« 奄美大島 貝殻拾いの旅2024(4日目)雨の土盛海岸 | トップページ | 【リュウキュウアサギマダラ】奄美大島 貝殻拾いの旅2024…昆虫観察編 »

2024年2月28日 (水)

奄美大島 貝殻拾いの旅2024…植物観察編

2402amamiplants

ビーチコーミングで海岸を歩いていると色々な海浜植物を観ることができます。
奄美大島 貝殻拾いの旅 2024 でも特に明神崎展望台には上らず、浜に下りるために山下りをしたとき(南国 奄美ならではの植物を含む)色々な植物を観ることができました。
以下、奄美で観た植物を載せておきます🌿
※植物の和名はGoogleの画像検索結果にリンクしています。その名前で間違ってないよね!?という確認のため。
( )内の科名はWikipediaまたはGoogle検索で科名を確認できるページにリンクしています。

シロノセンダングサキク科
240226d7sironosendangusa
この白い花が奄美のあちこちに咲いてました。
240226d4sironosendangusa
240226d8sironosendangusa
センダングサの仲間|MIRACLE NATURE@世界自然遺産の島、奄美大島 によりますと…
『奄美の野山に一度出るとシロノセンダングサを目にしない場所は無いというぐらいあちこちで蔓延っていて…』👈そうそう、そうでした😃
※「蔓延る」は「はびこる」
シロノセンダングサ(白の栴檀草)(キク科センダングサ属)|野田市
『コセンダングサの変種』そうなんだ。
コセンダングサ|Wikipedia > 近縁変種

リュウキュウコスミレスミレ科
240226l2ryukyukosumire
このスミレも奄美のあちこちで見かけました。
リュウキュウコスミレ 奄美の植物|サラノキの森によりますと…
『奄美の海岸近くで見られる野生のスミレはリュウキュウコスミレとリュウキュウシロスミレの2種類』
あ~私があちこちで見かけたのは、海岸にしか行ってないからか😅
240226l3ryukyukosumire
240226l4ryukyukosumire
240226l5ryukyukosumire
240226l6ryukyukosumire

リュウキュウシロスミレスミレ科
240226l10ryukyusirosumire
リュウキュウシロスミレ(琉球白菫)|野の花賛花
『南西諸島ではリュウキュウコスミレとともにごく普通のスミレである。』
明神崎展望台の駐車場から浜へ降りていく道の轍の間に咲いていました。

ボタンボウフウセリ科
240226i11botanboufuu
真上から見ると…
240226i12abotanboufuu
花は一斉には咲かず、枝分かれした茎の先の花のかたまりごとに蕾~開花しているものまで入り混じっているのが面白い。
240226i5botanboufuu
240226i3botanboufuu
240226i6botanboufuu
👆こういうのが 散形花序(花軸の先に、柄をもつ花が放射状につくもの)なんですね。
👇茎
240226i7botanboufuu
240226i8botanboufuu
👇葉と散形花序状態に開く前の蕾?
240226i10botanboufuu
👇まだ開花していないのに昆虫が来てた。
240226i13botanboufuu
この昆虫は何でしょう? Googleレンズで🔍すると…

ツマグロキンバエクロバエ科
240226i15botanboufuu
👆あれ? 複眼が縞模様に写ってますね。画像検索して出てくる画像の多くも複眼が縞模様だ! これってモアレ
「昆虫 複眼 撮影 モアレ」で🔍すると、複眼を撮影するとモアレが生じることがあるようです。
👆これモアレじゃない💧 と思ったのは、リュウキュウアサギマダラの複眼にも縞模様が写っていて、その記事を書いていて😅
モアレなら見る角度によって縞模様の向きや間隔が変わるのだけど、画像検索して出てくる複眼の縞模様の向きはどれも同じだし、複眼の後ろ胸部の縞模様と同じ向きだから。

ヤマイモハムシハムシ科
240226i14botanboufuu
👇こっちのヤマイモハムシは開花している花に来てた。
240226i16botanboufuu
👆花ひらく前からツンツン出ていた2本は雄しべなの?
「ボタンボウフウ 雄しべ」で🔍すると「5本」と出てくるのですが…
ボタンボウフウ/ぼたんぼうふう/牡丹防風|庭木図鑑 植木ペディアには『5本ある雄しべは花弁の外に突き出すのが特徴』と記されているが、2本しか突き出してないよね🤔
あ!👇こっちの画像では雄しべが5本突き出していた!
240226i17botanboufuu

ボタンボウフウ|mirusiru.jp
『神奈川県南部「湘南・鎌倉・三浦半島」の花暦』あら、その辺にも生えてるんだ!
ハマボウフウは見たことあるから、ボタンボウフウも探してみよう。

シロバナミヤコグサマメ科
240226j1sirobanamiyakogusa
👇こんな風に砂地を匍匐(ほふく)してました。
240226j3sirobanamiyakogusa

チガヤ 別名 ツバナイネ科
240226j10chigaya
チガヤ/ツバナはどこにでも生えている草ですが、島に行くとよく群生しているのを見るので、「チガヤ 海浜植物」で🔍してみると、あちこちの海岸に群生しているようですが、海浜植物というわけではないようです。
チガヤ|Wikipedia によりますと…『地下にしっかりした匍匐茎があるため、大変しつこい雑草である。… 「世界最強の雑草」という称号すらある』なら、砂浜でもいけそうですね。
それと、こんなの見つけた。
こどもの頃 食べた草のこと|やらまいか入野
『穂が出る前に、膨らんでいる時抜いて口に入れて噛むとほんのり甘いのです。』 へ~!
こんど試してみよ😋と思うのですが、「穂が出る前に」というのが課題。穂が出ないとチガヤだと分らないから😅

ソテツソテツ科
240226e1sotetu
ソテツの葉がなく「ニョロニョロ」状態になっちゃってますが💧 これは…
ソテツに被害を与えるカイガラムシについて|奄美市(2024年)
『被害葉は切り落として処分』されたのだと思います。
240226e2sotetu
ソテツの幹をよくよく見れは…
240226e3sotetu
👆鱗(うろこ)みたいですね。
『幹は、枯死した葉柄の基部が残って灰黒色のうろこ状に覆われている』by Wikipedia

サツマサンキライサルトリイバラ科
240226d2satumasankirai
このサルトリイバラに似てるけど、ちょっと違うつる植物は何? Googleレンズで🔍したら…
薩摩のサルトリイバラ=山帰来(さんきらい)で「サツマサンキライ」なのね。
サルトリイバラ|Wikipedia > 近縁種では…
『中国では近縁種のサンキライ(山帰来)も自生する。
中国の山帰来の代用品として、和の山帰来とするのは、サルトリイバラの根茎である。』とのこと。
240226d3satumasankirai

アレカヤシヤシ科
240226k1arekayasi
明神崎展望台の駐車場のところに生えてました。
アレカヤシは観葉植物として出回っているようですが『原種は10m以上にもなる高木』で、ここのは自然に生えてるやつだから、10mぐらいありましたね。
👇これは「ヤシ~」って感じですが
240226k2arekayasi
👇茎を見ると「竹?」と思っちゃうけど、節の間隔が竹より狭い。
240226k4arekayasi
「アレカヤシ」という名前は「荒河椰子」とかじゃなくて
『現在においてはアレカ属(Areca, 和名ビンロウ属)とは関係が無い事が判明しており、本種がアレカ属分類されていた頃の名残りである』by Wikipedia

ここからは土盛海岸およびレスト&ロッジ翔の庭で

ゲッキツミカン科
240226m10gekkitu
ゲッツキとは ⇒ゲッキツ(月橘)|Wikipedia
ミカン科で、この実は食べられるんですね!
そうと知っていたら、1ついただいて食べてみるんだった😋
次に奄美に行ったら…
でも、2月の奄美は天気が悪いから次は別の季節にしようと思っている。そうするとゲッツキの実がなっていない💧
240226m11gekkitu
240226m12gekkitu
240226m13gekkitu

オオバギトウダイグサ科
240226m21olbagi
オオバギとは ⇒オオバギ(大葉木)|Wikipedia
生態など『特に石灰岩地域に多い』 ということは、サンゴ礁が発達する南の島に多いのか。
アリとの関係👈これは面白い😃 アリ共生植物/アリ植物 そんな共生関係があるんですね。

ヤブチョロギシソ科
240226o20yabuchorogi
貝殻拾いの旅(3日目)日没の土盛海岸からあがるとき
👇こんなに群生しているのを見つけました。
240226o23yabuchorogi
「ヤブチョロギ 奄美」で🔍すると、群生してますね~
大きな群生地 ヤブチョロギ|奄美自然観察
👇群生しているヤブチョロギを真上から撮ると面白い🙂
240226o22yabuchorogi

「ヤブチョロギ」って変な名前ですけど、その由来は?
『和名は野生種のチョロギの意からかと推測される』by GKZ植物事典・ヤブチョロギ
では「チョロギ」の由来は?
『中国語の 「朝露葱」 が日本語読みされたというものや、韓国語でミミズを意味する「チョロンイ」が転じたとされるものなど諸説あります』by 武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園

ハマユウヒガンバナ科
240237b1hamayuu
240237b2hamayuu
「ハマユウ」の「ユウ」って何? と思っていたんですが、
ハマユウ|Wikipedia によりますと…
『花の様子は、コウゾなどの樹皮を細く裂いて作った繊維から作った布と似ており、神道神事で用いられる白い布をゆう(ゆふ)と呼ぶ。』 ふ~ん、木綿 (ゆう)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E7%B6%BF_(%E3%82%86%E3%81%86)
なんですか。
木綿子(ゆうこ)さんの「ゆう」ですね😊
※ところで、去年の👇この記事
2023/07/28 夏のビーチコーミングで海浜植物観察@三戸浜 にも ハマユウ を載せており、Wikipediaの同じ個所を引用してた💧
ん~1回で覚えられないから、復習ということで😅

旅先で見た「これ何だろね?」を撮って、Googleレンズで🔍すると、知らなかった植物の名前がわかって楽しい😊



※関連記事
2018/11/23 沖縄 木の実拾いの旅
Okinawakinomi181121

2021/10/18 風で転がる丸いトゲトゲ【ツキイゲ】の実…奄美大島 貝殻拾いの旅2021(4日目)土盛海岸
Tukiige211018d

2022/01/24 石垣島 貝殻拾いの旅 2022 で木の実観察【ハスノハギリ】
Isigaki220119e7

2022/01/25 石垣島 貝殻拾いの旅 2022 で海浜植物観察【モンパノキ】
Yonehara220120f1

2022/01/26 石垣島 貝殻拾いの旅 2022 で海浜植物観察【テリハクサトベラ】
Yonehara220120g4

2022/06/07 海浜植物【ハマボウフウ】と【ハマヒルガオ】の実 @三戸浜
Hamaboufu220607a

« 奄美大島 貝殻拾いの旅2024(4日目)雨の土盛海岸 | トップページ | 【リュウキュウアサギマダラ】奄美大島 貝殻拾いの旅2024…昆虫観察編 »

草花実」カテゴリの記事

海浜植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奄美大島 貝殻拾いの旅2024(4日目)雨の土盛海岸 | トップページ | 【リュウキュウアサギマダラ】奄美大島 貝殻拾いの旅2024…昆虫観察編 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Google AdSense


無料ブログはココログ

blog parts

  • ココログカレンダーPlus