« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月22日 (火)

早春の野川公園自然観察園で【フクジュソウ】【梅の花の雄しべ】【カワセミ】

冬の野川公園自然観察園を歩いていても、冬は見るものなくて…💧
2月になるとセツブンソウ(節分草)が咲くので、セツブンソウの所にはカメラを構えてしゃがみこむ人多数。
あれ、去年はセツブンソウと一緒にフクジュソウ(福寿草)も咲いてなかったっけ? 今年はフクジュソウ咲かないの? と思っていたら… やっと、

フクジュソウキンポウゲ科)が咲きました
Fukujuso220226a
Fukujuso220226b

この時期に咲いている花と言えば、あとは梅ぐらいですが、冬の青空をバックに撮ると映えますね~

冬の青空に梅の花
Ume220226c
梅の花をアップで撮って気付いたのですが、雄しべ多いね~

梅の花の雄しべ
Ume220226b
雄しべは何本あるのでしょう?
ざっと50本ぐらいありますよ!
「梅の花 雄しべ 本数」で検索したら…
ウメ(バラ科)「気ままに自然観察」 樹の花図鑑 によりますと『40数本から70数本まで幅があり』とのことで、50本ぐらいはざらにあるのね。
ん~ 梅の花も観察すると奥深いのね。

そしてこの日、久々に見ました!

カワセミ
Kawasemi220226a
このカワセミは池の上に張り出した枝にとまって魚を狙っていたようですが、この日は魚がなかなか出てきてくれないのか? 数分もの間じっととまってました。いつもは「あ、あ、あ~」という間に飛んで行ってしまい、うまく撮れないカワセミですが、今回はじっとしていて十分な撮影時間があったのに… コンパクトデジカメでズーーームしても、カワセミの画像検索結果に出てくるようなショットは撮れませんね😅

池に写るカワセミ
Kawasemi220226d
画像の上端に枝にとまるカワセミ
画像の下端に水面に写るカワセミ



『あうるの森』を「カワセミ」で検索 👈これまでのカワセミ記事は4本でした。

2022年2月20日 (日)

【コシダカウニ】チョコと【ウラウズガイの蓋】チョコチップの詰め合わせ

Unigodiva20220219b

チョコレートの空き箱に【コシダカウニ】4つと【ウラウズガイの蓋】170個を詰め合わせてみました~😃

早春のビーチコーミングの帰り、Twitterで👇このツイートを見て…


私もやってみようかな~と思ったので、やってみた😅



「ウニチョコ」で画像検索しても、ウニ殻をチョコの箱に並べた画像はほとんど出てこない。
「ウニ殻チョコ」だと出てくる画像は増えるけど、チョコとは関係ないものばかり💧
「ウニチョコ」でTwitter検索すると、先ほどのこもこもGANさんのツイートと、もう一つぐらいなので、#ウニチョコ みんなで広めませんか😃

2022年2月19日 (土)

早春のビーチコーミング【コシダカウニ】ウニ殻拾い/ウニ殻ランプ

早春のビーチコーミングで見つけた色々の中で、【シラヒゲウニ】【ウラウズガイの蓋】は単独の記事で載せてますが、もう一つ単独の記事として載せておきたいのが

コシダカウニサンショウウニ科
Kosidakauni220216a
和田長浜でシラヒゲウニを拾ったあとに、たて続けに6個も!

コシダカウニの殻は模様の違いが大きくて、一つ一つ見ていて楽しい😊
特にコシダカウニはウニ殻ランプで鑑賞すると楽しいよ😃
では、今回拾った中から綺麗どころの2個をウニ殻ランプしてみましょう✨✨

間歩帯の緑の帯とオレンジ色の縁取りがくっきりなコシダカウニ殻
Kosidakauni220216c
Kosidakauni220216i

Kosidakauni220216c2
Kosidakauni220216j

このコシダカウニの殻は頂上系がしっかり残ってる
Kosidakauni220216c3

▼間歩帯の緑色が頂上系の付近だけで、その先は白くなってるコシダカウニ殻
Kosidakauni220216b
Kosidakauni220216p

Kosidakauni220216b2
Kosidakauni220216q2
間歩帯の緑色の部分にだけ管足の穴があるのはなぜ?



※コシダカウニ殻をもっと鑑賞して見たい方は👇こちらの記事もどうぞ😊
2018/03/28 ウニ殻コレクション【コシダカウニ】
2020/04/27 ウニ殻コレクション【ウニ殻ランプ】撮影方法

※ウニをもっと知りたい方は👇

2022年2月18日 (金)

早春のビーチコーミングで【ウラウズガイの蓋】を170個!三戸浜~黒崎の鼻

早春のビーチコーミングで色んなものを見つけましたが、貝殻はあんまり拾えてない💧
でも、この日一番たくさん拾えたものが…
ウラウズガイの蓋😅
Urauzugaifuta220216a
170個\(^o^)/
2021年の貝殻拾い初めから、三戸浜といったらウラウズガイの蓋!になってまして…
三戸浜に行くたびにウラウズガイの蓋を拾っていたら「ウラウズガイの蓋 目👀」が鍛えられ、これまでの最高記録 128個を大幅に上回る 170個も拾ってました~😲
三戸浜にはウラウズガイの蓋スポットがあるのですが、👀ができてるとスポット以外でも見つかるんです。三戸浜に入って早速見つけたのがウラウズガイの蓋でした。ウラウズガイの蓋は三戸浜全域にありましたよ。それと、黒崎の鼻でもウラウズガイの蓋をたくさん拾いました。ここも蓋スポットですね。

では、170個拾った中から大き目の綺麗どころの蓋をアップで…
Urauzugaifuta220216b
ウラウズガイの蓋は小さいので、それを170個キッチリ「前へならえ!」と並べるのは… それはもう大変! 竹ピンセットで一つ一つ摘んで(息を殺して)並べました😅
Urauzugaifuta220216c



※関連記事
2015/05/13 貝殻拾い【ウラウズガイ】と【ウズイチモンジ】の違いがやっと分かるようになりました~
Urauzuuzuichimonji2015aUrauzuuzuichimonji2015b

2021/01/04 2021貝殻拾い初めは【ウラウズガイの蓋】…三戸浜・エビカの浜(三浦半島)
Mitohama210104h4

2021/08/13 トリプル台風一過の貝殻拾い…三戸浜名物?【ウラウズガイの蓋】
Urauzugaifuta210811jUrauzugaifuta210811d

2021/10/04 秋の貝殻拾い2021…三戸浜(三浦半島)
Mitohama211003oMitohama211003w2

2021/11/25 晩秋の貝殻拾いで華やかな3品…【キンチャクガイの合弁】【ハナイタヤの左殻】【ウラウズガイの蓋】…三戸浜(三浦半島)
Mitohama211125h2Mitohama211125h6

2022/01/05 2022貝殻拾い初めで【ブンブク】様…上諏訪神社・三戸浜・黒崎の鼻
Mitohama220105q

2022/02/16 早春の三浦半島で【シラヒゲウニ】を拾えたのは…地球温暖化のせい?
2022/02/17 早春のビーチコーミングで見つけたもの…三戸浜~黒崎の鼻~和田長浜

2022年2月17日 (木)

早春のビーチコーミングで見つけたもの…三戸浜~黒崎の鼻~和田長浜

2022/02/16 早春のビーチコーミングで見つけたシラヒゲウニはブログに載せたので、その他に見つけたもの…

河津桜が咲き始め…
Kawazuzakura220216d
京急三浦海岸駅~三崎口駅の間には満開になるとスゴイ河津桜の並木があります。でも、🌸花見に時間を費やしている余裕のない貝殻拾いヤーは、三崎口駅のセブンイレブンの裏にある河津桜を見て行きます😊
まだ一分咲き程度でしたが、それでも野鳥は河津桜にやってきます。

河津桜にメジロ~
Kawazuzakura220216a
メジロは河津桜の花の蜜を舐めに来るんです。
Kawazuzakura220216bKawazuzakura220216c
メジロが花の蜜を「吸う」のではなく「舐める」のは…
👇こちらをどうぞ
メジロの舌|京都市動物園
野鳥の観察 (4.食べる) 蜜を吸う|平塚市博物館

早春の海藻の打ち上げ~
Mitohama220216a
この時期に海藻の打ち上げに出会うと、春はすぐそこまで来てるんだな~と感じます。
なぜかというと…
貝殻拾いを始めたころ、春の海岸で海藻の打ち上げによく出会うので、なぜ?と「海藻 季節」を調べたら…
播磨灘の海藻の多様性|姫路科学館サイエンストピック[PDF]
『陸上の落葉広葉樹は秋に紅葉して、晩秋に葉を落とし、初春には葉が芽吹きます。
一方、海藻は、秋に芽吹き、冬の低海水温の時期にググッと生長して、春になると胞子を放出して、初夏頃には枯れてしまいます。』
…という様に、海の中の植物の季節は陸上と逆なのですね。何でだろう?
海藻 - Wikipedia には…『冬季に微生物の活動等で蓄積された肥料分が使い尽くされるまでが活動のピークとなるからと言われる。』👈これ[要出典]ですね💧
海藻の成長に微生物がどう関係するの? ん~ いろいろ???が浮かんできてしまいましたが、ブログが先に進まなくなるので、「海藻 成長 冬」の🔍はここまで😅

で、海藻が打ち上がっていると、貝殻は海藻の下にあるので、貝殻拾いの成果は期待できません💧
あまり拾うものが無いときは、遠い目をして海でも眺めましょう😅
あ!
富士山くっきり🗻
Mitohama220216b
Mitohama220216c
岩に当たった波が白いしぶきを立ててます。

この日は貝殻はあまり拾えなかったけど、それでも見つけたツルピカ✨タカラガイを3点ほど…

ハナマルユキタカラガイ科
Hanamaruyuki220216c

クロダカラタカラガイ科
Kurodakara220216aKurodakara220216b
久しぶりに拾った。やや大き目のクロダカラ

カミスジダカラタカラガイ科
Kamisujidakara220216aKamisujidakara220216b
やった! 久しぶりに「髪筋」にピントの合った画像が撮れました😅

カラストンビ
Karasutonbi220216a
カラストンビ - Wikipedia より
『カラストンビ(烏鳶)は、頭足類(タコ・イカ・オウムガイ・アンモナイトなど)の顎板(がくばん)の俗称。』
打ち上げられてるのを拾うのは「初」です。
カラストンビはイカとタコで微妙に形が違うんですね。
トンビとカラス(イカとタコを比較)|魚屋のたわごと、ざれごと、ひとりごと
私が拾ったのは「タコのカラス」のようです。
カラストンビは頭足類の顎板だから、タコ・イカだけじゃなくて、オウムガイのカラストンビもあって大きいんですね!
カラストンビ|沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム公式ブログ
あ、Wikipediaダイオウホウズキイカ(体長 約12~14m)のカラストンビは巨大だった😲

福徳岡ノ場から漂流してきた軽石
Karuisi220216a
何で👆これが福徳岡ノ場から漂流してきた軽石!なのかというと~ 私、奄美大島石垣島で、いやというほど軽石を見てきたから。「あ、これは福徳岡ノ場の軽石だね」と分る目ができてしまった😅
明るい灰色で、チョコチップも入ってるし
福徳岡ノ場を起源とする軽石の特徴|産総研 地質調査総合センター
この軽石、去年の8月に福徳岡ノ場で噴火し、黒潮反流という西向きの流れにのり、約2ヵ月かけて 1200キロ離れた奄美大島など南西諸島の島々に漂着し、そこから今度は黒潮にのり、黒潮大蛇行でかなり回り道をして、やっと、三浦半島に漂着したんだよ! 長旅おつかれさま😊
その長旅の様子は⇒軽石漂流のシミュレーション 海洋研究開発機構提供 をご覧ください。

オオキンカメムシ
Ookinkamemusi220216aOokinkamemusi220216d
Ookinkamemusi220216bOokinkamemusi220216c
鮮やかな色と模様の昆虫。体長25mmと、ちょっと大きい。「この虫は何?」とツイートしたら、オオキンカメムシと教えていただきました。
オオキンカメムシ - 昆虫エクスプローラによりますと『南方系の種類で、関東以南の海に近い照葉樹林などで見られる。』…それで、海岸で発見されたのですね。
成虫も色鮮やかですが、幼虫は金緑色に輝き✨生きた宝石ですね~
去年プチ『カメムシ』マイブームになってたので、今年はオオキンカメムシの観察も狙う? いやいや、海に来て昆虫観察までしてる余裕はありませんね💧

トゲモミジガイモミジガイ科
Togemomijigai220216a
トゲトゲをアップで見るとスゴイよ~😃
Togemomijigai220216bTogemomijigai220216c
トゲモミジガイ - Wikipedia によりますと『見かけからは想像しにくいが、水中での移動速度はかなり速く、先端に吸盤を持たない管足で砂を蹴るようにして歩く。』そうで、どんな風に歩くの?
YouTube トゲモミジガイ|いおワールドかごしま水族館

👆歩くところより、0:50あたりからの砂に潜るところが「へ~!」でした😃
管足で砂をかき分けているのでしょうね?
あ!トゲモミジガイの👇このツイートの動画の管足うにょうにょがスゴイ😲

ところで、打ち上げられたヒトデの姿を不気味と思う人もいるでしょうが、実は生物の造形美が隠されているんですよ。
以前 Twitterで ちくわ@ミスカトニック大学 @chikuworm さんのツイートで見たんですが…
探してきました。👇これです😲

この日は干潮時に三戸浜~黒崎の鼻へ抜けて行く予定だったのですが…
波が荒くて、岩場を降りるルートに波がかかってて行けない😢

Mitohama220216da
しかたないから… 意を決して! エィ!と 飛び降りました💦
高さ2メートル弱。尻もちついちゃいましたけど💧 無事に黒崎の鼻に行くことができました😅

黒崎の鼻
Kurosakinohana220216a
三戸浜にはほとんど人はいないのですが、黒崎の鼻にはたいてい何人か人が来てます。
黒崎の鼻はロケ地としてたびたび使用されている場所なので、撮影しに来る人が多いみたい。
そして、驚いたのは…
黒崎の鼻にフォトウェディングの撮影に来てた~👰🤵
え~!あの山道・藪の中をウェディングドレスで歩いて来るって😲スゴイね!
でも、

▼黒崎の鼻の突端から見下ろす海は青く
Kurosakinohana220216b

▼彼方には富士🗻
Kurosakinohana220216c
残念なことに、このときは富士山にちょっと雲がかかってましたが、いい写真が撮れたかな?

富士山の右側に
▼雪をいただく丹沢山地をズーーム
Kurosakinohana220216d
冬の海は青いね~

先ほど岩場を飛び降りてきたので、三戸浜に戻ることはできません💧
なので今回は、黒崎の鼻→カインズホーム(休憩)→和田長浜→ソレイユの丘コース🚶‍♀️
Mitohama220216f
👆今回歩いたルートです。細線は道をひたすら歩き、幅広の線は海岸をビーチコーミング🙂

黒崎の鼻の尾根道から北側の浜に下りる急勾配の藪道を、足を滑らせないように注意して下ります。
こちら側の浜ではあまりいいもの拾ったことはないですね💧
▼三浦ならではの漂着物😅
Kurosakinohana220216f

シダの茂る山道を抜け、カインズホームに続く道の脇で…
▼猫さん日向ぼっこ🐱
Nyan220216a
おいおい、なんていうかっこうしてるの💧
Nyan220216b
🐱くつろぎ過ぎ😅

さて、和田長浜では、シラヒゲウニとコシダカウニ以外に目ぼしいものは拾えなかったので…

▼海を見る💧
Wadanagahama220216a

▼冬の和田長浜の波しぶき💦
Wadanagahama220216d
波しぶきがとっても白くて、シュワシュワ
クリーミーなんです。
Wadanagahama220216c
2018/02/10の和田長浜でもこれと同じ波を見てます。
これ『波の花』なのでは?と思うのですが。

それと、この日の和田長浜でのビックリ!
▼岩が崩れた所に柵があって、潮が満ちてると通れないよ~💦
Wadanagahama220216e
でも、ここを通らないとソレイユの丘からバスで帰れないから💧
上の画像は何とか通り抜けた後に撮ったもの。

ソレイユの丘からのバスは本数が少ないから、それに間に合うように、貝殻も拾えないでしょうし、ひたすら歩きます🚶‍♀️💦
ソレイユの丘に上がる「海に繋がる散策路」の下、
佃嵐崎に来た時またビックリ!
さっき黒崎の鼻でフォトウェディングの撮影をしてた人たちが佃嵐崎にいた~!
ということは、ソレイユの丘の入口からウェディングドレスでここまで歩いてきたんだね。海に繋がる散策路の階段をハイヒールで!?

それより、バスに間に合うように急がねば!
ところが、時間は間に合ったが、バスがいない💧 バス停の時刻表には1時間に1本のバスしかなく、次のバスは45分後😢 え~なんで? スマホで「ソレイユの丘から三崎口 バス」で🔍したのと、バス停の時刻表が違うって、何で~!?
寒風の中で45分もバスを待ってられないから、しかたなくタクシー呼んで三崎口駅まで🚕 想定外の出費💧



ところで、2018/02/05 貝殻拾い…ソレイユの丘~和田長浜👈この記事を書いたとき…
ここ「佃嵐崎(つくだあらしざき)」って地名があったんだ~
Soleil180205n
…とGoogleマップを見て気付いたのですが、
2022年の今 Googleマップを見ると
Wadanagahama220216f
「佃嵐崎」が出てこない!?


※関連記事
2022/02/16 早春の三浦半島で【シラヒゲウニ】を拾えたのは…地球温暖化のせい?
2013/03/14 貝殻拾い&河津桜…春の三浦半島
2019/01/13 カミスジダカラを探せ!…お家で貝殻探し

2022年2月16日 (水)

早春の三浦半島で【シラヒゲウニ】を拾えたのは…地球温暖化のせい?

2022貝殻拾い初めで【ブンブク】様を拾えたので、三戸浜に行ったらまたブンブク拾えるかな~
それと、去年の今頃シラヒゲウニを拾ったからシラヒゲウニも! と、今日の目標を立てて😅三戸浜に行ったら…
どっちも拾えた~\(^o^)/

三戸浜を歩き始めて、最初に見つけたウニ殻が…
シラヒゲウニ
Sirahigeuni220216b
残念ながら、割れちゃっていてデススター状態💧ですが、でもシラヒゲウニです!
そして、もう少し先で、また…

シラヒゲウニラッパウニ科
Sirahigeuni220216c
これは棘付きです。白い棘だから「白髭」ウニです🎅
その近辺でもう一つ…

シラヒゲウニ
Sirahigeuni220216d
砂がいっぱい付いてるから、波打ち際まで行って砂を洗い流してきましょうね😅
そうこうしていて、またウニ殻みっけ!…

コシダカウニサンショウウニ科
Sirahigeuni220216h
シラヒゲウニは反口側頂上系が残ってます。
そして、口側は…
Sirahigeuni220216i
周硬膜口器アリストテレスの提灯)があります。
つまり、中身入りです。帰ってからの処置(クリーニング)が大変ですけど💦
ウニ殻ランプ✨を楽しみに😊

「ウニ 周口膜」を画像検索していたら…
👇こちらの画像が目にとまりました。
Unigooglesearch
多様性の生物学 第4回 多様な生物4 和田勝 東京医科歯科大学教養部

60ページもあるスライドで、『ウニのからだのつくり』は54ページです。
31ページの『新口動物』を見ると、我々ヒトを含む脊索動物なんて、生物多様性の中のごく一部なんですね~

またまた…
シラヒゲウニ
Sirahigeuni220216j
これも頂上系がしっかり残ってはいますが…
👇横がかなり割れてた💧
Sirahigeuni220216k

👆ウニ殻撮影のバックは海岸に打ち上げられていた海藻です。
早春の海藻の打ち上げ
Mitohama220216a
貝殻拾いに来て海藻の打ち上げに出会うと、春はすぐそこまで来てるんだな~と感じます。
なぜかというと…
海藻観察会に参加しよう(2)|SHIZEN Gate 子ともと100倍楽しむ自然の遊び場より…
『海藻は、晩冬から早春にかけて繁茂する。』ので、海藻の打ち上げは春の兆しなんです😊
貝殻拾いを始めたころ、春の海岸で海藻の打ち上げによく出会うので、なぜ?と「海藻 季節」を調べたら…
播磨灘の海藻の多様性|姫路科学館サイエンストピック[PDF]
『陸上の落葉広葉樹は秋に紅葉して、晩秋に葉を落とし、初春には葉が芽吹きます。
一方、海藻は、秋に芽吹き、冬の低海水温の時期にググッと生長して、春になると胞子を放出して、初夏頃には枯れてしまいます。』
…という様に、海の中の植物の季節は陸上と逆なのですね。何でだろう?

あ、ウニ殻拾いに戻りまして…
オオブンブク~(オオブンブク科
Oobunbuku220216a
実は下側は割れちゃってたので💧 割れてない側だけ撮影😅
でも、今日の目標(ブンブクとシラヒゲウニ)達成🎉

アカウニオオバフンウニ科
Akauni220216a
棘が赤いからアカウニ

バフンウニオオバフンウニ科
Bafununi220216a

タワシウニナガウニ科
Tawasiuni220216a
タワシウニは岩盤上に自分で掘った穴に収まっているので、殻を横から見ると平たいコルク栓のような形をしています。
Tawasiuni220216b
タワシウニは私の大好きなウニ殻の一つ😊
その緑色が鮮やか~に写るかな?と👇手袋の上で撮ってみた🧤
Tawasiuni220216d

さて、三戸浜の北の端、黒崎の鼻へと至る岩場にやってきました。1月の貝殻拾い初めでは黒崎の鼻で色々タカラガイが拾えたから、黒崎の鼻へ行きたいのですが…
干潮時間ちょい過ぎだから、まだ黒崎の鼻へ歩いて行けるだろうなと思っていたのに…
この日は波が荒くて、岩場を降りるルートに波がかかってて行けない😢
え~!💧
どうしようか?
飛び降りるしかないよね。高さ2メートル弱。でも上から見下ろすと怖いよ。でも、みなさんここを飛び降りてるんだよね~
では、意を決して! エィ!
Mitohama220216da
潮が引いていれば緑色のルートを歩いているのですが、
今回は飛び降りました!「初」です!🎉
尻もちついちゃいましたけど💧 無事に黒崎の鼻に行くことができました😅
でも帰りに👇この梯子?を登るのは私には無理だから~
Mitohama220216e
今回は久しぶりに、黒崎の鼻→カインズホーム(休憩)→和田長浜→ソレイユの丘コースで🚶‍♀️
そして、和田長浜で見つけたものは…

シラヒゲウニ
Sirahigeuni220216m
割れちゃってますけど💧
👇割れ目が見えないように撮れば😅
Sirahigeuni220216n

そして、またまた
シラヒゲウニ
Sirahigeuni220216o
頂上系付き、中身入り😃

あれ~?
去年シラヒゲウニを拾ったときの記事には「三浦半島ではレアもの」と書いていた。そのレアもののシラヒゲウニを6個も拾って…全然レアものではないじゃん💧
「レアもの」と書いたのは👇こちらの資料に
三浦半島潮間帯産棘皮動物(ヒトデ・ウニ・ナマコ類)池田 等・倉持卓司|神奈川自然誌資料(26): 95-99 Mar. 2005 [PDF]
『産出例の稀なシラヒゲウニTripneustes gratilla,ナガウニEchinometra sp. は,黒潮により幼生が相模湾近海まで運ばれ,一時的に生息する偶因分布の一例と考えられる。』と書かれていたから。
シラヒゲウニ - Wikipedia の「分布と生息環境」には…『岡田他(1965)では紀伊半島以南だが相模湾に希産、とある。西村編著(1995)では房総半島、相模湾(希)以南としている。』と記載されています。
あ~「相模湾に希産」だったのは20世紀のことだったのね💧 21世紀の今こんなに打ち上がってるということは… 地球温暖化が進行してるから?
「地球温暖化 シラヒゲウニ」で検索すると…
シラヒゲウニ ~生態や特徴について | 水の生き物.information に『しかし、近年の地球温暖化で、南方系のこのウニは、本土沿岸でも数を増やしつつあり、』と記されていました。

これまでレアものだったシラヒゲウニが拾えたのは嬉しいのですが、一方、これまであんなに拾えたバフンウニが、たった1個しか拾えなかったって・・・これも地球温暖化の影響?🌍💧



※関連記事
2013/12/17 和田長浜海岸でウニ殻大収穫~!
Uni2

2015/08/27 夏の終わりの貝殻拾い/ウニ殻拾い~【バフンウニ】
Wadanagahama150827b

2020/04/19 ウニ殻コレクション【アカウニ/ヒラタウニ】
2020/04/20 ウニ殻コレクション【タワシウニ】
2021/02/23 ウニ殻拾い【シラヒゲウニ】…三浦半島ではレアもの
2022/01/05 2022貝殻拾い初めで【ブンブク】様…上諏訪神社・三戸浜・黒崎の鼻


※中身入り完全体(頂上系あり、周口膜あり)のシラヒゲウニ3個を、
周口膜を破って中身を出し💧オキシドールに浸けて綺麗にしたシラヒゲウニの殻です。
Sirahigeuni220219t

2022年2月13日 (日)

日本のモグラは全部トンネルで繋がってるの?と調べていたら…ナガエノスギタケとの共生を知る

2022/01/09 冬の公園の【モグラ塚】トンネルの長さは歩測で40m!もあったよ~
Mogurazuka220109a
この記事を書いていて、ふと思った…
モグラ君とモグラさんはどうやって出会うのでしょうね?💕
トンネル掘っててごっつんこするのでしょうか?
👆
これを考えてたら、すごいこと思いついた。
日本のモグラは全部トンネルで繋がってる!のかな?
モグラは一生トンネルの中で暮らすんですよね?
モグラ君とモグラさんがトンネルの中で出会って💕
子供が生まれて、その子が大きくなると、親のトンネルの先に自分のトンネルを掘って出て行く。そして、大人になってトンネルの中で出会い💕 またその子が・・・ と考えると、日本中がモグラのトンネルで繋がってることになりませんか!? でも、四国のモグラのご先祖様は、遠い昔に四国までトンネル掘ったとは考えられないよね💧😅
👆こんなこと考えてたら、モグラの生態をもっと知りたくなって、
👇この本を読んでみました。

モグラの生活(たくさんのふしぎ傑作集)飯島正広

へ~!モグラはトンネルの中に数百枚の枯れ葉を重ねて丸い巣を作るんですか。
そして、巣の近くにはトイレがあり、そこからナガエノスギタケというキノコが生える🍄
逆に、ナガエノスギタケを見つけたら、その下を掘るとモグラの巣がある!😃面白い~
「ナガエノスギタケ モグラの巣」で画像検索

この本には…『ナガエノスギタケの胞子が。どうやって地中深いモグラのトイレにまではいりこむのかもわかっておらず、まだ謎だらけなのだと相良先生は説明してくれました。』…と書いてあったのですが、ナガエノスギタケとモグラの巣の画像を見てると…何となく分ってきません?
ナガエノスギタケはモグラの巣・トイレの上に生える。ナガエノスギタケが胞子を飛ばす。近くの落ち葉に胞子が付く。モグラが新しい巣を作るために地表に鼻先だけ出して落ち葉を引きずり込む。その落ち葉にはナガエノスギタケの胞子が付いている。。。ということなのでしょうね。

ナガエノスギタケがモグラのトイレから生えるのは「アンモニア菌」だからだそうです。でも、ナガエノスギタケはアンモニアがあれば生えるというわけではなく、モグラのおしっこでなければダメみたい。ナガエノスギタケはモグラと共生するキノコなんですね🍄

モグラとナガエノスギタケの共生 面白い~😃 と思っていたら…
2022/02/13 NHKダーウィンが来た!「マジカル・ミステリー・きのこ・ツアー2」が放送されました。この回は「キノコと生きものとの不思議な関係」👈ということは、ナガエノスギタケとモグラの関係も出てくる? ワクワクしながら見ていたら、期待にたがわず出てきたよ~😃
Darwin220213a
ナガエノスギタケとモグラの巣の関係を紹介してくれる研究者は…
相良直彦博士(京都大学名誉教授)です。
『モグラの生活』にも出てきた相良先生です。
相良先生はアンモニア菌を世界で初めて発見した菌類学者なんですよ!



ところで「日本のモグラは全部トンネルで繋がってるの?」👈この答えですが、
「モグラは一生トンネルから出ない?」で🔍したら…
モグラは外に出てくるの? - ののちゃんのDO科学
『モグラが地上に出てくるのは、大雨で水びだしになったときか、子が成長して親元を追い出されたときぐらい。』
あら!追い出されちゃうの😢
『わが子さえ邪魔者あつかいするのは、縄張り意識が強いからよ。子は別の場所に穴を掘って自分の縄張りをつくるんだって。』
ということは、モグラ同士のトンネルは繋がっていないのですね💧
『5月から7月ごろね。死んだモグラをよくみかけるのもこのころよ。 』
あら~ モグラが地上で死んでるのを見たことあるんですけど、モグラの子は生死をかけた試練を乗り越えなくちゃならないのね😱

※関連記事
2021/07/17 てくてく野川…2021梅雨時の「きのこ」観察【まとめ】
Kinoko2021a

2022年2月12日 (土)

今日のお散歩バードウォッチング【ヒヨドリ】@武蔵野公園

2日間ヒッキーしてたので、今日はお散歩に行こ! と野川公園自然観察園と武蔵野公園
そして、武蔵野公園で近くの木に飛んできた、灰色でやや大き目の野鳥
Hiyodori220212a
この野鳥は何?
ボサボサ頭で、頬には茶色い模様。今まで見たことないよ。もしかしてレア野鳥?
帰ってから🔍したら…
ヒヨドリ でした~
Hiyodori220212b
な~んだ。普通種じゃん😅
でも、ヒヨドリってこんな精悍な顔つきだった?
ヒヨドリはセンダンの実を食べて、ヒーヨヒーヨと鳴いてる「ありふれた」鳥というイメージだったんですが💧
今まではセンダンの実を食べに来た高みの枝にとまったヒヨドリしか見ていなかったからかしら?
ヒヨドリの特徴は?
ヒヨドリ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動
先日 ツグミを調べていて、
ツグミ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動の1行目の要約が特徴を的確にとらえていて素晴らしい!👏と思ったのですが、
ヒヨドリは…
ボサボサ頭に茶色いほっぺ「ヒーヨヒーヨ」と名を名乗る』 なるほど!😃

▼野川公園自然観察園で撮ったこの野鳥も…
Hiyodori220212c
…ヒヨドリだったのね。普通種だから普通に見られるのね。ん~ 普通種はパッと見て識別できるぐらいにはなっておきたいものです😅



今日の野鳥📷をもう一枚
メジロ
Mejiro220212a
野川公園自然観察園で、鳴き声が聞こえたので、どこ?どこ?と探したら…
木の幹にとまっているのを見つけました!
👆この向きでとまってたんですよ。小さな鳥は身軽ですね~
日陰になってる側にとまっていたので色がよく分りませんが、目の周りに白いアイリングがあるからメジロですね。ひよこ饅頭みたいに見えますが😅


※関連記事
2015/01/25 ハンカチノキの実…新宿御苑2015 👈ハンカチノキの実をついばむヒヨドリ
2016/02/06 寒桜にメジロ~新宿御苑
2021/02/20 てくてく野川 自然観察園で【ムクロジ】発見!👈センダンの実をついばむヒヨドリ

2022年2月 7日 (月)

落ち葉カサカサ【ツグミ】さん…冬のお散歩バードウォッチング@武蔵野公園

冬の公園は落葉していて見通しがよいので、色々な野鳥を見ることができるんだね~ と、お散歩していて気が付いた。
「バードウォッチング 季節」で検索すると、初心者がバードウォッチングを始めるには最適の季節らしい。
年中 野川べりの武蔵野公園野川公園を散歩している私は、いつの間にかバードウォッチャー(^^?
で、冬の公園の見通しが良くても「目」で野鳥を見つけるのは難しい。それより「近くに野鳥がいる!」って気付くのは「耳」に入ってくる音がきっかけになることが多い。

冬の武蔵野公園で落ち葉カサカサする音が聞こえたら…
ツグミがいた!
Tugumi220207f
ツグミが落ち葉をカサカサさせるのは、落ち葉の下にいる虫を探しているからで
Tugumi220207g
あ👆何か捕まえた? 口を開けてるだけか? このちょっと前に、嘴(くちばし)に何かを咥(くわ)えて食べてました。そこは撮れなかった💧

▼この日 ツグミのベストショットが撮れました😃
Tugumi220207h
数メートル先にいたツグミをズーームして撮ってます。
ツグミだ!っていう識別ポイントは目の上の白い帯。これを 眉斑(びはん)と言うそうです。

▼ツグミの後ろ姿
Tugumi220207i

▼木の枝にとまっているツグミを見つけた!
Tugumi220207b
▽ズーーム
Tugumi220207c
▽あ、こっち向いた!
Tugumi220207d
▽飛び去った💧
Tugumi220207e
11:32:30 見つけた!
‏‎11:32:48 飛び去った💧
野鳥を見つけてから飛び去るまでの僅かな時間、カメラを取り出して、構えて、ズーームして…💦
野鳥を撮るのって難しいですね。それと「」に左右されるところも大きい。ツグミのベストショットを撮れた私は幸運?😊

あ、そうだ「ツグミ」って声に出して言ってみてください。言いにくくありませんか?😅
ところで、なんで「ツグミ」という名前なのでしょう?
ツグミ|日本の鳥百科!サントリーの愛鳥活動によりますと
冬鳥なので日本ではさえずりをしません。そこで冬には口をつぐんでいる、それでツグミと呼ばれるようになったといわれています。』そうなんですか~
それと、日本の鳥百科では『跳ねては止まって胸張って"だるまさんが転んだ!"をしているよう』と表現しているのですが、
あ~!それ見ました😃

▼ツグミさんが胸張って
Tugumi220207a
落ち葉カサカサしているときは低い姿勢なのですが、そこに虫がいないと? チョン・チョン・チョンと跳ねて移動して、すくっと立って胸張って👈これは辺りを警戒しているの?
あ、それとツグミはいつも1羽でいます。単独行動。ぼっちです。あ~それは、冬鳥で日本には越冬のために来て、繁殖しない。だから相手を探すためにさえずる必要もない。エサの少ない冬には群れていてもメリットがない? だから、ぼっちの方がいいのかな? シベリアから渡ってくるとき、戻るときは大群になるのですね。



※いつの間にかバードウォッチャーの関連記事
2022/03/11【ハチジョウツグミ】がミミズを食べてた~@武蔵野公園
2022/01/27 コゲラ、アオゲラ(キツツキ科)が木をつついてた@武蔵野公園
2021/10/16 天然記念物【ルリカケス】…奄美大島 貝殻拾いの旅2021(2日目)手広海岸
2021/03/17 てくてく野川バードウォッチング【カワセミ】【キセキレイ】
2021/03/09 てくてく野川バードウォッチング【ダイサギ】がヒマラヤスギの枝にとまった~
2021/02/28 てくてく野川バードウォッチング【モズ】
2021/02/22 てくてく野川バードウォッチング【イカル】(キョロちゃん)のさえずり
👆ほら、野川で野鳥を見てブログ記事書いてるのは冬です🙂

2022年2月 3日 (木)

節分のころに咲くから【セツブンソウ】@野川公園自然観察園

野川公園自然観察園に来る人は色々な草花や野鳥を「撮る」のを目的とした人も多いようで。
でも冬は見るもの少なくて…💧
そんな時に咲く花「セツブンソウ」は「これしかない被写体」でして、みなさんセツブンソウの所にしゃがんでカメラを地面すれすれに構えて写真を撮るので、遊歩道には「セツブンソウ渋滞」がおきます👈言い過ぎ😅

▼2月1日 セツブンソウが咲いてました~
Setubunso220201a
Setubunso220201b

2022年の節分は2月3日ですから、
「節分のころに咲くからセツブンソウ」ですね😊

でも花はまだ少なく、開き始めたところ。
あれ~ 去年はもっといっぱい咲いてなかったっけ?
と思ったので、ときどき自然観察に行ってはセツブンソウを撮っていたら…

▼2月18日 セツブンソウ満開!
Setubunso220218a
…ということで、野川公園自然観察園でのセツブンソウの見頃は節分から2週間ほど後の、2月中旬のようです。

「節分のころに咲くからセツブンソウ」で検索すると、この記事が出てきた。
節分に咲くのか? セツブンソウの不思議|ヤマケイオンライン
ん、そうだよね。「セツブンソウが節分に咲いていないじゃないか💧」と思うのは関東中心に考えてるからで、関西では節分にセツブンソウが咲いているんだよね。

ところで、セツブンソウの花をアップで撮っていたら…
Setubunso220212a
👆この黄色いの何?
中心の赤紫色のが雌しべで、それを取り囲む薄紫色のが雄しべだよね。すると、その周りにある先端の黄色いY字型のものは何?
セツブンソウ 雄しべ」で画像検索してみたら…
え~!
これが花弁で、先端の黄色いのは蜜線なんですか😲
しかも、花びら(花弁)だと思ってた白い部分は萼片(がくへん)なんだって! 愕然😱
👇こういうことですね。
Setubunso220212aa

さらに、
セツブンソウ(キンポウゲ科セツブンソウ属)|長野周辺の山歩きと山野草 によりますと
『白い花弁状のがく片に数のバリエーションがある』とのことで、
👆の画像では6枚でしたが、
👇こちらは5枚
Setubunso220208a
なるほど~
観察していて、ちょっとした気づきから🔍すると、どんな植物も奥深いね~



※関連記事:花びらだと思っていたのに花弁じゃなかった~💧
2015/05/26 カラーの襟は花じゃなくて苞
2015/05/27 初夏の道端の白い花【ドクダミ】
2021/03/28 へんな花【ムサシアブミ】…てくてく野川自然観察園


2022年2月 1日 (火)

コゲラ(キツツキ科)が樹皮をコツコツ・・・つついてた~@野川公園自然観察園

野川公園自然観察園を散歩していたら…
コツコツコツコツ・・・音がする!
Kogera220201a
見上げると、小さな鳥がコナラの木の樹皮をつついてた。
これはキツツキだよね。名前は?
野川にいるキツツキの仲間は、コゲラアオゲラアカゲラ
背中が縞模様だから、これはコゲラだね!
Kogera220201c
樹皮をコツコツ…というより早く連打しているので、ココココ…と聞こえる。
👇そのとき撮った1枚:嘴(くちばし)を高速に木に打ちつけているので、頭がボケてる😅
Kogera220201b

野川で見かける小型の野鳥は一ヶ所に長くとどまることはなく、あそこにいた!と見つけてカメラを向けてもすぐにどこかに飛んで行ってしまいます。でも、このコゲラは樹皮の下にいる虫を探して食べているようで、数分間ちょっとずつ移動しては樹皮をつついてました。
だから、コゲラが樹皮をつつく様子を動画で撮ることが出来ました😃

カメラを上に向けて、ズーーームするとターゲットを画面の中に捉えておくのが難しい💧
どこ?どこいった?と、ズームを元に戻してはターゲットを画面の中央に捉えて、そこからカメラがブレないようにズーームして…
数分間、上を見続けていたから首が疲れました😅

でも、コゲラが木をつつくのをじっくり観察できました😊
この5日前に、コゲラとアオゲラを初めて見たのですが、その時は あ!あ!あ~っという間にどこかへ飛び去ってしまいました😅
2022/01/27 コゲラ、アオゲラ(キツツキ科)が木をつついてた@武蔵野公園


« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus