukidakara150314b

ウスイロナツモモ(ニシキウズガイ科)
Tomori211015q
この貝殻は私には初物😃
ナツモモに似ているから「ナツモモ 奄美大島」で画像検索したら ⇒ウスイロナツモモ|海の貝っていいね!が出てきました。
初物だから、もうちょっとアップで😊
Tomori211015q2Tomori211015q3
月刊 沖縄と貝さんのウスイロナツモモの画像と特徴が一致しますね✌

▼また、モスソアコヤ?(ウグイスガイ科 アコヤガイ属)
Tomori211015r

貝殻あんまりないから
▼プラスチックごみを撮ったり💧
Tomori211015s
してたら…
あ、良さげなタカラガイを3つ!!!

イボダカラヤクシマダカラ(幼貝)ヤナギシボリダカラ
Tomori211015t
Tomori211015t2

イボダカラ イボくっきり!
Tomori211015u

コゲチドリダカラ
Tomori211015v

シラヒゲウニ(ラッパウニ科)
Tomori211015x
※裏は割れていたので、割れが見えないように撮ってます😅

マメウニ科ボタンウニ科の~
Tomori211015y
なんでしょね?
Tomori211015y2
↑これはコーヒーマメウニかな?
↓これは? 初物です!
Tomori211015y3
Tomori211015y4
一番の特徴は周口部が↓こんなに凹んでいるんです!
Tomori211015y5
ウニ ハンドブック

UNI CLUBマメウニ科の画像と見比べて…
ナンヨウボタンウニだと思われます。

リュウキュウシラトリ(ニッコウガイ科)
Tomori211015z
去年奄美で拾ったリュウキュウシラトリは片側だけでしたが、今年は合弁です👏
Tomori211015z2

▼またイボダカラ
Tomori211015z3
砂にできる貝殻の影が長くなってきましたね~
日も傾いてきました。そろそろ名瀬のホテルに向かわないと日が暮れてしまいます。
今回もドライバーをお願いしたお友達は、去年 脱ペーパードライバーして、1年ぶりの運転ですから、明るいうちに移動しないと!

▼またナガウニ
Tomori211015z4Tomori211015z6

時刻は午後5時過ぎ。さぁ、土盛海岸をあとにして名瀬のホテルに向かいましょう!
…でもホテルに着いたときは日が暮れてた💧


2021/10/20 奄美大島貝 殻拾いの旅2021【まとめ】

« 葉っぱが🍁モミジじゃない【タムケヤマモミジ】手向山紅葉 | トップページ | 天然記念物【ルリカケス】…奄美大島 貝殻拾いの旅2021(2日目)手広海岸 »

貝殻拾い」カテゴリの記事

コメント

上のフトコロガイ科の~ なんでしょ?(同定中)・・・ミダレシマヤタテガイかな??
最近視力が落ちていまして・・(笑)歯口内のひだがあるようでしたら・・
下のフトコロガイ科の~ なんでしょ?(同定中)・・・タモトガイかな??

っで~コゲチドリの中にチドリが混ざってる??右の子です。

Virol さん 有り難うございます。8年も貝殻拾いしているのですが未だにタカラガイの同定が出来ません。微妙な違いが見抜けなくて😅やっと磨耗したものとそこそこ綺麗なものを分け終わったところです。ブログアップはまだ先になりそうですがまた間違いがありましたらご教示お願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 葉っぱが🍁モミジじゃない【タムケヤマモミジ】手向山紅葉 | トップページ | 天然記念物【ルリカケス】…奄美大島 貝殻拾いの旅2021(2日目)手広海岸 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus