« 北陸 貝殻拾いの旅2022(3日目)増穂浦で【ベニガイ】 | トップページ | 北陸 貝殻拾いの旅2022(4日目)水晶浜は水晶の砂浜だった~ »

2022年11月19日 (土)

北陸 貝殻拾いの旅2022(3日目)増穂浦→(千里浜なぎさドライブウェイ)→片野海岸→三里浜

北陸 貝殻拾いの旅2022(3日目)は、増穂浦でベニガイを拾ったあとは、片野海岸三里浜を巡り、この日の宿 敦賀マンテンホテル駅前へ。増穂浦から敦賀駅まで 212kmの移動となるので、途中、ここは拾えるかな?と🔍しておいた海岸に立ち寄ります。
海岸🔍で参考にしたページは…
片野海岸|Beachcomber's Logbook ←あ、アオイガイ拾ってる! ので、この海岸にしたのですが、この記事は3月だった💧
北陸の海岸を🔍していると、Shigeさんの Beachcomber's Logbook がよくヒットしますね~
産地紹介:福井県 - 貝殻拾いの旅
『まずは大飯郡高浜町和田の和田浜海水浴場をオススメします。』→4日目に行きました
『もう一つオススメしたい産地が福井市石橋町の三里浜です。
 特にベニガイに関しては、私が知っている限りでは日本で最も上がります。
 もちろんアオイガイも上がります。』ということで、三里浜を選択。

増穂浦→片野海岸は約2時間(124.9 km)かかるので、途中 能登千里浜レストハウスで、名物「貝めし」をブログのネタに食べてみようと思っていたのですが、朝ごはんがまだお腹にのこっていて… メニューが掲示されていたので写真だけ撮ってきました😅
名物「貝めし」
Resthousenotochirihama221119b

能登千里浜レストハウスには
サンドアートもあります
Resthousenotochirihama221119a
青空バックに撮れた1枚:GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり ←どんな作品なのか? Wikipediaに簡潔に解説されているかと思ったら…『この記事には、過剰に詳細な記述が含まれているおそれがあります。』💧
百科事典に相応しくない内容の増大は歓迎されません。』だね。

能登千里浜レストハウスは、千里浜なぎさドライブウェイの千里浜北口にあたり、ドライバーのお友達はここを🚙走りたかったようで、『日本で唯一、一般の自動車やバスでも海岸線の砂浜の波打ち際を走ることができる道路』のドライブは爽快でした。
千里浜なぎさドライブウェイ - Wikipedia によりますと、『世界に3か所しかない、砂浜を車で走ることが出来る場所。』で『日本で唯一』なんですね。
何で一般の車が砂浜を走れるの?『この海岸の砂粒が一般的な砂の半分程度ときめ細かく、海水を吸って舗装道路のように固くなるため、普通の砂浜のように沈まないから』だそうです。
そういえば、石垣島で車が砂にハマって、車を押したの思い出した💦
千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ - 羽咋市にも『車で走れる秘密』が解説されています。
『千里浜の砂は一粒ひとつぶが約0.2ミリメートル。
同じ大きさのきめ細かい砂が海水を含み、固く引き締まることから
ノーマルタイヤでも四輪駆動じゃなくても、走行可能なのです。
(ダイラタンシーという現象が起こっているようです。)』
へ~「ダイラタンシー」なんですか!
「千里浜なぎさドライブウェイ ダイラタンシー」で🔍

12:30ごろ能登千里浜レストハウスを出て、千里浜なぎさドライブウェイを🚙
13:30ごろ徳光PAで一休み
徳光PAに併設されたハイウェイオアシス
とくみつTaanTo
Taanto221119b
ここ品揃え豊富でなかなかよいお土産屋さん(ハイウェイオアシス)でした。
で、ちょっとトイレに寄ったら…
▼黄金のトイレだった~w(^o^)w
Taanto221119a
縁付金箔(えんつけきんぱく)による黄金タイル
Taanto221119a2
『国指定の伝統工芸でもある金沢箔は400年の歴史をもち、今では日本における金箔の99%が行き川健でつくられています。
この化粧室は、日本画世界に誇る伝統の技でつくられた金箔による黄金空間です。』
「縁付金箔」を🔍すると、金箔を竹の「箔箸」で扱っている画像が出てきますが、
私も貝殻拾いで「箔箸」を愛用しています😊
Hakuhasi

14:30ごろ片野海岸
この時期の海岸(海水浴場)の駐車場には車はまばらなのですが、ここには意外と車がとまってる。
片野海岸はサーフポイントのようです
Katano221119b
で、貝殻の打ち上げは?
▼足跡多くして何も無し💧
Katano221119a
でも、何もない砂浜を歩いていて
▼面白い現象を発見しました!
Katano221119c
乾いた砂浜を歩くと、足をおろしたとき、それまで平らだった足の周りの砂がポコポコポコポコ・・・っと凹むのです!
名づけて「砂浜クレーター現象」😅
なぜこんな現象が起きるのでしょうか? こちらの海岸の砂粒が小さなことが関係してる?

17:50ごろ三里浜
まず驚いたのが
▼駐車場に大きな水溜り💧
Sanrihama221119d
この水溜り、意外と深いなんてことないよね? 水溜りを🚙そろそろと越えて駐車。
三里浜も駐車している車が意外とあったのですが、こちらもサーフポイントのようで、駐車している車はみなサーファー。
そういえば、旅の間にビーチコーマーは全然見かけなかった気がする💧
▼三里浜は波荒く、貝殻無し💧
Sanrihama221119b
かろうじて1つだけ
▼ベニガイ
Sanrihama221119c
産地紹介:福井県 - 貝殻拾いの旅でお薦めだったし、
ベニガイ - 福井の打上げ貝では
『貝寄せの風が吹いた後は、貝溜まりに夥しい数のベニガイが集まることがあります。』
昨日は貝寄せの風が吹かなかったということね🌬

時刻は16:20 日没までにホテルに着くようにと思っていたけど、三里浜から敦賀まで約1時間20分。
脱ペーパードライバーしてますけど、初🔦夜間の高速走行のお友達は緊張ぎみ💧
無事ホテルに着きました。ホテルの駐車場にバックでとめるときが一番💦してたかな😅

さぁ、お疲れさま~🍻しに行きましょう😃


北陸 貝殻拾いの旅2022【まとめ】
Hokuriku2022a

« 北陸 貝殻拾いの旅2022(3日目)増穂浦で【ベニガイ】 | トップページ | 北陸 貝殻拾いの旅2022(4日目)水晶浜は水晶の砂浜だった~ »

貝殻拾い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北陸 貝殻拾いの旅2022(3日目)増穂浦で【ベニガイ】 | トップページ | 北陸 貝殻拾いの旅2022(4日目)水晶浜は水晶の砂浜だった~ »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus