« 【キカラスウリ】の花が満開 | トップページ | 『風と旅するタネ』(詰め合わせ)を 博物ふぇすてぃばる!8 に出品します »

2022年9月 8日 (木)

トチの実笛作り2022

Tochinomi220911f
【とちの実笛】の作り方がブログの人気記事ランキングに入ってきて、「あ~そんな時期だね~」と思ったので、拾ってきたトチの実を1つだけ…
Tochinomi220908a
ドリルで穴を開け、彫刻刀で中身を掘り、金属製の耳かきでホジホジし、トチの実笛を作りました~😊
トチの実笛は毎年作ってますが、年に1回のことなので毎年「あれ? どうやったっけ? 道具はどこにしまったっけ?」となりますが😅 今年もそこをクリア!
2013年に書いた ※来年とちの実笛を作る自分への備忘録(作り方のノウハウ)を読み直して、今年もよくできましたStump01002s
Tochinomi220908b
↑ホジホジしてかき出した中身の断片が大きいでしょ!
ここがトチの実笛作りにおける「いい仕事」の目安です。
最初のころは ↓ こんな感じでした😅
Tochinomi11t

拾いたて(落ちたばかり)のとちの実は、つるつるテカテカです。
Tochinomi140915e
でも一週間もすると、とちの実が乾燥してシワシワになってしまいます。
Tochinomi140923b
赤ちゃんがおばあさんになってしまった~って感じですね😅
せっかく拾ったとちの実の「コロッと丸い」感じを保存しておくには、とちの実の中身をホジホジしてトチの実笛にすると「コロッと丸い」感じを保てます😊

ホジホジした直後はまだ黒いトチの実ですが…
Tochinomi220908c
乾燥すると茶色になります。
Tochinomi220911d
穴から内側を見ると…
Tochinomi220911e
中身がキレイにかき出されています(^^)v

トチの実の中には↓このような年輪の様な模様が出るものがあります。
Tochinomi3
トチの実は春に花が咲いて夏に実りますから、この年輪のような模様は「年輪」じゃなくて「日輪」なのだろうと思うんですけど。
トチの実笛にすると、この模様を保存しておくことができます。
2013b
※今年は科学イベントで忙しくて1個しか作ってないから、この(レアもの)日輪模様には当たってません😅



※関連記事
2008/9/20 【とちの実笛】の作り方
Makingtochinomibue

2013/10/05 とちの実笛を作りました~
2014/10/04 今年も「とちの実笛」を作りました~♪

« 【キカラスウリ】の花が満開 | トップページ | 『風と旅するタネ』(詰め合わせ)を 博物ふぇすてぃばる!8 に出品します »

木の実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【キカラスウリ】の花が満開 | トップページ | 『風と旅するタネ』(詰め合わせ)を 博物ふぇすてぃばる!8 に出品します »

フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus