« 雨の秋田・男鹿【五里合海水浴場】で貝殻拾い…「ゴカイの仲間の棲管」とハスノハカシパンの大量打ち上げ | トップページ | 貝殻拾い【コウダカスカシガイ】@岩手県野田村・十府ヶ浦海岸 »

2023年11月20日 (月)

小豆色の小石と貝殻拾い【十府ヶ浦】海岸@岩手県野田村

漂着物学会 岩手・大槌/釜石大会のあとは、三陸鉄道リアス線で釜石から久慈へ
東北を鉄道で移動するのはとにかく時間がかかるので、久慈で海岸に行ける時間は 8時~11時の3時間だけ💧
三陸鉄道リアス線に乗っていて、十府ヶ浦海岸駅で「紫色の砂浜」みたいなアナウンスがあったので、それ見たい!😃 ということで、最終日の海岸は久慈市の隣の野田村十府ヶ浦海岸へ🚗

十府ヶ浦(とふがうら)海岸
231120a6tofugaura

▼防潮堤はドドーンと巨大です
231120a5tofugaura
あ、それより海岸の砂を見ましょうね。
十府ヶ浦|野田村観光協会のページには
『この浜に多くみられる赤紫色の石(小豆砂)』とありまして…

▼十府ヶ浦海岸の波打ち際
231120a3tofugaura
赤紫色の石が…
231120a1tofugaura
もう少し寄って…
231120a2tofugaura
「小豆」と言うには大きすぎるので
「小豆石」ですかね😅
231120a7tofugaura

あ~ 小豆石ばかり拾ってないで、貝殻を探しましょうね。
▼十府ヶ浦海岸の貝殻打ち上げライン
231120b0tofugaura
貝殻の打ち上げラインができてますよ!
ムラサキイガイイガイ科)ばかりですけど💧 それともヒバリガイイガイ科)?
231120b1tofugaura
足糸がついてるのがあった~
231120b2tofugaura

その他にも…

クロヅケガイニシキウズガイ科イシダタミ属
231120c1tofugaura231120c2tofugaura

▼この赤い貝殻は何でしょう?
231120c4tofugaura

アズマニシキイタヤガイ科
231120c5tofugaura231120c6tofugaura
イタヤガイ科の合弁なので復習しておきましょう🔎
・殻頂の前後の出っ張りが耳状突起
・耳状突起の下の切れ込みが足糸湾入(ここから足糸を出して岩礁に固着している)
・足糸湾入のある方が右殻
・右殻は膨らみがあり、左殻は平たい
231120c7tofugaura
👆これは左殻(平たい)右殻(膨らむ)があんまり差がありませんが💧

ユキノカサガイユキノカサガイ/コガモガイ科
231120d1tofugaura231120d2tofugaura
傘が割れて「貝輪」状態になってるもの多し💧

エゾアワビミミガイ科
231120e2tofugaura
殻の内側の真珠光沢が✨✨

ヒザラガイクサズリガイ科
231120e3tofugaura
赤いヒザラガイです!
1cmぐらいの小さなヒザラガイですが、なんか凄く鮮明に撮れてます!
ヒザラガイも貝の仲間(軟体動物)ですが、巻貝(腹足綱)でも 二枚貝(二枚貝綱)でもなく、多板綱だということは知っていましたが、科名は「クサズリガイ科」なんですね~
「クサズリガイ 由来」で🔍したら…
クサズリガイ | 軟体 - 市場魚貝類図鑑 ぼうずコンニャク
『由来・語源 平瀬與一郎の命名。 「草摺(くさずり)」は鎧(よろい)のスカートのように腰の周辺にたれている部分。 板状のものが重なり合っているところが似ているから。』 なるほど! 草摺🙂 そして貝人列伝のトップに出てきた平瀬與一郎の命名!

ウニ殻
231120e5tofugaura231120e7tofugaura
ムラサキウニですかね~?

そしてこの日のレアもの逸品!
タテスジホオズキガイ腕足動物
231120f1tofugaura

3日前に雨の脇本海岸でタテスジホオズキガイを拾ってますが、今度は合弁ですよ! あ、二枚貝の左右揃ったのを「合弁」と言いますが、腕足動物の腹と背(上下)が揃ったのも「合弁」でしょうか?😅
まぁとにかく、私にとってはレアもの逸品🎉🎊
231120f2tofugaura
231120f3tofugaura231120f4tofugaura

さて、ゆるやかに弧を描くように3.5kmにわたって続く十府ヶ浦海岸の南の端200メートルを(1時間かけて)歩いただけですが、もう帰らねばならない時間です😢
テトラポッドの上のウミネコとウミウ?カワウ?に見送られながら…
231120a10tofugaura
色々想定外のアクシデントがあったけど、楽しかった東北貝殻拾いの旅の帰途につきましょう😊



※十府ヶ浦(とふがうら)の名前の由来はこちらの記事で…
十府ヶ浦の由来|野田村通信ブログ

※関連記事
2023/11/17 雨の秋田・男鹿【脇本海岸】で貝殻拾い…ナミマガシワ、カバザクラ、アリソガイ、タテスジホオズキガイ…そしてキジ(雉)
2023/11/17 雨の秋田・男鹿【五里合海水浴場】で貝殻拾い…「ゴカイの仲間の棲管」とハスノハカシパンの大量打ち上げ

« 雨の秋田・男鹿【五里合海水浴場】で貝殻拾い…「ゴカイの仲間の棲管」とハスノハカシパンの大量打ち上げ | トップページ | 貝殻拾い【コウダカスカシガイ】@岩手県野田村・十府ヶ浦海岸 »

貝殻拾い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の秋田・男鹿【五里合海水浴場】で貝殻拾い…「ゴカイの仲間の棲管」とハスノハカシパンの大量打ち上げ | トップページ | 貝殻拾い【コウダカスカシガイ】@岩手県野田村・十府ヶ浦海岸 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus