« 紫色の二枚貝【アリソガイ】の幼貝@秋田県男鹿・脇本海岸 と成貝@片瀬東浜 | トップページ | 【タテスジホオズキガイ】貝ではなくて腕足動物@岩手県野田村・十府ヶ浦海岸 »

2023年11月28日 (火)

ウニ殻拾い【キタムラサキウニ】@岩手県野田村・十府ヶ浦海岸

231128a3kitamurasakiuni
岩手県野田村・十府ヶ浦海岸小豆色の小石と貝殻拾いをしていて拾ったウニ殻が、三浦/房総で拾ういつものムラサキウニとちょっと違う?気がして、北の海で拾ったんだから「キタムラサキウニ」かな?
「キタムラサキウニ ムラサキウニ 違い」で🔍すると、トップに出てきたのが…
『ムラサキウニは国内の南寄りの地域で獲れることに対し、キタムラサキウニは北の地域で獲れることが主な違いです。』って💧 それではウニ殻の同定はできないよ~
やはりここは『ウニハンドブック』で、キタムラサキウニより…
『孔対はやや弧状に6個ずつ配列
ムラサキウニと酷似するが、ムラサキウニは孔対が弧状に6-8個ずつ配列することにより区別できる。』
ということで、ウニ殻ランプして孔対の数と並びを見ると…
231128a9kitamurasakiuni
やや弧状に6個ずつ配列しています!
ムラサキウニの孔対👇とは明らかに違います。
Unilamp_murasaki02
👇頂上系の周りの孔対の様子
231128a7kitamurasakiuni
ムラサキウニの孔対の並びとはかなり違う。

棘付きのまま孔対を撮っていたら、棘の方にピントが合って、棘の根元がよく撮れてる画像があった!
231128a8kitamurasakiuni
ウニの棘も拡大して観察すると面白いね😃

あ、そうだ、このウニ殻の大きさは…
231128a21kitamurasakiuni
中身入りだったので、アリスとテレスのランタンを外して、オキシドール漬けにしてクリーニングしてます。

2つの内の1つは棘を外して…
231128a22kitamurasakiuni
ウニ殻ランプ~
231128a24kitamurasakiuni
褐色の部分は殻の内側に付いた汚れでした。
それと、大きな棘(主棘)は全部外したんですが、小さな棘(副棘)がいくつも残ってますね💧
もっとキレイにクリーニングしないと、ウニ殻ランプで感動の画像が撮れなかったので、
棘付きの状態でウニ殻ランプした孔対の画像と、棘の拡大画像で、キタムラサキウニ観賞はおしまい😅
231128a1kitamurasakiuni231128a6kitamurasakiuni



※関連記事
2020/04/25 ウニ殻コレクション【ムラサキウニ】
2020/04/29 ウニ殻コレクション【ウニ殻ランプ】まとめ
Unilamp10a

2023/08/21 すごいゾ! 熊本県立済々黌高等学校 生物部 ウニ班 … 放射相称であるウニ類の体に方向性があった!


※参考リンク
キタムラサキウニとムラサキウニ|能登のさかな
ウニの棘|Dr.オクノのウニゼミ
ウニの種類って? それぞれの特徴や味わいの違いを比較しながら解説|とれたてねっと

« 紫色の二枚貝【アリソガイ】の幼貝@秋田県男鹿・脇本海岸 と成貝@片瀬東浜 | トップページ | 【タテスジホオズキガイ】貝ではなくて腕足動物@岩手県野田村・十府ヶ浦海岸 »

貝殻拾い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紫色の二枚貝【アリソガイ】の幼貝@秋田県男鹿・脇本海岸 と成貝@片瀬東浜 | トップページ | 【タテスジホオズキガイ】貝ではなくて腕足動物@岩手県野田村・十府ヶ浦海岸 »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus